お仏壇

仏壇の扉は開けっ放しでいいの?家族に不幸があった時やお盆の時は?

どうも、未熟僧(みじゅくそう)と申します。

ぼくは20年以上お坊さんをしています。

この記事は、

要するにこういう内容です

仏壇の扉は日ごろから開けておくものなのか?

ということについて書いています。

あなたは、日ごろ仏壇の扉をどうしていますか?

ずっと開けてますか?

あるいは、日中は開けて、夜は閉める、みたいなカンジですか?

仏壇の扉は、

ずっと開けっ放しでいい

ですよ。

じつを言いますと、仏壇の開閉には『正解』というものは無いんですけどね。

それゆえに、「開けっ放しはダメ!」という人もいれば、ぼくのように「ずっと開けておけばエエやん♪」という人もいるんですね。

どちらなのかハッキリしないから、あなたみたいに「どっちにすればいいの?」と迷ってしまう人が出てきちゃうんです。

ぼくのいる寺でもこれに関する質問はけっこう多いので、この記事でぼくの考えを書いてみました。

最後まで読んでもらえれば、ひとまず『仏壇の扉の開閉』についてはもう悩まなくてよくなりますよ♪

仏壇の扉は開けておくの?それとも閉めるの?

「仏壇の扉って、ずっと開けておいてもいいんですか?」

これ、よくある質問です。

初めてご家族に不幸があった家で、仏壇のことがわからない人からよく質問されるんです。

しかし、意外にも、代々受け継がれてきた古い家の人からも同じ質問をされるですよね。

つまり、家に仏壇があっても扉の開閉のことまでは知らないという人が多いんですね。

あなたも、毎日見ているはずの仏壇なのに、わからないことがけっこうありませんか?

仏壇の扉は常に【開けて】おく

仏壇の扉の開閉については、今まで何回質問されたかわかんないです。

この質問をする人は、知人や親戚あるいは仏具店の人など、いろんな人からいろんな意見を聞いてしまって、『何が正しいのか』を判断できなくなっているんです。

そうなんですよねぇ、この件については、だいたい【常に開ける派】と【夜は閉める派】の2つに別れちゃうんですよ。

だって、仏壇の扉の開閉については『正解』がないんですから。

だから、本当はどっちも間違いではないんですよ。

さらに、同じ宗派なのに、

お寺の住職の考え方によって違う

ので、なおさら厄介。

となると、『じゃあ、この記事を書いてるお前はどう思ってんの?』ってことですよね?

ぼくは、

仏壇の扉は常に【開けっ放し】でいい

と思いますよ。

仏壇の中には《ご本尊様》がおられますよね?

他にもいろんな仏像や、亡きご家族の位牌が祀られていると思います。

仏壇の中におられるご本尊様は、いつもあなたの家全体を見守ってくれているんです。

決して【ただの飾り】じゃないんですよ。

なのに、扉を閉めたら、ご本尊様から何も見えなくなっちゃうじゃないですか。

ぼくから言わせると、「何でわざわざ扉を閉める必要があんのよ?」ってカンジですよ。

もう一つの意見で、「夜は扉を閉めるべき」という人もいます。

ぼくたちが夜に家の戸締りするのと同じようにお考えなんでしょうか?

ご本尊様は昼夜を問わず家全体を見守ってくださっています。

というわけで、家の戸締りはちゃんとしなきゃダメですが、仏壇の扉はずっと開けておいてくださいね。

仏壇の扉はなぜ二重なのか

あなたの家の仏壇は扉が二重になっていませんか?

二重の扉のうち、

  • 外側の扉は『雨戸』
  • 内側の扉は『障子』

といいます。

この辺は、ぼくたちが住む家と同じ呼び方ですね。

それで、ぼくがさっきから「仏壇の扉は開けておいてください」と言っているのは、この両方の扉を開けて中が見えるようにしてね、という意味です。

でも、なぜ仏壇に2つも扉があるのか不思議じゃないですか?

その理由は、

仏壇には『お寺の本堂の代わり』の役割があるから

なんですよ。

だから、仏壇の中は『お寺の本堂』に似せて造られているんですよ。

仏壇に関する詳しいことは、『仏壇の意味と役割とは?仏壇の準備からお参り方法まで丁寧に解説』の記事で解説していますから一度読んでみてください。

お寺の本堂には障子扉と雨戸があります。

いつも日中は信者さんたちが参拝に来ますから、両方の扉を開けたり、あるいは雨戸だけを開けていたりします。

そして、夜になると両方の扉を閉めて施錠をします。

えっ?何ですか?

「仏壇がお寺の本堂の代わりだって言うんならさぁ、本堂と同じように仏壇も扉を毎日開け閉めするべきなんじゃないのかよ!?」

ですって?

なるほど、鋭いご指摘をどうもありがとうございます。

お寺の本堂ですが、本当であれば【夜もずっと解放していたい】んですよ。

だって、本堂は誰でも参拝してもよいものですし、日中には参拝できない人だってたくさんおられますからね。

お寺や本堂は、昼夜を問わず誰にでも開かれた場所でなければならないのです、本当はね・・・。

でもねぇ、現実にはやっぱり盗難とかイタズラがあるわけ。

それで、本来あるべき本堂の姿でいたいところだけど、やむを得ず扉を閉めているということなんです。

つまり、お寺の本堂の場合は、扉を【防犯上の理由】で閉めているだけなんです。

でも、仏壇は違う。

仏壇は家の外に出しているわけでもないし、扉を閉めて防犯対策を施す必要もない。

ということで、仏壇の扉は常に開けておいて大丈夫♪

扉の開閉についてよくある質問

仏壇の扉の開閉についての質問は、

  1. 家族に不幸があった時
  2. お盆の時

に受けることが多いです。

では、それぞれの場合で、扉を開けておくのか、それとも閉めるのか、順番に説明していきましょう。

家族に不幸があった時は仏壇の扉を閉めるの?

この前、信者さんとお葬式の打ち合わせをしている時に、

「以前に聞いたことがあるんですけど、49日忌が来るまでは仏壇の扉を閉めておくんですよね?」

と質問されました。

一体どこの誰がそんなことを吹き込んだんや!?

それを言った人は、たぶん神棚と仏壇がごっちゃになってるんでしょうね。

神道では、【死】を『穢(けが)れ』として考えているので、家族に不幸があると、神様に故人の姿を見せないように神棚を白い紙で隠します。

これを『神棚封じ』というそうです。

でも、仏教の考え方は全然違いますよ。

仏壇の場合は、お葬式の時も、49日忌が来るまでの間も、

ずっと扉は開けておく

ようにしてください。

というか、

49日忌までは絶対に『開けておく』べし!

故人は49日忌を境に【仏様の世界(あの世)】へ行かれますが、それまでの間、霊魂としてまだこの世に残っています。

故人は、あの世に行くまでの間は『不安定な状態』のまま家にいらっしゃるのです。

なぜ不安定かというと、故人の霊魂はまだ仏様の世界には行っていない、でも故人の身体は火葬をして無くなってしまっている、という状態だからです。

そんな不安定な状態の故人を守ってくださるのが、仏壇におられるご本尊様。

だから、絶対に仏壇の扉を閉めちゃダメ!

ご本尊様から故人の霊魂が見えなくなっちゃうから!

ということで、家族に不幸があった時こそ、仏壇の扉は開けておくようにしてください。

お盆の時は仏壇の扉を閉めるべき?

お盆になると、故人はあの世から家に帰って来ます。

お盆期間中は、位牌を仏壇から出して、精霊棚(しょうりょうだな)という【ご先祖様や故人のために別に設けた席】に祀ります。

なぜ、お盆に位牌を仏壇から出すのかという理由を説明し始めると長くなってしまうので、詳しくは『お盆の意味や由来。お盆の供養と風習についても詳しく解説』の記事で解説しています。

要するに、お盆期間中は位牌を仏壇から出してあげないと、ご先祖様や故人が家でもゆっくりできなくて可哀想な状態になってしまうんですよ。

なので、お盆期間中だけは位牌を少しでも仏壇から切り離してあげるという意味で、扉を閉じるのはアリです。

でも、やはり仏壇のご本尊様には家全体を見守っていただきたい、だから扉は開ける、というのもアリなんですよね。

そうなんです、お盆期間中は扉を開けても閉めても、

どちらでもいい

ですね。

ごめんなさい、白黒はっきりした返答ができなくて。

でも、そこが【柔軟な考え方をする日本の仏教】のいいところ♪

大掃除の時だけは閉める

ぼくが「仏壇の扉を閉めてくださいね。」とお願いしている唯一の場面があります。

それは、

年末の大掃除

をする時です。

さすがにですね、普段の何倍もホコリが舞う部屋の中で、「仏壇の扉は開けておいてください!」とは言えないですよ。

年末の大掃除、この時ばかりは仏壇の扉は閉めてください。

大掃除が終わったら再び扉を開けて、ピカピカになった家をご本尊様に見せてあげてください。

まとめ:仏壇の扉はずっと開けっ放しにしておきましょう

仏壇の中には【ご本尊様】がおられて、あなたの家全体を見守ってくださっています。

だから、仏壇の扉はずっと【開けて】おいてください。

せっかくご本尊様が見守ってくれているのに、何でそれをわざわざ遮断するんですか?

家族に不幸があった時も、お盆の時も、仏壇の扉は開けっ放しでいいんですよ。

扉を閉じるのは、大掃除の時みたいに【部屋中がホコリだらけになる】ような時くらいですかね。

もしかすると、知人や親戚からのいろんなご意見があるかもしれませんが、それらは無視してOKです。

とにかく常に【開けて】おいて大丈夫!

仏壇の扉は常に開けておいて、ご本尊様とあなたの顔がお互いにいつでも見えるようにしておきましょう。