お墓の疑問

お墓へ供える花は【菊】が無難である理由。逆に、適さない花はどんな花?

この記事はこんな人に向けて書いています
  • お墓に供えるお花なんて、べつに何でもいいんじゃないの?
  • なぜお墓に供えるお花は【菊】が多いんだろう?
  • お墓に供えちゃいけないお花って、どんなお花なの?
  • 結局は、お墓にはどんなお花を供えればいいの?

お墓に供えるお花って、どんなお花を選べばいいのか迷いますよね?

お花の種類は本当にたくさんあるので、

  • 故人が好きだったお花
  • 色鮮やかなキレイなお花
  • とても良い香りのするお花

など、どれにすればいいのかと考えれば考えるほど分からなくなります。

それなのに、誰かに、

お墓に供えちゃいけないお花もあるんだよ。

なんて言われてしまうと、どのお花を選んでも失敗してるんじゃないかって気分になります。

この記事では、お坊さん歴20年以上の僕が、

  • お墓に供えるお花は【菊】が無難である理由
  • お墓に供えるのには適さないお花
  • お墓にはどんなお花を供えればいいのか

について詳しく書いています。

もう『お墓にどんなお花を供えればいいんだろう?』なんていう悩みからは解放されますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

お墓に供えるお花は何がいいの?

あなたは、お墓に供えるお花を普段どのように買っていますか?

スーパーなどで最初から『仏花』として売られているものをそのまま買っていますか?

この記事を読んでいるあなたは、そんなことはしないでしょうね。

たぶん、お墓参りのたびにお花屋さんに行って、

今日はどんなお花があるのかな?ん〜どれがいいかなぁ。

って、毎回お花を選んで買っていますよね?

あなたはきっと、ご先祖様のことを大切に考えてくれているんですね。

だから、毎回ちゃんとお花を自分で選ぶんです。

でも、自分で選ぶからこそ「どんなお花を供えた方がいいのか?」と悩んでしまうんですよね?

お墓参りでお花を供えることはとても大事なこと。

しかし、お墓参りの目的は【お花を供えること】ではありませんよ。

お墓参りの主な目的は、

お墓を通じてご先祖様と繋がり、日頃の感謝の気持ちをお伝えすること

です。

だから、お花のことばかりを考えないでほしいわけです。

ということで、お墓に供えるお花はどんなモノがいいのか、それをこの際ハッキリと伝えておきましょう。

お墓に供えるお花は『菊』が無難である理由

では、まず結論から。

お墓へ供えるお花は、

【菊(きく)】

が無難です。

ん?何ですか?

あれっ、もしかして今「なんだ、それじゃ普通じゃんか。」って思いました?

うん、そうですね、たしかにメッチャ普通かも。

じゃあ、「なぜ【菊】が普通なの?」ってぼくが問いかけたら、あなたはどう答えますか?

お墓参りで菊を供えるのが無難であることには、それなりに理由があるんです。

菊は『最高の権威』の象徴

あなたは、天皇家の紋章が『菊』であることをご存じですか?

これは、後鳥羽上皇が【菊が大好き】だったことが由来なんだそうですよ。

後鳥羽上皇は、それはまぁ《超》が付くほど菊が大好きでした。

あまりに【菊LOVE】すぎて、身の回りにあるいろんな物に【菊】の絵を入れさせました。

後鳥羽上皇といえば、日本史が大嫌いな僕でさえ聞き覚えがあるくらい歴史上の偉大な人物。

そんな偉大な人物が愛した菊だからということで、次の天皇の代でもそのまま【菊】をとても大事にしていました。

それが、同じように次の代、そしてそのまた次の代、と脈々と受け継がれていきました。

つまり、後鳥羽上皇の菊好きが、後の代にまで受け継がれ続けて、結局そのまま天皇家の紋章として残っているんです。

このようなことからも、菊は、

『最高の権威』の象徴

とされているんです。

ちなみに、菊の原産国は中国ですが、やはり【権力・尊厳・崇高】の象徴として考えられている花です。

私たちが今ここにこうやって生きているのは、ご先祖様達がいてくれたからです。

もしもご先祖様達の中で誰か一人だけでも欠けていたら、今の自分は存在していません。

あなたは今まで人生を過ごしてきて「生きていくって大変だな・・・。」と思ったことはないですか?

ご先祖様達もきっと同じ気持ちだったはずですよ。

それでもご先祖様達が一生懸命に生き抜いてくれたから、自分が今ここにいさせてもらえるわけですよね。

だったら、そんなご先祖様達には『最高の敬意』をはらわなきゃダメだと思いませんか?

つまり、ご先祖様達を『最高の権威』として考えるべきなんです。

だから、お墓にはできる限り【最高の権威の象徴】である菊を供えるということなんですね。

菊は長持ちする

お墓に菊を供える理由は、ご先祖様に対して『最高の敬意』をはらう、ということだけではありません。

じつは、『実用的』な理由もあるんですよね。

あなたも聞いたことがあるかもしれませんが、

菊は他の花よりも【長持ち】する

と言われます。

たしかに、お墓に供えた菊を数日経ってからもう一度見ると、他の花に比べてキレイに残ってます。

お花はできるだけ長待ちしてもらいたいですよね。

ご先祖様にお供えするモノだから、可能な限り【美しい状態】であってもらいたい。

でも、お花は【生き物】です。

残念ながら、ずっと美しいままではいてくれません。

数日もすれば、花の頭が垂れて、色は黄色く変色し、独特の異臭を放ち始めます。

とくに夏はそれがメチャクチャ早くなります。

しかし、菊であれば他の花よりも長持ちするんですから、そりゃあみんな菊を供えるに決まってますよ。

しかも、それだけではありません。

菊は、散った花びらが墓石にベットリと着くこともないんですよね。

他の花の場合、落ちた花びらが花筒に付着したまま乾いてしまうと、次に来た時の掃除がメッチャ面倒。

けっこうしっかりと花筒をこすらないと汚れが落ちないんで、かなりイライラしますよ。

菊だったらそんな面倒な思いをしなくていいのですから、お墓に供える花に菊を選ばない理由がないんですよね。

菊は種類や色が豊富

菊がよく供えられるのには、他にもまだ理由があります。

それは、菊には、

種類や色が豊富にある

からです。

じつは、菊は『切り花』としての生産量が日本一なんです!

菊の花は、昔からある『和菊』はもちろんですが、近年では『洋菊』もたくさん生産されるようになりました。

これによって、お墓に供える花としてのバリエーションがさらに増えました。

最近お墓に供えられたお花を見ていると、洋菊が多くなったからでしょうね、以前のような【いかにも仏花】というようなモノが少なくなってます。

とても色鮮やかで、まるで贈り物の花束みたいなんですよ、ほんと。

でも、そうやって種類が増えたからこそ、逆にいろいろと迷ってしまうんですけどね・・・。

菊が仏花として最適なのはお分かりいただけたと思いますが、では、その菊をどのように供えればいいのでしょうか?

まずは、【色】について。

お墓に供える菊(他のお花でも同じ)は、最低でも3色はほしいところですね。

べつに1色だけでも問題はないですよ、ただねぇ、それって・・・なんか、つまんない。

じゃあ2色は?

1色よりはずっとマシ、でもねぇ、やっぱり・・・つまんない。

だから、せめて3色は使いましょうよ、ねっ?

仏教において、『3』とか『5』とか『7』っていうのは非常に重要な意味があるんですよ。

せっかくの仏花なんだから、少なくとも『3』という数には絡ませたい!

というわけで、お墓に供えるお花は【最低でも3色使う】ようにしてください。

そして、その3色の中には、

【白い菊】

をぜひとも入れてもらいたい!

なぜなら、『蘇悉地羯羅経(そしつじからきょう)』というお経の中の『供養花品(くようかぼん)』というパートの中に、

『仏には【白い花】を供えよ』

と書いてあるんですよね。

ですから、本来、仏様には【白い花】を供えるものなんですよ。

お葬式の祭壇を思い出してみてください。

祭壇にはほとんど【白い花】が飾られていたんじゃないですか?

だから、3色のうちの一つは【白】を入れて!お願い!

えっ?どうしました?もっといろんな色を入れたい?

なるほど、3色くらいじゃ『つまんない』と。

では、せっかくなので『5色』使ってください。

さらに理想を言えば、

  1. 赤(ピンクで代用)
  2. 青(または緑)
  3. 黒(紫で代用)

の5色にしてもらえると、もう最高!完璧!!

なぜこの5色がいいかというと、それぞれの色に仏教的な意味があるからです。

仏教では、

  • 【白】お釈迦様の歯の色
  • 【赤】お釈迦様の血液の色
  • 【黄】お釈迦様の肌の色
  • 【青】お釈迦様の頭髪の色
  • 【黒】お釈迦様の着ている衣の色

と考えているんです。

【赤】はお釈迦様の血液の色とされているものなので、あまり真っ赤だとリアルすぎます。

それよりも【ピンク】くらいの色で代用した方が優しい色合いになってイイですよ。

また、【黒】はお釈迦様の着ている衣の色とされていますが、そもそも真っ黒な花自体が少ないでしょうし、同じ暗めの色なら【紫】で代用するのがいいです。

ということで、供えるお花を色彩豊かにしようと思ったら、【白・ピンク・黄・青・紫】の5色を意識してみてください。

わかっている人が見たら「おっ、ここの家の人はちゃんと知ってるねぇ。」と思うことでしょう。

次に、菊の【種類】について。

お墓に供える菊の種類に関しては、

一切制限は無し

です。

すみません、わざわざ「次に、菊の【種類】について。」なんて言っておきながら、種類の制限とかは特に無いんです。

和菊でもよし、洋菊でもよし、ダメなものはありません。

本当に種類がたくさんありますので、いろんな菊を組み合わせてみてください。

お花屋さんにあなたが選んだお花で仏花を作ってもらったら、あとは心を込めてお墓へ供えるだけです。

菊には【邪気を払うチカラ】があると言われている

じつは、昔から、

菊には【邪気を払うチカラ】がある

と言われているのです。

つまり、お墓に菊を供えることによって墓地全体の邪気を払う、ということです。

菊に【邪気を払うチカラ】があると言われる理由を簡単に説明しますね。

毎年9月9日には、

重陽(ちょうよう)の節句

といって、菊の香りを移した『菊酒』を飲んで、邪気を払い長寿を祈願するという風習があるんですよね。

なぜ、9月9日にそのような菊にちなんだ風習があるのでしょうか?

昔の中国の考え方ですが、

  • 奇数=縁起がよい数=陽数
  • 偶数=縁起が悪い数=陰数
  •  

とされていました。

9月9日というのは、1番大きい陽数である【9】という数字が2つ重なる日です。

なので、9月9日はとても縁起のよい日とされていました。

そして、昔の9月9日というのは、現在の《10月中旬頃》になります。

この《10月中旬頃》にキレイな花を咲かせるのが【菊】です。

ですから、とても縁起の良い時期に咲いている【菊】には、邪気を払う効果があるとされたのです。

というわけで、お墓にお花を供えるなら、せっかくなので縁起の良いお花である菊を優先的にお供えしてくださいね。

お墓へ供えるのには適さないお花

お墓に供える花には【菊】が適しています。

そうはいっても、やっぱり【菊以外の花】を供えたいという人だって多いはず。

そうすると、

菊が適しているのなら、反対に【適さない花】って何なの?

って思いますよね?

仏様に供える花については、先ほども登場しましたが、『蘇悉地羯羅経(そしつじからきょう)』の中の『供養花品(くようかぼん)』というお経の中に、ある程度の基準が書かれているんです。

その中には、仏様に供えるには【適さない花】の定義が書かれています。

例えば、

  • 棘(とげ)のある樹から生える花はダメ
  • 香りの強い花はダメ
  • 味が苦い花はダメ

といったものです。

棘(とげ)のある花・毒の成分がある花

お墓へ供える花に関しては、まずダメなのが、

棘(とげ)のある樹から生える花

です。

棘のある花といえば、代表的なのは、そうです、『バラ』ですね。

バラっていい香りがしますし、見た目も優雅な感じがするので、ご先祖様にもお供えしたくなりますよね?

ダメですよ、供えちゃ。

バラの花をお墓へ供えるのは、ヤメておきましょう。

なぜ、棘がある花はダメなんでしょう?

あなたもお察しのとおり、『先の鋭く尖ったものを仏様に向けてはいけない』ということですね。

まぁ、これは私たちだって同じですよね。

棘のあるものを何にも包まずにそのまま誰かに渡したら、その人は怒ります。

というか、ある意味『攻撃する』のと同じですよね?

ですから、当然ながら仏様に対しても棘のあるものを供えてはいけません。

それに、バラに棘があるのは、動物などから身を守るためです。

つまり、先の鋭く尖ったものを身にまとい、近寄るものを『拒絶』しているのです。

それをお墓に供えるというのは、ご先祖様達を含むいろんな仏様からのご利益や恵みを拒絶することになってしまいます。

なので、【棘のある樹から生える花】を供えるのはヤメましょう。

・・・と言っているお坊さんは多いです。

でも、僕は、

棘を除去すればOK

だと思いますよ。

だって、要するに仏様に尖ったものを向けなければいいんでしょ?

だったら、尖ったものが無い状態にしちゃえば、お墓に供えても問題ないわけですよ。

それに、もしも故人が【バラが大好き】な人だったら、ぜひお墓に供えてあげたいですよね?

だから、棘のあるお花をお墓に供えたいなら、棘を除去してから供えてあげてください。

そして、次に、

毒の成分のある花

も好ましくないですね。

有名なところでは、例えば、

  • 彼岸花
  • 水仙
  • トリカブト

などが毒の成分を持つ花です。

この中でも『彼岸花』なんて、名前からしてお墓へ供えるには最適みたいなカンジがするんですけど、そうじゃないんですよね。

ただ彼岸の時期に咲くから『彼岸花』というだけで、その根っこにはしっかりと毒があるんです。

水仙も愛らしい花を咲かせるんで、仏様にも見せてあげたいところですが、やっぱり根っこの部分に毒がたくさん。

そして、殺人事件にも使用されていたトリカブト、こちらはマジで危険な猛毒が同じく根っこを中心に含まれています、鮮やかな紫色が逆に怖い。

毒のある花を供えてはいけない理由は、そのままですよ、『仏様に毒を供えること』と同じだからです。

ということで、【毒の成分のある花】を供えるのはヤメましょう。

香りの強いお花

お墓に供えるお花選びの意外な盲点となるのが、

香りの強い花はダメ

ということです。

お花といえば、見た目の美しさはもちろんですけど、その『香り』も魅力のうちの一つですよね。

でも、それも度が過ぎるとダメだよ、ということなんですよね。

仏様に供えるものは【程よいもの】にしなきゃいけないわけです。

ただですねぇ、ぼくはこの基準がイマイチよくわからない。

だって「香りが強いって、どれくらいの強さなんだよ?」って思わないですか?

半日くらい鼻から香りが取れないレベル?

目にしみるくらい強烈な香りとか?

基準があいまい過ぎて全然わからん!

だから、僕は、

基準がわかりにくいから、もう『香りの強い花』でもOK!

って思います。

あっ、もしかすると【百合(ゆり)】なんかは香りが強いかもしれませんね。

以前に、百合の花束を室内に置いていたら、香りが部屋中に充満してちょっと気持ち悪くなりましたからね。

僕は、そのせいで少し百合が苦手になりました。

ちなみに、百合は『香り』だけではなくて、

  • 花粉が付着するとタチが悪い

ので要注意です。

あのオレンジ色の花粉が衣服に着くと大変ですよ。

着いた花粉が洗濯しても全然落ちないですからね、マジで注意してくださいよ。

僕は百合の花粉のせいでシャツをいくつかダメにしてしまいました。

ただ、百合の花はお供え用としてもよく使われます。

だから、百合をお墓へ供えるのなら、花粉が着かないように十分に注意するか、あるいは、お花を購入する段階でお花屋さんに花粉に部分を除去しておいてもらうといいですよ。

味が苦い花はダメ

じつは、お墓へお供えする時に、

味が苦い花はダメ

というのもあるのです。

棘、香り、に続いて今度は【味】です。

苦い味のする植物は、私たち人間にとっては【あまり好まないもの】です。

それをわざわざ仏様に供えなくてもいいんじゃない?ってことですね。

味が苦い花といえば、例えば『センブリ』あたりでしょうか?

花自体はキレイなんですけどね、味だけでいうと、ご勘弁願いたくなります。

しかし、苦い味と言われても、供える前にいちいち味見するわけにもいきません。

それに、下手をすると有毒な成分を口にしてしまうかもしれないので、自分の舌で味を確かめない方がいいですよ。

まぁ、味に関してはお花を選ぶ時にはあまり気にしなくていいですよ。

どうしても気になるなら、事前にどの花がどんな味がするのかを調べておいて、花を選ぶときにはソレを外すしかないですね。

お花を2束供えるなら、左右とも同じお花を供える。

ここまで、どんなお花を供えればいいかを解説してきました。

でも、せっかく供えるお花を選んでも、『お花の供え方』が雑だと台無しになってしまいますよ。

まず、お墓へお花を供えるときは、基本的には2束(左右に1束ずつ)を供えます。

このとき、この2束のお花は、同じ種類花を同じ数だけ供えるようにしましょう。

いろんな種類のお花を供えたいからといって、左右で全然違う種類のお花を供えてしまってはいけません。

左右で種類が違うと、統一感がないので、まるで『適当に供えた』ように見えてしまうのです。

また、2束の長さ(高さ)をちゃんと左右で揃えるようにしてください。

せっかく左右でお花の種類を揃えても、左右の長さがバラバラだと見栄えが悪いですし、『義務的に供えた』ように見えてしまいます。

とはいえ、お花の長さの微妙な調整というのは手ではなかなかできませんので、ちゃんと『剪定ばさみ』を持って行ってくださいね。

【関連記事】:お墓参りには剪定(せんてい)ばさみを持って行こう!剪定ばさみの選び方

まとめ:お墓に供えるお花は菊が無難。お花を選ぶことよりも大切なのは、ご先祖様への感謝の気持ち、ですよ。

お墓に供えるお花には一定の約束事はあるんですが、基本的には【自由】ですよ。

でも、【自由】と言われると余計に悩んじゃいますよね。

だから、結局は『お墓に供えるお花はコレが一番いいよ』という明確な答えが欲しくなると思います。

ということで、お坊さんであるぼくが答えます。

お墓に供えるお花は、悩むくらいなら、

『菊』

にしておきましょう、その方が無難。

さらに言えば、できるだけ、

『白菊』

を多めに供えておけば間違いはありません。

菊は昔から、

  • 高貴な花とされている
  • 花びらが落ちにくい
  • 入手しやすい

といったことで仏様へよくお供えされます。

そして、仏様へ供えるお花の色は『白』がよいとされています。

だから、何のお花を供えていいのかわからなかったら、『白菊』を主にして三色の菊でお花を束ねてもらえば、もうそれで必要最低限はOK!

もちろん、故人の好きだった花を入れてもいいですよ。

ただし、その場合は、

  1. 棘のある樹から生える花
  2. 香りの強い花
  3. 味が苦い花

を入れないようにするといいですよ、一応ね。

こんなことを言うのもアレですが、お墓参りで大事なことは【どんなお花を供えるか】じゃないんですよ。

お花を供えることよりも【ご先祖様にちゃんと日頃の感謝の気持ちを伝えること】の方がずっと大事なんだから。

あっ、ぼくはべつに「お花なんか適当でいいじゃん♪」と言ってるわけじゃないですからね。

お墓にお花を供えることは大事なことだけれども、お墓参りの目的はソコじゃないよってこと。

この記事を読んだあなたは、もう『どんなお花を供えればいいのか』という悩みは解消されていますよね?

だから、次からのお墓参りでは、あなたの意識を【お花】ではなく【ご先祖様】の方だけに向けてくださいね。

これからのあなたのお墓参りがより良いものになることを願っています♪

『未熟僧ブログ』トップページを見る >