お仏壇

仏様はご飯を食べない?仏壇にご飯をお供えする意味と供え方

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 何のために仏壇にご飯を供えるんだろう?
  • 今更だけど、ご飯の供え方に決まりはあるのかな?
  • 仏壇に毎日ご飯を供えるのは少し面倒くさいなぁ・・・。

カズ子さん
カズ子さん
仏壇に毎日ご飯を供えるのって、けっこう大変なのよねぇ・・・。

未熟僧
未熟僧
ご飯は無理に毎日供えなくてもいいですよ。

だって、仏様はご飯を食べているわけではありませんからね。

仏壇に毎日手を合わせている人は多いです。

仏壇に手を合わせるときには、お線香などと一緒に『ご飯』も供えますよね?

だとすれば、

仏壇に毎日『ご飯』を供えるのって大変じゃないですか?

仏様用の器にご飯をよそって供え、しばらくしたらご飯を下げて器を洗わなきゃいけません。

それを毎日やっていたら、けっこう負担が大きいですよね。

ということで、そんな大変な思いをしているあなたにお伝えします。

仏様はご飯を食べるわけではないので、無理して毎日お供えする必要はありませんよ。

毎日お供えすべきは、ご飯よりも『お線香』の方なんです。

だから、ご飯に関しては【お供えできるとき】に供えれば十分です。

この記事では、

  • 仏壇に供える『ご飯』の意味
  • 仏壇に供える『ご飯』の供え方

について書いています。

この記事を読むと、普段やっていることの意味がわかって、そして今までより気楽にご飯をお供えできるようになりますので、ぜひチェックしてみてください。

仏様に供えるご飯の名前は何ていうの?

仏様に供える『ご飯』には仏式の呼び方があります。

仏様に供える『ご飯』のことを、

  1. 飲食(おんじき)
  2. 仏飯(ぶっぱん)
  3. 仏供(ぶっく)

などと呼んでいます。

宗派や地域によってこのように呼び方の違いがあるんです。

まぁ、べつに『仏様のご飯』と言った方が分かりやすいんですけどね。

だから、普段の生活で「ねぇ、もう仏飯を下げといてくれない?」なんてわざわざ正式名称を言わなくてもいいですよ。

とりあえず、『ご飯』ではなく、一応はちゃんとした呼び方があるということを知ってもらえればOKです。

仏壇にご飯をお供えする意味

あなたが毎日のように仏壇へ供えている『ご飯』。

その『ご飯』にはどんな意味があるかをご存じでしょうか?

もしかするとあなたが想像しているのとは少し違うかもしれませんよ。

仏様は『ご飯』を食べていない

あなたはきっと、ご飯を《仏様に食べてもらうため》に供えていますよね?

でも、じつは、

仏様はご飯を食べていない

のです。

残念ながら、いくらご飯を供えても仏様はそれを召し上がっておられません。

じゃあ、仏様が食べているのは何のでしょう?

仏様が食べているのは、お線香に火をつけたときに出る『香り』なんです。

仏教ではこれを【香食(こうじき)】といいます。

つまり、仏壇へ供えるモノとして優先すべきは、ご飯よりもダンゼン【お線香】なんですよね。

【関連記事】:お香(こう)を供える意味とは?焼香の手順や線香の供え方も紹介します

仏壇にご飯を供える意味

仏様は、『ご飯』ではなくお線香から出る『香り』を食べています。

となると、

「じゃあ、何で『ご飯』を供えてんの?」

って話になりますよね?

仏壇に『ご飯』を供えるのは、

ご本尊様やご先祖様に【感謝の気持ち】を伝えるため

なんです。

お米は私たち日本人の『主食』であり、なくてはならない貴重な食べ物です。

だから、

  • いつもお守りいただいて本当にありがとうございます。おかげさまで今日もこうやってお米を食べることができます。

と、仏様たちへの感謝の気持ちを【貴重な食べ物を供えること】によって表現しているんです。

また、お花などと同様に、炊きたてのご飯のよい匂いをお届けするという意味もあります。

つまり、仏様に食べてもらうというよりも、私たちが豊かに暮らせていることをお見せする、というカンジですね。

仏壇へのご飯の供え方

仏様へ供える『ご飯』については、【供え方】というものが一応はあります。

でも、本当は【供え方】なんてあまり気にしなくてもいいんですけどね。

でも、僕がいる寺の信者さんから【供え方】について質問されることもあるので、この機会にあなたにもお伝えします。

とりあえず先に言っておきますが、仏壇に供える『ご飯』については、

基本的に、あなたの自由

です。

ご飯は毎日供えた方がいい?

まずは、よく受ける質問の1つめは、

  • 「ご飯は毎日供えた方がいいんですよね?」

です。

これに対する返答は、

毎日じゃなくてもいい。できるときに供えれば十分。

です。

私たちは毎日ご飯を食べているので、多くの人がその感覚で「仏様にもちゃんと供えなきゃ。」って思うんですよね。

でも、先ほども言ったように、仏様はべつに『ご飯』を食べているわけではありません。

仏様に食事をしてもらうなら、供えるのは『ご飯』ではなく【お線香】です。

ご飯を供えるのは、あくまで【感謝の気持ち】を伝える手段の1つです。

だから、【感謝の気持ち】を伝えるなら、手を合わせるなど他の方法でもいいわけです。

もちろん、それも毎日である必要はありませんよ。

感謝の気持ちを伝えたいときに、心を込めて伝えればいいんです。

ということで、『ご飯』を供えるのは、べつに毎日である必要はありません。

もっと気楽に『ご飯』を供えて大丈夫ですよ。

ご飯をお供えするタイミングは?

次に、よく受ける質問の2つめは、

  • 「ご飯はいつお供えすればいいんですか?」

です。

これに対する返答は、

いつでもいい。

です。

これも《ご飯は毎日お供えするのか?》の場合と同じ考え方です。

仏様に【感謝の気持ち】を伝えるためにタイミングを考える必要なんてありません。

いつでもいいから【感謝の気持ち】を伝えればいいんですよ。

つまり、あなたが「あっ、仏様に『ご飯』をお供えしよう。」と思ったときがベストタイミングなのです。

「毎日お供えしなきゃ。」なんていう義務感でやんなくてもいいんですよ。

なので、もっと気楽に『ご飯』を供えましょう。

ご飯の盛り方

次に、よく受ける質問の3つめは、

  • 「ご飯はどうやって器に盛ればいいんですか?」

です。

これに対する返答は、

器にちゃんと乗っかる量を、丸っぽい形に盛ればいい。

です。

ご飯の盛り方は、だいたい、

  1. 円柱(えんとう)形
  2. 半球形
  3. 宝珠(ほうじゅ)形

の3パターンです。

『円柱形』とは、【丸い柱】を横に切った形ですので、断面の形は丸くなっています。

『半球形』とは、ボールを半分に切った形です。

『宝珠形』とは、半球形の先を少し尖らせたような形です。

これらの形の共通点は『丸っぽい形』です。

だから、何となく丸っぽく盛っていればOKです。

少しくらい形が崩れていても、仏様は何も文句は言いませんから大丈夫ですよ。

ということで、あまり形なんて気にせず気楽に『ご飯』を供えてください。

お箸を立てた方がいいの?

次に、よく受ける質問の4つめは、

  • 「供えるご飯にはお箸を立てるんですか?」

です。

これに対する返答は、

仏壇に供える『ご飯』にお箸を立てなくていい

となります。

人が亡くなると、茶碗にご飯を山盛りにして、その上からお箸を立てて供えます。

これを『枕飯(まくらめし)』といいます。

これの延長線上で、仏壇に供える『ご飯』にもお箸を立てるべきかと疑問に思う人もいます。

でも、仏飯器にはそんなにたくさんのご飯を盛ることができないので、お箸を立てられません。

そして、そもそも仏様は『ご飯』を食べていませんから、お箸は不要です。

供えたご飯を下げるタイミングは?

続いて、よく受ける質問の5つめは、

  • 「供えたご飯はいつ下げればいいんですか?」

です。

これに対する返答は、

いつでもいい

です。

朝食のときに供えたのなら、家族が食べ終わるタイミングで下げてもいいです。

あるいは、仕事で出てしまうなら、帰宅してから下げるのでもOKです。

仏様の世界では【食事を午前中にする】というルールがあるそうなので、午後に入ったら下げるのでもいいでしょう。

ちなみに、僕の場合はお昼の12時を過ぎたら下げるようにしています。

というわけで、ご飯を下げるタイミングに決まりがあるわけじゃないので、あなたの都合の良いときに下げればいいですよ。

下げたご飯はどうするの?

最後に、よく受ける質問の6つめは、

  • 「下げたご飯は捨てちゃっていいんですか?」

です。

これに対する返答は、

下げたご飯は食べてあげるのが理想的

となります。

仏様はお供えをしてもらった分の【7分の1】だけを受け取ります。

そして、

「お供えをどうもありがとう。私はこれだけで十分だから、あとはみんなで分けてくださいね♪」

と、残りの【7分の6】は私たちに返してくれるのです。

だから、供えたご飯のほとんどは私たちへのお返しなんですよね。

せっかく、私たちのために返してくれたものですから、ありがたく食べるのが理想的なんです。

とはいえ、供えてから長い時間がたっていたら無理に食べることはありませんよ。

可能であれば食べるといいですよ、というカンジですね。

まとめ:感謝の気持ちを表すために仏壇へご飯を供えましょう

仏壇に毎日『ご飯』を供えるのはけっこう大変です。

だから、無理して毎日『ご飯』を供える必要はありません。

なぜなら、仏様はご飯を食べているわけではないからです。

仏様の食べているのは、お香を燃やしたときに出る『香り』です。

では、何のために『ご飯』を供えるのかというと、

ご本尊様やご先祖様に対して『感謝の気持ち』を表すため

です。

ご飯というのは、私たちが生きていくために必要なものであり、とても貴重なもの。

そんな貴重なものを仏様へ捧げることで『感謝の気持ち』を示します。

ですから、『感謝の気持ち』を伝えるタイミングもあなた次第なので、べつに毎日じゃなくたっていいんです。

それに、『ご飯』の供え方も、そんなに難しい決まりなんて特にありませんよ。

器にちゃんと乗っかる量を丸っぽい形に盛ったらいいんです。

あとは、あなたのタイミング(可能なら午前中)で、あなたの好きなように供えてください。

そして、最後に下げたお供え物は家族みんなで食べてしまってください。

仏壇へ『ご飯』を供えて、あなたの『感謝の気持ち』をアツアツの湯気に乗せてお伝えしてあげてください。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >