お葬式の疑問

火葬後に収骨をしない!?『ゼロ葬』にする理由やメリット&デメリット

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • どうしても故人の遺骨を引き取りたくない
  • 事情があって故人の遺骨を引き取ることができない
  • 『ゼロ葬』について知りたい

最近では【お葬式のカタチ】がずいぶんと変わりました。

例えば、

  • できるだけ人を呼ばず、故人に近い人だけで行う『家族葬』
  • 通夜をせずにお葬式だけを行う『一日葬』
  • お葬式さえも行わない『直葬』

などがあります。

僕がお坊さんになった時には想像もできなかったくらい、本当にめまぐるしく変化をして、いろんな【お葬式のカタチ】が誕生しています。

そんな中でさらに驚きの【お葬式のカタチ】が誕生していました。

その名も、

『ゼロ葬』

です。

ゼロ葬とは、お葬式をしないだけではなく、なんと、

火葬後の収骨をせず、故人の遺骨を引き取らない

というものです。

ただ、さすがにこの『ゼロ葬』はインパクトが非常に大きい【最新の葬送形態】なので、安易に決めてしまわず、慎重に、後悔のないように、真剣に考えて選んでくださいね。

この記事を読むと、

  • 『ゼロ葬』とはどのようなものなのか
  • 『ゼロ葬』が選ばれる理由
  • 『ゼロ葬』のメリット&デメリット

が分かります。

新しい葬送形態の1つとして参考にしてみてください。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >

『ゼロ葬』って何?

最近のお葬式には、『一日葬』『家族葬』『直葬』などいろんな形態があります。

そして、ここにきてさらに新たな形態が誕生しました。

それは、

『ゼロ葬』

という非常にインパクトのある葬送の形態です。

ちなみに、この『ゼロ葬』という名前は、宗教学者の島田裕巳氏の著書である『0葬ーあっさり死ぬ』(2014年出版)が元になっているそうです。

created by Rinker
¥462 (2022/09/29 00:18:10時点 Amazon調べ-詳細)

そして、『ゼロ葬』の何がそんなにインパクトがあるのかというと、

火葬後の収骨をせず、故人の遺骨を引き取らない

というところです。

『ゼロ葬』の【ゼロ】というのは数字の『0』のことで、つまり【何も無い】ということです。

ですから、

  • お葬式も無い
  • 収骨も無い
  • その後の供養も無い
  • 故人のための【お墓】も必要ない

ということなんですよね。

現在のところは、さまざまな事情で《どうしても遺骨を引き取ることができない》という人が選んでいるようです。

要するに、やむを得ない事情があるから『収骨拒否』をする、ということですね。

しかしまぁ、すごい方法だと思いませんか?

もともと関西から西の地域では、故人の遺骨の一部だけを持って帰るという文化はあります。

しかし、ゼロ葬の場合は一部さえも持って帰りません、全面的に拒否するのです。

もう本当に何もしないので、たぶん【究極に簡略化された葬送のカタチ】なんじゃないかと思いますよ。

というか、もはや『葬送』でさえもない。

じつは、お坊さんである僕でも『ゼロ葬』を知りませんでした。

ですから、世間の人にもまだあまり認知されていないはずです。

しかも、【あえて遺骨を引き取らない】という、今までだと考えられないような形態ですから、批判が出る可能性は高いです。

それに、この『ゼロ葬』はどこの火葬場でも可能なわけではないのです。

条例や火葬場の規則は各自治体によって違いますから、あなたがそのつもりでいても、いざという時に「ウチではできませんよ。」と断られてしまうかもしれません。

ですから、どうしても遺骨を引き取ることができないのなら、事前に『収骨拒否』ができる火葬場を探しておかなければいけないわけですね。

でも、もしかすると、今後はこの『ゼロ葬』というのも当たり前のように行われるかもしれません。

そうなれば、どこの火葬場でも収骨拒否ができるようになるでしょう。

とはいえ、現在のところ『ゼロ葬』は最新の葬送形態なので、真剣に、慎重に、後悔のないように、よく考えて選ぶようにしましょう。

【関連記事】:お葬式をする意味とは何?お葬式でお坊さんがしていることを具体的に解説!

『ゼロ葬』を選ぶ理由

一般的には、火葬をした後に収骨をして、遺骨は喪主の家などに持ち帰ります。

でも『ゼロ葬』はそれをせずに、遺骨を火葬場に残してくるのです。

なぜ【遺骨を引き取らない】という選択をするのでしょうか?

故人と絶縁していた

私たちは、どうしてもお互いに理解し合うことができず、その結果『関係を断つ』ということがあります。

これは、相手が友人や知人の場合はもちろん、親戚同士、さらには親子であっても起こりうることです。

もしも、あなたと絶縁していた人が亡くなった場合、故人にとってあなたの他に誰も身寄りがいなければ、あなたの所へ連絡がきます。

それで、仕方なく火葬をしたとしても、その後のことまでは面倒を見たくないと思うことでしょう。

このように、生前に、

故人と絶縁していた

という理由で『ゼロ葬』を選ぶ人はいます。

離婚した相手が孤独死をした

人との『関係を断つ』というのは夫婦関係においても起こります。

要するに『離婚』ですね。

離婚をすれば、相手の人とは法的に他人となりますよね。

しかし、もしも離婚した相手がその後もずっと独身で、そのまま孤独死をしてしまった場合、その人にまったく身寄りがいなければ、最終的にはあなたの所に連絡がきます。

本当ならばもう【赤の他人】なので何の関係もないのですが、「最後くらいは・・・。」と火葬の立ち合いだけをする人もいます。

でも、そういう人もさすがに遺骨までは引き取れないんですよね。

このように、

離婚した相手が孤独死をした

というケースで『ゼロ葬』を選ぶ人はいます。

ほぼ面識がないような遠い親戚である

亡くなった人にとって【関係の近い身よりの人】がいない場合、さらに範囲を広げて身よりを探すことになります。

そうすると、会った記憶もないような親戚であっても、巡りめぐってあなたの所へ連絡がきます。

あとはもう同じ。

仕方なく火葬はしてあげるのですが、その後のことまで面倒を見ることができないので、遺骨を引き取ることはしないのです。

このように、

ほぼ面識がないような遠い親戚である

という理由で『ゼロ葬』を選ぶ人はいます。

故人の遺骨を納める場所がない

もしも遺骨を引き取った場合、基本的には遺骨をお墓へ納骨します。

しかし、まだお墓がない場合もあるでしょう。

最近では『手元供養』といって【自宅に遺骨を置いておく】という供養方法もありますけどね。

でも、大切な家族の遺骨なら話は分かりますけど、言っちゃ悪いですが【さほど思い入れのない人の遺骨】をずっと家に置いておきたくないですよね?

だからといって、わざわざその人のためだけにお墓を建てるなんてことはしません。

お墓を建てるには大金が必要ですし、誰も後を守る人がいなければすぐに【無縁墓】になってしまいます。

だったら、どこかの納骨施設に預けてしまえばいい・・・といっても、それだって大きな初期費用と維持費が必要です。

残酷なようですが、「さほど思い入れのない人の遺骨に対してそこまでのことをする義理はない」と思うのが普通ですよ。

ですから、仮に故人の遺骨を引き取ったところで、結局は、

故人の遺骨を納める場所がない

ということになるんで、『ゼロ葬』を選ぶという人はいます。

故人の強い遺志

「将来、自分にいよいよ来るべき時がきたら、自分の遺骨はぜひこうしてほしい。」というような希望を生前から伝えている人は多いです。

その中には、家族に迷惑をかけたくないという心理から、「自分の遺骨はお墓には入れずに全部処分してほしい」と希望する人もいます。

とはいえ、それが本心ではなくて言っている場合と、本気で言っている場合があるんですよね。

ほとんどの人は本心ではないですが、まれに【本気で】言っている人もいるんです。

家族としては、家のお墓に納骨したい気持ちがあっても、

故人の強い遺志

を尊重してあげたい、という理由で『ゼロ葬』を選ぶという人はいます。

『ゼロ葬』のメリットとデメリット

『ゼロ葬』という新たな葬送形態は、まだほとんどの人が知りません。

なので、そのメリットやデメリットも認知されていません。

物事には必ずメリットとデメリットがあり、それらをしっかりと理解した上で選ばないと後悔することになります。

決してメリットばかりを見て『ゼロ葬』を決めてはダメですよ。

ここからは、『ゼロ葬』のメリットとデメリットについて書いていきます。

『ゼロ葬』のメリット

『ゼロ葬』をすることのメリットは何なのでしょうか?

メリットは、

  • 圧倒的に費用を抑えられる
  • 時間を取られない

ということです。

圧倒的に費用を抑えられる

『ゼロ葬』というのは、とにかく故人に対して【必要最低限のこと以外は何もしない】というものです。

つまり、

  • お葬式
  • お墓
  • その後の供養

これらが全くないんですよね。

だから、お葬式から供養へという一般的な流れに比べると、

圧倒的に費用を抑えられる

わけです。

とりあえず、ゼロ葬の費用だけは必要ですが、それでも、

10万円~20万円

くらいです。

これは、一般的なお葬式や供養をすることを考えれば、信じられないくらい格安です。

それに、費用があまりかからないからこそ、遺骨を引き取ることはしなくても、火葬だけはしてもらえるのでしょう。

時間を取られない

一般的なお葬式をしようとすると、いろんな【打ち合わせの時間】とか【法要や食事を行う時間】が必要になります。

しかし、『ゼロ葬』は必要最低限の打ち合わせだけで、法要や食事なんかしません。

だから、一般的なお葬式をする場合に比べて、

時間を取られない

わけですよね。

必要最低限の打ち合わせをして、火葬場まで付き添って、故人が火葬炉へ納められるのを見届けるだけです。

なので、費用もさほどかからず時間もそんなに取られないので、遺骨を引き取ることはしなくても、火葬だけはしてもらえるのでしょう。

『ゼロ葬』のデメリット

続いて『ゼロ葬』のデメリットについて紹介します。

デメリットとしては、

  • 一部の親戚からの批判がある
  • 後になって遺骨を引き取ることはできない

ということが挙げられます。

一部の親戚からの批判がある

【故人の遺骨を引き取らない】ということを決める際には、家族や親戚との話し合いをしておくことが大事です。

でも、故人に近い親戚との話し合いはできても、すべての親戚との話し合いなんて無理ですよね。

なので、

一部の親戚からの批判がある

ということが十分に考えられます。

やはり、【遺骨を引き取らない】というのは、まだまだ世間では理解されない方法です。

人によっては『ありえない選択』なんですよね。

なので、批判は覚悟する、そして批判に対する説明ができるようにしておく必要があります。

後になって遺骨を引き取ることはできない

『ゼロ葬』というのは【故人の遺骨を引き取らない】ということが最大の特徴です。

しかし、逆に言うと、『ゼロ葬』を選ぶからには、

後になって遺骨を引き取ることはできない

ということです。

万が一、後で気が変わったとしても遺骨を引き取ることはできないのです。

ですから、あなた1人だけで決めずに、必ず家族や故人に違い親戚と話し合ってから決めるようにしてくださいね。

『ゼロ葬』ができない火葬場があるので注意

これまで『ゼロ葬』について紹介してきましたが、先ほども言ったようにすべての火葬場で『ゼロ葬』が可能なわけではないんです。

火葬に関することは、各自治体によって条例とか火葬場の規則が違うんですよね。

ですから、まずは【収骨拒否ができる火葬場】を探さなくてはダメなんです。

それで、もしも近くの火葬場で収骨拒否ができない場合は、故人を他の市町村の火葬場まで移送しなくてはいけません。

ただ、火葬場というのは『市民のためのサービス』という部分がありますから、他の市町村から移送されてきた遺体を火葬すると、使用料金が一気に高くなるのです。

それに、他から移送されてくる場合は、希望する時間帯では火葬をしてもらえないケースもあります。

また、他の市町村の火葬場まで故人を移送するとなると、移送の距離が増えてしまい、その分だけ葬儀社へ支払う移送運賃も増えてしまいます。

『ゼロ葬』は一般的なお葬式に比べればずっと安くすむのですが、それでもある程度の出費が必要となることは覚えておいてください。

まとめ:『ゼロ葬』は最新の葬送形態なので、慎重に後悔のないよう真剣に考えて選びましょう。

お葬式の方法はここ20年くらいで劇的に変化しました。

昔のお葬式というのは、大勢の人を招いて、『お通夜』と『お葬式』をしっかり執り行い、丁寧に故人を送り出していました。

しかし、現在ではどんどん簡略化が進み【必要最低限】のお葬式をするのが一般的になりつつあります。

そんな中で、『火葬後に収骨をせず、故人の遺骨を引き取らない』という究極に簡略化をした葬送形態である、

『ゼロ葬』

が誕生しました。

『ゼロ葬』は、やむを得ない事情がある人にとっては必要なものです。

しかし、特別な事情がない人にはおすすめできません。

故人の遺骨を引き取らないというのは、あまりにインパクトが大きすぎて、多くの人にはまだ受け入れられていないからです。

ですから、安易に『ゼロ葬』を選ぶと、場合によっては親戚間のトラブルを引き起こしますよ。

もちろん【故人をどのように弔うか】は誰かに強制をされて決めるものではありません。

でも、あなた1人で勝手に決めてしまってはいけませんよ。

『ゼロ葬』は最新の葬送形態なので、家族や知人など、必ず誰かと相談をしてから、慎重に後悔のないよう真剣に考えて選ぶようにしましょう。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >