仏壇の疑問

【お坊さんが解説】仏壇の中に遺影を飾ってもいい?遺影の飾り方を詳しく伝授

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事ではこんな疑問や悩みを解消します
  • 「遺影って、仏壇の中に飾っちゃダメなの?」
  • 「遺影はどうやって飾ればいいんだろう?」
  • 「そもそも、遺影って何なんだろう?」

家族が亡くなると、家の中に遺影を飾ります。

遺影があると、いつも故人がそこにいるような気持ちになりますよね。

あなたは、そんな遺影をどうやって飾ればいいのか迷ったことはありませんか?

遺影は【亡くなった人の写真】ですから、位牌と一緒に『仏壇の中』に飾るのか、それとも仏壇ではない『他の場所』に飾るのか、これはなかなか判断がつかないでしょう。

僕の場合、遺影の飾り方について質問されたときはいつも、

遺影の飾り方に決まりはありません。

でも、『仏壇の近く』か『家族が集まる場所』に飾るのがいいと思いますよ。

と答えています。

この記事を読むと、

  • 遺影を飾る場所とその理由
  • 遺影の飾り方
  • 遺影とはどういうものか

が分かります。

遺影というのは位牌などの『仏具』とは違いますから、取扱い方法に迷ってしまう人は多いです。

そんな人のために、 この記事では遺影に対する根本的な考え方も合わせて解説しています。

考え方も含めて遺影の取扱い方法が分かってしまえば、その後はもう迷うことはありませんので、ぜひ最後まで読んでみてください。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >

仏壇の中に遺影を飾ってもいい?

遺影とは【亡くなった人の写真】のことをいいます。

そのせいでしょうか、

遺影は【仏壇の中】に飾ってもいいんですか?

という質問をよく受けます。

結論から言いますと、

遺影を飾る場所には決まりがない

のです。

だから、仏壇の中に遺影を飾っても飾らなくても、どちらでもかまいません

どちらでもかまわないのですが、一般的には、

仏壇の中には遺影を飾らない

という人の方が多数派ですね。

なぜなら、仏壇というものは『お寺の本堂の縮小版』だからです。

仏壇は『お寺の本堂の縮小版』なので、遺影を飾ることについても【お寺の本堂】と同じように考えてみたらいいのです。

僕がいるお寺もそうですが、多くのお寺の本堂では遺影を飾っていません。

もちろん、その宗派にとって重要なお坊さんの【絵】は飾ってありますよ。

でも、写真はない。

そもそも、本堂というのは多くの人が仏道修行するための《道場》なのですから、そこに個人的な物を置くようなことは基本的にしません。

だから、 『お寺の本堂の縮小版』 である仏壇にも遺影を飾ることはしないという理屈になるのです。

とはいえ、「できれば仏壇の中に遺影を飾りたい。」という人だっているでしょう。

遺影を飾る場所には決まりがないので、仏壇の中に飾ってもかまいませんよ。

ただし、仏壇の中に遺影を飾る場合だけは重要な注意点があるのです。

仏壇の中に飾りたい場合、

遺影は【仏壇の一番下の段】に飾る

ようにしてください。

遺影というのは、あくまで【ただの写真】なんです。

どんなに大切な人が映っていても、それは仏具ではなく写真です。

仏具ではないものを、ご本尊様がいる最上段や、お供え物を置くための中段などに飾るのは不適切なのです。

ですから、仏壇の中に遺影を飾るなら一番下の段にしてください。

【関連記事】:仏壇の意味と役割とは?仏壇の準備からお参り方法まで丁寧に解説

遺影の飾り方

一般的には遺影を【仏壇の中】に飾らないこと、そしてその理由についてはだいたい分かってもらえたでしょう。

じゃあ、遺影はどこへどうやって飾ればいいのか?

先ほども言ったように、遺影を飾る場所に決まりはありませんが、ある程度の『基準』みたいなものはあるので参考にしてみてください。

仏壇のそばに飾る

遺影は、

仏壇のそばに飾る

というのがいいですよ。

先ほども言いましたが、遺影はあくまで【ただの写真】なので基本的には仏壇の中に飾ることはしません。

しかし、そうはいっても【亡くなった人の写真】ですから、『仏様』に関する場所に飾りたいですよね。

そこで、できるだけ仏壇のそばに飾るというわけです。

仏壇のそばに飾るというのは、例えば、

  • 仏壇のすぐそばの棚に飾る
  • 仏壇の手前にテーブルなどを置いて、そこに飾る
  • 仏壇の近くの長押(なげし)の上に飾る

といったカンジですね。

ちなみに、遺影は【仏間】に飾るケースが多くなります。

仏間というのは、その名のとおり《仏壇を置く部屋》のことです。

ですから、仏間がある家なら、仏壇は必ず仏間に置きます。

その結果、遺影も仏間に飾ることになるのです。

仏壇の上には遺影を置かない

遺影を仏壇の近くに飾るといっても、

仏壇の上には置かない

ようにしてください。

仏壇の天板は平面なので、ついそこへ遺影を置きたくなるんです。

でも、天板のすぐ下にはご本尊様がいるんですよ。

遺影はあくまで【ただの写真】です。

ただの写真を、ご本尊様の頭上に置くのは不適切ですから、仏壇の上には遺影を置かないようにしてください。

というか、遺影だけでなく、仏壇の天板には何も置かないように気をつけてくださいね。

家族が集まる場所

この記事を読んでくれている人の中には、

ウチには仏間がないし、仏壇の近くにも遺影を飾る場所なんかないよ。

と人もいるはず。

そのような人は、

家族が集まる場所

に遺影を飾ってください。

遺影は、いつまでも故人のことを忘れず、生前の恩に感謝して、ずっと故人を近くに感じるために飾ります。

だから、遺影はできるだけみんなの目に入るような場所に飾るのがいいのです。

それで、多くの家では毎日手を合わせる仏壇の近くに飾るんです。

でも、仏壇の近くがダメなら他の場所にするしかありません。

他の場所で、さらにいつもみんなの目に入る場所となれば、リビングなどの日頃から【家族が集まる場所】がいいんですよね。

家の雰囲気に合わせて遺影を飾る

今までの遺影といえば、額縁の色が【黒】や【茶色】といったように、言っちゃ悪いですが『古臭い』ものばかりです。

しかし、最近では、

家の雰囲気に合わせて遺影を飾る

という傾向にあります。

近年の住宅は洋室がメインとなっていて、和室がとても少ないです。

せっかくの洋室に古臭い遺影なんて飾りたくないですよね?

ですから、多くの人はいろんな色やデザインのフォトフレームに故人の写真を入れて飾っています。

オシャレな家族写真と並んで自然に遺影が飾られているというカンジです。

遺影はあくまで【ただの写真】ですから、家の雰囲気に合わせて飾ればいいのです。

遺影を古臭い額縁なんかに入れないで、ちゃんと家の雰囲気に合ったオシャレなフォトフレームに入れてあげてください。

小さな遺影を飾る

遺影といえば、『四つ切サイズ』と呼ばれる【254mm×305mm】の大きさが一般的です。

でも、この一般的なサイズって・・・ちょっと大きすぎませんか?

僕としては、

小さな遺影を飾る

ことをおすすめします。

小さな遺影というのは、『L版サイズ』と呼ばれる【89mm×127mm】の大きさです。

このサイズであれば、仏壇の中にも収まりますし、他の場所に飾ってもジャマになりません。

それに、法事のときなどに持ち運んだり、掃除のときに移動させるにもラクなんです。

遺影はべつに大きいものである必要はありません。

家族みんなが見ることができればいいんです。

だって【ただの写真】なんだから。

というわけで、完全に個人的な意見ですが、遺影は『L版サイズ』だけあればいいですよ。

複数人分の遺影がある場合は、向かって【右】を上座にして飾る

あなたの家には複数人分の遺影がありますか?

遺影を飾るときには一応の【飾る順番】があります。

複数人分の遺影を飾る場合は、

向かって【右】を上座にして飾る

となっています。

仏事では、

  • 私たちから見て『右』が上座
  • 私たちから見て『左』が下座

と考えます。

上座や下座があるということは、大変失礼ながら仏様に優先順位をつけているのです。

じゃあ、どのようにして優先順位をつけるのか。

仏様の優先順位のつけ方は、

先に亡くなった人から上位になる

と覚えてください。

この優先順位には生前の地位や性別なんて関係ありません。

夫婦の場合、妻が先に亡くなれば、妻が上位。

親子の場合、悲しいことに子どもが先に亡くなれば、たとえそれが赤ちゃんでも、子どもの方が上位です。

とにかく先に亡くなった人が上位になるのです。

ということで、複数の遺影がある場合は、先に亡くなった人の順番で、私たちから見て右から左へと飾るというのを覚えておきましょう。

とはいえ、これは遺影を飾るときの単なる基準というだけです。

遺影は【ただの写真】ですから、最後は家族のみんなで納得のいくように飾ってOKですよ。

遺影は他の写真に替えてもいい

多くの人は、お葬式のときに使った遺影をその後もずっと飾り続けています。

でも、べつに、

遺影は他の写真に替えてもいい

のです。

お葬式のときって、とにかく慌ただしいです。

少ない時間でたくさんのことを一気に決めていかなきゃいけません。

ですから、遺影をじっくりと選ぶ時間がないことも多いんですよね。

それで、仕方がないのでとりあえず無難な写真を遺影にしてしまうケースがあるのです。

すると、後になって、

この写真、何だかしっくりこないなぁ・・・。

なんてことになります。

遺影というのは『生前の故人をよく表す写真』がベストです。

なので、後からより良い写真が見つかったら、どうぞ遠慮なく交換してください。

遺影は絶対に必要なものではない

これまでは、遺影を飾る場所や方法について書いてきました。

しかし、そもそもの話、

遺影は絶対に必要なものではない

んですよね。

今さらこんなことを言ってごめんなさいね。

くどいようですが、遺影なんて【ただの写真】なんですよ。

ただの写真を飾るかどうかは家族が決めること。

しかも、遺影には仏教的な意味も無いので、故人の供養にも関連性は一切なし。

なので、もしも遺影を飾りたくないと思うのなら、無理に飾らなくてもいいんですよ。

※遺影を飾りたくないという人は『遺影はいらない。遺影を飾りたくないなら処分してもOK』の記事を読んでみてください。

それに、最近では写真をわざわざ現像して飾ることも少ないですよね?

あなたのスマホに保存されているたくさんの写真、それをすべて現像しますか?

しないでしょ?

いろんな思い出や人の写真を『画像データ』として残して、思い出したタイミングでたまに見るだけ。

ですから、遺影を飾りたくないなら、パソコンやスマホなどに故人の写真を『画像データ』として保存しておくだけでもよいと思います。

それで、ふと故人のことを思い出したときに画像データを見てあげてください。

まとめ:遺影を飾るなら【仏壇の近く】か【家族が集まる場所】がいい

遺影というのは、位牌などの仏具とは違って、あくまで【ただの写真】にすぎません。

ですから、遺影の取扱い方に関しては、《仏壇の上に飾らない》ということだけ注意すれば、他に決まりはないんです。

ただ、遺影は仏具ではありませんので、仏壇の中でなく、

【仏壇の近く】か【家族が集まる場所】

に飾るといいでしょう。

遺影といえば【黒色のフレームの額に入れる】みたいなイメージがあるかもしれませんが、今はそんなことはしなくていいですよ。

家の雰囲気に合わせて、明るくカジュアルに飾ってください。

それに、遺影は他の写真に替えてもまったく問題ありませんから、もっと良い写真が見つかったらそれを飾ってあげてください。

また、「遺影は飾りたくない。」という人だっているでしょう。

遺影は必ず飾るものというわけではないので、無理に飾る必要はありません。

なので、故人の写真はPCやスマホに『画像データ』として保存しておくだけでもOKです。

遺影はただの写真なので、基本的にはどのように取り扱おうとあなたの自由です。

だから、まずは、愛する家族の遺影があなたにとってどういうモノなのかを考えてみましょう。

それから遺影をどこへ飾るのか、あるいは飾らない、ということを決めてください。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >