仏事全般

お布施はいつ渡す?お葬式や法事でお布施を渡すタイミングと渡し方。

この記事は、

今回の内容は要するにコレです
  • お布施を渡すタイミング
  • お布施の渡し方

について書いています。

ぼくは【お坊さん】を20年以上しています。

ぼく達お坊さんは、お葬式(お通夜)や法事などをお勤めした時には、信者さんから『お布施』をありがたく頂戴しています。

そんな『お布施』に関して、

「お布施をいつ、どうやって渡せばよいのかがわからない。」

という信者さんが多いのです。

確かにそうですよね、お店のようにお坊さんがレジに立っているわけではありませんから。

しかも仏事は細かい決まりごとが多いので、お坊さんにお布施を渡すだけでも何だか身構えてしまいますよね。

この記事は、ぼくのお坊さんとしての経験をもとに、お布施を渡すタイミングと渡し方について詳しく紹介していますので、ぜひ今後の参考にしてください。

お葬式(お通夜)

お葬式(お通夜)を執り行う際には、ほとんどの場合『お坊さん』にお経を読んでもらい、故人の供養をします。

そして、お坊さんには供養の気持ちとして【お布施】を納めます。

しかし、多くの人は、

  • お布施をいつ渡せばいいのか
  • どのようにしてお布施を渡せばいいのか

という疑問が湧きます。

あなたもそうですよね?

お布施は《喪主(施主)の気持ち》として納めるものなので、本来は納め方に決まりはありません。

ただ、【一般的な仏事のマナー】がありますので、基本的なものとして知っておいてもよいと思います。

お葬式(お通夜)でお布施を渡すタイミングはいつ?

お葬式(お通夜)の時にお布施を納めるタイミングは、ぼくの経験上、

  1. 開式前に司式控室(お坊さんの控室)で渡す
  2. お坊さんが帰る時に渡す
  3. 後日に渡す

だいたいこの3パターンです。

お寺によっては、「〇〇の時に納めてください」というように、お布施を納めてもらうタイミングを指定する場合もあります。

しかし、ほとんどのお寺はそうではありませんので、いつお布施を納めるのかはあなたが決めなくてはいけません。

開式前に司式控室(お坊さんの控室)で渡す

ぼくがいる寺の場合は、

お布施を、開式前に司式控室(お坊さんの控室)で納めてもらう

ということがほとんどです。

お葬式やお通夜が始まる前には、喪主がお坊さんに挨拶をするため司式控室(お坊さんの控室)を訪ねることがほとんどです。

控室では、故人の思い出話や戒名のことなどいろんな話をしますが、この時にお布施を納めてもらうのです。

喪主としては、お布施を渡すところを誰にも見せずにすみますし、ぼく達お坊さんの方としても、お布施を受け取る姿を他の誰にも見られずにすみます。

しかし、これは安全面でいうと少し不安があるのは確かです。

お坊さんは、お布施を受け取った後に法要をお勤めすることになるので、法要中はお布施を控室に置いておかなければなりません。

そして、お葬式の最中に誰かが控室に入らないとも限りません。

お布施は大きな金額であることが多いので、もしも盗難が発生したら大変です。

そのような盗難を防止するために、最近では司式控室に金庫が設置されているところも多いです。

金庫がある控室の場合は、ぼくは必ず金庫を使用するようにしています。

お坊さんが帰る時に渡す

開式前にお布施を渡すと、式中にお坊さんの控室が空になってしまい、万が一のことが起こってしまうかもしれません。

ですから、

お坊さんが帰る時に渡す

というのもよいと思います。

お坊さんが帰る時に渡せば、お坊さんは頂いたお布施をそのまますぐに持ち帰ることができます。

しかし、この場合は、喪主やご家族がお布施をどこかへちゃんと保管しておくか、式中や食事の時もポケットやカバンの中などに入れて持っておかなくてはいけません。

お葬式やお通夜の時は何かとバタバタしますので、大金を持ち歩くことが心配な人は他のタイミングで渡す方がよいでしょう。

ただ、一般的には『お坊さんが帰る時に、お礼の挨拶をしてお布施を渡す』という人が多いようです。

後日に渡す

お葬式の当日は、喪主はやるべきことがたくさんあります。

あれもこれもと喪主の役目が多いので、お布施はお葬式の当日ではなく、

後日に渡す

というのでもかまわないと思います。

お葬式が終わったら、およそ一か月半後には【四十九日忌法要】があります。

お寺へ行って四十九日忌法要の申し込みをする時に、「先日はお葬式をお勤めいただいてありがとうございました。遅くなりましたがお葬式のお布施を納めさせていただきます。」というカンジでお葬式のお布施を渡しましょう。

ただし、後日にお布施を渡す場合は、その旨を予めお寺へ伝えておいたほうがよいと思います。

お寺としても、喪主がどのタイミングでお布施を納めてくれるのかがわかっていれば、受領証の用意など何かと準備がしやすくてありがたいのです。

しかし、お葬式を【葬儀社から紹介してもらったお坊さん】がお勤めする場合は、後日に納めるというわけにはいきません。

日頃からお付き合いのあるお寺でない場合は、必ずお葬式(お通夜)の当日に渡すようにしてください。

お布施の渡し方

お布施を渡すタイミングだけでなく、お布施の渡し方にも注意を払うようにしましょう。

まず、お布施を【現金を裸のまま渡す】というのは絶対にヤメておきましょう。

お布施の渡し方に【仏教的な決まり】なんてものはありませんが、現金を裸のまま渡すと、お坊さんに『あなたが常識のない人』だと思われてしまいます。

最低でも、

  • 市販の『御布施』と書いた奉書紙(和紙)の袋
  • 白い無地の封筒

に包んでから渡すようにしましょう。

袋や封筒には、

  1. 上半分には『御布施』という表書き
  2. 下半分には『◯◯家』という苗字

を書いておきます。

切手盆(きってぼん)に乗せて渡す

お坊さんへお布施を納める時は、

切手盆(きってぼん)に乗せて渡す

というのが正式な作法とされています。

切手盆とは、冠婚葬祭の時に使用される漆塗りのお盆のことで、ご祝儀やお布施を渡す時に使用されるものです。

切手盆にはいくつかのサイズがありますが、

  • 8号サイズ(17cm×24cm×2cm)

が一般的に使用されていると思います。

切手盆は自分で購入したものを使用してかまいませんが、ほとんどの場合は葬儀社が貸してくれますので、わざわざ新しいものを購入する必要はありません。

切手盆にお布施の入った袋を載せたら、お坊さんから見て文字が読めるように向きを直して渡します。

袱紗(ふくさ)から取り出して渡す

切手盆を使わずにお布施を渡す場合は、『袱紗(ふくさ)』を使用します。

袱紗を使う場合は、少しだけ作法がありますので注意してください。

まず、予めお布施を袱紗の中に入れておきます。

そして、

  1. お坊さんの前で袱紗を取り出す。
  2. 袱紗を開け、四隅をそのまま反対側へ折りたたむ。
  3. 中身(お布施)をお坊さんが文字を読めるように向きを直す。
  4. そのままお坊さんに受け取ってもらう。

という手順です。

袱紗を使う時は、お布施を床に直接置かないように気を付けてください。

引出物に乗せて渡す

正式には、お布施を渡す時は切手盆に乗せたり袱紗に包むのですが、それらが用意できないというケースもあります。

そのような場合は、

引出物に乗せて渡す

でよいと思います。

お坊さんには、お布施だけでなく【引出物】を一緒に渡すということも多いです。

お坊さんとしては、お茶、ふりかけ、梅干し、かつお節など、お布施以外にもたくさん引出物を頂いて大変ありがたく思っています。

もしもあなたがお坊さん用に引出物を用意するのであれば、お布施と一緒に渡してしまうのもよいでしょう。

法事(回忌法要)

お葬式(お通夜)の時と同じように、法事(回忌法要)を執り行う際にもお布施を納めます。

ぼくの個人的な意見ですが、お布施を渡すタイミングや渡し方など、法事の場合は全般的にもう少し【気楽】に考えてよいのではないかと思います。

施主となる人はいろいろと大変なんですよね。

しっかりと準備さえしていれば、当日はある程度は気楽に望んで大丈夫ですよ。

【関連記事】:法事の当日までに施主が準備するべきことを詳しく紹介します。

法事(回忌法要)でお布施を渡すタイミング

法事のお布施を渡すタイミングは、お葬式の時とは少し変わります。

法事の場合は、

  1. 法要開始前に渡す
  2. 法要終了後に渡す
  3. 法要当日よりも前の日に渡す

だいたいこの3パターンでしょう。

お葬式の時と同じように【一般的なマナー】というものはありますが、それは【仏教的な決まり事】ではありません。

法要開始前に渡す

法事のお布施を渡すタイミングは、

法要開始前(挨拶をする時)に渡す

という人が多いです。

法要の前には、「今日はよろしくお願い致します」と、お坊さんに挨拶をします。

ぼくの経験上、この時にお布施を頂戴するというのが一番多いです。

法要終了後に渡す

法事のお布施を渡すタイミングで次に多いのは、

法要終了後に渡す

だと思います。

法要を終えて、お坊さんへ「今日はどうもありがとうございました。」とお礼の挨拶をする時にお布施を渡します。

もしかすると、この【法要終了後】のタイミングの方が一般的なのかもしれません。

ぼくが今まで法要終了後にお布施を頂戴したのは、法事を【自宅】で執り行った時が多いように思います。

自宅の法事の場合、お坊さんが施主の自宅に着く頃には、すでに参列者の皆様全員お揃いになっていることが多いのです。

そうすると、法要前にあまり長話をしてしまうと参列者の皆様をお待たせしてしまうので、着替えが終わるとすぐに法要を始めます。

ですから、施主や参列者の皆様といろんなお話ができるのは法要後となってしまいます。

すると結果的に、法要を終えて、施主やご家族の方々といろんなお話をした後にお布施を頂戴するとういう流れになるのです。

法要当日よりも前の日に渡す

あなたに『日頃からお付き合いのあるお寺』がある場合は、

法要当日よりも前の日に渡す

というのでもよいでしょう。

法事の当日は、位牌や写真や供物などの持ち物がたくさんあります。

そして、親戚などの参列者の皆様への接待などもあり、何かと忙しくなるものです。

ですから、先にお布施を納めてしまうという方法でもよいと思います。

ぼくのいる寺の信者さんにも「当日は慌ただしくなるし、忘れちゃうといけないから先に納めます」という人がいます。

このような【先に納めてしまう派】の人たちは、法事の申し込みをしにお寺に来られた際に納めていくことがほとんどです。

お布施の渡し方

法事のお布施の渡し方は、基本的に、

  • お葬式の時と同じ

です。

まず、お布施は現金を裸のまま渡すのではなく、

  • 市販の『御布施』と書いた奉書紙(和紙)の袋
  • 白い無地の封筒

に包んで渡します。

渡す時には、

  • 袱紗に入れておいて、お坊さんの前で開けて渡す。
  • 引出物に乗せて渡す。

という方法があることを覚えておきましょう。

もちろん、お坊さんが文字を読める向きに直してから渡してくださいね。

なお、本来であれば『お布施を切手盆に乗せて渡す』というのが正式な作法です。

しかし、切手盆を持っている人は少ないです。

そして、多くのお坊さんは【切手盆に乗せること】にあまりこだわりません。

ですから、マナーとして袱紗を使用する、または引出物に乗せて渡す、というだけで十分です。

それでも、中には「私は正式な作法でやりたい。それほど故人の供養を大切に考えているのだから。」という人もいます。

そのような考えの人は、ぜひ正式な作法に則ってください。

最近ではそういう人が少ないので、きっとお坊さんから【一目置かれる存在】になると思います。

お札の入れ方

続いて『お札の入れ方』について紹介します。

お札は、できるだけ【新券】を使う

まず、お坊さんへ渡すお布施には、できるだけ、

新券

を使用するようにしましょう。

お坊さんへ渡す『御布施』と、お葬式の時に受付で渡す『御香典』や『御霊前』は区別して考えてください。

『御香典』や『御霊前』に新券を使わないのは、【不幸を予測していた】という印象を与えないように喪主やご遺族に対して配慮しているからです。

一方で、『御布施』はお坊さんへ渡すものなので、【新券】でも【折れたお札】でもかまいません。

ただ、「お坊さんに渡すものだから」ということで、一般的なマナーとして新券をできるだけ使用するのです。

人によっては、

  • 【急に家族を亡くした悲しみ】と【お坊さんへの礼儀】の両方を表現するために、わざと新券と折れたお札を混ぜて入れる

という人もいます。

何度も言いますが、お布施の渡し方などには【仏教的な決まり】はありません。

マナーはとても大事なことです。

でも、人それぞれいろんな考え方があっても、その人なりに仏様の事を考えているので、それはそれでいいのではないかなとぼくは思います。

お札の包み方

お札の包み方にも一応のマナーがあります。

お札の包み方は、外袋だけのタイプであれば、

  1. 表面(おもてめん)が見えるように持ち、袋を開く。
  2. 新券(できれば)のお札を、人物の顔が見えるように持つ。
  3. 人物の顔が上になるように向きを直す。
  4. そのままお札を袋の中へ入れる。
  5. 袋を閉じる。

という手順で包めば大丈夫です。

中袋がセットになっているタイプのものは、

  1. 外袋の表面が見えるように持ち、袋を開く。
  2. 中から中袋を取り出す。
  3. 中袋に、名前、金額、住所などを書き入れる。
  4. 中袋の表面が見えるように持つ。
  5. 新券(できれば)のお札を、人物の顔が見えるように持つ。
  6. 人物の顔が上になるように向きを直す。
  7. そのままお札を中袋の中へ入れる。
  8. お札を入れた中袋を表面にしたまま、外袋へ入れる。
  9. お札、中袋、外袋がすべて表面を向いているか確認する。

という手順で包みます。

まとめ:お布施を渡すタイミングや渡し方に決まりは無し

あなたは、『お布施をいつ渡せばよいのか』そして『お布施の渡し方』を知りたくてこの記事をご覧になってくださいました。

しかし、お布施のこともそうですが、仏事の作法の全てが【仏教的な決まり】というわけではありません。

かなりの部分が『日本独自の一般的なマナー』にすぎません。

ですから、本来はお布施をどのタイミングでどのように渡しても自由であって、決まりというものはありせん。

でも、実際のところマナーを完全に無視するわけにもいきませんよね。

そこで、この記事では【この辺まで意識をしていれば大丈夫】ということだけを書きました。

もしも今後あなたが喪主や施主という【法要の代表者】になった時には、この記事のことを思い出して少しでも参考になればいいなと思います。