お墓

雨が降っていてもお墓参りをしていいの?雨の日のお墓参りの注意点。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 「雨の日にお墓参りをしてはいけない。」と言われるけど、どうしてダメなの?
  • 天気予報では【雨】らしい。でも、都合上どうしてもその日にお墓参りをしたい。
  • 雨の日にお墓参りをする場合は、どんなことに注意しなきゃいけないの?

お墓参りをする機会は、

  • 命日
  • 法事
  • お盆
  • お彼岸

など、一年のうちに何度もあります。

すると、お墓参りをしようと思っていた日に雨が降るということもあります。

じつは、昔から『雨の日にはお墓参りをしてはいけない』という言い伝えがあるのです。

しかし、あまり頻繁にはお墓参りに行けない人だって多いはず。

はたして、言い伝えのとおり、本当に【雨の日にお墓参りをしてはいけない】ものなのでしょうか?

結論を言いますと、

注意点を守れば、雨の日でもお墓参りをして問題ない

ですよ。

この記事では、お坊さん歴20年以上の僕が、

  • 雨の日にお墓参りをしても問題ない理由
  • 雨の日にお墓参りをするときの注意点

について分かりやすく解説しています。

最後まで読んでいただければ、雨の日でも安心してお墓参りができるようになりますので、ぜひチェックしてみてください。

雨の日でもお墓参りをして問題ない

お墓参りへ行こうと思っていたのに雨が降っている、というのはよくあることです。

年配の方は、雨が降っていたらお墓参りに行かない人が多いです。

なぜなら、昔から、

『雨の日にお墓参りをしてはいけない』

という言い伝えがあるからです。

でも、これはハッキリ言って【迷信】なんですよね。

お墓参りというのは、仏教の宗教行為です。

そして、仏教のどの宗派でも 『雨の日にお墓参りをしてはいけない』 なんていう教義はありません。

だから、 『雨の日にお墓参りをしてはいけない』 なんていうのは、誰かが勝手に言い始めたことなんです。

なので、

雨が降っていてもお墓参りをして問題ない

ですよ。

というか、

お墓参りをするのに天気の良し悪しは一切関係ない

んですよ。

だから、あなたがお墓参りをしたいと思ったら、天候なんか気にせずお墓参りをしてください。

『雨の日にお墓参りをしてはいけない』 と言われるのはなぜ?

じゃあ、なぜ 『雨の日にお墓参りをしてはいけない』 なんて言われるようになったのでしょう?

それは、

  1. 安全のため
  2. 衛生面
  3. 陰陽の考え方

が理由となっていると考えられます。

安全のため

『雨の日にお墓参りをしてはいけない』 と言われる理由の中でも、【安全のため】という理由が一番しっくりきます。

墓地というのは墓石や敷石があって【石だらけ】ですし、墓石はキレイに磨き上げているので、水に濡れるとすごく滑るんですよね。

日頃から墓石に関わっているお坊さんの僕でさえも、気を抜くとズルッと足を滑らせることがあります。

これがもし高齢者だったりしたら、そのまま転倒してしまい、墓石に身体を打ち付けてケガをしてしまうかもしれません。

そのようなことを予防するためにも、『雨の日にお墓参りをしてはいけない』と言われるようになったのでしょうね。

でも、逆を言えば、

  • 雨の日にお墓参りをする場合は滑らないよう十分に注意する

ということを忘れなければ、お墓参りをしたって大丈夫なんですよ。

衛生面

『衛生面』での理由は、

墓地の不衛生な土汚れなどを家まで持ち帰ってしまわないようにするため

ということです。

昔はご遺体をそのまま埋葬する【土葬】が一般的でした。

土の中に埋められたご遺体は、だんだんと腐食し、やがて病原体が発生します。

そして、雨が降り続くと、土中から病原体が染み出してしまうこともあるのです。

雨の日にお墓へ行くと、その病原体が靴などに付着して、そのまま家まで持ち帰ることになります。

だから、衛生面を考えて雨の日にお墓に近づいてはいけない、ということになったんですね。

でも、現在では【火葬をした後の骨壺の状態】で埋葬をしますので、土中から病原体が出てくることはありません。

よって、少なくとも現在においては、衛生面についてはお墓参りをしてはいけない理由がありません。

陰陽の考え方

『陰陽の考え方』の理由は、

晴れという【陽】に対して、雨というのは【陰=マイナス要素】だから、お墓参りをするにはふさわしくない天気である

ということです。

でも、僕はイマイチこれに納得ができないんですよね。

雨というのは、要するに『水』ですよね。

『水』というのは、生物や植物にとって命の源、つまり生命維持のために必要不可欠な要素ですよね?

そんな重要なものがなぜ【陰】なのよ?

【陰】ではなく、逆にかなりの【陽=ポジティブ要素】じゃないかい?

というわけで、雨の日にお墓参りをしても、【陰】ではなく【陽】なんだから何の問題もないです。

【関連記事】:お墓参りをする意味とは?お墓参りの基本的な手順と注意点も詳しく解説します。

雨の日にお墓参りをする時の注意点

雨が降っていてもお墓参りをして大丈夫です。

ただし、晴れている時とは違って、雨の日ならではの【注意点】があるので、その中の大事なことを4つ紹介します。

足元が悪い

雨が降ると、道がぬかるんでいたり水たまりがあって、

足元が悪い

ので十分に気をつけてください。

昔からあるお寺や霊園の場合、通路が砂利や土だったりするので、気をつけないとズルッと足を滑らせてしまうことがあります。

また、通路がしっかりと整備されていない所には水たまりができやすいので、足がハマってしまわないように注意しましょう。

雨が降っていると、片手は傘を持っていますし、反対の手にはお墓参りの道具などを持っているのです。

その状態で足を滑らせたり、水たまりに足がハマったら、とっさに動くことができません。

それで場合によっては転倒して大ケガにつながります。

雨の日は、お墓に到着するまでの道のりから注意が必要なのです。

お墓の掃除もするつもりなら【雨がっぱ】を着る

多くの人は、雨が降っていたら【傘】をさします。

ですから、雨の日には傘をさしながらお墓参りをしているわけです。

もしも、ちょっと手を合わせに行くだけとか、お線香だけ供えるというようなお墓参りだったらそれでもいいでしょう。

しかし、お墓参りだけではなく、お墓の掃除もするつもりなのであれば、傘だけではなく、

『雨がっぱ』

を持って行くことをおすすめします。

僕も雨の中でいろいろと試してみましたが、雨の日の作業にはやっぱり【雨がっぱ】が一番いいんですよ。

傘をさしながらでも墓地の掃除ができないこともないですが、

  • 常に片手がふさがるので掃除がしづらい
  • 両手を使いたくて、頭をかしげながら首と肩で傘の持ち手を挟んでも、ちょっとした風でも傘がグルンと動いてしまう
  • 頻繁に傘が墓石にカチカチ当たってしまう

ので、とにかく何か作業をするときに傘は不向きなんですよね。

それに、そんなことを繰り返していると、どのみち掃除が終わる頃には雨で全身が濡れていることでしょう。

だから、基本的には、雨の日に掃除をするなら【雨がっぱ】を着た方がいいんですよ。

さらに言えば、雨がっぱでも、

  • 上着とズボンにちゃんと分かれているタイプの雨がっぱ

がいいですね。

これなら、全身を完全防備できて、なおかつ動きやすいですから。

同じ雨がっぱでも、上から下まで繋がっているような、いわゆる『ポンチョ』のタイプはやめておきましょう

『ポンチョ』のタイプは、見た目はとても良いですが、掃除をする時に墓石にすそが引っかかりますし、しゃがんだりすると結局は下半身が濡れてしまうんです。

そのようなことを気にしながらお墓参りや掃除をしていると、肝心な足元の注意がおろそかになり、滑ってしまうんですよね。

しかも動きづらい『ポンチョ』のタイプなので、滑った時とっさに体勢を立て直すことができずにそのまま転倒してしまうことだってあるんです。

なので、見た目は少しくらい悪くても、しっかりと上着とズボンが分かれているタイプの雨がっぱにした方がいいんですよ。

雨で滑るので、とにかく【すべての動作をゆっくり】が鉄則

あなたがまだ小さかった頃に、親からこんなことを言われたことはないですか?

  • 「こらこら、そんなに走ったら転んじゃうよ。」

って。

幼い子どもとその親が一緒に道を歩いている時の決まり文句です。

おそらく99%の人が、小さな頃に親からこの言葉を言われたはずです。

でも、逆に、

  • 「こらこら、そんなにゆっくり歩いたら転んじゃうよ。」

って言われた人、います?

いないでしょ?

ものすごく当たり前のことですが、動作を素早くすると勢いがつくので、転んだり滑ったりしやすくなるんです。

それは雨が降っていたら、なおさらのこと。

何度も言いますが、墓地にある墓石はキレイに磨き上げているので、非常に滑りやすいんです。

なので、雨が降っている時のお墓参りは、

すべての動作をゆっくり

が鉄則です。

普段のようにパッパッと動いちゃダメですよ、気をつけていても滑るんですから。

とにかく、一つ一つ周囲を確認しながら動作は【ゆっくり】ですよ。

もし、素早く動いてしまったら、あの世にいるご先祖様の声がお墓から聞こえてくるかもしれませんよ、

  • 「こらこら、そんなに早く動いちゃ滑っちゃうよ。」

って。

お線香に火をつける時にはターボライターを使う

雨のお墓参りで苦戦するのが、

線香に火をつけること

です。

まぁ、線香に火をつけるのって、雨じゃなくてもけっこう苦戦するものなんですけどね。

それが、雨が降っていたら余計に手こずってしまうわけです。

なので、いっそのこと雨の日は無理にお線香を供えなくてもいいですよ。

もちろん、本来であれば、お墓参りをする時にはお線香を供えるべきなんですよ。

ただ、雨が降っているので、なかなか『普段どおりにお参りする』というわけにはいかないと思うんですよね。

ですから、『手を合わせる』だけにして、お線香は省略することも仕方ないことかなと思います。

たまに、

「雨の日は、お線香へ火をつけずに供えればいい。」

みたいなことを言う人もいますが、それなら何も供えない方がマシですね。

お線香というのは、燃やしたときに出る【香り】に意味があるんです。

だから、【香り】の出ていないお線香を供えたって無意味なんです。

ムダに香炉(=お線香を供える場所)を汚すだけなのでヤメましょう。

また、雨が降っていてもお線香を供えたいという人もいるはず。

雨の日にお線香を供える場合は、早く火をつけられるように、

『ターボライター』

を使った方がいですよ。

100円くらいで買えるような火がポッと出るタイプのライターだとダメです。

このタイプは、晴れの日でもなかなか線香に火がつかないのに、雨の日になるとさらに厄介です。

火をつけるのにモタモタしていると雨がどんどん線香を濡らしてしまい、最終的には何をしても線香に火がつかなくなります。

ですから、晴れの日はもちろんのこと、雨の日こそ火力の強力な『ターボライター』が活躍するんですよ。

ちなみに、お坊さんの僕が自信を持っておすすめできる唯一のライターがコレです、よかったら一度お試しください。

雨の日は無理にお墓参りをしなくてもよい

今回の記事の内容は【雨の日にお墓参りをしてもいいのか?】ということです。

それなのに、今さらこんなことを言うのもアレですが、

雨の日は無理にお墓参りをしなくてもよい

ですからね。

たとえその日が故人の命日でも、お墓参りが数日程度遅れるくらいなら何の問題もありません。

まぁ、年に一度その日しかお墓参りができない、みたいな場合だったら雨でもお墓参りをした方がいいですけどね。

とはいえ、故人の命日にお墓参りができないからといって、故人が怒ることはありませんよ。

仏様の世界におられる方々は、そんなに小さなことにはこだわりませんから。

だから、天候が悪ければ、安全面を考えて後日に延期するというのもアリです。

もしかすると、雨に濡れて風邪をひいてしまう可能性もありますからね。

とはいえ、あなたはきっと「雨が降っていても、やっぱりお墓参りをしておきたいな。」と思っているんですよね?

そのように思っているのなら、ぜひともお墓参りをしてください。

雨の中わざわざお参りをしてくれているあなたに対して、ご先祖様や亡きご家族はきっと喜んでいらっしゃるはずです。

ただ、もしも体調がすぐれない場合などは、雨の日には無理をしてお墓参りをしないようにしてくださいね。

まとめ:雨の日でもお墓参りをして問題ない。でも、注意点は守ってください。

お墓参りは、あなたの都合の良いタイミングで行けばいいと思いますよ。

たとえ、それが『雨』が降っているような日でも、あなたがお墓参りをしたいんだったら行くべきです。

本来なら毎日のようにお寺へ行き、本堂のご本尊様に手を合わせて、そしてお墓参りをするものなんです。

毎日のようにお墓参りをしてれば、そりゃあ雨が降る時だって当然ありますよね。

というか、実際のところ毎日お墓参りなんてできませんし、それはお墓と家が近くにあるのが普通だった時代の話。

現代では、命日、法事、お盆、お彼岸のような【仏事の節目や行事】の時だけお墓参りをする人が大多数。

そうすると、お墓参りに行こうとしていた日に雨が降ることも十分にあり得ることなんです。

雨が降ったらお墓参りはダメなんてことはありません。

雨でも晴れでも同じです、

お墓参りに天気の良し悪しは一切関係ありません

から。

お墓参りに行こうと思ったのなら、天候の良し悪しに関係なくお参りをしてください。

ただし、雨の時のお墓参りはケガをしないように普段よりも慎重にお願いしますね。

そして、雨のお墓参りの時には相応の格好や準備をしておいてください。

ご先祖様も、雨の降る中あなたがわざわざお墓参りに来てくれたことをきっと喜んでいると思いますよ。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >