当ブログでは記事内に広告を含む場合があります

数珠

【男性用】お坊さんの僕がおすすめする数珠3選

「【男性用】おすすめの数珠」というテキストの背景にある数珠

数珠の種類はたくさんありますが、せっかく数珠を買うなら、

  • 手頃な値段
  • 品質が高い
  • 使いやすい

というものがよいと思いませんか?

数珠の中には、値段・品質・使い勝手のすべてが良い【理想的な数珠】というのがありますが、それを見つけ出すのはとても大変です。

しかも、あなたは仕事・趣味・家庭サービスで忙しいのに、その合間をぬって数珠を選ばなくてはいけません。

そこで本記事では、忙しいあなたのために《男性用の理想的な数珠》を3つに絞って紹介します。

お坊さん歴20年以上の僕が「これは、かなりイイなぁ。」と思った数珠だけを選んでいますのでご参考になさってください。

未熟僧
未熟僧
数珠選びで失敗したくないあなたは必見ですよ。

気になる数珠があれば商品画像の右側『◯◯で探す』ボタンから各サイトに入って詳細をご確認ください。

【※注意】サイトによっては値段が違う、あるいは在庫切れということもありますので予めご了承ください。

数珠の値段は《3千円~2万円》が目安

テーブルに置いてある「値段」と書かれた木製ブロック

まずは、購入する数珠の【値段の目安】を紹介します。

数珠は『3千円~2万円(税込)』くらいの、それなりに高品質なものを買いましょう。

なぜなら、

  • 高品質の数珠を使うことが『故人に対する礼儀』だから
  • 値段の安い数珠は品質が悪くて破損しやすいから

です。

あなたは、昔お世話になった恩師と久しぶりに会うとしたら、それなりに高品質のメーカーの服を着て、失礼のないように身なりを整えて行きますよね?

数珠も同じで、ちゃんと高品質な数珠を使うことが『故人に対する礼儀』です。

とはいえ、必要以上に高価なものではなく『3千円~2万円(税込)』くらいで十分です。

3千円以上であれば、信頼のある有名な数珠専門店の数珠が購入できますし、2万円を超えるものは少し【ぜいたく品】の部類に入ります。

また、数珠というのは値段と製造元によって品質に大きな差があり、安いものは品質が悪くて破損しやすいので注意してください。

破損してしまったら、新しい数珠を買い直すか修理をすることになるので、安い数珠を買うと結局は【安物買いの銭失い】となりやすいです。

しかし、3千円以上の数珠なら品質が高くてずっと使い続けられるので、結果的に【お得】です。

男性におすすめの数珠3つ

右手の人差し指、中指、薬指を立てるスーツ姿の男性

ここからは、男性におすすめの数珠を、

という3つのタイプに分けて紹介します。

未熟僧
未熟僧
気になる数珠があれば、商品画像の右側にある◯◯で探す』ボタンから各サイトで詳細をご確認ください。

本格的な数珠

あなたは、何かを買うときに「どうせなら本格的なものを買おう。」と思ったことはありませんか?

例えば、釣り竿、カメラ、登山道具、調理器具などを買うときに、プロも使用するような『本格的なもの』の方につい視線が行ってしまいますよね。

じつは、そのような人は数珠も『本格的なもの』を選ぶことが多いんです。

高品質な数珠を使うことは【故人に対する礼儀】なので、本格的な数珠を使っていれば故人に対して失礼になることはありません。

ということで、本格的な数珠を好む人にはこちらの数珠が好評です。

この数珠の珠には『星月菩提樹せいげつぼだいじゅ』という最高級の木の実が使われています。

星月菩提樹は、お坊さんが持つような【本式念珠】に多く使われているんですよね。

未熟僧
未熟僧
僕も『星月菩提樹』の数珠をずっと愛用しています♪

ですから、星月菩提樹の数珠は、一般の人が使うものとしてはかなり『本格的な数珠』という位置づけになります。

星月菩提樹はとても硬い木の実で、たくさんの黒い点がまるで【星】のように散りばめられており、そこへ【月】に見立てた小さな穴が空いているのが特徴。

また、木の実なので1つ1つの珠が少しずつ違っていて数珠ごとに個性があり、長期間使用するうちに飴色に変わってくるので持ち主の歴史みたいなものが出てきます。

さらに、星月菩提樹は『尽きることのない福』や『最高のご利益』があるとされており、故人の冥福を祈るときには最適な数珠なんですよね。

未熟僧
未熟僧
でも、本格的な数珠なので値段が少し高めです。

また、人によっては、たくさんある黒い点を見て「このツブツブがちょっと苦手だな。」と感じてしまうこともあります。

しかし、星月菩提樹の数珠は石製のものより軽量なので持ち運びに便利で、さらに木製よりも丈夫であるため使い勝手がとてもいいです。

この数珠は『本格的なものを好み、さらに使い勝手も重視する人』のための数珠となっています。

また、この数珠は高価なだけあって、高級生地の『紬(つむぎ)』で作られた数珠袋もちゃんと付いてくるので、本格的なものを好む人にはこの数珠一択でもいいくらいです。

数珠を選ぶのが面倒くさい人向けの数珠

数珠の種類はとても多く、価格もピンキリなので、あれこれと考えながら数珠を選ぶのが面倒くさくなっちゃいますよね。

特に男性の場合は、

数珠のことはよく分からないから『定番』のものでいいよ。

という人がとても多いです。

定番だったら数珠選びで失敗することはありませんし、じつは値段も安い傾向にあります。

そのため、「数珠は定番のものでよい。」という人にはこちらの数珠が好評です。

この数珠は、黒色の珠に茶色の房という、まさに【定番中の定番】のデザインです。

珠の素材は、仏壇や位牌などに用いられる『黒檀』という硬くて丈夫な木材で、さらにとても軽量なので持ち運びにも便利。

数珠は、お葬式や法事のときにずっと持っていたり、喪服のポケットに入れることも多いので、丈夫かつ軽量であることはメリットです。

この数珠は定番のデザイン機能的、なおかつお買い得な値段ですから、数珠選びが面倒な人はこの数珠を選んでおけば問題ありません。

また、この数珠にも付属品として数珠袋がついているので、さらにお得です。

未熟僧
未熟僧
こういう数珠は人気があるので在庫切れに注意です。

ただし、定番の数珠ということは《他の人と同じような数珠》なので、法要後の食事のときにはテーブルの上へ置っ放しにしないでください。

みんなが同じようなデザインの数珠を持っていた場合、他の人も数珠をテーブルの上に置いてしまうと、どの数珠が誰のモノなのか分からなくなることがあるのです。

とはいえ、お葬式が終わってすぐに数珠袋へ入れておけば、他の人の数珠と区別がつかなくなることはありません。

数珠選びで失敗しない数珠

数珠を買うなら絶対に失敗したくないですよね。

失敗しないためには品質の良い数珠を選ぶ必要があります。

しかし、いくら品質が良くても値段が高すぎると手が出ませんし、逆に値段が安いものは【安物買いの銭失い】が心配です。

それに、せっかく買った数珠は長期間使用できるに越したことはありません。

手頃な価格で、品質が良く、なおかつ長期間の使用が可能、そんな厳しい条件をクリアしているのがこちらの数珠です

珠の色は黒に近い《濃紺》で、房の色も《深い青》なので、全体的に暗めで落ち着いた色づかいになっています。

数珠を使う場面はお葬式や法事がほとんどなので、男性用の数珠は【暗めで落ち着いた色】が好ましいです。

未熟僧
未熟僧
それに、紺色は《幅広い年代で使われる色》なので長期間使えて便利です。

そして、珠の素材には上質な天然石の『青虎目石』が使用され、珠を通しているヒモや房には高級な正絹が使われています。

さらに、この数珠は【念珠製造師】という数珠専門の職人によって細部までしっかりと作り込まれていますから、そう簡単には破損しません。

これほど品質が高いにもかかわらず値段が手頃なので、男性はこの数珠を1つ持っておけばOKです。

ただし、この数珠は全部の珠が【石】なので少し重量感があります(といっても腕時計くらいの重さですが)。

この重さも高級感を演出しているわけですが、数珠に対して《軽量であること》を求める人には不向きです。

また、この数珠は落ち着いたデザインなので、人によっては【地味で面白くない数珠】に見えるかもしれません。

しかし、デザインのことよりも「とにかく数珠選びで失敗したくない!」という人には最適な数珠です。

なお、この数珠にも付属品として高級生地の『紬(つむぎ)』で仕上げられた数珠袋がついてくるのでお得です。

まとめ

数珠にはたくさんの種類があるので、自分に合った数珠を選ぶのはけっこう大変です。

数珠を選ぶときには、

  • 珠にはどんな素材を使っているのか
  • 問題なく加工されているのか
  • 珠・ヒモ・房はどんな色なのか
  • 珠を通すヒモは丈夫なものか
  • 房はどんな素材でどういう形状か
  • 総合的にちゃんと値段に見合ったものか

というところを判断しなきゃいけませが、それはなかなか難しいのです。

なので、この記事ではお坊さんとしての経験をふまえ、自信を持っておすすめできる数珠を3つ紹介しました。

数珠というのは、長く使えるに越したことはありませんので、そのためには数珠を値段の安さだけで選んではいけません。

安さだけで選ぶと必ず後悔しますから、数珠を買うなら値段が3千円以上の品質の良いものを選びましょう。

そして、せっかく購入した数珠は、大事に扱ってなるべく長く使い続けてくださいね。

※もう一度おすすめの数珠を見る場合はこちらからどうぞ。

※お葬式では他にも持ち物がありますのでコチラの記事で確認してみてください。

【保存版】お葬式に参列するときの持ち物とマナーを詳しく紹介