当ブログでは記事内に広告を含む場合があります

数珠

【女性用】お坊さんの僕がおすすめする数珠3選

【女性用】おすすめの数珠というテキストの背景にある紫色の数珠と白菊

せっかく数珠を買うなら、可愛らしいデザインや色使いで、なおかつ手頃な値段のものがいいと思いませんか?

じつは、女性用の数珠というのは男性用よりも色やデザインの種類が多いので、

  • 可愛らしいデザイン
  • 魅力的な色使い
  • 手頃な価格
  • 数珠としての機能性に優れている

というものを見つけるのが意外と大変です。

そこで、本記事ではお坊さん歴20年以上の僕が『女性が使いやすくて高品質な数珠』を3つに絞って紹介しています。

最後までお読みいただき、数珠選びのご参考になさってください。

未熟僧
未熟僧
『買って後悔しない数珠』を厳選しておきました。

気になった数珠があれば商品画像の右側『◯◯で探す』ボタンから各サイトに入って詳細をご確認ください。

※注意】サイトによっては値段が違う、すでに在庫切れになっているということがありますので予めご了承ください。

購入する数珠の値段は【3千円~2万円】が目安

観葉植物の前にある値段という文字が入った木製ブロック

まずは、購入するべき数珠の値段の目安をお伝えします。

数珠の値段は『3千円~2万円(税込)』が目安です。

数珠を使うのは、ほとんどが【お葬式】と【法事】のときなので、使用頻度はあまり高くありません。

そのため「たまにしか使わないし、安いものでいいかな。」という考えになりがちです。

しかし、数珠はある程度の値段がする高品質なものを買うようにしましょう。

その理由は、

  • 高品質な数珠を使うことは『故人に対する礼儀』だから
  • 安い数珠は品質が悪くて破損しやすいから

です。

あなたは、初めて『ご主人の両親』に挨拶をしたとき、ちゃんと品質の高い服を着て行きませんでしたか?

それはご主人の両親に対して失礼がないよう、あなたなりに配慮をしていたんですよね?

数珠も同じで、それなりに高品質な数珠を使うことは『故人に対する礼儀』なんです。

とはいえ、必要以上に高価なものを買うことはありません。

未熟僧
未熟僧
3千円~2万円くらいであれば、しっかりとした品質の数珠が手頃な値段で買えます。

しかも、この価格帯であれば数珠の種類がたくさんあるので、あなた好みの数珠を見つけられるでしょう。

ちなみに、3千円以下の数珠も多く販売されていますが、それらはおすすめできません。

数珠というのは値段によって品質に大きな差があるので、安いものは品質が悪くて破損しやすいんです。

未熟僧
未熟僧
せっかく買ってもすぐに破損したら、結局は【安物買いの銭失い】です。

しかし、3千円以上の数珠なら品質が高いので、長期間使用できて結果的に【お得】です。

女性におすすめの数珠3つ

左手の人差し指、中指、薬指を立てるスーツ姿の女性

ここからは、たくさんある女性用の数珠の中から、

という3つのタイプを紹介します。

未熟僧
未熟僧
気になる数珠があれば、商品画像の右側にある◯◯で探す』ボタンから各サイトで詳細をご確認ください。

女性をより美しく上品に見せてくれる数珠

もしもあなたが『腕時計』を買うとしたら、どんなデザインの腕時計を選びますか?

腕時計というのは不思議なもので、腕時計のデザインによって、それをつけている人の印象が変わります。

じつは、数珠も腕時計と同じくらい持ち主の印象を左右するので、使用する数珠には【上品さ】や【女性らしさ】があるに越したことはないと思います。

そして、あまり知られていませんが、女性用の数珠の中には『女性をより美しく上品に見せてくれる数珠』というのがあるんですよね。

それがこちらの数珠です。

この数珠は、珠に『ビルマ翡翠ひすい』という柔らかい緑色の天然石を使っており、この緑色が喪服の黒色とうまく調和します。

これよりも濃い緑色だと派手な印象を与えてしまいますが、この数珠くらい柔らかくてキレイな緑色だったら控えめで奥ゆかしさがあります。

未熟僧
未熟僧
実際にこの数珠を使った女性の多くが「色がとてもキレイで上品です。」というコメントを残していますよ。

また、不思議なことに、女性がビルマ翡翠の数珠を持っていると年齢に関係なく美しく上品に見えるのです。

一方で、男性がビルマ翡翠の数珠を持つとかなりの違和感があるので、ビルマ翡翠の数珠は女性が持つからこそ成り立つんですよね。

そして、ヒモや房などは専門職人の念珠製造師によって丁寧に仕上げられており、安心して使い続けることができます。

さらに、付属として、高級品である『ちりめん織り』の【数珠袋】がついてきますので、なかなか太っ腹なサービスです。

この数珠は高級品ですが、女性の魅力を引き立たせてくれるという他の数珠にはないメリットがあり、なおかつ高品質な数珠袋までついてくるので女性にとても人気です。

とはいえ、人にはそれぞれ好きな色があるので、緑色を好まない人もいるでしょう。

『色』の選択はとても重要なので、いくら品質が良くても色が好みではないなら他の数珠を買った方がいいです。

しかし、緑色でも問題がなく「いつでも女性らしく上品でありたい。」という人にはこの数珠が最適です。

『清潔感』や『値段の安さ』を求める人におすすめの数珠

あなたは、どんなものでも『清潔感』が大事だと思いませんか?

身の周りのものをいつも清潔にしておくと気分がいいですし、何となく安心しますよね。

ですから、数珠についても『清潔感』があって、さらに値段も安ければ文句なしです。

数珠に対して『清潔感』や『値段の安さ』を求めるならこちらの数珠がよいと思います。

この数珠の珠には【本水晶】が使用されており、見た目がとてもスッキリしています。

本水晶は透明なので、見た目がスッキリしているだけでなく『清潔感』もあるんですよね。

そして、数珠全体の色のアクセントとなる房には『優しいピンク色』の正絹が使われ、小さなアクセントとして《二天珠》にも同じくピンク色のローズクォーツが使われています。

未熟僧
未熟僧
ピンク色は女性にとても人気です。

喪服の色とのバランスについては、《透明な珠》と《優しいピンク色の房》なので、控えめなアクセントとなり自然に調和されます。

数珠全体の作りについては、房やヒモに正絹が使用されて丁寧に仕上げられていますので安心して使えますよ。

また、この数珠は本水晶を使用しているにもかかわらず値段がとても良心的

さらに、付属品の数珠袋は、房と同じ《優しいピンク色》となっており、しかもファスナーで開閉できるので使いやすくていいです。

ちなみに、ここで1つ大事な注意点があります。

いろんなサイトを見ていると、他にも同じような【透明な数珠】がもっと安く販売されていますが、それらを安易に購入しないでください。

なぜなら、同じ【透明な珠】の数珠でも、価格が安いものには『ガラス』が使用されているからです。

未熟僧
未熟僧
パッと見は同じですから気をつけてくださいね。

ガラスの数珠というのは、珠をつないでいるヒモが切れやすく、珠の輝きや透明感も徐々に無くなっていきます。

見た目は同じ【透明な数珠】ですが品質には雲泥の差がありますので、ガラスの数珠は購入しないように注意してください。

女性用の定番である『紫色』の数珠

女性用の数珠は【色の種類】がとても豊富で、大手通販サイトを見てみると驚くほどたくさんの数珠が出てきます。

でも、種類が豊富なのは良いことですが、たくさんあり過ぎると逆になかなか選べないですよね。

場合によっては、途中で数珠選びに疲れてしまい「もうコレでいいかな。」と妥協したくなるかもしれません。

そんなときは、こちらのような女性の定番色である『紫色』の数珠を選ぶと失敗はありませんよ。

じつは、『紫色』はお葬式や法事でよく使われる色で、

  • 高貴
  • 上品
  • 神聖
  • 黒色の代わり

という意味があります。

つまり、故人に対して失礼がないように、『紫色』の数珠を持つことで自分の身なりを清く上品に整えているんですよね。

そして、紫色は【黒色の代わり】として使われる色なので、喪服の色との相性もバッチリです。

また、『紫色』はもともと多くの女性から好まれる色で、女性用の数珠にも『紫色』がよく使われています。

未熟僧
未熟僧
仏事に最適かつ人気色だから女性用の数珠の定番色になったんですね。

この数珠に使われている珠は【藤雲石とううんせき】という紫色の水晶です。

定番色の数珠は品質さえ良ければ長く使い続けられるので、じつは紫色というのはコスパの面でも優秀。

しかし、定番色ということは『あまり面白くない数珠』とも言えますので、そのあたりはご容赦ください。

とはいえ、「とにかくお葬式で失礼がないようにしたい。」という人はこの数珠を使えば間違いはありません。

【番外編】小学生のお子様には『子ども用の数珠』を買おう

黄色の帽子が上に乗っている黒いランドセル

お葬式には大人だけではなく『子ども』も一緒に参列をします。

となると、本来であれば子どもにも『子ども用の数珠』を持たせてあげるのが故人に対する礼儀です。

ですから、あなたのお子様が【小学生】くらいの年齢になったら数珠を持たせてあげてください。

小学生くらいの記憶というのは、その後もずっと残っていますので、子どもに専用の数珠を持たせて今のうちから【仏事の基本】を教えてあげましょう

未熟僧
未熟僧
小学生くらいの頃は「自分も大人と同じ物を持ちたい!」と強く思う時期ですから、きっとお子様も喜びますよ。

ついでに言いますと、あなたがお子様に『子ども用の数珠』を持たせることで、それを見た親戚など他の参列者からの《あなたに対する評価》がグンと上がるのは間違いありません。

子ども用の数珠であれば値段もさほど高くありませんので、仏様への礼儀として、そして将来に向けての【教育】の1つとして、お子様にも『子ども用の数珠』を買ってあげてください。

男の子用にはコチラの数珠がおすすめです。

女の子用にはコチラの数珠がおすすめです。

まとめ

女性用の数珠にはたくさんの種類があるので、その中から値段・デザイン・色使いのよい数珠を選ぶのは大変です。

この記事では、お坊さんとしての経験をふまえて女性におすすめの数珠を3つ紹介しました。

数珠というのは、長期間使用できるに越したことはありませんので、そのためには数珠を値段の安さだけで選ばないように注意してください。

安さだけで選ぶと後悔しますから、数珠を買うなら値段が3千円以上の品質の良いものを選びましょう。

そして、せっかく購入した数珠は、大事に扱ってなるべく長く使い続けてくださいね。

※お葬式では他にも持ち物がありますのでコチラの記事で確認してみてください。

【保存版】お葬式に参列するときの持ち物とマナーを詳しく紹介