仏事全般

お香(こう)を供える意味とは?焼香の作法や線香の供え方も紹介します

この記事はこんな人に向けて書いています
  • お香を供える意味って何?
  • 正しい線香の供え方を知っておきたい
  • 焼香をするときの回数や作法がよく分からない。

お葬式や法事のときに必ず行う『焼香』

そして、お墓やお仏壇に供える『お線香』

この2つに共通しているのは、

お香(こう)を供えている

ということです。

仏事では、みんな当たり前のように焼香やお線香を供えています。

でも、その意味をちゃんと理解している人は多くありません。

お香を供えることにはどのような意味があるのでしょうか?

この記事では、お坊さん歴20年以上の僕が、

  • お香を供えることの意味
  • 焼香の作法
  • お線香の供え方

について解説しています。

お香を供える意味を知っていると、焼香やお参りの質がグッと上がります。

この記事を読めば、お香について誰かに質問されても一通り説明できるくらいには詳しくなれますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

お香を供える意味

お香を燃やすと、周辺によい香りが広がります。

お香の香りは、原材料となる木の種類によってまったく違いますし、お線香の場合は【バラ】や【ラベンダー】などの香りを意図的に加えていたりもします。

いつも同じ香りのモノでもかまいませんが、たまには他のモノに替えてみるのもイイかもしれませんね。

そんなお香から出てくる【香り】ですが、じつは非常に重要な意味があるんです。

お香から出る【香り】は仏様の食べ物

お香の香りを楽しんでいるのは私たちだけではないんです。

じつは、お香を燃やしたときに出る【香り】は、

仏様の食べ物

になると言われています。

ちなみに、これを仏教では、

香食(こうじき)

と呼んでいます。

つまり、焼香をしたり、お墓や仏壇へお線香を供えることは、

亡くなった人や仏様に、お食事をしてもらう

という意味があるのです。

ですから、お墓や仏壇でお線香を供えている所を【香炉(こうろ)】といいますが、この部分は亡くなった人や仏様の『お口』と同じと考えていいでしょう。

香炉は線香の燃え残った灰ですぐに汚れてしまうので、こまめに掃除をしてください。

これは、私たちが日頃している【歯みがき】みたいなカンジですね。

【香り】でニオイ消し

あなたもご存じのように、仏教の発祥地であるインドは暑い国です。

それはお釈迦様のいらした時代も同じです。

ですから、お釈迦様は、陽射しの強い屋外よりも【日陰のある涼しい場所】とか【雨風をしのげる部屋の中】で教えを説いたのです。

でも、部屋の中に人が集まると、どうしてもニオイがこもってしまいます。

そして、たぶんそれは、体臭というか、良いニオイではなかったはず。

当時はクーラーの効いた部屋なんてありませんから、なおさらですよね。

そこで、お香をたくことによって、その場のニオイをごまかしたのです。

当時のお香というのは、いわゆる【芳香剤】の代わりだったんですね。

【香り】は《清める》ためのもの

僕たちお坊さんは、法要を始める前に『塗香(ずこう)』というお香を体に塗ります。(※宗派によっては塗らないかもしれません。)

これは、お香を身体に塗ることで、自分の身体を清めているんです。

じつは、お香には、穢(けが)れを落として浄化させる力があると考えられています。

ありがたい仏様の前でお経を読んだり、いろんな作法をするにあたり、まずはお坊さんが自分自身を清めなければなりません。

他にも、法要で使う仏具や経本なんかも、お香の香りに触れさせて清めています。

法要のある日は、前もって本堂でお香を焚いておき、本堂全体を先に清めておきます。

お香の香りは、空間やモノだけではなく、私たちの心も清めてくれます。

みなさんもお香の匂いを嗅ぐと、何となく気持ちが落ち着いて、心が洗われるような気になりませんか?

それは、お香の匂いや煙が、少し時間がたつとスッと消えて無くなるように、私たちの穢れを洗い落とし、身も心も清めているからです。

焼香の回数と作法

お葬式や法事に参列すると、式中に必ず『焼香』をします。

僕が信者さんからよく尋ねられる質問は、

お焼香は何回すればいいのですか?

というものです。

じつは、焼香というのは本来、

回数に決まりはない

のです。

回数に決まりはないはずなのですが、【◯◯宗では◯回】で【△△宗では△回】といったように、いつの間にか宗派による回数の違いが出てきてしまいました。

ですから、一応は宗派のやり方に合わせないといけないので、その法要がどの宗派で執り行われるのかを確認した方が無難です。

ちなみに、主な宗派での焼香の回数は以下のようなカンジです。

  • 【浄土宗】  1~3回
  • 【浄土真宗(本願寺派)】  1回
  • 【浄土真宗(大谷派)】  2回
  • 【天台宗】  3回
  • 【真言宗】  3回
  • 【臨済宗】  1回
  • 【曹洞宗】  2回
  • 【日蓮宗】  1~3回

ただし、お葬式のときは焼香の回数は状況に応じて変えることも多いので注意してください。

お葬式の場合は、参列者の人数が多ければ、1人あたりの焼香の回数を制限することがあるんです。

ですから、あなたが法要の【施主】や【喪主】となる場合は、お坊さん(あるいは葬儀社の担当者)に焼香の回数を確認しておいた方がよいでしょう。

他の参列者は【あなたの焼香のやり方】を見て、それをそのまま真似します。

お葬式でも法事でも、焼香の作法の基準となるのは【最初の人=施主または喪主】なんです。

なので、あなたが喪主や施主となる場合は、ちゃんと焼香の作法や回数を事前に確認しておきましょう。

逆に、あなたが参列者の立場であれば、前の人にならって焼香をすればOKです。

そのときには、ちゃんと前の人の【焼香の回数】を見ておいてくださいね。

油断をして見逃すと他の人に迷惑をかけてしまうかもしれませんよ。

お葬式では、決められた時間内に全員の焼香が終わらなければいけないので、参列者が多い場合は「焼香は心をこめて1回だけ」ということがあります。

みんなが1回の焼香をしている中、もしあなたが3回の焼香をしたら、後の人もあなたと同じように3回してしまうかもしれません。

それが連鎖していくと、時間内に全員が焼香をできなくなるという悲劇がおこります。

なので、参列者として焼香をするときには、しっかりと前の人のやり方を見ていてくださいね。

また、お焼香をする時に【数珠】を忘れる人がとても多いので注意してください。

数珠を持つことには大事な意味があります。

ちなみに、数珠はちゃんと《自分だけの数珠》を買ってくださいね、他の家族の数珠を借りる人が多いのですが、それはヤメましょう。

その理由は『数珠とは何か?数珠を持つ意味と使い方(持ち方)を説明します。』の記事で詳しく解説していますので読んでみてください。

焼香の作法【お葬式編】

ここで、お葬式での焼香の作法を説明しておきますので参考にしてみてください。

焼香は、

  1. 喪主から焼香が始まります。続いて、遺族、親族、一般弔問客という順番で焼香が行われます。
  2. 自分の順番が近づいたら席を立ち、焼香の最後列に加わります。この時に数珠を忘れないように注意してください。
  3. 自分の順番が来たら、少しだけ焼香台の方へ歩み出て、まずは遺族に向かって礼をします。
  4. 次に、故人がおられる祭壇に向かって深く頭を下げます。
  5. 焼香台の手前まで進み、親指・人差し指・中指の三本の指で抹香(まっこう)を少しつまみます。
  6. 頭を少し下げ、つまんだ抹香を額の高さまで持ち上げます。これを『押しいただく』といいます。
  7. 抹香をゆっくりと静かに香炉へ落としたら、数珠を左手(または左腕)にかけて合掌します。
  8. 合掌が終わったら、そのまま1、2歩ほど後ろへ下がり、再び遺族に礼をします。
  9. あとは、自席へ戻ればOKです。

と、このようなカンジでやれば大丈夫です。

お線香の供え方

続いて『お線香』について、です。

少し前までは、法事を施主の自宅で行なうことが結構ありました。

その時に尋ねられたのが、

お線香の供え方

について、です。

たとえば、

  • 何本お供えするのか
  • お線香を『立てる』のか『寝かせる』のか
  • お線香は折ってもいいのか

という質問が多かったかなと思います。

それぞれ順番に解説していきます。

お線香は何本お供えすればいいのか

まずは、仏壇にお線香を供えることを想定して書きます。

お線香については、

お線香って、何本供えるのが正しいんですか?

とよく質問されます。

この質問の答えは、先ほどの【焼香】と同じ考え方なので、

『本数に決まりはない』

となります。

そして、やはり、各宗派の考え方によって供える本数が違います。

ちなみに、各宗派の数はこんなカンジです。※こちらも間違いがあったらご容赦ください。

  • 【浄土宗】  1~2本
  • 【浄土真宗(本願寺派)】  1本
  • 【浄土真宗(大谷派)】  1本
  • 【天台宗】  3本
  • 【真言宗】  3本
  • 【臨済宗】  1本
  • 【曹洞宗】  1本
  • 【日蓮宗】  1本

続いて、お墓参りの場合です。

お墓参りの場合は、お線香の本数は気にせず、

1束~2束を、その場にいる人数で分けて供える

というのでOKです。

お墓参り用の線香は、数十本の線香が1束にまとまった状態で販売されています。

それを、お墓参りをする人数で適当に分ければいいんです、いちいちお線香の本数なんか数えなくて大丈夫。

お線香の数は気にしなくてもいいのですが、供えるときの【向き】には注意をしてください。

お線香を寝かせて供える場合は、

お線香の火が着いている側を、自分からみて左側になるようにする

という作法があるので、覚えておくとよいでしょう。

仏壇に供える時は、お線香を【立てる】のか【寝かせる】のか

仏壇へお線香を供えるときには、お線香を【立てる】のか、それとも【寝かせる】のか、という疑問も出てきますよね。

お線香を立てるか寝かせるかについては、

どちらでもかまいません。

とはいえ、立てるか寝かせるかについては、これも宗派によって違ったり、お線香を供える『香炉』の大きさや形状によっても変わります。

私たちがよく目にするのは、香炉の口が《丸い形》のものだと思います。

このタイプの香炉は、お線香を『立てる』ことがほとんどです。

それで、よく聞かれるのが、

3本のお線香を立てる場合は、それぞれ1本ずつ離して立てるのですか?それとも3本を一つにまとめて立てるのですか?

ということです。

複数のお線香を供えるときに、【離す】のか【まとめる】のか、これもどちらでもOKです。

ただ、お線香を供える人が他にもいる場合は、まとめた方が後の人のジャマにならないので親切かな、とは思いますけどね。

ちなみに、口が《丸い形》の香炉は、大きめの香炉であれば、お線香を横に寝かせて供えても全く問題ありませんよ。

もしかすると、あなたの家の仏壇にある香炉は《長方形》でしょうか?

香炉が《長方形》の場合は、お線香を寝かせて供えてください。

《長方形》の香炉は、最初から寝かせることを前提に作られていますので。

お線香は折ってもいいのか

つい最近も尋ねられました、

香炉が少し小さいので、お線香を折って供えるのは仏様に失礼でしょうか?

って。

供えるお線香は、

折っても大丈夫です。

香炉が小さいと、お線香を立てて供えたときに燃えた灰が香炉の外に落ちてしまうことがあります。

また、供え方が悪いと、火の着いたお線香そのものが香炉の外に倒れてしまい、それが原因で火災が発生するケースもあります。

ですから、お線香を折って、それを立てて供えてもかまいません。

または、折ったお線香を香炉に寝かせてもかまいません。

先ほども言いましたが、お香の【香り】は仏様の食べ物ですから、仏様が食べやすいように【小分けにした】というふうに考えればいいんじゃないでしょうか。

ちなみに、浄土真宗ではお線香を『二つに折って横に寝かせる』という供え方があります。

また、他の宗派でもそうだと思いますが、お香を供えるときには、香炉の中の灰に溝を作り、その溝へ粉末のお香を流し込み、最後に左端に火を着けるのです。

まぁまぁ面倒くさい作業なのですが、僕の修行時代は毎回こうやってお香を供えていました。

お墓でも仏壇でもそうですが、お線香を横に寝かせて供えるのは、このような【本来のお香の供え方】が元になっているからです。

お線香は大きく分けて『匂い線香』と『杉線香』の2種類

お線香には一応の使い分けがあります。

お線香には大きく分けて、

  1. 仏壇に供える『匂い線香』
  2. お墓に供える『杉線香』

の2種類がありますので、使い分けるといいでしょう。

仏壇に供える『匂い線香』

仏壇に供えるお線香としてよく使われるのは、

『匂い線香』

といいます。

『匂い線香』は、【タブの木の皮】の粉末をもとにして、そこにいろんな香料や香木を混ぜ合わせて作っています。

なので、混ぜ合わせる香料や香木の種類によって、または配合する比率によって香りがまったく違います。

とてもたくさんの種類がありますので、お好みの香りのお線香を選んでください。

ただし、香りというのは人それぞれに好き嫌いがあります。

あなたは好きでも他の家族がどう思うかは分かりません。

仏壇に供えるお線香なので、しばらくは家中に香りが残ります。

ですから、あなただけではなく家族にとっても「これはいい香りだね。」と思えるお線香を供えるようにしましょう。

また、最近では【煙】の量がとても少ないお線香も販売されています。

どうしても煙が苦手な人は、ほとんど煙の出ないお線香を使ってみてください。

お墓に供える『杉線香』

お墓に供えるお線香としてよく使われるのは、

『杉線香』

といいます。

『杉線香』は、その名のとおり【杉の葉】を原料として作られています。

『杉線香』は、杉独特の香りがして、燃やしたときの【煙】の量が多めで、また、価格が安いのが特徴です。

そして、お墓参り用として販売されるときには、数十本が1束にまとめられています。

お墓参りをする際には、1~2束あれば十分ですから、それをお参りの人たちで分けて供えてください。

あっ、お墓参りには『匂い線香』を使っても問題ありませんよ。

でも、仏壇とは違ってお墓には多めにお線香を供えますから、お墓参りのときは価格の安い『杉線香』を供えることをおすすめします。

まとめ : お香を供えることの意味を知れば供養の質が変わります

お葬式やご法事には欠かせないお焼香、そしてお墓と仏壇に必ず供えるお線香。

仏事には必要な【お香】ですが、意味もわからずに何となく供えるのと、ちゃんと意味がわかっていて供えるのとでは、同じ行為をしていても、まったく価値の違うものになります。

意味を知っていれば、仏様と向き合う【心がまえ】が違いますので、供養の質が格段に上がります。

大切な亡き人へ、あるいは感謝すべきご先祖様にお供えしている【お香】ですから、その意味をちゃんと知ってもらって、仏様たちに最高の供養をしていただきたいなと思います。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >