その他

縁起が悪い!?【お葬式の夢】にはどんな意味があるの?

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 「お葬式の夢を見ちゃった・・・。悪いことが起きそうで何だか嫌だ・・・。」
  • 「お葬式の夢にはどんな意味があるんだろう?」
  • 「お葬式の夢を見たら何をすればいいの?」

私たちは眠っている間にいろんな夢を見ます。

夢には『楽しい夢』もあれば『嫌な夢』もありますよね。

あなたもきっと今までいろんな夢を見てきたかと思いますが、その中でも、

お葬式の夢

を見たことがありますよね?

お葬式というのは【人が亡くなった時】に執り行うものですから、その夢は決して『楽しい夢』ではありません。

しかも、まるで悪いことが起きる予兆みたいで「何だか縁起が悪いなぁ・・・。」と思うことでしょう。

でも、はたして【お葬式の夢】を見るというのは縁起が悪いことで、何か悪いことが起きるのでしょうか?

結論から先に言いますと、

  • お葬式の夢を見ても、べつに縁起は悪くない。
  • 何も悪いことなんか起きないので心配はない。

ですよ。

大丈夫です、夢をみたくらいじゃ何も変わりませんので、いつもどおり過ごしてください。

この記事を読むと、

  • お葬式の夢を見たって、べつに縁起は悪くないこと
  • お葬式の夢の意味
  • お葬式の夢を見たことに対する適切な対処法

が分かります。

「お葬式の夢を見てしまい気になって仕方ない」というあなたはぜひ最後まで読んでみてください。

今のあなたの何となくモヤモヤした気持ちがパッと晴れますよ♪

お葬式の夢を見たら縁起が悪い?

あなたは【お葬式の夢】を見たことがありますよね?

お葬式は人が亡くなった時に執り行うものですから、そんな夢を見てしまったら「何だか縁起が悪いな・・・。」と思いませんでしたか?

でも、お葬式の夢を見るっていうのは、

良いことが起こる兆しである

と言われているんですよ。

お葬式の夢というのは、

  • 一つの区切り
  • 再出発
  • 回復
  • 独立
  • 清算

を意味するんですよね。

だから、現在から未来へ進む『新たな1歩をふみ出す』というような意味で、どちらかといえば【吉夢】なんです。

ということで、お葬式の夢を見ても、縁起が悪いなんてことはありませんし、心配するようなことは何も起こりませんから安心してください。

というか、夢というのは睡眠時に『脳内で情報の整理をしている状態』という説が有力なんですよ。

つまり、情報の整理をしている時に、たまたま【お葬式に関する記憶】が引っ張り出されてきただけの話ってことです。

また、夢を見ることは『脳にとってのストレス解消』になるという説もあるんですよね。

私たちの脳はいつも、目の前の現実に対処するためにいろいろと考えて、そして可能な範囲で最適な判断を下しています。

1日中休むことなく働き続けている脳は、だんだんとストレスが溜まってきます。

そこで、夢の中で【現実にはありえないようなこと】を作り出して、好き勝手にストーリーを展開していくのです。

これによって、勝手気ままに働いた脳はストレスを解消できるのだそうです。

つまり、

どんな夢を見たって、現実の世界には関係ないから、何も気にしなくていい。

ということなんですよ。

そうです、悪い夢とか良い夢とかなんて関係ありません。

【夢に見たこと】と【現実や未来】を結び付けてはダメです。

しょせん夢はただの夢にすぎませんから、そこへ【縁起が悪い】なんてことを結び付けてしまうことが間違いなんです。

誰のお葬式の夢だったかで意味が違う

お葬式の夢については昔からいろんな人がさまざまな意味づけをしています。

お葬式の夢というのは、

誰が亡くなったのか

によって意味が変わるのだそうです。

それでは、参考までに紹介をしていきます。

自分のお葬式の夢

お葬式の会場で遺影を見たら、そこには『自分の写真』が!!

えっ?これって【自分のお葬式】なのか!?

そんな夢を見たらかなりビックリしますよね。

しかも、「これはもしかして、自分に何か悪いことが起きる予兆なんじゃ・・・。」なんて心配になってしまうはず。

はい、大丈夫ですよ、何の心配もありませんから!

『自分のお葬式の夢』というのは、過去の清算をして、その後に人生の転機を迎えることを意味します。

仕事では昇進をしたり、あるいは念願の転職をする、日常生活でも長年の問題が解決されるなど、新たな人生があなたを待っています。

つまり、『自分のお葬式の夢』っていうのはとてもポジティブな夢なんですよね♪

でも、『自分のお葬式の夢』が新たな転機を意味するからといって、それを喜んでちゃダメですよ。

しょせん夢なんて、【ただの夢】にすぎません。

睡眠時に見た夢があなたを昇進させたり日常生活の問題を解決してくれるわけではありません。

仕事の昇進も、念願の転職も、日常生活の問題の解決も、あなたが日頃から地道に努力を続けて取り組んでいるからこそ訪れるんです。

そうです、結局は『自分のお葬式の夢』を見ようが見まいが、そんなことはあなたの今後には何の関係もありません。

つまり、『自分のお葬式の夢』を見たところで、あなたは何一つ気にすることなんかありません。

父や母のお葬式の夢

次に、自分の『父や母のお葬式』の夢の場合はどんな意味があるのでしょうか。

どんなに固い絆で結ばれている親子でも、必ず別れの時はやって来ます。

親のお葬式の夢を見るということは、その時がすぐそに迫って・・・

・・・いませんから安心してください。

自分の『父や母のお葬式』の夢を見るということは、あなたの中で【親元を離れて『独立』する】ことを意識しているようです。

もうすでに独立している場合でも、親には頼らない『自立心』も意味するのです。

どんなに大人になっても、親がいるとつい甘えてしまうことだってあるでしょう。

『親のお葬式の夢』を見たということは、これからはもう親には頼らず、自分の力でしっかりと生きていくことを決意しているのです。

でも、あなただって夢を見る前から「親には頼らず自分の力でしっかりと生きていこう!」と思っていましたよね?

だから『父や母のお葬式の夢』を見たところで、もうすでに前を向いて進んでおられるわけです。

ということで、たかが親のお葬式の夢を見たところで、そんなのあなたにはまったく関係ないことですから、何も気にする必要はありません。

何の役にも立たない夢のことなんか忘れてください。

祖父や祖母のお葬式の夢

次に、『祖父や祖母のお葬式の夢』の意味はどうでしょうか?

この『祖父や祖母のお葬式の夢』も親のお葬式の夢と同じように『独立』や『自立』を意味します。

ですから、この夢を見たところで、あなたはもうすでに前を向いて動いているので、まったく気にする必要はないですね。

ただ、祖父母の場合は少しだけ違う意味が加わってくるそうですよ。

というのも、実際に祖父母が体調を崩していたり入院している場合、その夢は【良くない知らせ】の可能性があるらしいのです。

つまり【不幸の予兆】である可能性があると・・・。

ちょっと気になるんですけど、【良くない知らせ】になってしまうケースは『祖父母が体調を崩していたり入院している場合』という前提があるのですが、それってつまり夢を見る前に【祖父母が体調を崩している・入院している】ことをすでに知っている、という状況なわけですよね。

だとすると、もうその時点で「もしかしたら・・・。」って【良くないこと】が起こる可能性を強く意識していませんかね?

だって、両親ならまだしも祖父母ですからね、それなりに高齢なはずなので万が一のことを想像してしまいませんか?

だから夢に見ちゃったんじゃないでしょうか?

夢を見てから「これは【不幸の予兆】かも・・・。」ではなくて、あなたが『万が一の時のことを心配していた』から夢を見てしまったんですよ。

だから、『祖父や祖母のお葬式の夢』を見たところで、その夢があなたの祖父母の何かを知らせてくれている、なんてことはありません。

配偶者や恋人のお葬式の夢

次に『配偶者や恋人のお葬式の夢』はどんな意味があるのでしょうか?

あなたの愛する異性が亡くなってしまう夢ですから、とても嫌な夢ですよね。

『配偶者や恋人のお葬式の夢』というのは、良い意味でも悪い意味でも二人の関係が進展することを意味しています。

良い意味での進展というのは、恋人であれば【結婚】ということになるでしょうし、夫婦であれば【相手を惚れ直す】とか、あるいは【子どもができる】みたいなことでしょうか。

反対に、悪い意味での進展というのは、お察しのとおり、恋人であれば【交際の解消】で、夫婦であれば【離婚】ですよね。

まぁ、【次へのステップ】にはなりますが、必ずしもあなたの望むような進展になるとは限らない、ということなんですって。

つまり、【吉】にも【凶】にもなる、なんとも『どっちつかず』な夢なんですよねぇ。

あのですね、【良くも悪くも二人の関係の進展を意味する】って、まずは意味するものが『はっきりしない』時点で、その夢には何の価値も意味もないと思うんですよね。

何かの問いに対して「良いか悪いかのどちらかです♪」なんていう答えが通用しますか?

「はぁ?なんやそれ・・・?」って思いますよね?

そんなのはまったく答えになっていませんし、答えのないことを気にしても時間の無駄なんですよ。

つまり、『配偶者や恋人のお葬式の夢』を見たところで、あなたには何の影響もありませんから、そんな夢のことは無視してOKです。

我が子のお葬式の夢

僕が個人的に1番嫌な夢だと思うものが『我が子のお葬式の夢』です。

こんな夢を見たら、しばらくは不愉快な気分になってしまいます。

我が子が先に旅立ってしまうなんて、想像すらしたくありませんからね。

でも、そんな『我が子のお葬式の夢』には、我が子にとって良いことが訪れる予兆だといわれているんですよね。

例えば、

  • 病気やケガが治る
  • 志望校へ無事に進学できる
  • 就職が決まる
  • 結婚が決まる

などです。

最悪な気分になる夢とは正反対に、最高に嬉しいことの予兆を意味するというのですから何だかよく分かりませんよ。

親というものは、我が子のことになると何でも心配になっちゃってしかたないですよね。

もちろん、我が子のことを信じていますから「あの子なら大丈夫、きっと上手くいく!」と思ってはいるんですけど、どこかでやっぱり不安なんです。

だから、いつも「もしもダメだったら、そんな時は何をしてあげればいいんだろう・・・?」なんてネガティブな思考になることもあります。

そんなネガティブな心理状態の時に『我が子のお葬式の夢』を見ちゃうんじゃないでしょうか?

要は、心配しすぎて『我が子のお葬式の夢』を見ちゃうんです。

でも、あなたのお子様は優秀ですから、しっかりと物事を成し遂げます。

それで、

『我が子のお葬式の夢』を見る⇒でも我が子はしっかりとクリアする

となって、結果的に、

『我が子のお葬式の夢』を見る=我が子に良いことが訪れる

みたいな構図ができあがるんです。

そう、【夢】と【お子様の努力の結果】を無理やり結び付けているだけなんです。

それって我が子に対してメチャクチャ失礼じゃないですか?

子どもからしたら、自分が頑張って努力した結果なのに、親から「あ~、この前見た夢は本当だった。」なんて言われたら、まるで夢のおかげで良い結果が出たと言われているようで腹が立ちますよ。

ですから、『我が子のお葬式の夢』を見たって、あなたのお子様には何の影響もありません。

良いことが訪れるのは、すべて【あなたのお子様の行動】の結果なんです。

親戚のお葬式の夢

続きまして、『親戚のお葬式の夢』にまいりましょう。

夢に出てきたのが親戚である場合は、その親戚の【性格】がポイントとなります。

その親戚の【性格】というのが、じつは無意識に【あなた自身が直したいと思っている部分】を示しているのだそうです。

つまり、見た夢が【ワガママな性格】の親戚のお葬式なら、あなた自身が「自分のワガママな部分を直さなきゃいけないな・・・。」と無意識に思っている、ということです。

それを自分自身でしっかりと認識し、直していくことで未来がよくなります。

あなたは【自分と同じような人間性】の人と仲良くできますか?

僕の経験上ですが「自分と同じようなタイプの人が苦手だ」という人は多いものです。

かくいう僕も【自分と同じようなタイプ】の人とは口もききたくありません。

だから、あなたの親戚に【あなたと似たような性格】の人がいたら、あなたは無意識にその親戚のことを嫌っている可能性があります。

他人であれば関係を断ってしまえばいいのですが、親戚となるとなかなかそうもいきません。

仕方なく付き合わなければいけない関係なので、あなたは辛抱をして親戚付き合いをします。

でも本当はその親戚と距離を置きたい。

そんな《本当は決別したい》という願望が『親戚のお葬式の夢』という形で現れているんだと思います。

だから、夢に出てきた親戚の性格が【あなた自身が直したいと思っている部分を示す】とかではなく、単純にあなたが【自分と似ている苦手な親戚】と決別したいから、お葬式の夢で『故人』として登場させてしまうだけです。

友人や知人のお葬式の夢

まだまだありますよ。

次は『友人や知人のお葬式の夢』です。

これは、あなたがその人との関係をどのように考えているかが出ているそうです。

つまり、あなたの友人や知人が【お葬式】の形で出たということは、簡単に言うと、あなたの本音は『その人と距離を置きたい』ということになるんだそうです。

うん、これはそうでしょうね。

これに関しては何の文句もありません。

全然知らない人のお葬式の夢

しつこいようですが、まだありますよ。

今度は『全然知らない人のお葬式の夢』です。

全然知らない人のお葬式なので、夢に登場した【全然知らない人】には何の意味もないそうです。

この夢は、自分自身の中で何かを変えたいとの思いがあることを意味するのだそうです。

お葬式の夢は、区切りや再出発を意味するものですから、全然知らない人に登場してもらって「とにかく今の自分とは違う自分になりたい!」という気持ちが現れているということなんですね。

ところで、あなたは『全然知らない人のお葬式の夢』なんて見たことありますか?

僕はないですねぇ。

全然知らない人ってことは、夢の中で【初めまして】になるわけですよね?

1度も会ったことがない、顔もまったく知らないような人が夢に出ることなんてできるんでしょうか?

だって、例えばあなたは「まったく知らない人の顔を想像してください。」と言われて、そんなことが可能ですか?

できないと思うけどなぁ。

それこそきっと、ストレスの溜まった脳が【好き勝手】に人物を作り上げてストーリー展開しているだけでしょうね。

となると、『全然知らない人のお葬式の夢』が【自分自身で何かを変えたい気持ちの現れ】というのもウソくさいですね。

お葬式のどんな場面の夢だった?

お葬式の夢は、登場人物だけではなく『場面』によっても意味が変わるそうです。

たしかに、お葬式といっても、式の前日なのか、それとも当日なのか、式の最中なのか、といったようにいろんな場面がありますよね。

それでは、また参考程度に紹介していきます。

お葬式の準備をしている時の夢

お葬式の場面の1つめは『お葬式の準備をしている時の夢』です。

準備というのはきっと、葬儀社との打ち合わせや、お寺へ行ってお坊さんと打ち合わせをしているような場面ですね。

『お葬式の準備をしている時の夢』は、あなたが大事な分岐点を迎えていることを意味します。

誰かが亡くなると、その家族の生活は大きく変わります。

その準備をしている夢ですから、何か重要な【分岐点】を迎えていますよ、ということなんですね。

人間が生きていくためには何度も【判断】をしなければなりません。

何度も判断を繰り返した先に『大事な分岐点』が訪れます。

そして「今にして思えば、あの時がじつは大事な分岐点だったんだなぁ。」なんてこともあります。

ですから、日頃の1つ1つの判断があなたの人生を大きく左右する大きな意味を持っているんです。

べつに『お葬式の準備をしている夢』を見ようが見まいが、あなたはいつもどおりしっかりと考えて物事の判断をすればいいのです。

今さら『お葬式の準備をしている夢』に教えてもらわなくたって、あなたの日常がいつも【大事な分岐点】になっていますよ。

家族が亡くなったら、どうやってお坊さんにお葬式を依頼するの?もしも家族の誰かが亡くなったら、どうやってお坊さんにお葬式を依頼すればいいのでしょう?この記事では、お坊さんにお葬式を依頼する手順を詳しく紹介しています。きっと【いざという時】の参考になりますので読んでみてください。...

お坊さんがお経を読んでいる時の夢

続いて、お葬式の場面の2つめは『お坊さんがお経を読んでいる時の夢』です。

お葬式の時の夢といえばこの場面をイメージする人が多いんじゃないでしょうか。

『お坊さんがお経を読んでいる時の夢』は良くないことが起こる兆しであり【凶夢】なのだそうです。

なんなら、悪いことが起きる警告みたいな意味なんですって。

なぜお坊さんがお経を読んでいると凶夢なんでしょう?

じつはこの『お坊さんがお経を読んでいる時の夢』が【凶夢】だと言っている人は、その理由をちゃんと言ってくれていません。

僕はお坊さんなので、このように言われる理由が知りたいんですよねぇ。

ただ単に「お坊さんがお経を読んでいる夢は良くない」と言っているだけじゃ、何の説得力もないし、場合によっては【お坊さんのイメージ】をさらに悪くしてしまうだけです。

勘弁してくださいよホンマに、坊主はただでさえイメージが悪いんですから(苦笑)

どなたか理由をご存じであれば僕に教えていただけると嬉しいです。

みんなが泣いている時の夢

続いて、お葬式の場面の3つめは『みんなが泣いている時の夢』です。

『みんなが泣いている時の夢』は、あなたが【内に溜まったものを外へ吐き出したいと思っている】ことを意味しています。

泣くことは感情を出すことなので、内にあるものを吐き出すという意味になるんですね。

お葬式の夢を見ると、過去にあった【自分の身近な人のお葬式をした時】のことを思い出しますよね。

その時のことを思い出すと涙が出てくるかもしれません。

でも、それによって感情を出すことになりますので、あなたの中に溜まったものを出せるかもしれません。

そういう意味で、この『みんなが泣いている時の夢』に関してだけは気にする価値があると思います。

お葬式の夢を見た後の対処法

『誰かのお葬式の夢』なんかを見てしまったら、何だか不吉で嫌な気分になってしまいますよね。

夢には【正夢】なんていうものだってありますし、不安になってしまうことでしょう。

じゃあ、不安な気分を解消するために、『誰かのお葬式の夢』を見てしまった後は何をすればいいのでしょうか?

答えはとても簡単です。

何もしなくていい。

夢なんか気にするな!

です。

そうです、夢を見たことなんかさっさと忘れて普段どおりに過ごしてください。

今さらこんなことを言うのも申し訳ないですが、どんな夢を見ようがあなたの未来には何の関係もありません。

夢については何十年も前からたくさんの学者さん達が一生懸命に研究しているにもかかわらず、未だに解明されていないんです。

だから、夢に見たことが、あなたやあなたの周りの人たちに影響を及ぼすなんてことは、世界中のだれも証明できません。

ならば、専門家の人たちが何十年もかけても分からないものを、あなたがアレコレ気にしたって意味がないでしょう?

そんなことよりも、あなたが気にしなきゃいけないのは、

あなたの【現在の行動】と【未来の行動】

ですよ。

夢に見たことがあなたの未来を決めるわけじゃありません。

あなたの未来を決めるのは、あなたの【現在の行動】と、その先の【未来の行動】です。

夢をまるで【未来を予言するモノ】のように考える人もいますが、そんなワケないじゃないですか。

夢なんかしょせんは【ただの夢】なんですから。

だから、どんな夢を見ようが【縁起の良し悪し】なんてありませんし、夢自体にも意味なんかありませんよ。

まとめ:夢なんか気にしてはダメ!

私たちが寝ている時に見る夢って不思議です。

目覚めがよい『楽しい夢』もあれば、不愉快な目覚めとなるような『嫌な夢』もあります。

今回の記事で取り上げた【お葬式の夢】というのは『嫌な夢』ですし、なんだか縁起が悪いように思えますよね?

でも、お葬式の夢を見たことは、べつに縁起の悪いことではありませんから安心してください。

何一つ心配することなんかありませんから、あなたは普段どおりに生活をしましょう。

というか、夢を見ることによって『未来が分かる』わけではないし、人間にそんな能力なんかありません。

そもそも【夢】について多くの人たちがさんざん研究してきたにもかかわらず、未だに解明されていないんですよ。

なので、『嫌な夢』を見たから何か良くないことが起こる、みたいに【夢】と【未来】を関係させて考えること自体がおかしいんです。

もしも夢に見たことが現実に起きたら、【ただの偶然】か【夢に見たことと同じになるよう無意識に自分自身で行動した】だけですよ。

つまり、どんな夢を見たところで、夢自体があなたの未来に直接的に影響することはなく、結局はあなたの行動がすべてを決めているんですよ。

だから、

  • 夢なんか気にしてはダメ!

ですからね。

いつまでも夢のことなんか気にしているのは、ハッキリ言って時間のムダです。

あなたが気にしなきゃいけないのは、

あなたの【現在の行動】と【未来の行動】

です。

お葬式の夢を見たら「何だか変わった夢だったな。」と【スルー】してください。

それでもう終わりです。

そしたら、すぐに【あなたがするべきこと】に意識を向けてください。

人生は1度きりです、いつまでも夢のことを考えてるヒマなんかありませんよ!