お仏壇

遺影はいらない。遺影を飾りたくないなら処分してもOK

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 遺影なんて飾りたくないな・・・。
  • 遺影を飾らないと故人をちゃんと供養できないの?
  • 飾らない遺影はどうすればいいんだろう?

キヨシさん
キヨシさん
遺影はいらないんだけど、飾らない遺影はどうすればいいんだ?

未熟僧
未熟僧
遺影は無理に飾らなくてもいいですよ。

飾らないなら、どこかへ保管しておくか、いらないなら処分しちゃってもいいです。

亡くなった人の写真のことを『遺影(いえい)』といいます。

家族が亡くなると、家のどこかに遺影を飾ります。

遺影を飾って、いつでも故人を近くに感じるのです。

しかし、最近では遺影に対する意識が変化してきて、「遺影は飾りたくない。」という人が多くなっているんですよね。

遺影を飾りたくないのなら、べつに飾らなくても問題はありません。

だって、遺影は『ただの写真』なのですから、必要なければ飾らなくていいし、なんなら処分したってかまいませんよ。

この記事では、

  • 遺影とはどういうものなのか
  • 遺影を飾らない場合はどうすればいいのか

についてお坊さんの僕が詳しく解説しています。

最後まで読んでもらえれば、遺影を飾らないことに対する『後ろめたさ』や『申し訳なさ』が無くなりスッキリしますので、ぜひチェックしてみてください。

遺影がいらないなら無理に飾らなくてもいい

家族が亡くなると、故人の遺影を飾るというのが一般的です。

しかし、遺影を飾るかどうかを決めるのは、残された家族です。

だから、『遺影は飾らない』という選択も当然ありえます。

そのようなときは、

遺影がいらないなら無理に飾らなくてもいい

ですよ。

遺影は必要というほどのものではありません。

なぜなら、遺影はあくまで、

ただの『写真』

だからです。

でも、遺影を飾らないと、何となく、

  • もしかして故人が怒るんじゃないかな?
  • ちゃんと供養できるのかな?

って不安になっちゃいますか?

大丈夫です、遺影がなくても故人は怒りませんし、供養にも一切影響はありませんから。

だって、ただの『写真』なんだから。

そして、遺影に向かって手を合わせている人がけっこういます。

遺影に向かって手を合わせる必要はないですよ。

だって、ただの『写真』なんだから。

手を合わせなきゃいけないのは、【故人の遺影】ではなく【故人の位牌】の方です。

位牌さえあれば遺影はあっても無くてもかまわないんですよね。

ということで、遺影なんてさほど重要ではないということを覚えておいてくださいね。

【関連記事】:位牌とは何なの?位牌の意味や必要性をお坊さんが解説します。

遺影を飾る風習は比較的最近のもの?

家族が亡くなったら、多くの人は故人の遺影を飾ります。

しかし、じつは、

遺影を飾る風習は比較的最近のもの

なのです。

遺影を飾るようになったのは明治期以降です。

だから、ザックリ言うと、今から130〜150年前くらいですかね。

では、その前には遺影は無かったのでしょうか?

じつは、遺影と似たようなものがあったのです。

遺影の元になっているのは、江戸時代の『死絵』や『葬儀絵巻』だという説があります。

『死絵』というのは、役者などの有名人が亡くなった場合、冥福を祈る意味で書かれた浮世絵です。

『葬儀絵巻』というのは、記録として葬儀の様子を絵に描いたものです。

でも、この頃はまだ【絵】なんですよね。

それがやがて、明治期に入った頃、有名人の生涯を写真集に残すということをするようになりました。

これが、故人の姿を【写真】に残すようになったキッカケなんです。

その後は、日清日露戦争で亡くなった人の写真を遺影として使うようになりました。

その風習が全国に広がり、現在の『遺影』として残っているんですね。

また、遺影を飾るのは日本独特の風習でもあります。

欧米人は『生きている人』の写真を飾ることはしますが、『亡くなった人』の写真は飾らないのです。

私たち日本人は、よく遺影に向かって話しかけますよね?

欧米人はこのことにものすごく違和感を感じるそうです。

すでにいなくなった人の、しかも写真に向かって話しかける日本人は【頭がどうかしている】ように映るのです。

なので、欧米人としては「チョット、コノヒト・・・ダイジョウブ?」って思うんですね。

ということで、遺影を飾る風習は比較的最近のものですし、日本だけで広がったものですから、ずっと昔に遠くのインドで誕生した仏教とは何の関係もありません。

よって、遺影を飾ろうが処分しようがあなたの自由なのです。

飾らない遺影はどうすればいいの?

あなたは家族と話し合った結果、『遺影は飾らない』ことに決めました。

じゃあ、飾らない遺影はどうすればいいのでしょうか?

飾らない遺影は、

  1. とりあえずどこかに保管しておく
  2. 処分をする

のどちらかです。

どちらでもいいですよ、あなたの自由にしてかまいません。

どちらでもいいのですが、僕は『とりあえずどこかに保管しておく』ことをおすすめします。

とりあえずどこかに保管しておく

飾らない遺影については、

とりあえずどこかに保管しておく

という選択肢がありますよ。

本当にどこでもいいんです。

置いてもジャマにならないような所にとりあえず保管しておくのです。

えっ?飾らないなら保管なんてしなくてもいいんじゃないの?

未熟僧
未熟僧
今後もしも【法事】をするなら遺影はあった方がいいですよ。

今後もしも故人の【法事】をするつもりなら、法事のときに遺影が必要になる可能性があります。

法事をするときには、位牌や供物だけではなく故人の【遺影】を飾ることがほとんどです。

まぁ、遺影があった方が「この人の供養をしていますよ。」ということが分かりやすいですからね。

それに、遺影で故人の顔を見ている方が、生前の故人のことを思い出しやすくなります。

だから、お坊さんによっては「法事のときは遺影を必ず持って来てください。」という人もいます。

そのようなときに遺影がなかったら・・・ねぇ?

その他にも、遺影がなかったら【親戚から文句を言われる】かもしれませんよ。

多くの人は、「家族が亡くなったら遺影を飾るのが当然だ。」と思っています。

なので、あなたの親戚の中に『うるさくて面倒くさい親戚』がいる場合は注意した方がいいですよ。

きっと「遺影がないなんて・・・。故人が可哀そうだよ。」みたいなカンジで言われることでしょう。

なので、僕としては遺影をとりあえず保管しておく方がいいかなと思いますよ。

処分をする

やっぱり遺影はいらないから、もう処分したいんだよね。

未熟僧
未熟僧
そうですか・・・。

じゃあ処分の方法を紹介しますね。

遺影はいらないから処分したいという人もいることでしょう。

ここからは遺影の処分の方法について紹介していきます。

遺影の処分の方法は、

  1. 自分で処分する
  2. お寺や神社で処分してもらう

のどちらかです。

自分で処分する

先ほども言いましたように、遺影はただの『写真』です。

だから、

自分で処分する

というのが基本です。

もちろん、処分というのは【可燃ゴミ】として出すことです。

写真が見えないように、半紙などに包んでビニールに入れて出すようにしましょう。

あるいは、【自分で燃やす】というのも方法の1つです。

自分で燃やす場合は、庭で燃やすか、家の中なら十分に注意して灰皿の上で燃やすといいでしょう。

お寺や神社で処分してもらう

遺影がただの写真とはいえ、自分で処分することに抵抗がある人もいるでしょう。

そんなときは、

お寺や神社で処分してもらう

というのも1つの方法です。

お寺や神社なら、ちゃんと供養をしてから処分してくれますから、何となく安心できますよね。

ただし、処分を依頼するということは『お金』が必要になることもあります。

処分費用は、まぁ【5,000円】もあれば大丈夫でしょう。

また、遺影の処分をしないお寺や神社もありますよ。

だから、ちゃんと事前にお寺や神社へ確認をしてから持って行くようにしてください。

まとめ:遺影はただの写真。いらないなら処分をすればいい。

家族が亡くなったら、家に故人の遺影を飾ります。

でも、最近では「遺影を飾りたくない。」という人が増えました。

遺影を飾りたくないのなら、無理に飾らなくていいですし、いらないなら処分をしてもかまいません。

なぜなら、遺影というのは『ただの写真』だからです。

それに、遺影は明治期以降からの比較的新しい習慣です。

また、遺影を飾ろうが処分しようが、ただの写真である以上、故人の供養とは何の関係もありません。

だから、遺影を飾るのかどうかは『あなたの自由』なのです。

しかし、故人の回忌法要をするときなどに遺影が必要となる場合があります。

ですから、とりあえず処分はせずに保管をしておく方が無難です。

どうしても処分をしたい場合は、自分でゴミに出すか、費用をかけてお寺や神社に処分してもらってください。

最近では写真を撮っても、それを現像する人は減っており、みんなスマホやPCに画像を保存します。

故人の顔を忘れないように、そして故人をいつも近くに感じるための遺影です。

その目的が果たせるのであれば、現像された写真にこだわる必要はないのかもしれませんね。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >