数珠

【お坊さんが解説】数珠を自分で買ってはいけないと言われる理由とその真偽について

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな疑問を解消します
  • 数珠を自分で買ってはいけないって本当なの?
  • なぜ数珠を自分で買っちゃダメなの?
  • どうやって数珠を入手すればいいの?

一部の人たちは「数珠を自分で買ってはいけない。」と言います。

そのように言われる理由は、

  • 数珠を自分で買うと【縁起が悪い】と考えられているから
  • 数珠は自分で買うものではないという【地域の習慣】があるから

です。

でも、数珠は自分で買っても大丈夫

というか、むしろ数珠は自分で買うべきです。

数珠には『仏様』が宿って持ち主を守り清めてくれますので、自分で使う数珠はちゃんと自分で選び、自分で買うことが大事です。

この記事を最後まで読むと、安心して自分で数珠を買えるようになりますので、ぜひチェックしてみてください。

数珠を自分で買ってはいけないの?

誰が言い始めたのか分かりませんが、一部の人たちは「数珠を自分で買ってはいけない。」と言います。

そんなことを言われたら、自分で数珠を買うのが【悪いこと】みたいで心配になりますよね?

でも、安心してください。数珠は自分で買っても大丈夫、というか本来なら数珠は自分で買うべきなのです。

なぜなら、『数珠には仏様が宿って、持ち主を清めて守ってくれる』とされているからです。

例えば、お葬式で焼香をするときには数珠を左手に持ちますが、アレってじつは数珠を持つことで自分の体を清めているんですよね。

焼香をするにあたり自分の体を清めることが《故人に対する礼儀》ですから、そのために数珠を持って体を清めているわけです。

たまに他の人の数珠を借りている人がいますが、本当は数珠を借りるのはよくないのです。

数珠には持ち主の【仏様に対する感謝の気持ち】や【故人を供養する気持ち】がたくさん詰まっており、だからこそ数珠に仏様が宿って持ち主を清め守ってくれます。

他の人の数珠を借りることは、本当なら持ち主が受けるべき《数珠に宿った仏様のチカラ》を横取りすることなのです。

それは数珠の持ち主や数珠に宿った仏様に対して失礼ですから、あなたが使う数珠はちゃんとあなた自身が選んで買わなきゃいけません。

それに、じつは、あなたと数珠にもちゃんと『ご縁』があって、たくさんある数珠の中でも《気になる数珠》というのが必ずありますので、それがあなたにとって【ご縁のある数珠】なんです。

ですから、数珠を購入するときには、【あなた専用の数珠】を、ちゃんと【あなたの目】で見て選んで、そして【あなた自身】が買うようにしてください。

《関連記事》数珠はどこで買うべき?売ってる場所と数珠の選び方をお坊さんの僕が徹底解説!

「数珠を自分で買ってはいけない」と言われる理由

自分が使う数珠はちゃんと自分で買うべきですが、なぜ一部の人は「数珠を自分で買ってはいけない。」と言うのでしょうか?

考えられる理由としては、

  1. 誰かの不幸を暗示するみたいで縁起が悪い
  2. 最初から【数珠は人から貰うもの】という考え方になっている
  3. その地域のルール

が挙げられます。

誰かの不幸を暗示するみたいで縁起が悪いから

『数珠を使う場面』と聞いて多くの人が連想するのは【お葬式】です。

そのせいか、新しい数珠を買うことが『近いうちにお葬式(不幸)があるだろう』と予想して準備をすることのように解釈できてしまいます。

それで、数珠を買うことは『誰かの不幸を暗示するみたいで縁起が悪い』と考えられ、それがさらに変化して「自分で数珠を買うと《身近な人》に不幸がおきる。」と言われるようになりました。

しかし、そんなのは完全な《迷信》で《嘘》ですから、まったく気にしなくてもいいですよ。

人はいつその命を終えるか誰にも分かりませんが、必ずそのときはやって来ます。

ですから、いざというときには、ちゃんと数珠を手にして冥福を祈ることができるようにしておくべきなのです。

あと、念のために言っておきますが、【数珠を買うこと】と【不幸があること】には何の因果関係もありませんので安心してください。

そもそもの話ですが、数珠を使うのはお葬式だけでなく、

  • 法事
  • お墓参り
  • お仏壇参り
  • 寺院への参拝

など、あらゆる『仏事』のときに数珠を使用します。

つまり、【縁起が悪い】という発想になるのは、数珠を《お葬式》で使うことばかり考えている証拠なのです。

本来なら数珠は日常的に使うものなのですから、ちゃんと自分で選んで、自分で買いましょう。

最初から【数珠は人から貰うもの】という考え方になっている

数珠は【嫁入り道具】の1つとして贈るということもあります。

結婚する娘のために、新しい数珠を買って贈ったり、あるいは、親が使っていた数珠をキレイに直してから贈るのです。

この『嫁入りする娘に数珠を贈る』という慣習がある地域の場合、そこに住む人たちは最初から【数珠は人から貰うもの】という認識が根付いています。

そのため『数珠は人から貰うものだから自分で買ってはいけない』という考え方になります。

しかし、先ほども言いましたが、本来なら数珠は自分で買うものですから、あくまで人から貰うというのは特殊なケースなんですよね。

とはいうものの、嫁入り道具に数珠を贈ることはとても素敵な慣習だと思いますので、その数珠は大事に使ってほしいと思います。

その地域のルール

仏事というのは、地域によって【やり方】や【考え方】の違いがたくさんあります。

ですから、その地域のルールで『自分で数珠を買うことを良しとしない』というところもあります。

そのような地域では、先ほど解説した【縁起が悪い】などの理由で、自然に『数珠を自分で買う=良くないこと』みたいな考え方が根強く残っているのでしょう。

しかし、それはあくまで【その地域だけのルール】にすぎません。

地域のやり方や考え方に従うことは大事ですが、それは《その地域だけのルール》であって、数珠はあくまでも【自分で選んで買うもの】ということを知っておいてください。

数珠は誰かの『お下がり』を使ってもいいの?

自分が使う数珠はちゃんと自分自身で買うべきです。

しかし、【自分で買った数珠だけを使うべき】というわけではありません。

先ほども少し言いましたが《誰かが使っていた数珠》つまり誰かの『お下がり』の数珠を使っても問題はありません。

僕がダメだと言っているのは【最初から誰かの数珠を借りるつもりで自分の数珠を買わない】ということです。

使われなくなった数珠を誰かが引き継いで使うのは、その数珠をとても大事にすることですから、特に《亡くなった人が使っていた数珠》については他の誰かが引き継いで使ってもいいでしょう。

例えば、亡くなった家族の数珠がある場合、それを無理に処分をする必要はなく、【形見】として大切に保管しておいてもいいですし、あるいは他の家族が引き継いで使ってもいいのです。

もしも、修理が必要な状態であれば、房を交換したり、ヒモを締め直すなどリメイクしてから使いましょう。

その数珠には《亡き家族》と《引き継いだ家族》の両者の思いが込められますので、とても大事な数珠になります。

自分で買うなら、どんな数珠を選べばいいの?

読者さんの中には、『数珠を買おうと思っても、どんなものを選べばいいのか分からない』という人もいることでしょう。

数珠には、

  • 本式念珠:お坊さんが使うような数珠
  • 略式念珠:一般の人が使うような数珠

の2つがあります。

あなたが数珠を買うときには、どの宗派でも使えて取り扱いもラクな『略式念珠』を選べば大丈夫です。

お坊さんでもない限り、とりあえず『略式念珠』を1つ買っておけば問題はありません。

購入する略式念珠の価格は、

3,000円~10,000円(税込)

くらいを目安にしましょう。

これくらいの価格であれば、比較的買い求めやすくて数珠の品質も十分に高いです。

数珠にはたくさんの種類がありますので、もしも「いろいろ種類がありすぎて選べない!」という人は、別記事の『【2023年最新版】お坊さんが厳選したおすすめの数珠(男女別5選)を紹介』を参考にしてみてください。

まとめ:数珠は自分で買いましょう。

一部の人は「数珠を自分で買ってはいけない。」と言っています。

そのように言われるのは、

  • 誰かの不幸を暗示するみたいで縁起が悪い
  • 最初から【数珠は人から貰うもの】という考え方になっている
  • その地域のルール

などが理由です。

しかし、いずれも《迷信》や《地域のルール》であり、特に気にすることはありません。

なので、数珠は自分で買ってもいいですよ。

というか、数珠には《仏様のチカラ》が宿ると言われているので、自分が使う数珠はちゃんと自分自身で買うべきです。

数珠を買うときは、どの宗派でも使えて取り扱いも簡単な『略式念珠』を選んでください。

そして、購入する数珠の価格は【3,000円~10,000円(税込)】くらいのものを選べば、買い求めやすくて品質も十分に高いです。

自分で使う数珠は、自分で選んで自分がお金を出して買うからこそ、愛着もわきますし大事に使えます。

ですから、あなたの周りの人が何と言おうと、数珠は基本的に人から貰わずに自分で購入してください。

『未熟僧ブログ』のホームに戻る >

いい葬儀 バナー