仏事全般

お車代やお膳料は用意する必要があるの?包む金額はいくら?

この記事では、

今回の内容は要するにコレです
  • 『お車代』や『お膳料』は必要なのか
  • 『お車代』や『お膳料』の意味
  • 『お車代』や『お膳料』を包む金額(相場)

について書いています。

お葬式や回忌法要の時には、お坊さんに『お布施』を包みます。

そして、お布施の他にも、

  • お車代
  • お膳料

などを別に包むという人も多いです。

ぼくは【お坊さん】なのですが、やはり、今まで『お車代』や『お膳料』を頂くことが結構ありました。

でも、たぶんあなたはこんな疑問が沸くことでしょう。

  • 「お布施をちゃんと納めているのに、それとは別に『お車代』や『お膳料』なんて納めなくてはいけないの?」

って。

あなたのその疑問、きっと多くの人が抱いているでしょうね。

この記事では、あなたの疑問に【正直に】答えていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

お車代やお膳料は用意する必要があるの?

ぼくは20年以上お坊さんをしています。

これまでたくさんのお葬式や法事をお勤めしてきました。

お葬式や法事をお勤めした時、お布施と一緒に、

  1. お車代(おくるまだい)
  2. お膳料(おぜんりょう)

といったものを頂戴することがあります。

喪主や施主の心遣いに感謝しながら、ありがたく頂戴しています。

しかし、必ずしも毎回お車代やお膳料を頂くというわけではありません。

お布施だけを頂戴するということだってもちろんあります。

では、お車代やお膳料というものは、お布施とは別に本来は用意する必要があるものなのでしょうか?

結論から先に言いますと、

【用意する必要があるもの】というわけではありません。

つまり、

お坊さんに【お車代】や【お膳料】を包むかどうかは、あなたの自由

であり、

包む場合、その金額はあなたが自由に決めてよい

というわけです。

本当なら【お布施】の金額だってあなたが決めていいんですよ。

じゃあ、なぜお車代やお膳料を包むのでしょう?

お車代やお膳料というものは、

お坊さんへの心遣い

として包むものなのです。

喪主や施主の【供養の気持ち】が、故人やご先祖様だけではなく、お坊さんに対しても向けられる時に納められるものです。

ですから、あなたが「お布施だけ納めようかな」と思うのであれば、お車代やお膳料を納める必要はありません。

もしも、あなたが「このお坊さんに供養してもらって良かったな」と思うのであれば、お布施の他にお車代やお膳料を包んでもよいのではないでしょうか。

たまに『お坊さんには、お布施の他にもお車代やお膳料を包まなくてはいけない』という認識の人がおられますが、そういうものではありません。

それに、お車代やお膳料が無くても、お布施を頂戴しているだけでも十分にありがたいことなんです。

でも、あなたがお坊さんに「お車代やお膳料を包もうかな」と思ってくださることもあります・・・よね?

せっかくそのように思ってくださった時のために、この記事の中で【お車代】と【お膳料】について詳しく説明をさせていただきますので、ぜひ続きをお読みください。

ちなみに、【お車代】や【お膳料】というのは、お布施と一緒に渡せば大丈夫です。

具体的なタイミングについては、

お布施はいつ渡す?お葬式や法事でお布施を渡すタイミングと渡し方。

の記事で詳しく説明していますので読んでみてください。

お車代

まずは【お車代】について説明します。

だいたいでかまわないので、お車代の意味や包む金額の相場を知っておいてほしいなと思います。

お車代の意味

お布施を頂戴する時に、喪主や施主が「今日はわざわざお越しいただいてありがとうございます。こちらも一緒にどうぞ。」とお車代も一緒に納めてくださることがあります。

お布施だけでも十分なのですが、本当にありがたいことです。

お坊さんに包む【お車代】とは、簡単に言うと、

お坊さんの交通費

のことです。

昔は、お葬式や法事などがある時には、喪主や施主またはそのご家族が【お坊さんの送り迎えをする】ということがよくありました。

しかし、現在ではほとんどのお坊さんが【自分で現地へ行く】のではないかと思います。

今でも、ごくたまに送り迎えをしてくれる人もいますが、それは数年に一度くらいです。

そして、お坊さんとしても、本音を言うと【自分で現地に行く方が気楽】ということもあります。

そのようなわけで、お坊さんが自分で車を運転したり、公共の交通機関を使って、【自分で現地に行く】というのが一般的です。

そこで、喪主や施主はお坊さんを送り迎えしない代わりに、【お車代】という形で交通費をお布施の他に包んでくれるのです。

ただ、お坊さん側はお車代がなくても頂戴したお布施だけで十分に交通費はまかなえています。

ですから、お車代は必要というものではないので、やはり喪主や施主の【お坊さんへの心遣い】であるということになります。

お車代の相場っていくら?

もう一度言いますが、お車代を包むかどうか、そしてその金額はあなたが自由に決めてかまいません。

とはいえ、お車代を包むとすれば金額はどのくらいが相場なのか知っておきたいですよね?

ぼくが今まで頂戴したお車代の金額は、ほぼ、

  • 5,000円
  • 10,000円

この【どちらか】です。

他のサイトなどには『お車代の相場は、5,000円~10,000円です。』みたいに書いてあるかもしれません。

それらのサイトに書いてあることをそのまま受け入れると、包む金額が【6,000円】や【8,000円】でもよいことになります。

しかし、ぼくは今まで【6,000円】や【8,000円】のような金額のお車代は頂戴したことがありません。

ぼくが今まで頂戴したお車代の99%は、5千円札や1万円札のような《紙幣一枚分の金額です

ちなみに、残り1%の中には【20,000円】を包んでくれた人がいました。

お車代の金額を決める基準

ここで、ぼくなりに『お車代の金額を決める基準』を考えてみました。

金額を決める基準は『お坊さんのお寺がある場所』です。

ぼくなりの基準は、

  • お寺と法要場所が同じ市町村内にある場合は【5,000円】
  • それ以外の場合は【10,000円】

です。

これくらいが丁度よいのではないかと思いますよ。

そういえば、一つご注意いただきたいことがあります。

お通夜とお葬式のように二日間の法要がある場合でも、お車代を包むのは一日分だけでかまいません。

例えば、お通夜で10,000円、お葬式でまた10,000円というような包み方はしなくていいです。

お坊さんも、そこまでは望んでおりませんのでご安心ください。

お膳料

続いて【お膳料】について説明します。

ぼくの経験上、【お膳料】はお車代に比べると頂戴する機会は少ないです。

頂戴する機会が少ない理由は、お膳料の意味を考えれば説明できます。

お膳料の意味

お布施やお車代と一緒に頂戴する【お膳料】とは何なのでしょうか?

お膳料とは、

お坊さん用の食事(お膳)代金

のことです。

お坊さんと一緒に食事をする場として、

  • お通夜の後
  • お葬式の後
  • 回忌法要の後

などがあります。

しかし、これらの食事の場にお坊さんが出られないということもよくあります。

そのような時は、お布施とは別に【お膳料】を包みます。

要するに、「一緒に食事ができないから、その分だけ現金を包んでおきますね。」ということです。

したがって、お坊さんが食事の場に出ている場合は【お膳料】を包む必要はありません。

そして、前提として、お膳料はお車代と同様に【必要というものではない】のです。

つまり、これも【お坊さんへの心遣い】として包むものです。

そもそも、せっかく喪主や施主がお坊さん用の食事を用意しようとしているのに、お坊さんの都合でそれを辞退するのですから、本当ならそれ以上は何もしなくたっていいんです。

それにもかかわらず、お布施の他に【お膳料】の袋が見えた時、ぼくは本当にありがたく、そして食事の席に出られないことを申し訳なく思っています。

お膳料の相場っていくら?

お車代におよその相場があるように、お膳料にも相場があると思います。

ぼくが今まで頂戴してきたお膳料の金額は、ほぼ、

  • 5,000円
  • 10,000円

このどちらかです。

そうです、お車代と全く同じなんです。

お車代と同じように、お膳料を頂戴した99%は、五千円札か一万円札といった《紙幣一枚》分の金額です。

ちなみに、残り1%の中には【30,000円】を包んでくれた人がいました。

ぼくは「こんなにたくさん、何かの間違いでは?」と思いましたが、間違いなく【お膳料】として包んでくれたものでした。

折詰弁当がある時は必要なし

先ほどぼくは、お坊さんが食事の先に出られない時に【お膳料】を包むと言いました。

しかし、もしもあなたが、お坊さん用に『折詰弁当』を用意している場合には、お膳料を包む必要はありません。

お坊さんが食事には出られなくても、ちゃんと【お坊さん用の食事(お膳)】を用意しているのですから当然のことです。

最近では、お膳料ではなく、この折詰弁当を頂戴することが増えてきました。

料理業者によって品目が違いますし、お坊さん用ということでお気遣いをいただいているのか、とても豪華で美味しいのです。

もう、折詰弁当を頂戴しているだけでも十分にありがたいことです。

たまに、折詰弁当の他にお膳料を包んでくださる人がいるのですが、そこまでしなくても大丈夫ですからね。

まとめ:お車代やお膳料のことは、あなたの気持ちで用意すべし!

ぼく達お坊さんは、喪主や施主から頂戴している『お布施』だけで本当は十分なのです。

お車代やお膳料は、お坊さんへの心遣いであって、決して【必要】というものではありません。

ですから、もしもあなたの親戚や知人などに「お車代やお膳料を包むのは当たり前だよ」と言われても、そんなのは無視してください。

お車代やお膳料を包むのかどうか、そして包む場合の金額などは、

すべて、あなたの【気持ち】

で決めてください。

大丈夫です、本当にそれでかまいませんから。

でも、もしもあなたが「お車代やお膳料を、相場くらいは包んでおこうかな」と思ってくださった時には、もう一度この記事を読んで参考にしてください。