数珠

『数珠を自分で買ってはいけない』って本当?そう言われる理由と真偽をお坊さんの僕が解説

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな疑問や不安を解消します
  • 数珠を自分で買ってはいけないって本当なの?
  • なぜ数珠を自分で買っちゃダメなの?

一部の人たちの間では、

数珠を自分で買ってはいけない

と言われています。

そのように言われている理由は、

  • 【縁起が悪い】と考えられているから
  • その地域の習慣だから

です。

しかし、お坊さんの立場として言わせていただくと、数珠は自分で買うべきです。

数珠というのは、ちゃんと自分で選び、自分で買って、愛着をもって長く使い続けることが大事なんです。

この記事を最後まで読むと、何も心配することなく自分で数珠を買えるようになりますので、ぜひチェックしてみてください。

数珠を自分で買ってはいけないの?

あなたもご存じのように、

数珠を自分で買ってはいけない

と言われています。

そんなことを言われたら、自分で数珠を買うのが【とても悪いこと】みたいで何だか心配になりますよね?

本当に『数珠を自分で買ってはいけない』のでしょうか?

結論を言うと、数珠は自分で買ってもいいので安心してください。

というか、むしろ数珠は自分で買うべきですよ。

なぜなら、数珠というのは持ち主を清めて守ってくれるものでもあるからです。

じつは、数珠を使うことによって『数珠に仏様が宿って数珠の持ち主を守る』とされているんです。

だったら、あなたを守ってくれる数珠なんだから、ちゃんとあなた自身で選ばないとね。

それに、あなたと数珠にもちゃんと『ご縁』があるんですよ。

たくさんある数珠の中でも《なんだか気になる数珠》というのが必ずあります。

それがあなたにとって【ご縁のある数珠】です。

気になって購入した【ご縁のある数珠】なので、自然に愛着をもって使うことになるでしょう。

だから、数珠を購入するときには、【あなた専用の数珠】を、ちゃんと【あなたの目】で見て選んで、そして【あなた自身】が買うようにしましょう。

「数珠を自分で買ってはいけない」と言われる理由

自分が使う数珠は、ちゃんと自分で買うべきです。

では、なぜ一部の人は「数珠を自分で買ってはいけない。」と言っているのでしょうか?

考えられる理由としては、

  1. 誰かの不幸を暗示するみたいで縁起が悪い
  2. 最初から【数珠は人から貰うもの】という考え方になっている
  3. その地域のルール

が挙げられます。

誰かの不幸を暗示するみたいで縁起が悪いから

数珠を使う場面といえば『お葬式』を連想する人が多いですよね。

そのせいか、新しい数珠を買うことを『近いうちにお葬式(不幸)があるだろう』と予測して準備をしているというふうに捉えてしまう人もいます。

それで、数珠を買うことは、

誰かの不幸を暗示するみたいで縁起が悪い

と言われているんですよね。

そこからさらに派生して「自分で数珠を買うと《身近な人》に不幸がおきるよ。」と言われるようにもなりました。

でもまぁ、そんなのは完全な《迷信》であり《嘘》ですから、まったく気にしなくてもいいですよ。

数珠を買うのは、誰かの《近いうちに訪れる不幸》を予測しているからではありません。

当たり前ですけど、人は必ず命を終えるものですが、それがいつになるかは誰にも分かりません。

だったら、いざという時にちゃんと数珠を手にして冥福を祈ることができるようにしておくべきじゃないでしょうか。

これは『いつ誰が亡くなってもいいように』ということではなく、数珠は『社会人として自分で用意しておくべきものだと言いたいのです。

それと、念のために言っておきますが、【数珠を買うこと】と【不幸があること】には何の因果関係もありませんので安心してください。

ちなみに、数珠を使うのは『お葬式』のときだけではありません。

そもそもの話ですが、数珠は【ありがたい仏様】に手を合わせるときに使用するものですよ。

本来は『信仰』のために使う道具の1つであって、べつに【亡くなった人】のためだけに使用するものではないんです。

【縁起が悪い】なんていう発想になるのは、お葬式で使うことばかり考えている証拠なんです。

本来なら数珠は日常的に使うもの。

日常的に使うものなのですから、ちゃんと自分で買うのが当たり前だと思いませんか?

最初から【数珠は人から貰うもの】という考え方になっている

数珠は【嫁入り道具】の1つとして贈るということもあります。

結婚する娘のために、新しい数珠を買って贈ったり、あるいは、親が使っていた数珠をキレイに直してから贈るのです。

この『嫁入りする娘に数珠を贈る』という慣習がある地域の場合、そこに住む人たちは最初から【数珠は人から貰うもの】という認識が根付いています。

その結果、数珠は人から貰うものだから自分で買ってはいけない、という考え方になります。

でも、先ほども言いましたが、本来なら数珠は自分で買うものなので、人から貰うというのは特殊なケースなんですよね。

とはいえ、嫁入り道具に数珠を贈るのはとても素敵な習慣だと思いますので、その数珠は大事に使ってくださいね。

ただし、『自分で買ってはいけない』という認識は変えてほしいと思います。

その地域のルール

仏事というのは、その地域によって【やり方】や【考え方】の違いがたくさんあります。

ですから、もともと『自分で数珠を買うことを良しとしない』という考えの地域もあります。

そのような地域では、おそらく【縁起が悪い】などの理由で、自然に『数珠を自分で買う=良くないこと』みたいな考え方が根強く残っているのでしょう。

しかし、それはあくまで【その地域のルール】にすぎません。

地域のやり方や考え方に従うことは大事なのですが、それは《その地域だけのルール》であって、数珠はあくまでも【自分で選んで買うもの】ということを知っておいてくださいね。

自分で買うなら、どんな数珠を選べばいいの?

数珠は自分で買うものですが、いざ買おうと思っても「どんな数珠を買えばいいのか分からない。」という人もいることでしょう。

数珠には、

  1. 本式念珠:お坊さんが使うような数珠
  2. 略式念珠:一般の人が使うような数珠

の2つがあります。

あなたが数珠を買うときには『略式念珠』を選べば大丈夫です。

『略式念珠』は、どの宗派でも使えますし、取り扱いもラクなんです。

ですから、とりあえず『略式念珠』を1つ買っておけば問題はありません。

そして、購入する数珠の価格は、

3,000円~10,000円(税込)

くらいを目安をしましょう。

これくらいの価格であれば、買い求めやすいですし、数珠の品質も十分に高いですよ。

数珠にはたくさんの種類がありますので、もしも「いろいろ種類がありすぎて選べない!」という人は、別記事の『【コレなら間違いなし!】お坊さんが厳選した数珠(男女別5選)を紹介します』を参考にしてみてください。

まとめ:数珠は自分で買ってもいい。というか、自分で買いましょう。

一部の人は「数珠を自分で買ってはいけない。」と言っています。

そのように言われるのは、

  • 誰かの不幸を暗示するみたいで縁起が悪い
  • 最初から【数珠は人から貰うもの】という考え方になっている
  • その地域のルール

などが理由です。

しかし、いずれも《迷信》や《地域のルール》なので、特に気にすることはありません。

なので、数珠は自分で買ってもいいですよ。

というか、数珠には《仏様のチカラ》が宿ると言われているので、自分が使う数珠はちゃんと自分自身で買うべきです。

数珠を買うときは、どの宗派でも使えて取り扱いも簡単な『略式念珠』を選ぶといいですよ。

そして、購入する数珠の価格は【3,000円~10,000円】くらいのものを選べば、買い求めやすくて品質も十分に高いです。

自分で使う数珠は、自分で選んで自分がお金を出して買うからこそ、愛着もわきますし大事に使えます。

ですから、あなたの周りの人が何と言おうと、数珠は基本的に人から貰わずに自分で購入してください。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >