お葬式

お葬式でマスクを着用するのはマナー違反?風邪や花粉症の場合はどうする?

この記事は、

今回の内容は要するにコレです

お葬式でマスクを着用してもよいのかどうか

について書いています。

あなたは、少し風邪気味の時や、花粉症の症状が出ている時には『マスク』を着用しますか?

着用しますよね?

風邪気味の時には他人に迷惑をかけないようにマスクを着けるのがマナーだし、花粉症の場合はマスクを着けてできるだけ花粉を吸い込みたくないですもんね。

じゃあ、もしも、そんなタイミングで『お葬式に参列しなくてはいけない』という状況になったらどうしますか?

あなたなら、お葬式へ参列する時にマスクを着けますか?

ひょっとすると、少しためらってしまうかもしれませんね。

お葬式って何となくマスクを着けづらい雰囲気ですよね。

実際に、お葬式でマスクを着けることに眉をひそめる人もいますから。

とはいえ、マスクを着けている人だって【必要だから着けている】わけです。

はたして、お葬式でマスクを着用してもよいのでしょうか?

この記事の中で、お葬式でのマスク着用について改めて考えてみました。

今後の参考にもなると思いますので、ぜひご覧ください。

お葬式でマスクを着用するのはマナー違反?

お葬式は、当たり前のことですが【急に】執り行われるものです。

ですから、お葬式の知らせが入った時に、あなたが、

  • 風邪をひいている
  • ひどい花粉症で苦しい時期である

ということもあります。

しかし、たとえそのような時でも、大切な人とのお別れをするため、ほとんどの人はお葬式に参列をすることでしょう。

もしあなたがお葬式の知らせを受けた時に、運悪く咳やクシャミが止まらないような状態だったらどうしますか?

おそらく、マスクを着用してお葬式に行こうと思いますよね?

そして、たぶん「もしかすると、お葬式という場でマスクを着用するのはマナー違反かな?」と心配になることでしょう。

ご安心ください。

基本的には、お葬式という場でも

マスクを着用して大丈夫です。

大丈夫というか、咳やクシャミが出ているようであれば、マスクを着用した方がいいでしょう。

お葬式でも、マスクを着用することそのものは決してマナー違反ではありません。

もしも風邪をひいている場合などは、参列している途中でもっと体調が悪化するかもしれません。

それに、周りの人だって、自分のそばで咳やクシャミをしている人がいたら、きっと「マスクを着けてほしいな」と思いますからね。

しかも、お葬式には小さな子どもから高齢者までいろんな人が参列をします。

特に小さな子どもや高齢者は免疫力が低いでしょうから、感染させてしまうかもしれません。

ただし、マスクを着用するにも、それなりのマナーというか気配りは必要になるかと思います。

お葬式という非常に厳かな場で、顔の半分を覆ってしまうようなマスクを着用することに対して『失礼な行為』と捉える人も多いからです。

おそらく、喪主や遺族または故人に対して、顔を全て出さずに対面することが『失礼な行為』ということなのだと思います。

そうですね、確かに人と会う時に、ましてやお葬式という厳かな場で顔を覆ってしまっては失礼にあたるかもしれません。

でも、あなたがマスクを着用していても、故人はきっと「全く何の問題もないよ」と言ってくれるはずです。

じつは、ぼく達お坊さんは、仏様へお膳をお供えする時などにはマスクのようなもので口を覆っているんです。

お寺のご本尊様へお供え物をする時には、和紙で作ったマスクのようなもので口を覆うという作法があります。

我々の口は、怒りにまかせて汚い言葉を発し、嘘をつき、愚痴を言い、そしていろんな生き物の命を食べています。

そんな私たちの口から出ている穢れた息が仏様にかからないように口を覆い隠すのです。

つまり、仏様や故人といった【敬うべき対象】の前で口を覆い隠すこと、むしろそれが『礼儀』なのです。

ローソクやお線香の火を口で吹き消すなと言われますが、これもまた同じ意味があります。

ですから、故人の前でマスクを着用することは、お坊さんが仏様の前で行なっている作法と全く同じことをしているだけ、という解釈もできるんです。

つまり、マスクを着用することが、故人に対してどうというよりも、私たちにとってどのような印象を与えるかを考えればいいのです。

マスクを着用するのには、人それぞれにいろんな事情があるはずです。

何となくマスクを着ける人はいないでしょうからね。

ですから、マスクに関しては、「必ずこうあるべき」という一辺倒な考え方ではなく、状況に応じて柔軟に考えた上で着用すればいいのです。

ちなみに、お葬式で着用するマスクの色は可能であれば『白色』にした方がよいと思います。

最近ではカラフルな柄や黒色や灰色のものなど、いろんな色や柄のマスクが売られていますが、これらはまだ世間には浸透しきっていません。

だから、そのようなマスクを見た人の中には「お葬式でそんなマスクをするなんて非常識だ!」という人がいるかもしれません。

もちろん「絶対に白色でなければいけない!」というわけではありませんが、余計なトラブルを招かないよう、できるだけ白色にしておく方が無難です。

風邪をひいている場合

もしもあなたが風邪をひいている場合は、マスクを着用してください。

それがマナーです。

人によっては、「受付係をする場合は、軽度の風邪ならマスクを外しておいた方がいい。」という意見もあります。

それくらいお葬式という場でのマスク着用は『失礼な行為』だと捉える人もいるんですよね。

まぁ、言いたいことはわかります。

でも、ぼくは、もしも風邪だとわかっているのなら、マスクを着用して他の人へ感染させないようにすることを優先すべきだと思います。

そして、故人との関係性にもよるので一概には言えませんが、体調を崩している時は参列を辞退することも選択肢に入れた方がよいです。

また、もし故人との関係性が深い場合であっても、あまりに風邪の症状がひどいようでしたら、予め喪主へ連絡して参列は控えた方がいいでしょう。

これは、風邪を他人へ感染させてしまうことよりも、式の途中などで万が一倒れてしまう方が心配だからです。

それに、仮にそうなった時はかえって多くの人に迷惑をかけてしまいます。

風邪をひいている場合は、十分に体調を考慮して、参列するならマスクを着用しましょう。

花粉症である場合

花粉がたくさん飛ぶ時期にお葬式が執り行われることも多いです。

花粉症の人にとって、花粉の多く飛ぶ季節は一度外へ出てしまうとクシャミや鼻水が止まらなくなってしまいます。

ですから、2月〜3月のスギ花粉が飛ぶ時期は特に花粉症の人はマスクが手放せませんよね。

ということで、ぼくは、花粉症の人はお葬式の時にマスクを着用してもよいと思います。

花粉症でクシャミや鼻水が止まらない人を見て、「この人は風邪をひいてるのかな?」と誤解する人もいることでしょう。

そのようなことを考えると、必要な時だけマスクを外して、その他の時は着用しておく、という方が皆にとってよいことだと思います。

喪主である場合

喪主となる人は、一般の参列者とは立場が全く違ってしまいます。

喪主に関しては、基本的にはマスクを外しておいた方が無難です。

特に【予防の目的(=他人からウィルス等をもらわないようにするため)】に着用するのであれば、マナーとしてはマスクを外した方がいいです。

確かに、お葬式では多くの人が来られますし、その中には咳やクシャミをしている人もいますので、マスクを着けて予防したくなる気持ちはわかります。

喪主は式の数日前からさまざまな打ち合わせや手続きをし、また、故人のそばに寄り添い、来客があれば対応をしなければなりません。

喪主になっている人は式の当日頃になると疲れてしまっています。

そんな体力が落ちているような時には、いろんなウィルス等に感染しやすくなることでしょう。

しかし、です。

喪主というのはお葬式の代表者です。

それは、故人を偲ぶために参列してくれた人達へお礼を言い、もてなす側の立場でもあるです。

そのような立場にあるので、顔を半分覆ってしまうようなことはできるだけ避ける方が無難です。

そのような意味でも喪主を務めるというのは本当に大変なことなのです。

でも、喪主を務める人も体調が悪い場合だってありますよね。

本当であればマスク着用は極力避けた方がいいのですが、喪主がどうしても体調が悪い場合は、その旨を参列者へ伝え理解してもらいましょう。

親族である場合

喪主を務める人はなるべくマスクを着用しないほうがいいのですが、親族の場合であればどうでしょう?

親族の場合は、一般参列者と同様にマスクを着用してもかまわないと思います。

しかし、親族の中で、受付係やお給仕係など【人前に出るような係】を任されている人は、予防が目的でマスクを着用するのであれば、できるだけマスクを外した方がよいでしょう。

係を任されている人は、基本的に『喪主の代わり』であるという心構えでいた方がよいと思います。

ですから、喪主の場合と同様に、なるべくマスクは外しておくようにしましょう。

ただ、いくら係を任されている人であっても、やはり体調が悪い時はマスクを着用してください。

そして、とても体調が悪い時には喪主へ相談して、係を辞退し、場合によっては参列をやめて自宅で療養してください。

妊婦さんの場合

妊婦さんがお葬式に参列する場合は、ただでさえ体調管理に注意しなければなりませんので、マスク着用のままで問題ありません。

というか、むしろ『必ず着用してください!』と言いたいくらいです。

お葬式に参列したことが原因で風邪をひいてしまったり、何か別のウィルスに感染してしまったりして、お腹の子どもに万が一のことがあったら大変です。

妊婦さんがお葬式に参列する場合は、まずは妊婦さん自身の体調がよいことが大前提ですし、参列の際にマスクを着用することを強くおすすめします。

妊婦さんの場合は、【慎重に慎重を重ねる】くらいで丁度良いのです。

それに、妊婦さんがマスクをしているのを見て文句を言う人はいないでしょう。

しかし、現在でも一部の地域で、『妊婦はお葬式に参列してはいけない』という考え方があります。

妊婦さんがお葬式に参列すると『お腹の子どもに《悪いこと》がおきる』という迷信があるのです。

確かに以前までの日本はそのような考え方(迷信)がありましたが、今では妊婦さんでも体調管理に気をつけて参列することが多くなってきました。

妊婦さんがお葬式に参列すること自体が悪いわけではありませんので、体調に十分注意しながら参列するようにしてください。

【関連記事】:妊婦さんがお葬式に参列しても大丈夫です!迷信の解説と参列する時の注意点を紹介

マスクはずっと着けっぱなしでもいいの?

お葬式では【喪主】と【係の人】を除けば、基本的にマスクを着用しても問題はありません。

しかし、お葬式の日は一日中マスクを着けっぱなしでもいい、というわけでもないのです。

お葬式において、基本的にはマスクを外した方がよい場面が2つあります。

それは、

  • 受付でお香典を渡す時
  • お焼香をする時

です。

受付でお香典を渡す時

お葬式の式場に到着すると、まず『お香典』を渡すために受付に行きますよね?

受付所で「この度はご愁傷さまでございます・・・」とお悔やみの挨拶をする際は、できるだけマスクを外すようにしましょう。

お悔やみの気持ちを伝える時に、顔が半分隠れてしまっていては気持ちが十分に伝わらないからです。

ただし、これは予防目的でマスクを着用していたとしたらの場合です。

もしもあなたが風邪をひいている場合は、受付係の人に一言謝ってマスクを着用しておく方がいいと思います。

とはいえ、マスクを着けたくらいで【お悔やみの気持ちが伝わらない】なんてことはないんですけど、そのように考える人もいますよ、ということです。

ちなみに、強い感染力のあるウイルスが流行している時は、原則として『マスクは常時着用』しましょう。

お焼香をする時

そして、式中でお焼香をする時も、できるだけマスクを外すようにしましょう。

ぼく個人の意見としては、この記事の序盤でも言ったように、本来であればマスクを着けてお焼香をしてもいいのではないかと思っています。

しかし、一般的には、故人に対して顔をちゃんと見せて、心を込めてお焼香をする、というのがマナーです。

ぼくみたいな意見もあるということだけ頭の片隅に置いてもらって、あなたは一般的なマナーに則ってお焼香をした方がいいと思います。

ですから、お焼香をする時には、一度マスクを取り外して、ちゃんと顔を見せてお香を手向けてください。

たまに、マスクをアゴの下に引っかけるようにして外す人がいますが、できるだけちゃんと取り外すようにしましょう。

ただし、こちらも強い感染力のあるウイルスが流行している時は、原則として『マスクは常時着用』しましょう。

【関連記事】:お香(こう)を供える意味とは?焼香の手順や線香の供え方も紹介します

マスクは何枚か用意しておく

インフルエンザなどの流行期の場合、予防のためにマスクを着用する人は多いと思います。

お焼香の時はマスクを外すのがマナーですので、それが終わったら再びマスクをつけ直したいですよね?

そういった場合、同じマスクをそのまま着け直したくなるかもしれませんが、衛生面においてそれはあまり好ましくないそうです。

理想的なのは、やはり『新しいマスクに着け替える』ということのようです。

お葬式の時だけではなく、マスクは『一度外したら新しいものに取り替える』という意識の方が、より衛生的でいられます。

あるいは、マスクケースを使ってある程度は清潔な状態で保管をする、という方法もあります。

でも、さすがに一日中ずっと同じマスクを着用するのは不衛生ですよね。

なので、いずれにせよ、常にマスクを何枚か持ち歩かないといけませんね。

お葬式の時にも何度かマスクの脱着の機会があるので、数枚を持って行く方がいいですね。

強いウィルスが流行している場合

インフルエンザの流行などもそうですが、強いウィルスが流行していて感染リスクのあるような状況下では、お葬式であってもマスクを着用してかまいません。

というよりも、そのような場合には積極的にマスクを着用してください。

そして、あなたの体調によっては参列そのものを控えることも必要かもしれません。

故人を偲んで弔うことはもちろん大事なことですが、まずはあなたの体調を第一に考えるようにしましょう。

故人だって、きっとそのような状況を理解して許してくれるはずですから。

まとめ:お葬式ではさまざまな状況を判断してマスクを着用しましょう

お葬式でマスクを着用することは何も問題はありません。

もしあなたが風邪などで体調が悪いのならマスクを着用するべきでしょう。

しかし、皆がそのような考え方であるとは限りません。

中には、それを良しとしない人だっているのです。

マスクを着用するには、人それぞれに事情があったり、時には社会的な事情である場合もあります。

もしかすると今後は【お葬式でマスクを着用するというのは当たり前】という時代になるかもしれませんね。

それでいいと思いますよ。

お葬式は、故人にとって最後の晴れ舞台です。

なるべく大勢の人で故人を送り出してあげたいじゃないですか。

そのためにマスクの着用が必要なら、それは積極的に受け入れて理解するべきです。

そこには最低限のマナーはありますが、あなたの体調や周りの状況を見ながら、臨機応変に対処しながらマスクを着用すればいいと思います。

ですから、お葬式でもマスクを着用して大丈夫です。