お墓

お墓参りで【お酒】を供える時の注意点。

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • お墓参りをする時に、故人が好きだった【お酒】を供えたい。
  • お墓に【お酒】を供える時の注意点は何だろう?

※この記事では、日本酒だけに限らず、ビール・焼酎など全てのアルコールを【お酒】と表現しています。

キヨシさん
キヨシさん
お酒が好きだった故人のために、お墓にお酒を供えてもいいんだろうか?

未熟僧
未熟僧
ん~、あまり好ましくはないですねぇ。

でも、ちゃんと注意点を守っていれば供えてもいいかと思います。

お墓参りをする時には、お線香やお花だけではなく『故人が好きだったもの』も一緒にお供えしますよね?

僕がいる寺では、お墓に【お酒】を供えてお参りをしている人がたくさんおられます。

この記事を読みに来てくれたということは、あなたもお墓にお酒を供えようとお考えなんですよね?

お墓にお酒を供えることは・・・まぁあまり好ましくはありませんが一応は大丈夫です。

しかし、お水を供えるのとは違って、

お酒を供える時の注意点がある

ことを覚えておいてくださいね。

この記事では、

  1. お墓にお酒を供えることの可否
  2. お墓でお酒を供える時の注意点

について詳しく解説しています。

お墓にお酒を供える時には必ず役立つ情報となっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそも、お墓に【お酒】を供えてもいいの?

お墓参りで【お酒】を供えるという人は多いです。

特に『故人はお酒が好きだった』という場合だと、家族としても「お酒を供えてあげたいな。」と思いますよね?

そう思う一方で「お墓にお酒を供えてもいいのかな?」という疑問も出てくるわけですね。

【お墓にお酒を供えてもよいかどうか】ということに関しては、

あまり好ましくはないが、一応は大丈夫

という答えになります。

じつは、亡くなった人というのは、あの世(仏様の世界)で修行をしているのです。

そして、修行をする上で『お酒を飲んではいけない』という決まり事があるんですよね。

つまり、お墓にお酒を供えるということは、

  • お酒を飲まずに頑張って修行をしている故人に対して、お酒をすすめているようなもの

なんですよね。

でも、多くの人はそれを知りませんから、故人のためにと思って、

「ほら、おじいちゃんの好きだったお酒だよ、どうぞ♪」

みたいなカンジで供えます。

しかし、故人としては目の前に大好きなお酒があっても、それを飲んじゃいけないんです。

せっかく家族が供えてくれたお酒なのに、飲みたくても飲めないんですよ、う~ん・・・ツラい。

そして、家族の方も、故人が好きだったお酒を供えることが【かえって故人を苦しめてしまう可能性がある】なんて想像もしないわけです。

これってとても残念な話ですよね。

ですから、お墓にお酒を供えるというのは、お坊さんの僕としては「う〜ん・・・」ってカンジなんですよ。

とはいえ、です。

家族としては【故人に喜んでもらいたい】という気持ちでお酒を供えるわけです。

なぜ故人に喜んでもらいたいのでしょう?

きっと、

  • 生前にとても可愛がってもらった
  • 生前にいろいろとお世話になった
  • 自分を産んでくれた親だから

といったように、【故人に対して感謝をしている】から喜んでもらいたいんですよね?

この『感謝の気持ち』というのが仏教ではメチャクチャ重要なんですよね。

だから、その『感謝の気持ち』を伝える方法の1つとしてお酒を供えているなら、「まぁ・・・いいかなぁ。」って思うところもあります。

それに、【お酒は絶対に供えちゃダメ!】なんていう決まりもないんですよね。

ですから、供えたお酒を故人が飲むかどうかは別として、お墓にお酒を供えても一応は大丈夫です。

お墓参りでお酒を供える時の注意点

当たり前ですが、お酒はお水は成分がまったく違います。

ですから、お酒の場合は【供える時の注意点】があるんです。

注意点の中には、あなただけではなく他のお墓にも関係することもありますので十分に気をつけましょうね。

それでは、お酒を供える時の注意点について順番に紹介します。

缶やビンのフタなどを開けて供える

お酒というのは、

  • ビン
  • 紙パック

などに入って販売されています。

ですから、購入したお酒をお墓へ供える時には、

缶やビンのフタなどを開けて供える

といいですね。

買ってきたお酒を飲む時には、フタを開けないと飲めないですよね?

だから、お酒を供える時にはフタを開けましょう。

また、故人が修行のために【お酒を飲まない】にしても、ちゃんとフタを開けることで、せめて『お酒の香り』くらいは楽しんでいただくようにしましょう。

・・・それだと余計にツラいですかね?

ちなみに、仏様というのは線香や焼香といった【お香】から出る『香り』を食べると言われています。

これを『香食(こうじき)』といいます。

だから、もしかすると、お酒から出ている匂いを嗅ぐだけでも故人は喜んでくれるかもしれませんね。

【関連記事】:お香(こう)を供える意味とは?焼香の手順や線香の供え方も紹介します

できれば別の容器に注いで供える

あなたは自宅で缶ビールを飲む時に、

  1. 缶のまま飲む
  2. グラスなど別の容器に注いで飲む

では、どちらの方が美味しく感じますか?

たぶん、【②番:グラスなど別の容器に注いで飲む】ではないでしょうか?

特にビールの場合は『泡』にこだわりがある人ほど、別の容器に注ぐことでしょう。

というわけで、せっかくお酒を供えるなら、それを故人にもしてあげてください。

お酒を供える時には、

できれば別の容器に注いで供える

ようにしてあげましょう。

ビンや缶のフタを開けたまま供えるのでもイイんですけど、さらに丁寧に供えるのなら『別の容器』に注ぎましょう。

そして、お酒を注ぐ容器は『生前に故人が使っていたもの』がベストです。

故人の使い慣れた容器で、できるだけ【美味しいもの】を供えてあげてくださいね。

お参りが終わったら、お酒を砂利か土にまく

大事なことですが、供えたお酒をそのままにして帰ってはダメですよ。

お墓参りが終わったら、供えたお酒を何らかの方法で処分しなくてはいけません。

さて、どうやってお酒を処分しましょうか?

えっ?あなたが故人の代わりにその場で飲む?

べつにそれでもイイですけど、そのままお墓の前で宴会を始めちゃダメですよ。

それに、車で行っていたなら飲酒は絶対にダメですしね。

まぁ、現実的な方法としては、

砂利か土にまく

でしょうね。

フタを開けたお酒をそのまま持って帰るのは大変ですから、できればその場で中身を処分したいところです。

なので、大量のお酒を毎日のようにまいてしまうとダメですけど、たまに行く程度であれば地面にまいてしまっても問題はありません。

もちろん、自分の家の墓地内にまくんですからね。

仮に、墓地内に砂利や土がない場合は、通路の脇などにある土にまくのでもいいでしょう。

ただし、近くに植木などが植えられている場合はお酒をまいてはいけませんよ、下手をするとアルコールによって枯れてしまいますので。

絶対に他の家の墓石にかからないようにする

お酒を地面にまく時に注意してほしいことがあります。

それは、

絶対に他の家の墓石にかからないようにする

ということです。

これは、自分の家の墓地に砂利や土がなく、通路の脇の土にまく時に注意が必要です。

土の上にお酒をドボドボまいていると、それがはねて他の家の墓石にかかってしまうことがあります。

泥とお酒が混ざったものが、他の家の墓石にベットリ付着してしまうんです。

もしもそれをその家の人が見たら当然起こりますし、必ずトラブルになりますよ。

ですから、土にお酒をまく時には、そ~っとまくようにしましょう。

お酒は絶対にお墓へ直接かけない

お墓にお酒を供える時のとても大事な注意点があります。

それは、

お酒は絶対にお墓へ直接かけない

ということです。

たまに、【お墓の上からお酒をかけている】人がいるんですよ。

これは絶対にヤメてくださいね。

お酒には【糖分】が入っています。

それをお墓にかけてしまったら、まずお墓がベトベトになります。

それをちゃんと完璧に拭き取ることができればイイですけど、きっとある程度は残ってしまいます。

そうすると、お墓に残った【糖分】のせいでアリなどの虫が寄ってくるんですよ。

それだけではありませんよ、お墓の細かい傷や穴からお酒が入り込んで、そこが変色したり、最悪の場合はそこの部分の劣化が進むのです。

大事なお墓なのに、いつも虫がたくさんいて、しかも変色したり一部が傷んでいるのですよ。

それではあまりにも故人やご先祖様に対して申し訳がたちませんよね?

ですから、お墓には絶対に直接お酒をかけないようにしましょう。

空になった缶やビンは、できるだけ持ち帰って処分する

お墓参りが終わったら、先ほど紹介したようなカンジで中身をちゃんと処分してください。

じゃあ、あとは【空になった缶やビン】をどうするか、ですよね?

これに関しては『マナー』の問題かと思います。

僕としては、

空になった缶やビンは、できるだけ持ち帰って処分する

のがイイと考えています。

お寺や霊園には必ず『缶・ビン』用のゴミ箱があります。

これはもちろん、お墓参りに来た人が飲んだ後の缶やビンを捨てるためにあるのです。

基本的には『お供物』を捨てるためのゴミ箱ではありません。

お墓参りの原則として、花や線香以外の『お供物』は自宅に持ち帰るんですよね。

ですから、お墓にお酒を供えるのなら、最後はそれを自宅に持ち帰って処分しなきゃいけないんです。

それなのに、持ち帰るのが面倒くさいからといって、お寺や霊園にある『缶・ビン』用のゴミ箱に捨ててしまうのはいかがなものでしょうね?

まとめ:お墓にお酒を供える時は注意点を守りましょう

お墓参りの時に【お酒】を供えるという人は多いです。

お墓にお酒を供えることは、本来であればあまり好ましい事ではないと思います。

あの世での仏道修行において『お酒を飲んではいけない』という決まりごとがあるからです。

しかし、家族としては「故人が好きだったお酒を供えてあげたい。」という気持ちもあるわけで、その気持ちも尊重されるべきものではあります。

ですから、実際に故人が供えたお酒を召し上がるかどうかは別にして、【家族の気持ち】が込められた『お供物』としてお墓へ供えてもよいでしょう。

また、お酒を供えるには、

  • 缶やビンのフタなどを開けて供える
  • できれば別の容器に注いで供える
  • お参りが終わったら、お酒を砂利か土にまく
  • 絶対に他の家の墓石にかからないようにする
  • 空になった缶やビンは、できるだけ持ち帰って処分する
  • お酒は絶対にお墓へ直接かけない

といった注意点があることを知っておきましょう。

お墓参りでは、ご先祖様や故人に対して【感謝の気持ち】を示すことが大事です。

あなたにとって【感謝の気持ち】を示すことの1つが『お酒を供えること』であれば、注意点を守ってお供えしてあげましょう。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >