お仏壇

仏壇にある鐘(=おりん)は、いつでも鳴らしていいですよ。

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 仏壇の『おりん』を鳴らすことにはどんな意味があるの?
  • 『おりん』はむやみに鳴らしちゃいけないの?
  • 『おりん』を鳴らす時のコツを知りたい。

あなたは、仏壇に置いてあって、棒で叩くと「チ〜ン♪」という音が出る仏具をご存じですよね?

いつも鳴らしているその仏具ですが、

「これは鳴らしてもいいのかな?」

と迷ったことはありませんか?

じつは、この件に関しては意見が割れています。

「むやみに鳴らすものじゃない」と言う人がいれば、

「いつでも鳴らしてよい」と言う人もいます。

一体どちらにすればいいのでしょう?

ぼくは、

いつでも鳴らしてよい

と考えています。

『おりん』について知ってもらえれば、ぼくのこの主張の意味がお分かりいただけるはずです。

この記事を読めば、仏壇の前で迷うことなく堂々と『おりん』を鳴らせるようになりますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

仏壇の鐘(=おりん)を鳴らす意味

仏壇をお参りする時に鳴らしている鐘は、一般的には『おりん(=お鈴)』と呼ばれています。

ぼく達お坊さんの間でも『おりん』と呼んでいます。

あるいは『打ち鳴らし』と呼ぶこともあります。

ちなみに、似たような仏具で、お葬式の時などでお坊さんが手に持って鳴らしている鐘は『印金(または引金)【いんきん】』といいます。

『おりん』や『印金』のような仏具には一体どんな意味があるのでしょうね?

『おりん』とはどんなもの?

『おりん』とは、お椀の形をした金属製の鳴り物で、仏壇には欠かせない仏具の一つです。

『おりん』を打つと「チ〜ン♪」といい音がしますよね。

あれは、真鍮(しんちゅう)と亜鉛を混ぜ合わせた合金で作られていて、音を響かせるにはちょうどいい硬さになっているんですよ。

そして、傷が付きにくく、とても丈夫なので長期間使用する仏具です。

また、『おりん』は、基本的にはそれ単体で使用するのではなく、

  • おりん
  • りん座布団
  • りん台
  • りん棒

を合わせてワンセットとして使います。

最近よく見かけるのは、『高台りん』といって、ワイングラスが短くなったような形状をしている『おりん』です。

これは、りん座布団やりん台が必要なく、それ一つで音が響くようにできているのでとても便利です。

他にも球型のものなど、いろいろなデザインの『おりん』がありますが、あなたのお好みの物を使ってかまいません。

※ちなみに『高台りん』とはこういう形の『おりん』ですので参考にしてみてください。

『おりん』を鳴らす意味

仏具には【音を出す】ものが多いです。

例えば、

  • 除夜の鐘でつく『梵鐘(ぼんしょう)』
  • 読経の時に叩く『木魚(もくぎょ)』
  • 読経の区切りの時に打つ『けい』
  • 本堂の正面入口に吊るしてある『鰐口(わにぐち)』
  • 人を集めるために吹く『法螺(ほうら)』

などは有名なので、あなたもご存じのものもあるかと思います。

これらのような音の出る仏具のことを『梵音具(ぼんおんぐ)といいます。

もちろん『おりん』も梵音具の一つです。

【梵】という字には、『穢れがなく澄みきった清らかなもの』という意味があります。

梵音具から出る『清らかな音の力』によって、音が届くところは全て清められる、といわれています。

つまり、仏壇の『おりん』を鳴らすことによって、

  • その場所全体を清める
  • お参りしている人を清める
  • 本尊様やご先祖様にお知らせする

といった意味があるのです。

ご本尊様やご先祖様をお祀りする仏壇を前にしているのだから、『おりん』を鳴らして仏前を清めましょう、ということですね。

【関連記事】:仏壇の意味と役割とは?仏壇の準備からお参り方法まで丁寧に解説

いつでも『おりん』を鳴らしていい理由

よく、

  • 「【おりん】は、お経を読む時に鳴らすものだから、それ以外でむやみに鳴らしてはいけません。」

と言う人がいます。

でも、ぼくは「それは少し違うのでは?」と思っています。

ぼくは、『おりん』を、

お経を読まない時でも鳴らしてよい

と考えています。

たしかに、『おりん』は読経の始まりや終わりなど、お経の区切りで鳴らす仏具です。

読経にあたり、『おりん』を鳴らすことで、仏様やご先祖様に、供養していることを【お知らせ】するのです。

また、『おりん』の音色に合わせて読経の音程を決める、とも言われます。

ですから、あなたが仏壇の前で『般若心経』や『仏様のお名前』などをお唱えする時は、ぜひ『おりん』を使ってください。

では、お経などを読まない時には『おりん』を鳴らしてはいけないのでしょうか?

いいえ、お経を読まない時でも鳴らしていいですよ。

多くのお経は、

  • 仏様を称賛する
  • 仏様の教えを学ぶ
  • 仏様のご利益に感謝する
  • 仏様に対する信心を誓う

というような内容です。

そのようなお経の内容を、読経という形で声に出して仏様へお伝えしているわけです。

でも、仏様を称賛したり感謝したり信心を誓うことに関しては、読経という方法以外でもお伝えできます。

例えば、あなたが仏壇のご本尊様に手を合わせ、

「いつもありがとうございます。今日も一日、仏様のありがたい教えを守るように心がけます。」

というように、仏様に対して感謝や決意の言葉を口にすれば、それはお経をお唱えすることと同じだと思うんですよ。

つまり、仏様へ〔称賛・感謝・信心の誓い〕をお伝えする方法が、『お経』か『口語』かという【形の違い】だけなんです。

ぼくは、仏様に対する日頃の挨拶だって、それはお経に等しいものだと思っています。

だから、お経を読まなくたって、【仏様への声がけ】があれば同じことです。

もっと言うと、声に出さずに【心で仏様へ声がけ】をするだけでもお経をお唱えすることに等しいと思いますよ。

というか、そもそも『おりん』を鳴らすことには、そこにいる人やその場所を清める意味があるのですから、お経の有無にかかわらず鳴らしていいはずです。

というわけで、ぼくは、

  1. 読経の代わりになることをすればよい
  2. 『清める』ために鳴らしている

この2つの理由により、

『おりん』を鳴らすのは読経の時だけではなく、いつでも鳴らしてよい

というふうに考えています。

『おりん』の鳴らし方のコツ

いつでも誰でも『おりん』は鳴らしてかまいません。

せっかく鳴らすのですから、美しく「チ〜ン♪」と響かせたいと思いませんか?

ここで、『おりん』の鳴らし方のコツをご紹介します。

よく、りん棒を【上から下ろす】ように『おりん』のフチへ当てて鳴らす人がいます。

間違いということではありませんが、このやり方だと音の響きが悪くなってしまいます。

鳴らす時のコツはこうです。

  1. りん棒は親指と人差し指で軽く持つ
  2. りん棒は『おりん』へ当てる部分を【下】に向ける
  3. 手首のスナップを使い『おりん』のフチにりん棒を当てる

りん棒は『おりん』へ当てる部分が布で巻かれています。

この布のおかげで優しい音色が響きます。

また、音をキレイに響かせるには、『おりん』のフチをりん棒で【軽く弾く】ような感覚で当てるとよいです。

鳴らす回数については各宗派によって異なりますので、あなたのお付き合いのあるお寺へ聞いてみるとよいでしょう。

『おりん』の取り扱い方法

『おりん』は長く使うことのできる仏具ですが、何も手入れをせずにいると色が黒ずんできたり、微妙にですが音も変わってしまいます。

他の仏具でも同じですが、できれば『おりん』は定期的に磨いた方がいいと思いますよ。

仏具店では専用の磨き剤や道具などが売っていると思いますので、それを使うとよいでしょう。

また、専用の磨き剤がない場合は、ホームセンターなどでも金属の磨き剤や道具が売っていますので、それを使用して手入れすることも可能です。

しかし、ホームセンターで販売しているものは使用方法をよく確認してから使った方がいいです。

研磨剤が粗いものだと、表面を傷つけてしまい、見た目も音も悪くなってしまいますのでご注意ください。

せっかくなので、金属を傷をつけることなく磨き上げることができるものがありますからご紹介しておきますね。

それは、

『ニューテガール』

という商品です。

ぼくはこの商品をいつもインターネットで購入しています。

この商品は、金属を液体に浸すだけで金属本来の輝きが戻る、というものです。

ニューテガールの原液を水で薄めて使用をするのですが、【こする作業】がないので非常に楽チンです。

名前のとおり非常に手軽に扱えますのでおすすめですよ。

その他、おりんの取り扱いで注意すべきは【落とさない】ことです。

ぼくは以前、掃除をしている時に誤って『おりん』を床へ落としてしまいました。

そのせいで、わずかですが【亀裂】が入りました。

試しに鳴らしてみようと思ったのですが、どのようにりん棒を当ててもビックリするほど音が鳴りません。

いつもなら「チ〜ン♪」と響くところが、わずかでも亀裂が入ると「チッ」という具合に全然音が響きません。

もしも、ぼくのように落としてしまい亀裂が入ったら完全にアウトですから、手に持つ時にはよく注意してくださいね。

まとめ:『おりん』はいつでも鳴らしていいですよ

仏壇に向かい、お供物を供え、お線香をあげ、『おりん』を鳴らして、最後に手を合わせる。

仏壇のお参りは、この一連の作法を行えば大丈夫ですよ。

たしかに、ぼく達お坊さんにとっては、『おりん』を鳴らす時に読経はセットです。

しかし、あなたが読経をしなくても、心を込めて手を合わせることでその代わりはできています。

『おりん』は「鳴らしてよい」「鳴らしてはいけない」など、いろんな人からいろんなことを言われるかもしれません。

でも、この記事を最後まで読んでいただいたあなたは、どうすべきか既におわかりだと思います。

もう迷うことはありませんよね?

そうです、あなたはいつでも『おりん』を鳴らしてもいいですよ!