仏事全般

【お坊さんが紹介!】数珠はどこで買うべきなの?数珠を売ってる場所はこういう所です

この記事はこんな人に向けて書いています
  • お葬式の知らせが来た。急いで数珠を買わなきゃ!
  • そろそろ数珠を買っておこうかなぁ・・・。
  • 数珠って、どこで買えばいいんだろう?
  • お得な数珠の買い方を知りたい。

お葬式や法事では必ず『数珠』を使います。

社会人になったら数珠の1つくらいは持っておいた方がいいですよ。

もしもまだ数珠を持っていないのなら、いざという時に慌てたり恥をかかないよう、早めに買っておくことをおすすめします。

でも、数珠をどこで買えばいいのか分からないですよね?

じつは、数珠には『どこで買うべき』という決まりなんてありませんので、どこで数珠を買うかはあなたの自由なんです。

最近では、いろんな場所で数珠を売っていますが、お坊さんの僕としては、

インターネットの通販サイト

で買うのがおすすめです。

この記事では、お坊さん歴20年以上の僕が、

  • 数珠はどんな所で売っているのか
  • 数珠はどこで買うのが1番いいのか
  • どんな数珠を買えばいいのか
  • どのくらいの価格の数珠を買えばいいのか

について詳しく解説しています。

数珠を買うにあたり必ず役に立つ情報となっていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

※急いで数珠を買いたい人はコチラの記事を読んでください。

【コレなら間違いなし!】お坊さんが厳選した数珠(男女別5選)を紹介します

数珠を売っている場所はこういう所です

多くの人にとって、『数珠は、たまにあるお葬式や法事のときだけ使うもの』という認識です。

そのせいか、『自分用の数珠』を持っていないという人が多いんですよね。

そのような人は、だいたい、

まぁ、時間のあるときに買えばいいや。

というふうに、数珠の購入を先延ばしにして、いざというときに慌てるのです。

そうならないために、今から『自分用の数珠』を買っておきましょう。

数珠はいろんな所で売っていますから、基本的にはどこで買ってもいいですよ。

とはいえ、どこで売っているのかを知らないと買えませんよね?

というわけで、まずは【数珠を売っている場所】を紹介していきますので、あなたにとって1番都合の良い場所でちゃんと数珠を購入しておきましょう。

【おすすめ!】インターネットの通販サイト

お坊さんの僕としては、数珠を買うなら、

インターネットの通販サイト

がおすすめです。

なぜなら、インターネットの通販サイトにはとても多くの種類の数珠があるからです。

大手通販サイトを利用しよう

インターネットの通販サイトといっても非常にたくさんあるので、どのサイトで買えばいいのか迷ってしまうことでしょう。

数珠を買うなら大手通販サイトの、

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

などを利用しましょう。

これらの大手通販サイトであれば、取り扱っている数珠の種類がメチャクチャたくさんあります。

たくさんある中からあなた好みの数珠を探すことができるのが大手通販サイトの大きなメリットです。

数珠というのは【素材】【色】【形】などによって、本当にたくさんの種類があるんですよね。

だから、せっかく数珠を買うなら、ちゃんと『あなたが気に入った数珠』を選んでほしいのです。

数珠はいろんな店舗で販売をしていますが、もしかすると【あなた好みの数珠】がそこには無いかもしれません。

そこで大手通販サイトを利用するのです。

その中にきっと【あなた好みの数珠】がありますよ。

未熟僧
未熟僧
試しに一度検索をしてみてください。

ビックリするほど多くの種類が出てきますよ。

また、大手通販サイトは、

定期的なセール

をやっています。

急ぎの場合は別ですが、特に急がないのであれば必ずセール期間をチェックしてください。

どうせだったら、良い品質のものがさらに安く買えるセール期間中を狙うのが賢明ですよ。

ただ、1つだけ通販サイトのデメリットがあります。

当たり前ですが、インターネットの通販サイトだと『現物』を見ることができません。

色合いに関しては画面で見るのと実物の差はあまりないです。

でも、素材の質感などは実際に見たり触ったりしないと分かりません。

この『現物』を見ることができないのが通販サイトの唯一にして最大のデメリットです。

後悔しない数珠の買い方

現物を見ないのは何か不安だな。やっぱりちゃんと見てから買いたい。

未熟僧
未熟僧
わかりました。では『後悔しない数珠の買い方』を紹介しますね。

『後悔しない数珠の買い方』の手順は簡単、以下の4ステップです。

  1. 仏具店へ行く
  2. 店員さんに数珠を見せてもらい、【素材の種類】と【素材の質感】を覚える
  3. その仏具店では買わずに帰宅する
  4. 仏具店で覚えたことを思い出しながら、インターネットの通販サイトで買う

時間に余裕があるときに、一度仏具店へ行って、そこで実際に売っている数珠を見てみましょう。

すると、必ず店員さんが声をかけてきます。

そしたら、店員さんに数珠を見せてもらいながらいろいろと教えてもらいましょう。

この時に【どの種類の素材がどんな質感なのか】を覚えておきます。

そして、そのお店では買わずに帰宅します。

帰宅したら、仏具店で教えてもらったことを思い出し、素材や形状をしっかり確認しながらインターネットの通販サイトで数珠を探します。

気に入った数珠が見つかったら、あとは『購入』ボタンを押すだけ。

これで、あなたが納得した数珠を店舗の販売価格よりも安く購入できます。

・・・そうですよね、たしかにこれは面倒くさい方法です。

面倒くさい方法ではありますが、後悔することなく気に入ったものを安く買うならこの方法がベストなのです。

急ぎで数珠を買うなら、最初から【インターネットの通販サイト】の一択

もしかすると、

べつに【こだわり】なんてないから、とにかく早く数珠を買いたい!

という人もいるかもしれません。

とにかく急ぎで数珠を買いたいのなら、最初から【インターネットの通販サイト】の一択です

その方が、わざわざ店舗まで買いに行くよりも圧倒的にラクですし価格も安いので。

しかも、インターネットの大手通販サイトで購入した数珠は、だいたい翌日〜3日程度で届きます

これなら、お葬式で急に数珠が必要になった場合でも、日程によってはちゃんと間に合いますよ。

でも、どんな数珠を選べばいいんだろう?おすすめの数珠はないの?

未熟僧
未熟僧
では、おすすめの数珠を紹介した記事があるので参考にしてみてください。

こちらをクリック⇒【コレなら間違いなし!】お坊さんが厳選した数珠(男女別5選)を紹介します

というわけで、数珠を購入する時には、

  1. ちゃんと現物を見て買いたいなら、一度仏具店に見に行ってからインターネットの通販サイトで買う
  2. 急ぎだったり、あまりこだわりがないのなら、最初からインターネットの通販サイトで買う

というのがおすすめなので参考にしてみてください。

仏具店

数珠というのは『仏具』です。

ですから、数珠は、

仏具店

で売っています。

仏具の専門店ですから、いろんな種類の数珠が販売されていますよ。

そして、当たり前ですが、仏具店の店員さんは数珠に関する専門知識があります。

なので、あなたの疑問に答えてくれますし、要望にもちゃんと応えてくれるんですよね。

また、せっかく仏具店に行くなら、数珠以外の仏具のことについてもいろいろと聞いてしまいましょう。

仏事や仏具のことって、とにかく【分かりづらい】ですよね?

しかも今さら他の人にも聞けないし。

だから、他の人は知らないような専門的なことをいろいろ教えてもらえるチャンスなのです。

店員さんもそれが仕事なんですから、遠慮なく質問しちゃえばいいんです。

その後は、その仏具店で数珠を買ってもいいですし、先ほど紹介したように、家に帰ってから通販サイトで買ってもかまいません。

ちなみに、仏具店で数珠を買うと、仏具専門店ならではの地味だけどありがたいメリットがあります。

それは、

数珠のヒモが切れてしまった時には修理をしてくれる

ということです。

数珠のヒモは組み方が難しいので、素人がやると無残な仕上がりになります。

修理をするなら専門家に任せましょう。

費用はかかってしまいますが、仏具店が依頼している職人さんに直してもらえるので安心ですよ。

ちなみに、もしも数珠が切れても、それは縁起の悪いことではないですよ。

むしろ逆で、それは縁起の良いことなんです。

詳しくは、数珠が切れた!これって縁起が悪いの?それとも良いの?切れてしまう原因や対処の方法の記事で解説しています。

えっ?「数珠の専門店は紹介しないのか?」ですって?

たしかに、京都などには『数珠の専門店』があります。

本当であれば、数珠を買ったり修理してもらうには『数珠の専門店』が1番いいです。

でも、日本全国で考えた場合、あまりにお店の数が少ないのです。

なので、この記事ではあえて紹介はしていませんが、もしも数珠の専門店が近くにあるならそこで買ってもよいでしょう。

デパート(百貨店)

あなたには、いつも行くような馴染みのデパート(百貨店)はありますか?

数珠は、

デパート(百貨店)

でも買えますよ。

百貨店というだけあって、いろんなものが販売されていますから、仏事に関する商品も購入できます。

デパートにはだいたい、喪服や黒いネクタイや袱紗(ふくさ)などを売っている場所(または特設コーナー)があります。

そこでは、種類は少ないですが数珠も売っています。

あるいは、デパートによっては仏壇を販売している売り場もありますので、そこでも数珠を買うことができます。

なので、デパートで何か買うものがあった時に、一緒に数珠も買うのもアリですね。

ただ、基本的にデパートの店員さんには仏具店の店員さんほど数珠の専門知識はありません。

だから、数珠に関する質問をしても満足のいく答えが返ってくるとは限りません。

紳士服専門店

あなたの家の近くに『紳士服店』はありますか?

数珠は、

紳士服専門店

でも売っています。

街の個人商店はもちろん、全国チェーンの紳士服専門店でも大丈夫ですよ。

紳士服専門店には必ず『喪服』が売っているんですよね。

それで、喪服と合わせて、お葬式の時に使うモノの1つとして数珠も売っているんです。

ただし、やはりデパートと同様に、販売されている数珠の種類は少ないです。

となると、お察しのとおり、紳士服専門店の店員さんは数珠に関することはほとんど知りません。

大型ショッピングモール

ここ最近は、いろんな所に大型ショッピングモールができています。

数珠は、

大型ショッピングモール

でも売っていますよ。

大型ショッピングモールにはたくさんの店舗がありますよね。

その中には、先ほど紹介したような『仏具店』や『紳士服店』が入っていたりします。

なので、他の買い物をするのと一緒に、これらのお店で数珠を購入することができます。

しかし、大型ショッピングモールの『仏具店』や『紳士服店』は店舗が小さく、数珠の販売スペースも狭いので、売っている数珠の種類も少ないです。

他の買い物をしているときに店舗を覗いてみて、そこで気に入った数珠があれば買っておきましょう。

葬儀式場

数珠というのは、お葬式のときに必ず使います。

それにもかかわらず、お葬式に数珠を持って来ていないという人がけっこう多いんですよね。

そんな人のために、

葬儀式場

でも数珠を売っているんです。

ですから、あなたの家の近くに葬儀式場があるなら、そこで数珠を買うのもアリですよ。

ただし、あくまで【急に数珠が必要になった人のため】に販売されているものなので、数珠の種類はかなり少ないです。

霊園

数珠を持っていなくて慌てる場面のもう1つが『法事』の時です。

これは、数珠は買ってあるのに持ってくるのを忘れた、というケースが多いです。

そのような人のために、

霊園

で数珠を売っていることもありますよ。

ほとんどの霊園には【管理事務所】があり、そこで売っています。

ただし、こちらもあくまで【急に数珠が必要になった人のため】に販売されているものなので、数珠の種類はかなり少ないです。

雑貨店やホームセンター

全国チェーン展開しているような、

雑貨店やホームセンター

でも数珠は売っています。

雑貨店やホームセンターというのは、いろんな分野の商品が販売されています。

ですから、【仏事】に関する商品もあり、もちろん数珠も売っています。

とはいえ、非常にたくさんある分野の中の1つなので、種類はかなり少ないです。

また、すべての雑貨店やホームセンターで販売されているわけではありません。

お盆やお彼岸の時期なんかは販売している店舗は多いでしょうけど、それ以外の時期だと売ってない可能性もあります。

もしかすると、あまり目立たないところに置いてあるかもしれませんから、雑貨店やホームセンターで数珠を買うなら、最初から店員さんに聞いた方が早いかもしれませんよ。

普通の服飾店

数珠は意外な所でも売っています。

最近では、

普通の服飾店

でも売っているんですよね。

特に全国チェーン展開しているような大型ファッション店であれば、種類は少ないですが数珠を売っています。

ただ、普通の服飾店で売られている数珠は、『品質』という点で心配なモノばかりなんですよねぇ。

数珠というのは、ある程度はちゃんとした品質のものを持った方がいいと思いますよ。

ですから、普通の服飾店で数珠を買うのは、僕はあまりおすすめしません。

コンビニ

あなたがいつも利用しているコンビニ。

数珠というのは、

コンビニ

でも売っているんです。

ただし、すべてのコンビニで売っているわけではありません。

コンビニというのは、店舗ごとによって売っている商品が違います。

コンビニでは膨大なデータを集めて、収集結果にもとづいて【その場所で売れやすい物】を販売しています。

ですから、『葬儀式場』や『公営霊園』あるいは『火葬場』など、【数珠を使う場所】が近くにあるようなコンビニであれば、数珠を売っている可能性が高いのです。

でも、もちろんコンビニによっては売っていない場合もありますし、仮に売っていたとしても、やはり数珠の『品質』が良いとはいえません。

なので、コンビニで数珠を買うのは、僕はあまりおすすめしません。

100円均一ショップ

数珠を売っている場所で僕がもっとも驚いたのが、

100円均一ショップ

です。

でもねぇ、たしかに数珠を売ってはいますが、 正直なところオモチャみたいでかなり『品質』が悪いですよ。

まぁ、100円~300円の数珠に『品質』を求めることが間違いなんですよね。

まぁ、『一応は売っている』という程度で参考にしてください。

本音を言えば「100円均一ショップで数珠を買っちゃダメですよ。」と言いたいところですが、緊急用として紹介だけしておきます。

ですから、100円均一ショップで数珠を買うのは、『どうしても数珠を買う時間がない』という緊急時の【最終手段】として頭の片隅に置いておきましょう。

あと、100円均一ショップの数珠は、使い終わったら捨ててしまってくださいね。

そんなのをいつまでも使ってはいけません。

数珠の捨て方については『数珠の処分の方法(捨て方)をお坊さんが詳しく解説します!』の記事で詳しく紹介をしていますので読んでみてください。

どんな数珠を買えばいいの?【答え】略式念珠がおすすめです

今さらですが、あなたはどんな数珠を買おうと思っていますか?

数珠はどれも同じというわけではありませんので、適当に買っちゃダメですよ。

数珠を買うなら、

『略式念珠(りゃくしきねんじゅ)』

がダンゼンおすすめです。

数珠には、大きく分けて、

  1. 本式念珠(ほんしきねんじゅ)
  2. 略式念珠(りゃくしきねんじゅ)

の2種類があるんです。

『本式念珠』というのは、珠の数が108個あって、お坊さんも使うような正式な数珠のことをいいます。

本式念珠というのはこういう数珠です。

また、『本式念珠』は宗派によって形が違います。

なので、『本式念珠』を買うなら、自分の家の宗派が何なのかを知っておく必要があります。

そのうえで、「ウチは◯◯宗だから、それに沿った数珠を買いたい。」と考えているなら、宗派に合わせて本式念珠を買ってください。

一方で『略式念珠』というのは、珠の数が【18~27個】くらいの、一般の人が使うような略式の数珠のことをいいます。

略式念珠というのはこういう数珠です。

あなたが「とりあえず1つ数珠を持っておきたい。」というのであれば、この『略式念珠』で十分ですよ。

略式念珠は、『略式』という名前ではありますが、数珠としての意味や効果まで略されているわけではありませんので安心してください。

略式念珠というのは、いろんな宗派でも使えるように工夫された『優れた数珠』なのです。

だから、略式念珠を1つ持っていれば何も問題はありません。

略式念珠については『初めて数珠を買うなら【略式念珠】を選ぶのが正解!』の記事で詳しく解説していますので読んでみてください。

あと、略式念珠の【素材】や【色】については特に決まりはないので、あなたのお好みに合わせて購入しちゃって大丈夫です。

ただ、数珠には一応【男性用】と【女性用】がありますので、そこは注意してくださいね。

ちなみに、数珠を買うにあたり男性の場合はちょっとした注意点があります。

これは特に、男性の中でも【少し毛深い男性】に向けた注意点です。

【少し毛深い男性】 は、

珠の数が少ない略式念珠を使う

ようにしましょう。

僕もそうなんですが、【少し毛深い男性】は『手の甲』や『指』にもしっかりと毛が生えていたりします。

数珠というのは、【珠】と【珠を通すヒモ】の間に《すき間》があるんですよね。

それで、数珠を左手にかけたとき、手の甲や指に生えている毛がその《すき間》に挟まって、毛が引っ張られてしまうことがあります。

これがまぁ地味に痛いのです。

腕時計のベルトに毛が挟まったときの痛みに似ています。

これは、僕と同じように【少し毛深い男性】には分かっていただけるのではないかと思います。

でも、珠の数が少なければ《すき間》の数も少なくなりますので、痛い思いをすることが減るんです。

また、珠の数が少ない数珠というのは1つ1つの珠が大きいので、それだけ毛と《すき間》の距離が少しだけ遠くなって、毛が挟まりにくくなるんですよね。

というわけで、【少し毛深い男性】は珠の数の少ない略式念珠を買った方が痛い思いをしなくてすみますよ。

どのくらいの価格の数珠を買うべきか

ここで、あなたにお願いがあります。

数珠は、1つでもいいので『品質の良いもの』を買うようにしてください。

数珠というのは、亡くなった人やご先祖様を含む『仏様』に手を合わせるときに使います。

低品質な数珠を使うのは、仏様を軽んじることです。

だから、ちゃんと『品質の良いもの』を使って、仏様へ敬意を示すようにしましょう。

『品質の良いもの』というのは、

  • 珠は、頑丈な素材を使用しているもの
  • 珠の穴の加工部分がザラザラしていないもの
  • 珠を繋ぐヒモは、強くてキレイな色のもの
  • 房は、すぐに抜け落ちたり折り目がつきにくいもの

のことです。

とはいえ、『品質』のよい数珠というのが、どのくらいの価格なのか気になることでしょう。

数珠にはたくさんの種類がありますから、使われている素材によって価格はピンキリです。

ですから、お坊さんとして僕なりの【買うべき数珠の価格】の基準をお伝えします。

数珠はできるだけ、

6,000~20,000円(税込)

くらいのものを買いましょう。

数珠には高価なモノがいくらでもあります。

でも、実際に購入するにあたっては、これくらいの価格帯が限度でしょうか。

とはいえ、この価格帯は一般的に販売されている数珠の相場よりも高いのは承知しています。

まぁね、高価な数珠がたくさんあるように、もちろん価格の安い数珠だってたくさんありますよ。

しかし、あまり価格の安い数珠だと品質が心配なんですよね。

数珠の【あるある】ですが、品質が悪いと、珠を通すヒモがすぐに切れてしまったり、ヒモをとめる房が簡単にほつれたりします。

それで結局また新しい数珠を買うハメになるのです。

価格の安さだけで数珠を選んでしまうと、まさに【安物買いの銭失い】になってしまいますので注意してくださいね。

数珠はそう何度も買うものではないですよね?

だから、良い品質のものを1つ買って、それを大事に使えばいいと思いますよ。

数珠は大事に使えば使っただけ、1つ1つの珠に仏様のチカラが宿ると言われています。

ここでの詳しい解説は割愛しますが、数珠ってちゃんと1人に1個ずつ持っておいた方がいいんですよ。

※数珠の詳細については『数珠とは何か?数珠を持つ意味と使い方(持ち方)を説明します。』の記事で解説していますので読んでみてください。

ですから、1人に1個ずつ、ちゃんと品質の良い数珠を買うようにしてください。

ここで、もしかすると、

みんなはどんな数珠を買っているの?

と思った人もいるかもしれませんね。

僕は20年以上お坊さんをしてきて、お葬式や法事で数万人分の数珠を見てきました。

たくさんの数珠を見ていると、やはり男女別で人気のタイプがあります。

男性に人気があるのはコチラのような数珠です。

茶色の珠に黒色の房、これはもう数珠の王道、定番中の定番ですね。

昔から人気があるのは、全部がただ【真っ黒】なのではなく、珠と房の色の組み合わせが【茶色】や【濃紺】そして【黒色】のものですね。

こういう数珠なら、どこに持って行っても恥ずかしくありません。

そして、女性の場合はコチラのような数珠が人気です。

女性の多くはちゃんと高品質なものを買っています。

僕なんかが言わなくても、みなさん数珠の重要さを分かっているということですね。

女性の場合、色は【紫】や【緑】や【ピンク】などの色が人気です。

喪服は【黒色】でなければいけませんが、数珠に関しては他の色でも問題はありません。

紫系、緑系、ピンク系、白系、シルバー系など、お好みの色のモノを買って下さいね。

【数珠袋】も一緒に買っておきましょう

数珠というのは必ず【房】がついています。

数珠の房は、保管方法が悪ければ折り目がついてしまったり、房の一部が抜け落ちてしまうことがあります。

お葬式や法事でよく見かける光景ですが、『お焼香』のときに数珠を手に持ち、お焼香が終わって自席に戻ると数珠を喪服のポケットに入れるのです。

法要などが終わるまで一時的にポケットへ入れておくだけならいいのですが、そのままずっと何日もポケットへ入れっぱなしにするのはNGです。

ポケットの中に数珠を入れると房の形が崩れ、それをそのまま放置していると折り目がついたり房の一部が抜け落ちるのです。

ポケットだけではなく、バッグの中に入れっぱなしにすることでも同様のことが起こります。

ですから、そうならないためにも数珠をキレイに保管するための入れ物が必要なんですよね。

ということで、数珠を買うときには、

【数珠袋】も一緒に買う

ようにしましょう。

数珠袋はその名のとおり、数珠をキレイな形で入れておくための袋です。

数珠を使い終わったら、房をキレイに整えてから数珠袋へ入れて保管をしてください。

最近では、数珠を買うと数珠袋が付属でついてくる場合も多いですから、数珠の購入時にはチェックをしてください。

ちなみに、数珠袋と似たような形の【袱紗(ふくさ)】という入れ物がありますが、これは数珠を入れるものではありませんので注意をしてください。

袱紗は、数珠ではなくて香典袋やご祝儀袋を入れるための入れ物です。

たまに数珠袋と袱紗がごっちゃになっている人がいますので、数珠袋を買うときにはちゃんと確認をするようにしてくださいね。

『数珠を自分で買ってはいけない』というのは迷信です

一部の人たちの間では、

『数珠を自分で買ってはいけない』

と言われています。

数珠を自分で買うと不幸を招いて【縁起が悪い】からダメだ、ということです。

まぁ、これは《迷信》ですから、まったく気にしなくて大丈夫ですよ。

というか、数珠は自分で買うべきです。

数珠には《仏様のチカラ》が宿って、数珠を使う人を守ってくれるのですから、使用する本人が自分で選んで買わなきゃダメなのです。

なので、ちゃんとあなたの目で見て、納得した上で【あなた専用の数珠】をあなた自身が買うようにしてください。

では、なぜ『数珠は自分で買ってはいけない。』なんていう迷信が広まったのでしょう?

その理由としては、

  1. まるで誰かの【不幸(お葬式)】を待っているようだから
  2. 【数珠は誰かから貰うもの】という考えがあるから
  3. その地域独特のルール

ということが考えられます。

数珠はお葬式で必ず使います。

なので、数珠を自分で買うことは《誰かのお葬式の準備をしている》ように思えるのでしょう。

でも、それは間違っています。

人は必ず命を終えるものであり、そして、それがいつになるかは誰にも分かりません。

だったら、いつでも数珠を手にして冥福を祈ることができるようにしておくべきなんです。

当然ながら、【数珠を買うこと】と【不幸を招くこと】には何の因果関係もありませんので安心してください。

また、数珠は【嫁入り道具】の1つとして娘に贈ることがあります。

嫁入りする娘のために、新しい数珠を買って贈ったり、ときには、親が使っていた数珠をキレイに直してから贈るのです。

これによって《数珠は誰かから貰うもの》と誤った理解をしてしまう人がいます。

それで、数珠を自分で買ってはいけないという考え方に変換されてしまったのです。

数珠というのは、自分が気に入ったものを自分で買うことが原則です。

誰かから貰うというのは、あくまで特殊なケースであると考えましょう。

とはいえ、僕としては、嫁入り道具として新しい数珠を贈ること自体はとても素敵なことだと思いますよ♪

最後にもう1つ。

仏事というのは地域ごとでやり方や考え方の違いがたくさんあります。

ですから、自分で数珠を買うことを良しとしない地域もあります。

そのような地域では自然に【数珠を自分で買う=縁起が悪いこと】みたいな考え方に変わったのでしょう。

しかし、それはあくまで【その地域独特のルール】にすぎません。

地域のやり方や考え方に従うことは大事なのですが、それは《その地域だけのもの》ということを知っておいてくださいね。

数珠を使うのは、お葬式だけではありません。

法事のときはもちろん、本来であれば【仏壇に手を合わせるとき】や【お墓参りのとき】にも使うものなんです。

お葬式で使うことばかり考えているから【縁起が悪い】なんていう発想になるんです。

数珠は日常的に使うものです。

日常的に使うものなのですから、ちゃんと自分で買うのが当たり前です。

というわけで、『数珠を自分で買ってはいけない』なんていうのは迷信、大ウソなんです。

まとめ:数珠を購入するなら【インターネットの通販サイト】にすべし!

数珠は、お葬式や法事で必ず使うものです。

特にお葬式の知らせは急に来ますから、いざという時に慌てないように数珠は前もって購入しておくべきでしょう。

数珠には、

  1. 本式念珠
  2. 略式念珠

の2種類があります。

もしも「数珠は1つだけ持っていればいい。」というのであれば『略式念珠』を買ってください。

数珠の購入については、『どこで買うべき』という決まりはないです。

ですから、数珠を売っている場所はたくさんありますので、どこで買おうとあなたの自由です。

ただ、【数珠の品質】や【種類の多さ】を考えると、

インターネットの通販サイト

で買うことをおすすめします。

100円均一ショップなどでも買うことはできますが、正直なところあまりに安いものは品質が不安ですね。

どうせ数珠を買うなら、ちゃんとした品質のものを買いましょう。

つまらないところでケチらないで、

6,000円~20,000円(税込)

くらいのものは買ってくださいね。

社会人になったら、数珠の1つくらいは持っておくべきです。

自分の家族や親戚はもちろん、仕事関係なども含めると、いつ数珠を使うタイミングが来るか分かりません。

そんな時に「いや、じつは数珠を持っていなくて・・・。」なんて言ってたら恥ずかしいですよ。

必要以上に高価なものは買わなくていいので、【あなた専用の数珠】を1つちゃんと購入しておきましょう。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >