仏事全般

【お坊さんが紹介】数珠はどこで買うべきなの?数珠を売ってる場所はこういう所です

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • お葬式の知らせが来たけど数珠を持っていない!急いで買わなきゃ!
  • 数珠って、どこで買えばいいの?
  • どんな数珠を買えばいいんだろう?

社会人になると必ずお葬式や法事に参列する機会があります。

お葬式や法事では【数珠】を使うので、もしもまだ『自分専用の数珠』を持っていないなら、今のうちから買っておくことをおすすめします。

でも、数珠なんてどこで買えばいいのか分からないですよね?

とりあえず、数珠を買う場所には『◯◯で買うべき』という決まりがないので、どこで購入してもかまいません。

先に紹介しておきますと、数珠を売っている場所は、

  1. インターネットの通販サイト
  2. 仏具店
  3. デパート(百貨店)
  4. 紳士服専門店
  5. 大型ショッピングモール
  6. 葬儀式場
  7. 霊園
  8. 雑貨店やホームセンター
  9. 普通の服飾店
  10. コンビニ
  11. 100円均一ショップ

などがあります。

この中でも、お坊さんの僕としては、

インターネットの通販サイト

で買うのがおすすめです。

特に、忙しくて数珠を買いに行けない人はインターネットの通販サイトで購入すべきでしょう。

この記事では、

  • 数珠はどんな所で売っているのか
  • 数珠はどこで買うのが1番いいのか
  • どんな数珠を買えばいいのか
  • どのくらいの価格の数珠を買えばいいのか

について詳しく解説しています。

数珠を買うにあたり必ず役に立つ情報となっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

※急いで数珠を買いたい方はコチラの記事をご覧ください。

【コレなら間違いなし!】お坊さんが厳選した数珠(男女別5選)を紹介します

数珠を売っている場所はこういう所です

多くの人は『数珠なんて、お葬式や法事のときだけ使うもの』という認識です。

そのせいか、

まぁ、数珠は時間のあるときに買えばいいや。

と、数珠の購入を先延ばしにしてしまい、いざというときに慌てるというケースが多いです。

そうならないために、あなたにはちゃんと『自分専用の数珠』を買っておいてほしいなと思います。

数珠はいろんな所で売っていますので、基本的にはどこで買ってもかまいません。

というわけで、まずは【数珠を売っている場所】を紹介していきますので、あなたにとって1番都合の良い場所でちゃんと数珠を購入しておきましょう。

【おすすめ!】インターネットの通販サイト

お坊さんの僕としては、数珠を買うなら、

インターネットの通販サイト

がおすすめです。

なぜなら、インターネットの通販サイトでは非常に多くの数珠が販売されていてそこに必ずあなた好みの数珠があるからです。

大手通販サイトを利用しよう

インターネットの通販サイトといっても非常にたくさんあるので、どのサイトで買えばいいのか迷ってしまうことでしょう。

数珠を買うなら、

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などの大手通販サイトを利用するといいですよ。

大手通販サイトなら取り扱っている数珠の種類がメチャクチャたくさんあります。

たくさんある中からあなた好みの数珠を探すことができるのが大手通販サイトの大きなメリットです。

数珠というのは【素材】【色】【形】などによって、本当にたくさんの種類があるんですよね。

だから、せっかくなのでちゃんと『あなたが気に入った数珠』を買ってほしいのです。

数珠はいろんな店舗で販売をしていますが、もしかするとその店には【あなた好みの数珠】が無いかもしれません。

だったら、最初から大手通販サイトを利用した方が圧倒的に早くて確実に【あなた好みの数珠】が見つかるのでいいですよ。

また、大手通販サイトは、

定期的なセール

をやっています。

急ぎの場合は別ですが、そんなに急がないのであればセール期間をチェックしてみてください。

どうせなら、良い品質のものがさらに安く買えるセール期間中を狙うのが賢明ですよね。

でも、1つだけ通販サイトのデメリットがあります。

当たり前ですが、インターネットの通販サイトだと『現物』を見ることができないんですよね。

色合いに関しては画面で見るのと実物の差はあまりないです。

でも、素材の質感などは実際に見たり触ったりしないと分かりません。

仕方のないことですが、この『現物』を見ることができないのが通販サイトの唯一にして最大のデメリットです。

後悔しない数珠の買い方

現物を見ないのは不安だな。やっぱりちゃんと見てから買いたい。

未熟僧
未熟僧
わかりました。では、現物を見た上での『後悔しない数珠の買い方』を紹介しますね。

『後悔しない数珠の買い方』の手順は簡単、以下の4ステップです。

  1. 仏具店へ行く
  2. 店員さんに数珠を見せてもらい、【素材の種類】と【素材の質感】を覚える
  3. その仏具店では買わずに帰宅する
  4. 仏具店で覚えたことを思い出してインターネットの通販サイトで買う

時間に余裕がある場合は、まず一度仏具店へ行って、そこで実際に売っている数珠を見てみましょう。

すると、必ず店員さんが声をかけてきます。

そしたら、店員さんに数珠を見せてもらいながら、いろいろと教えてもらいます。

この時に【どの種類の素材がどんな質感なのか】を覚えておきます。

そして、「ありがとうございます。もう少し考えてからまた来ます。」と言って、そのお店では買わずに帰宅します。

帰宅したら、仏具店で教えてもらったことを思い出し、素材や形状をしっかり確認しながらインターネットの通販サイトで数珠を探してください。

気に入った数珠が見つかったら、あとは『購入』ボタンを押すだけ。

これで、あなたが納得した数珠を店舗の販売価格よりも安く購入できました。

・・・そうですよね、たしかにこれは面倒くさい方法かもしれません。

でも、面倒くさい方法ですが、ちゃんと現物を見た上で気に入ったものを安く買うならこの方法がベストです。

急ぎで数珠を買うなら、最初から【インターネットの通販サイト】の一択

もしかすると、

お葬式に間に合わせたいから、とにかく早く買いたい!

という人もいるかもしれません。

とにかく急ぎで数珠を買いたいのなら、最初から【インターネットの通販サイト】の一択です

その方が、わざわざ店舗まで買いに行くよりも圧倒的にラクですし価格も安いので。

しかも、インターネットの大手通販サイトで購入した数珠は、だいたい翌日〜3日程度で届きます

これなら、お葬式で急に数珠が必要になった場合でも、日程によってはちゃんと間に合いますよ。

でも、数珠のことはよく分からないし、「コレがおすすめ!」みたいなものはないの?

未熟僧
未熟僧
では、おすすめの数珠を紹介した記事があるので参考にしてみてください。

こちらをクリック⇒【コレなら間違いなし!】お坊さんが厳選した数珠(男女別5選)を紹介します

というわけで、数珠を購入する時には、

  1. ちゃんと現物を見て買いたいのなら、一度仏具店に見に行ってからインターネットの通販サイトで買う
  2. 急ぎだったり、あまりこだわりがないのなら、最初からインターネットの通販サイトで買う

というのがおすすめです。

仏具店

数珠というのは『仏具』です。

なので、数珠は、

仏具店

で売っています。

仏具店はその名のとおり【仏具の専門店】ですから、いろんな種類の数珠が販売されていますよ。

そして、当たり前ですが、仏具店の店員さんは数珠に関する専門知識が十分にありますので、あなたの疑問に答えてくれますし、要望にもちゃんと応えてくれるんですよね。

また、せっかく仏具店に行くなら、数珠以外の仏具のことについてもいろいろと聞いてしまいましょう。

仏事や仏具のことって、とにかく分かりづらいですし、それに今さら他の人にも聞けませんよね?

だから、仏具の基本的なことはもちろん、他の人は知らないような専門的なことも教えてもらえるチャンスです。

店員さんはそれが仕事なんですから、遠慮なく質問しちゃえばいいんです。

その後は、その仏具店で数珠を買ってもいいですし、先ほど僕がおすすめしたように、家に帰ってから通販サイトで買ってもかまいません。

ちなみに、仏具店で数珠を買うと、仏具専門店ならではの地味だけどありがたいメリットがあります。

それは、

数珠のヒモが切れてしまった時には修理をしてくれる

ということです。

数珠のヒモは組み方が難しく、素人がやると無残な仕上がりになりますので、数珠の修理をするなら専門家に任せた方がいいですよ。

費用はかかってしまいますが、仏具店が依頼している職人さんに直してもらえるので安心です。

ちなみに、数珠が切れるのは《縁起の悪いこと》ではありませんから心配しないでくださいね。

むしろ逆で、数珠が切れるのは『縁起の良いこと』なんですよ。

詳しくは『数珠が切れた!これって縁起が悪いの?それとも良いの?切れてしまう原因や対処の方法』の記事で解説していますので読んでみてください。

あの・・・【数珠の専門店】は紹介してくれないの?

【数珠の専門店】は京都にたくさんあります。

本当であれば、数珠を買ったり修理してもらうには【数珠の専門店】が1番いいですが、日本全国で考えた場合、あまりにお店の数が少ないんですよね。

なので、この記事ではあえて紹介はしていませんが、もしも数珠の専門店が近くにあるならそこで買ってもOKです。

デパート(百貨店)

あなたには、いつも行くような馴染みのデパート(百貨店)はありますか?

数珠は、

デパート(百貨店)

でも売っています。

さすが百貨店というだけあって、いろんなものが販売されていますから、仏事に関する商品もちゃんとあります。

デパートにはだいたい、喪服や黒いネクタイなどを売っている場所や特設コーナーがあって、そこで種類は少ないですが数珠も売っています。

なので、デパートで買い物をするときは、一緒に数珠も買うのもアリですね。

ただ、デパートの店員さんには仏具店の店員さんほど数珠の専門知識がありませんから、数珠に関する質問をしても満足のいく答えは返ってこないでしょう。

紳士服専門店

あなたの家の近くには『紳士服専門店』がありますか?

数珠は、

紳士服専門店

でも売っています。

紳士服専門店には必ず『喪服』が売っていますから、喪服と合わせて数珠も売っているんですよね。

ただし、デパートと同様に、販売されている数珠の種類は少ないですし、店員さんも数珠に関する知識はさほどありません。

大型ショッピングモール

最近は、いろんな所に大型ショッピングモールができていますよね。

数珠は、そのような、

大型ショッピングモール

でも売っていますよ。

大型ショッピングモールにはたくさんの店舗があるので、その中には、先ほど紹介したような『仏具店』や『紳士服店』が入っていたりします。

なので、他の買い物をするのと一緒に、これらのお店で数珠を購入することができます。

しかし、大型ショッピングモールに入っている『仏具店』や『紳士服店』は店舗の規模が小さく、数珠の販売スペースも狭いので売っている数珠の種類は少ないです。

だから、他の買い物をしているときに店舗を覗いてみて、もしもそこで気に入った数珠があれば買うというカンジですね。

葬儀式場

数珠は『お葬式』のときに必ず使います。

それにもかかわらず、お葬式に数珠を持って来ないという人がけっこう多いんですよね。

そんな人のために、

葬儀式場

でも数珠を売っています。

ですから、あなたの家の近くに葬儀式場があるなら、そこで数珠を買うのもアリ。

ただし、あくまで【急に数珠が必要になった人のため】に販売されているものなので、数珠の種類は2~3種類くらいしかないと思います。

霊園

数珠を必ず使うもう1つの場面が『法事』です。

法事では、【数珠は買ってあるのに、法事当日に持参するのを忘れた】という人がけっこういます。

そのような人のために、

霊園

で数珠を売っていることもありますよ。

霊園には【管理事務所】がありますので、そこで売っていることもあるんです。

ただし、こちらもあくまで【急に数珠が必要になった人のため】に販売されているものなので、数珠の種類は2~3種類くらいです。

また、葬儀式場とは違って、数珠を販売していない霊園もあるので注意してください。

雑貨店やホームセンター

全国チェーン展開しているような、

雑貨店やホームセンター

でも数珠は売っています。

雑貨店やホームセンターというのは、いろんな分野の商品が販売されており、その中には【仏事】に関する商品もあって、そこで数珠も売っている場合があります。

とはいえ、非常にたくさんある分野の中の1つなので、数珠の種類は非常に少なく、おそらく1~2種類くらいしかありません。

また、すべての雑貨店やホームセンターで数珠が販売されているわけではありません。

お盆やお彼岸の時期なんかは販売している店舗は多いでしょうけど、それ以外の時期だと売ってない可能性も十分にあります。

それに、あまり目立たないところに置いてあるかもしれませんから、雑貨店やホームセンターで数珠を買うなら、最初から店員さんに聞いた方が早いかもしれませんよ。

普通の服飾店

数珠は意外な所でも売っています。

最近では、

普通の服飾店

でも売っているんですよね。

特に全国チェーン展開しているような大型ファッション店であれば、種類は少ないですが数珠を売っています。

ただ、普通の服飾店で売られている数珠は、『品質』という点で心配なモノが多いんですよね・・・。

僕は、数珠というのは、ある程度は高品質のものを持った方がいいと思っていますので、普通の服飾店で数珠を買うのはあまりおすすめしません。

コンビニ

あなたがいつも利用しているコンビニ。

じつは、

コンビニ

でも数珠を売っていたりするんですよね。

ただし、すべてのコンビニで売っているわけではありません。

コンビニというのは、店舗ごとによって売っている商品が違います。

コンビニでは膨大なデータを集めて、収集結果にもとづいて【その場所で売れやすい物】を販売しています。

ですから、『葬儀式場』や『公営霊園』あるいは『火葬場』が近くにあるようなコンビニでは数珠を売っている可能性が高いですよ。

でも、仮に売っていたとしても、残念ながらコンビニにある数珠の『品質』が良いとはいえません。

なので、コンビニで数珠を買うこともできますが、僕としてはあまりおすすめはしません。

100円均一ショップ

数珠を売っている場所で僕がもっとも驚いたのが、

100円均一ショップ

です。

たしかに数珠を売ってはいますが、 正直なところ、まるでオモチャみたいで『かなり品質が悪い』ですよ。

まぁ、100円~300円の数珠に『品質』を求めることが間違いなんですけどね。

本音を言えば「100円均一ショップで数珠を買っちゃダメですよ。」と言いたいところですが、緊急用として紹介だけはしておきます。

ですから、100円均一ショップで数珠を買うのは、『どうしても数珠を買う時間がない』という緊急時の【最終手段】として頭の片隅に置いておきましょう。

あと、100円均一ショップの数珠は使い終わったら捨ててしまってくださいね、そんなのをいつまでも使っていたら仏様に失礼ですから。

数珠の捨て方については『数珠の処分の方法(捨て方)をお坊さんが詳しく解説します!』の記事で詳しく紹介をしていますので読んでみてください。

数珠は『略式念珠』を買えばOK

今さらですが、あなたはどんな数珠を買おうと思っていますか?

数珠はどれも同じというわけではありませんので、適当に買っちゃダメです。

数珠を買うなら、

『略式念珠(りゃくしきねんじゅ)』

にした方がいいですよ。

数珠には、大きく分けて、

  1. 本式念珠(ほんしきねんじゅ)
  2. 略式念珠(りゃくしきねんじゅ)

の2種類があります。

下の画像のように、『本式念珠』というのは珠の数が108個あって、お坊さんが使うような正式な数珠のことをいいます。

また、『本式念珠』は宗派によって形が違うので、購入するときには自分の家の宗派を確認する必要があります。

次に、下の画像のような『略式念珠』というのは、珠の数が【18~27個】くらいの、一般の人が使うような略式の数珠のことをいいます。

あなたが「とりあえず1つ数珠を持っておきたい。」というのであれば、この『略式念珠』で十分ですよ。

略式念珠は、『略式』という名前ではありますが、数珠としての意味や効果まで略されているわけではありませんので安心してください。

略式念珠は、いろんな宗派で使えるように工夫された『優れた数珠』なんです。

だから、略式念珠を1つ持っていれば何も問題はありません。

略式念珠については『初めて数珠を買うなら【略式念珠】を選ぶのが正解!』の記事で詳しく解説していますので読んでみてください。

あと、略式念珠の【素材】や【色】については特に決まりはないので、あなたのお好みに合わせて購入しちゃって大丈夫です。

ただ、数珠には一応【男性用】と【女性用】がありますので、そこは注意してくださいね。

ちなみに、数珠を買うにあたり男性の場合はちょっとした注意点があります。

これは特に、男性の中でも【少し毛深い男性】に向けた注意点です。

【少し毛深い男性】 はできるだけ、

珠の数が少ない略式念珠を使う

ようにしましょう。

僕もそうなんですが、【少し毛深い男性】は『手の甲』や『指』にもしっかりと毛が生えていたりします。

数珠というのは、【珠】と【珠を通すヒモ】の間に《すき間》があるんですよね。

それで、数珠を左手にかけたとき、手の甲や指に生えている毛がその《すき間》に挟まって、毛が引っ張られてしまうことがあります。

これがまぁ地味に痛いのです。

腕時計のベルトに毛が挟まったときの痛みに似ています。

これは、僕のように【少し毛深い男性】には分かっていただけるかと思います。

でも、珠の数が少なければ《すき間》の数も少なくなりますので、痛い思いをすることが減るんです。

また、珠の数が少ない数珠というのは1つ1つの珠が大きいので、それだけ毛と《すき間》の距離が少しだけ遠くなって、毛が挟まりにくくなるんですよね。

というわけで、【少し毛深い男性】は珠の数の少ない略式念珠を買った方が痛い思いをしなくてすみますよ。

どのくらいの価格の数珠を買うべきか

ここで、あなたにお願いがあります。

数珠はちゃんと品質の良いもの』を買うようにしてください。

数珠はとりあえず1つあればOKですから、その1つにしっかりとお金をかけてください、これはお坊さんとしてのお願いです。

あっ、もしも数珠が壊れたときのために【予備でもう1つ買っておく】というのなら、もちろんその方が望ましいですけどね。

予備で買う数珠も、できれば『品質のよいもの』を買ってほしいところですが、予備の方はあまり無理をしなくてもいいと思います。

じゃあ『品質の良いもの』とはどんな数珠かというと、

  • 珠に頑丈な素材を使用しているもの
  • 珠の穴の加工部分がザラザラしていないもの
  • 珠に通しているヒモは、強くてキレイな色のもの
  • 房は、すぐに抜け落ちたり折り目がつきにくいもの

のことです。

数珠は、亡くなった人やご先祖様などの『仏様』に手を合わせるときに使うものです。

だから、数珠はちゃんと『品質の良いもの』を使って、仏様に対する敬意を示すことが重要なんです。

キツい言い方かもしれませんが、高品質なものを買えるのに、それでも低品質な数珠を使っているのは【仏様を軽んじている】ことだと思ってください。

とはいえ、高品質な数珠がどのくらいの価格なのか分かりませんよね。

数珠にはたくさんの種類がありますし、使われている素材によって価格はピンキリです。

なので、買うべき数珠の【価格の基準】をお伝えします。

数珠は、

3,000円~10,000円(税込)

くらいのものを買いましょう。

数珠には高価なモノがいくらでもありますが、これくらいの価格帯が現実的かなと思います。

また、価格の安い数珠もたくさんありますが、あまり価格の安い数珠だとハッキリ言って品質が悪いんです。

品質が悪い数珠は、珠を通すヒモがすぐに切れてしまったり、房が簡単にほつれます。

それで結局また新しい数珠を買うハメになるんですよね。

価格の安さだけで数珠を選んでしまうと、高確率で【安物買いの銭失い】になってしまので注意してください。

先ほども言いましたが、数珠は高品質のものを1つ買って、それを大事に使えばいいと思います。

また、数珠は大事に使えば使っただけ、1つ1つの珠に仏様のチカラが宿るといわれていますので、ちゃんと1人に1個ずつ持っておいた方がいいんですよ。

※数珠の詳細については『数珠とは何か?数珠を持つ意味と使い方(持ち方)を説明します。』の記事で解説していますので読んでみてください。

ですから、ちゃんと1人に1個ずつ品質の良い数珠を買うようにしてください。

ここで、もしかすると、

みんなはどんな数珠を買っているんだろう?

と思った人もいるかもしれませんね。

僕は20年以上お坊さんをしてきて、お葬式や法事で数万人分の数珠を見てきました。

たくさんの数珠を見ていると、やはり男女別で人気のタイプがありますので紹介します。

男性に人気があるのはコチラのような数珠です。

茶色の珠に黒色の房、この《茶色と黒色の組み合わせ》というのはもう数珠の王道、定番中の定番です。

昔から人気があるのは、全部がただ【真っ黒】なのではなく、珠と房の色の組み合わせが【茶色】や【濃紺】そして【黒色】のものですね。

こういう数珠なら、どこに持って行っても恥ずかしくありません。

そして、女性の場合はコチラのような数珠が人気です。

女性の多くはちゃんと高品質なものを買っています。

僕なんかが言わなくても、女性のみなさんは数珠の重要さを分かっているということですね。

女性の場合、色は【紫】や【緑】や【ピンク】などの色が人気です。

喪服は【黒色】でなければいけませんが、数珠に関しては他の色でも問題はありません。

紫系、緑系、ピンク系、白系、シルバー系など、お好みの色のモノを買って下さいね。

【数珠袋】も一緒に買っておく

数珠というのは必ず【房】がついています。

数珠の房って、保管方法が悪ければ【折り目がついてしまう】または【房の一部が抜け落ちてしまう】ので注意が必要なんですよね。

お葬式や法事で『お焼香』をして自席に戻ると、数珠をそのまま喪服のポケットに入れる人は多いと思います。

法要が終わるまで一時的にポケットへ入れておくだけならいいのですが、そのままずっと何日も数珠をポケットへ入れっぱなしにするのはNGです。

ポケットの中に数珠を入れると房の形が崩れ、それをそのまま放置していると折り目がついたり房の一部が抜け落ちるんですよね。

ポケットだけではなく、バッグの中に入れっぱなしにしても同じことが起こります。

ですから、そうならないために数珠をキレイに保管する【入れ物】が必要です。

ということで、数珠を買うときには、

【数珠袋】も一緒に買う

ようにしてくださいね。

数珠袋はその名のとおり、数珠をキレイな形で入れておくための袋です。

数珠を使い終わったら、房を整えてから数珠袋へ入れて保管をしてください。

最近では、数珠を買うと数珠袋が付いてくる場合も多いですから、数珠の購入時にはチェックをしておきましょう。

ちなみに、数珠袋と似たような形の【袱紗(ふくさ)】という入れ物がありますが、これは数珠を入れるものではありませんので間違えないでくださいね。

袱紗は、数珠ではなくて香典袋やご祝儀袋を入れるためのものです。

たまに数珠袋と袱紗がごっちゃになっている人がいますので、数珠袋を買うときにはちゃんと確認しましょう。

数珠を自分で買ってはいけないの?

一部の人は

数珠を自分で買ってはいけない

と言っています。

その理由としては、

  1. 誰かの不幸を暗示するみたいで縁起が悪いから
  2. 【数珠は人から貰うもの】という考えがあるから
  3. その地域のルール

ということが考えられます。

数珠を使う場面といえば『お葬式』を連想する人が多いですよね。

ですから、新しい数珠を買うことが、まるで『近いうちにお葬式(不幸)があるだろう』と準備をしているように思えてしまいます。

要するに、数珠を買うと、

誰かの不幸を暗示するみたいで縁起が悪い

というわけです。

だから「自分で数珠を買うと、身近な人に不幸がおきるからダメだよ。」と言われているんですね。

でもまぁ、そんなのは《迷信》《でたらめ》《完全な嘘》ですから、まったく気にしなくてもいいですよ。

というか、むしろ逆で、

数珠は自分で買うべきです。

当たり前ですが、人は必ず命を終えるものであり、それがいつになるかは誰にも分かりません。

だったら、いざという時にちゃんと数珠を手にして冥福を祈ることができるようにしておくべきじゃないでしょうか。

これは『いつ誰が亡くなってもいいように』ということではなく、『数珠は社会人として自分で用意しておくべき最低限のもの』だと言いたいのです。

念のために言いますが、【数珠を買うこと】と【不幸があること】には何の因果関係もありませんので安心してください。

というか、数珠には《仏様のチカラ》が宿って数珠を使う人を守ってくれるので、使用する本人が自分で選んで買わなきゃダメなんですよ。

あなたと数珠にもちゃんと『ご縁』があるんです。

だから、ちゃんと【あなたの目】で見て、納得した上で【あなた専用の数珠】を【あなた自身】が買うようにしましょう。

ちなみに、数珠を使うのは『お葬式』のときだけではありません。

そもそもの話ですが、数珠は【ありがたい仏様】に手を合わせるときに使用するものであり、【亡くなった人】のためだけに使用するものではないんですよね。

お葬式で使うことばかり考えているから【縁起が悪い】なんていう発想になるんです。

本来なら数珠は日常的に使うもの。

日常的に使うものなのですから、ちゃんと自分で買うのが当たり前だと思いませんか?

また、数珠というのは【嫁入り道具】の1つとして贈ることがあります。

嫁入りする娘のために、新しい数珠を買って贈ったり、あるいは、親が使っていた数珠をキレイに直してから贈るのです。

この『嫁入りする娘に数珠を贈る』という慣習がある地域の場合、そこに住む人たちは《数珠は人から貰うもの》という認識でしょう。

だから、【数珠を自分で買ってはいけない】という考え方になります。

でも、数珠というのは自分が選んで自分で買うものですから、人から貰うというのは特殊なケースなんですよね。

とはいえ、僕としては、嫁入り道具に新しい数珠を贈ること自体はとても素敵なことだと思いますよ♪

仏事というのは地域ごとでやり方や考え方の違いがたくさんあります。

ですから、もともと『自分で数珠を買うことを良しとしない』という考えの地域もあります。

そのような地域では、おそらく【縁起が悪い】などの理由で、自然に『数珠を自分で買う=良くないこと』みたいな考え方が根強く残っているのでしょう。

しかし、それはあくまで【その地域のルール】にすぎません。

地域のやり方や考え方に従うことは大事なのですが、それは《その地域だけのもの》ということを知っておいてくださいね。

まとめ:数珠を購入するなら【インターネットの通販サイト】がおすすめ!

数珠は、お葬式や法事で必ず使うものです。

特にお葬式の知らせは急に来ますから、いざという時に慌てないように数珠は前もって購入しておくべきです。

数珠には、

  1. 本式念珠
  2. 略式念珠

の2種類があります。

でも、よほどのこだわりがなければ『略式念珠』を買えばそれで十分です。

また、数珠の購入場所については、『○○で買うべき』という決まりはないです。

ですから、数珠を売っている場所はたくさんありますので、どこで購入してもかまいません。

ただ、【数珠の品質】や【種類の多さ】を考えると、

インターネットの通販サイト

で買うことをおすすめします。

100円均一ショップなどでも買うことはできますが、正直なところあまりに安いものは品質が悪いですよ。

数珠を買うなら、つまらないところでケチらないで、

3,000円~10,000円(税込)

くらいの、ちゃんと『品質のよいもの』を買いましょう。

社会人になったら、数珠の1つくらいは持っておくべきです。

いざというときに恥をかかないように、必要以上に高価なものは買わなくていいので、【あなた専用の数珠】を1つちゃんと購入しておきましょう。

※どんな数珠を買おうか迷ったらコチラの記事を参考にしてみてください

【コレなら間違いなし!】お坊さんが厳選した数珠(男女別5選)を紹介します

『未熟僧ブログ』トップページを見る >