お墓

墓地(お墓)の雑草の対策には、この2つの除草剤を使え!使用時の注意点も解説。

どうも、お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • お墓に生えた雑草をいちいち手で取るのが面倒くさい!
  • できるだけ簡単に雑草を無くしたい。
  • 除草剤を使いたいけど、使い方が分からない。
  • みんなはどんな除草剤を使っているんだろう?

春を過ぎたあたりから墓地に生えてくる雑草。

雑草の処理って、何度もやんなきゃいけないから本当に面倒くさいし、もうウンザリしませんか?

せっかく「あ〜、腰が痛ぇ。」なんて言いながら頑張って草を抜いたのに、1ヶ月もすればすっかり元どおりか、なんならそれ以上に生えてます。

なんとも言えない『虚しさ』を感じる瞬間です。

墓地に生える雑草ってどう対策すればいいんでしょうね?

20年以上お坊さんをしてきた経験から言うと、

『除草剤』を使うのが一番良い

と確信しています。

雑草が生えるのは仕方のないことなので、いかにして除草の作業を楽チンに効率よく行うかが大事です。

この記事は、

  1. 墓地の雑草の対策には除草剤を使うのが一番良い理由
  2. おすすめする2つの除草剤の紹介
  3. 除草剤を使用する時の注意点

について書いています。

最後まで読んでいただければ、今までのような、

  • 長時間の除草作業による腰痛
  • 長時間の除草作業による日焼け
  • 除草作業を何度も繰り返すことの虚しさ

から解放されます。

何よりも、貴重な『あなたの時間』を無駄にしなくてすむんです。

あなたにはもう墓地に生えた雑草のことなんかで悩んでほしくありませんので、ぜひ一度読んでみてください。

墓地の雑草の対策には、除草剤を使うのが一番良い

ジリジリと刺すような日射しの中、墓地の雑草を抜くのってメチャクチャ大変ですよね?

ずっとかがんで作業をしていると、腰と膝と足首が痛くなるし、少し休憩しようと立ち上がればクラっと【立ちくらみ】をおこす始末。

墓地での立ちくらみは危険ですよ、下手すりゃ墓石に頭や体を強打して大ケガをしますからね。

だから、あなたに言いたい。

墓地の除草を『手作業』でするのはもうヤメましょう!

手作業なんかじゃなくて、

雑草の対策には【除草剤】を使うのが一番良い

ですよ!

雑草を手で抜くのはメチャクチャ大変

あなたは、もしかして【雑草を抜くことが好き】だったりしますか?

そんなわけないですよね、この記事を読んでくれているくらいですから。

じゃあ、なぜ手で雑草を抜いてるんですか?

雑草を手で抜くってメチャクチャ大変でしょ?

墓地には、

  • 指では掴みにくい草
  • 丈夫な根があり、なかなか抜けない草
  • トゲのある草
  • 触ると【かぶれてしまう】草
  • 手につくとなかなか落ちない成分が出る草

といったような、いろんな種類の雑草が生えます。

これらをしっかりと抜いて墓地をキレイにしようとすると相当な労力が必要になりますよ。

手には軍手をはめて、カマを持って、帽子をかぶって、首にはタオルを巻いて、暑い中で長時間ひたすら草を抜き続けることになります。

家族と一緒に草むしり、最初はワイワイやっていた、だけどそのうち黙り込む、だって意外とツラいから。

ツラいけれどもひたすら頑張る、雑草だらけの墓地のままでは、ご先祖様に失礼なので。

関節の痛みや立ちくらみに耐えながら、とにかく【墓地に広がっている緑色】を無くしていく。

うわ〜、もう、思い出すだけでも嫌だわホントに。

あのですね、あなたみたいにまだ若いうちはコレができるからいいですよ。

だけど、30年後も同じようにできるのでしょうか?

たぶん無理でしょ?

いろんな雑草を手で抜くのはメチャクチャ大変です。

もしも腰なんかを痛めちゃったら、明日からの仕事に支障が出ますよ?

だから、他の手段を選びましょうよ。

雑草の対策には除草剤が一番!

手作業の除草はもうヤメましょう。

手作業なんて、そんな面倒くさいことをしなくても、

【除草剤】を使っちゃえばいいんですよ

薬剤のチカラを借りるだけで、本当に楽チンで効率よく除草できちゃいますからね。

しかも、除草剤のタイプによっては、草の発生そのものを抑制することだってできるんだから。

それにもかかわらず、わざわざ大変な思いをして手作業の除草をする意味がわからん!

除草剤を使えば長い時間かがんでいなくてもいいんですよ。

だから、除草作業による腰痛の悩みから解放されるんです!

除草剤を使えば、薬剤をまくだけだからすぐに作業は終わります。

となると、除草の作業時間が大幅に短縮されます。

それはつまり、強烈な紫外線を浴びる時間を大幅に短縮できるということ。

だから、必要以上に日焼けをしなくてすむんです!

40歳を過ぎたら男性でもお肌のことをちゃんと考えるべきですよ、紫外線はお肌の大敵!

ぼくなんか、顔がシミだらけですからね(※どなたか良い薬やクリームがあったら教えてください)。

雑草は、全盛期には何度も何度もまるで【嫌がらせ】のように生えてきます。

その度に、時間をかけて除草して、腰痛や日焼けを繰り返すんですか?

それって虚しくないですか?

除草剤なら、作業が簡単で時間もかからないので、そんな虚しさを最小限にすることができます!

ねっ?墓地の雑草の対策なんて除草剤の一択でしょ!?

そりゃ当然ながら少しくらいの出費はありますよ、除草剤を購入しなきゃダメですからね。

でも、ここはケチらないでお金を使うべきところだと思いますけどね。

除草剤の費用対効果を考えて【手作業】と【除草剤】のどちらが正解か、賢明なあなたならおわかりですよね?

除草剤を使って『あなたの時間』を増やしてほしい!

ぼくがこれだけ除草剤を強くおすすめするのにはそれなりに理由があるんです。

それは、あなたには除草なんかのために貴重な時間を使ってほしくないから、です。

つまり、除草の時間を可能な限り減らして、その分だけ、

『あなたの時間』を増やしてほしい

ということなんです。

時間は全ての人に平等に与えられたもので、それをどう使うかによってその人の一生を決めてしまいます。

だから、雑草なんかのために無駄な時間を使うのは、『人生の浪費』です。

もしかすると、今までのあなたは、

  • 「墓地に除草剤をまくなんて、ご先祖様に対して失礼なんじゃないかな?」

と思っていたかもしれません。

でも、それは違う。

あなたのご先祖様だって、お墓の除草に時間を費やすのではなく、あなたにはもっと有意義な時間を過ごしてほしいと願っているはず。

あなたの時間をあなたらしく生きてほしいと思っているはず。

ぼくも、あなたには除草の時間ではなく、ご先祖様にお参りする時間の方を多くしてもらいたいと思っています。

ですから、ご先祖様のためにも、そして、あなたのためにも、墓地の雑草の対策には除草剤を使うのが一番良いのです!

※お墓参りに関する詳しいことはコチラの記事を読んでみてください。

お墓参りをする意味とは?お墓参りの基本的な手順と注意点も詳しく解説します。

おすすめする2つの除草剤

ここからは、ぼくが20年以上除草剤を使い続けてきた中で『これはイイよ!』というものをご紹介します。

まず、除草剤には大きく分けて

  1. 液体タイプ
  2. 粒剤タイプ

の2種類があります。

それぞれで使い方が変わりますので、順番にご紹介します。

液体タイプの除草剤なら『ラウンドアップマックスロード』がおすすめ!

まず、ぼくのいる寺で長年にわたって大活躍している除草剤から紹介しますね。

基本的に【液体タイプ】の方が使いやすくていいかなと思いますよ。

ということで、液体タイプの除草剤なら、

『ラウンドアップマックスロード』

がおすすめです。

この『ラウンドアップマックスロード』は、『すでに雑草が生えてしまっている状況』という場合に使用するんですよね。

液体タイプの場合は、雑草へ直接かけることによって、

薬剤を草の葉から吸収させて、光合成を利用して根まで枯らす

というものです。

だから、正しい分量で使えば、雑草の葉と根をいっぺんに枯らすことができるんですよ。

つまり、

  • 生えている雑草の上からサーっとまくだけで、数日後には薬剤のかかった草は根っこまで全て枯れている

というわけです。

手で草を抜こうとすると、根まで取れずに途中でブチッと切れてしまうことがありますよね?

それって、一時はキレイになったように見えますが、まだ根は生きていますので同じ所からまた生えてきますよ。

でも、この除草剤の場合は、薬剤を草自体に浸透させて枯らすので確実です。

たった一度まくだけでいいので、とても楽チン♪

ぼくはいつも、『ラウンドアップマックスロード』の原液と水を混ぜ合わせて薬剤の比率を調整しながら使っています。

でも、それは面倒くさいと思いますので、今回の記事では買ってすぐに使えるシャワータイプを紹介しました。

購入したら、後はキャップを外すだけですぐにでも使用でます。

とても簡単でしっかりと除草できるので一度試してみてください。

粒剤タイプの除草剤なら『ネコソギ』がおすすめ!

続いて、粒剤タイプの除草剤を紹介します。

粒剤タイプは、生えてしまっている雑草の処理はもちろん、

  • そもそも雑草を生えないようにしたい!

という人には最適です。

ぼくがおすすめする粒剤タイプの除草剤は、

『ネコソギ』

です。

この除草剤は、その名のとおり、

  • いろんな雑草を根こそぎ枯らす

ことができます。

粒剤タイプの除草剤は、簡単に言うと、

土に薬剤を浸透させて、土を変質させる

というイメージです。

つまり、薬剤の力で『植物が生きられない土に変えてしまう』というわけです。

だから、この除草剤をまいた場所は、あらゆる雑草や植物が枯れてしまいます。

しかも、その効果がしばらく持続するんですよ。

この除草剤をまいてから約半年、もう少し高価なものだと9ヶ月くらい草や植物が生えなくなります。

草が生え始めるのは4月に入る頃だと思いますので、そのタイミングでこの『ネコソギ』をまいておけば、10月くらいまでは墓地はキレイなまま。

10月頃になれば、草がガンガン生えるなんてことはありません。

だから、草がたくさん生える期間に合わせてこの除草剤をまいておけば、墓地をほぼ一年中キレイな状態に保つことができる、というわけです。

使い方も非常に簡単、

  • 草が生えてほしくない場所にまいておく

だけ。

ねっ?除草剤ってスゴいでしょう?

手作業の除草なんてアホらしいと思いませんか?

【番外編】墓地に石を敷き詰めるという選択肢もある

番外編として、除草剤の他にも雑草の対策はあります。

それは、

石を敷き詰めて土の部分を無くす

という方法です。

この方法、じつは最近とても増えてきました。

やっぱり、いくら便利な除草剤があるとはいえ除草作業自体が面倒くさいんですよね。

だから、根本的に除草作業そのものをしなくてもいい状態にしてしまいます。

墓地全体に隙間なく石を敷き詰めて、草が生える余地を与えないわけです。

そのような墓地には土が一切なくて、墓地全体に御影石(みかげいし)が敷かれている、というカンジです。

たしかに、これなら間違いなく草は生えてきません。

ただし、これをやろうとするとお金がそれなりにかかりますよ、数十万円は覚悟してくださいね。

そして、夏は日射しが石を高温にしてしまうため、他の墓地より暑いのは間違いありません。

除草剤をまく時の注意点

とても便利な除草剤ですが、薬剤を使うのでそれなりに使用上の注意点があります。

とはいえ、べつに資格が必要なわけでもないし、特別難しいことはないので安心してください。

本来はちゃんと除草剤の濃度を調整するもの

液体タイプの除草剤を使う場合は、薬剤の原液と水を混ぜ合わせて使用するんですよ。

つまり、本来なら、生えている雑草の種類に合わせて【薬剤の濃度調整】をするんですね。

濃度が薄いと、せっかく薬剤をまいても効果が出ません。

反対に、濃度が濃いと、薬剤の無駄使いになってしまいます。

ですから、必要な濃度で調整してあげることが大事です。

一応ね、本当に念のために【薬剤の割合】の例を書いておきますね。

ちなみに、薬剤と水の割合は『◯◯倍』と表現します。

例えば、

  • 100倍』であれば、1ℓ(1000cc)の水に対して10ccの薬剤を入れる。
  • 10倍』であれば、1ℓ(1000cc)の水に対して100ccの薬剤を入れる。

ということです。

つまり、倍率の数字が小さくなるほど薬剤の濃度が濃くなるわけです。

除草する時の割合の目安は以下のようなカンジです。

  • 【100倍】草に薬剤がちゃんとかかっていれば、多くの草が枯れる倍率
  • 【50倍】草に薬剤が少しかかるだけで、多くの草が枯れる倍率
  • 【30倍】除草剤の効きにくい厄介な草でも枯れる倍率
  • 【10倍】ここまで濃度を上げると、薬剤の無駄使い

このように、そこにどんな草が生えているのかを見て薬剤の濃度を調整するんです。

あっ、あなた今「えぇ〜、そんなことすんの?面倒くさっ!」って思いました?

大丈夫、ぼくが先ほどおすすめした『ラウンドアップマックスロード』には、最初からベストバランスで調整されているモノがあります。

だから、それを購入すればいいんです。

購入したら、それをそのまま墓地に持って行って、キャップを開けたら、後は薬剤を雑草にかける。

ちゃんと【シャワータイプ】になっていますから、必要な場所に適量をかければOK。

たったそれだけ、メチャクチャ簡単でしょ?

周囲に人がいないことを確認する

除草剤を使う時には、必ず、

周囲に人がいないことを確認する

ようにしてくださいね。

除草剤もそうですが、薬剤は【薬品クサい】です、当たり前だけど。

まぁ、これは安全のためにわざとニオイを付けているわけですが、薬品クサいのを嫌がる人は多いです。

ニオイが嫌というか、自分も薬剤を吸い込んでしまうことが嫌なんですよね。

もしも、あなたのすぐ近くで薬剤をまいている人がいたらどう思いますか?

体にほとんど害はないだろうとわかっていても、それでもやっぱり自分の方に薬剤のニオイが漂ってきたら嫌でしょ?

除草剤は、原液を飲んでしまう、あるいは超高濃度な倍率で何十時間もまき続ける、といったような極端なことをしない限り、体に害はありません。

ぼくは20年以上除草剤を使ってますが、何にも異変はおこっていませんよ。

でも、他の人にとっては近くで薬剤をまかれるのは迷惑です。

ですから、周囲に人がいなくなってから除草剤をまくようにしましょう。

噴霧器を使う場合は、風が強い日には除草剤をまかない

液体タイプの除草剤を使用する時には【噴霧器】を使うと便利なんです。

噴霧器なら必要最低限の量だけをまくことができるので。

噴霧器を使う時には、先ほどの倍率で調整したものをまいていきます。

でも、噴霧器を使うなら、

風の強い日は避けるべき

です。

理由は簡単、強風によって薬剤が他の墓地まで飛んでしまうから、です。

もしも、隣の墓地に花が植えてあって、それに薬剤がかかったら、枯れてしまう可能性が十分にありますよ。

あなたの墓地の雑草がキレイに枯れていて、隣の墓地に植えられた花も枯れている、花を枯らした犯人は一目瞭然ですね。

植木にかからないように注意。というか、植木はもうヤメましょう。

あなたの墓地に植木があるなら、それに除草剤がかからないように注意してくださいね。

理由は先ほどの【植えた花を枯らしてしまう】件と同じです。

でも、植木であれば全部枯れることはありません。

せいぜい薬剤の当たった部分だけが枯れて残念な見た目になる程度です。

ただし、あなたが植木を大事に残しておきたいのなら、絶対に粒剤タイプの除草剤を使ってはいけませんよ。

見事に全部枯れますから。

そして、ここでぼくは言いたい。

墓地に木を植えるのはもうヤメませんか!?

植木があるせいで除草剤がまけないことはもちろん、木が育ってしまうと根が大きくなって墓石や外柵を傾けてしまいます。

おまけに、枝は伸びるし、葉は落ちるし、ハチが巣を作るし、メチャクチャ面倒なことが多い。

しかも、それは隣の墓地にまで影響してしまうんです。

ぼくのいる寺でもこのトラブルが何件かあり、今でもモメていますからね。

ですから、もうこの際、墓地に植木をするのはデメリットが多すぎるのでヤメましょう!

そうすれば、墓地の手入れも劇的に楽チンになりますよ。

まとめ:墓地の雑草の対策には【除草剤】を使って『あなたの時間』を増やしてください!

墓地に生えた雑草って本当に厄介。

でも、お墓を管理する上で『除草作業』はセットみたいなもんです。

だからといって、それを手作業なんかですることはありませんよ。

手作業の除草なんて、ハッキリ言って【時間の無駄】です。

畑や花壇の除草など、他の植物にも注意しなきゃいけない場合は手作業が必要でしょうね。

しかし、墓地ならそんなことを考えなくていい。

とにかく雑草を無くすことだけに集中すればいいんです。

しかも、楽チンで効率よくやんなきゃダメ。

となると、墓地に生えた雑草の対策は、

除草剤を使うのが一番良い

のです。

こんなことを言うと、「ウチの墓地には植木があるから除草剤がまけないんだよ。」という意見もあると思いますが、そもそも墓地に植木があること自体が良くない。

墓地の植木は【トラブル】を生むだけですから、撤去することを強くおすすめします。

除草剤を使えば、あなたの体への負担も少なくすんで、しっかりと墓地の除草をすることができます。

何よりも、除草作業に費やしている『あなたの時間』を削減できるんですよ。

除草剤は注意点を守っていれば誰でも簡単に使えます。

そして、除草剤は、

  1. 液体タイプなら『ラウンドアップマックスロード』
  2. 粒剤タイプなら『ネコソギ』

を使っておけば間違いはありません。

これらを上手に使って、墓地をキレイに、そして『あなたの時間』を有効に活用してくださいね。