仏事全般

初めて数珠を買うなら【略式念珠】を選ぶのが正解!

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 初めて数珠を買うなら、どういう数珠を選べばいいの?
  • 数珠は借りちゃダメなの?

お葬式に参列する時には『数珠』を使います。

日本の場合は、ほとんどのお葬式が【仏式】なので数珠を使っているわけです。

数珠というのは、お葬式だけではなく法事の時にも使うので意外と使用頻度は高いんですよね。

だから、あなたがもしも自分専用の『数珠』を持っていないなら、すぐにでも買った方がいいですよ。

言い方がキツくなりますが、ハッキリ言って、

  • いい大人が数珠を持ってないなんて恥ずかしい

ですからね。

とはいえ、どんな数珠を買えばいいのか分からないですよね?

もう先に言っておきますね。

初めて数珠を買うのなら、

略式念珠(りゃくしきねんじゅ)

を選んでください。

略式念珠を1つ持っていれば、すべての【仏式の法要や行事】で使うことができるので非常に便利なんです。

この記事を読むと、

  • 略式念珠を買うべき理由
  • なぜ数珠を買った方がいいのか

が分かります。

数珠は『より丁寧な故人の供養』をするためにも必ず1つは持っておいた方がいいです。

あなたが恥ずかしい思いをしないためにも、この記事を読み終わったらすぐに購入することをおススメします。

《Amazon》仏壇屋 滝田商店 京念珠 数珠 男性用 青虎目石 22玉 正絹頭付房 数珠袋付き すべての宗派で使える男物念珠 証明書付

数珠にはどんな意味があるのか

まずは、『数珠』にどんな意味があるのかを簡単に説明します。

数珠には、

  1. お経を読む回数をカウントする道具
  2. 数珠を使う人の身体を清める

という2つの意味があります。

お坊さんはお経を繰り返しお唱えする時に、回数を間違わないように、1回お唱えしたら指で珠を1つ送る、という作業をしています。

だから、【回数を数える珠】という意味で『数珠』という名前になっています。

また、仏様のお名前をお唱えする【念仏】の時に使われるので『念珠(ねんじゅ)』という呼び方もしています。

でも、べつに数珠はお坊さん専用の仏具ではありません。

繰り返しお経をお唱えする時は、誰でも数珠を使っていいのです、というか、本来はそのための仏具なのです。

もう1つ、数珠を使う大事な意味が『使う人の身体を清める』ということです。

数珠というのは108個の珠で作られています。

細かく言うと他にも珠はあるのですが、重要な意味があるのは、主になっている108個の珠です。

数珠を使っていると、1つ1つの珠に【仏様のチカラ】が宿り、それによって私たちの欲望が少しずつ消えていくと言われています。

私たちの欲望は【108】あるので、これらをすべて消していくために数珠の珠を108個にしているのです。

つまり、お葬式や法事で数珠を持つのは、仏様のチカラが宿った数珠で自分自身の身体を清めて、それから故人や故人の位牌と向き合うためなんです。

数珠の説明をし始めると非常に長くなってしまうので、ここではザックリと説明をしました。

もっと詳しく数珠のこと知りたい人は、コチラの記事で解説していますので読んでみてください。

数珠とは何か?数珠を持つ意味と使い方(持ち方)を説明します。

数珠には【本式(本連)念珠】と【略式念珠】という2つの種類がある

僕たちお坊さんが使っている数珠の珠は108個あります。

でも、あなたがよく見る数珠って、珠の数がもっと少ないような気がしませんか?

じつは、数珠には、

  1. 本式(本連)念珠
  2. 略式念珠

の2種類があるんです。

本式(本連)念珠とは

数珠の基本は、【珠の数が108個】であることです。

そして、僕たちお坊さんもこれを使っています。

要するに、正式な数珠には珠が108個あるんですよね。

この正式な数珠のことを、

本式(本連)念珠

といいます。

もしかすると、あなたは「故人を丁寧に供養するためにも本式念珠を使いたい」と思うかもしれませんが、それはチョット待ってください。

じつは、本式念珠は宗派によって形状が違います。

ですから、あなたが「数珠はちゃんと本式念珠を使いたい」というのであれば、あなたが信仰している宗派の本式念珠を買わなくてはいけません。

しかし、もしもあなたが他の宗派で執り行われるお葬式に参列する場合、あなたが買った本式念珠は使わない方がいいです。

細かいことを言うようですが、宗派が違う数珠を使うのは好ましくないからです。

そうはいっても、「あっ!あの人は他の宗派の数珠を使ってる!」なんて気が付く人はいないでしょうけどね。

もちろん、あなたが参列するお葬式があなたの信仰する宗派と同じであれば本式念珠を使ってください。

あるいは、あなたの家の法事の時や、親戚であれば同じ宗派の可能性が高いので、親戚のお葬式の時などにも使えますね。

ただ、

  • 本式念珠は【正式】な数珠だが、ある程度は使用の制限がある

ということを知っておいてください。

略式念珠とは

数珠にはもう1つ、珠の数が108個ではないモノがあります。

そして、お坊さん達が法要でそのような数珠を使うことはありません。

なぜなら、珠の数が108個ではない数珠は【略式】のモノだからです。

この【略式】の数珠のことを、

略式念珠

といいます、そのままですけどね。

略式念珠の珠の数が正式な【108個】ではないのなら、いったい何個なのでしょう?

じつは、略式念珠の珠の数は統一されていないのです。

でも、よく見かけるのは、

  • 27珠
  • 22珠
  • 18珠

あたりの数珠ですね。

略式念珠は、あくまで【略式】なので、本式念珠のように宗派による違いはありません。

ですから、略式念珠はどの宗派でも使える『オールマイティーな数珠』といえます。

また、数珠によって【珠の数】が違っていても、デザイン上の理由で数が違うというだけで、数珠の意味や効果が変わるなんてこともありません。

ついでに言うと、本式念珠と略式念珠では、当然ながら【本式念珠の方が高価】です。

本式念珠の方が、珠の数が多かったり、作りがより複雑になるのですから仕方ありませんよね。

数珠には一応、【男性用】と【女性用】がある

数珠というのは仏教を信仰する人みんなが持つべき仏具です。

ということで、最近の数珠って一応は【男性用】と【女性用】に分けられています。

といっても、色やデザインが少しだけ『男性ウケ』あるいは『女性ウケ』するように作られているだけなんですけどね。

ですから、男女で珠の数や基本的な構造に違いはありませんし、もちろん数珠の意味や効果だって何も変わりません

あなたの好みの数珠を買えばいいのです。

だから「俺はピンク色が好きなんだ!」とか「私は黒がいいなぁ♪」というのであれば、べつに男性用とか女性用なんて気にせず買ってもOKですよ。

初めて数珠を買うなら【略式念珠】を選べ!

数珠には【本式念珠】と【略式念珠】があり、それぞれの違いもお分かりいただけたと思います。

じゃあ、あなたが数珠を買うならどちらの方がいいか。

もちろん、どちらを選ぶかはあなたの自由ですよ。

あなたの自由ではあるのですが、僕としては、

略式念珠

を強くおすすめします。

だって、略式念珠の方が、

  1. 宗派を問わず使うことができる
  2. 価格が安い
  3. 取り扱いがカンタン

ですから。

先ほども言ったように、略式念珠に宗派の違いはないので、いろんな宗派の法要に対応できます。

つまり、宗派に合わせて数珠を買い分ける必要がなく、略式念珠を1つ持っているだけでいいんですよね♪

そして、略式念珠というのは、本式念珠に比べると珠の数も少ないですし、構造も単純です。

だから、その分だけ少し価格が安いです。

とはいえ、何でもそうですが、略式念珠の価格にはピンからキリまでありますけどね。

また、本式念珠を使う時には、

  • どの指に数珠をかけるのか
  • どうやって数珠を擦(す)るのか
  • 房を垂らすのは手のひらの外側なのか内側なのか

など、宗派によって数珠の取扱い方にいろいろと決まりがあるんですよ。

でも、略式念珠はそれがありません。

略式念珠の取り扱い方は、

左手(または左腕)にかけて、房を下へ垂らす

これだけです、とてもシンプル!

だから、略式念珠の方がダンゼン取扱いがカンタンなのです。

以上のように、本式念珠と略式念珠を比較すると、基本的にはいろいろとメリットの多い【略式念珠】の方を選ぶべきなんですよね。

もし、それでも【本式念珠】がいいというなら、とりあえずは【略式念珠】を先に買って、それを使い慣れたら【本式念珠】に買い替えると、いうカンジがいいと思います。

数珠は借りずにちゃんと買う

僕がお葬式や法事をしていてよく見かける光景があります。

それは、法要中に、

  • 家族どうしで数珠の貸し借りをする

という光景です。

お焼香をする時になると、数珠を家族どうしで順番に渡してお焼香をしているのです。

一見すると1つの数珠を家族で大事に使っているように思えるのですが、これはダメです。

たとえ家族とはいえ【数珠の貸し借り】はよくないですよ。

数珠には仏様が宿りますが、それは心を込めて大事に数珠を使ってきたからこそなのです。

要するに、数珠に宿った仏様のチカラは【数珠の持ち主】のために発揮されるのです。

数珠を借りることは、本来の持ち主のために使われる仏様のチカラを横取りするようなものです。

数珠は1人に1つずつ購入して、それぞれが大事に使ってゆっくりと数珠を育てていくようにしましょう。

それに、社会人になればお葬式や法事に参列する機会はけっこうあります。

そのたびに、いちいち誰かに数珠を借りるわけにはいかんでしょ?

僕はいつも言っていますが、社会人になったら『喪服』と『数珠』はちゃんと自分用のものを購入してください。

数珠はどこで、どのタイミングで買うの?

あなたがこの記事を読んでいるいうことは、

  • 「もしもの時のために、数珠を買っておかなきゃ・・・。」

と思っているんですよね?

だったら、今すぐにでも数珠を買いましょう。

多くの人は【数珠を買う】なんていうことは後回しにしてしまいます。

それに数珠を買うと、なんだか『不幸に向けて準備している』みたいで縁起が悪いという感覚になるみたいなんですよね。

しかし、それだといざという時に困ってしまいます。

人はいつ命を終えてしまうか分かりません。

ですから、お葬式の知らせはいつも急にやって来ます。

そして、お葬式は基本的に、亡くなってから3~4日以内に執り行われます。

それで結局、「やばい、数珠を買いに行くヒマがないぞ。」なんて慌ててしまうんです。

ですから、数珠は前もって買っておきましょう。

数珠は、街中にある仏具店でいろんな種類のものがたくさん販売されています。

ぜひ時間を作って家族全員の数珠を買いに行ってください。

もしも近くに仏具店がないのなら、最近はインターネットでも手ごろな価格で高品質な数珠が販売されていますから探してみてください。

未熟僧
未熟僧
ちなみに、男性用であればコチラのような数珠が人気ですから参考にしてみてください。

《Amazon》仏壇屋 滝田商店 京念珠 数珠 男性用 青虎目石 22玉 正絹頭付房 数珠袋付き すべての宗派で使える男物念珠 証明書付

腕輪念珠は法要の時には使えません

最近では、手首に『ブレスレット型の数珠』をつけている人を多く見かけるようになりました。

この『ブレスレット型の数珠』のことを、【腕輪念珠(うでわねんじゅ)】といいます。

どうやら最近の腕輪数珠は、珠に【パワーストーン】が使われているようですね。

つまり、腕輪数珠を【お守り】のように使っているというわけです。

なので、もしかすると若い世代の人なんかは、【数珠】と聞いて腕輪念珠を思い浮かべる人も多いかもしれませんね。

たしかに、数珠をずっと使っていると仏様が宿りますから、ちゃんとした【お守り】になることでしょう。

しかし、お葬式や法事など、法要の時には腕輪念珠を使うことはできません。

腕輪念珠は、あくまでも【アクセサリー】なんです。

そう、本式でも略式でもない、ただの【アクセサリー】です。

あっ、《腕輪念珠をして、さらに略式念珠を持つ》というのはOKですよ。

腕輪念珠を単体で、本式念珠や略式念珠のようには使えませんよ、ということです。

まとめ:初めて数珠を買うなら【略式念珠】を選びましょう

日本のお葬式や法事は、ほとんどが【仏式】です。

だから、あなたが参列するお葬式や法事のほとんどは【仏式】ということになりますね。

仏式のお葬式や法事では、お坊さんだけでなく参列者も『数珠』を使います。

数珠を使うのは、自分自身を清めるためです。

自分を清めてキレイにしてから、故人に向かって手を合わせて焼香をするのです。

それが故人に対する礼儀になります。

だから、もしもあなたがまだ『数珠』を持っていないのなら、これを機会に買いましょう。

そして、あなたが選ぶべき数珠は、

略式念珠

です。

もちろん本式念珠を使うのが丁寧なんですけど、本式念珠は宗派によって形状が違うため、使える場面が限定されてしまいます。

しかし、略式念珠であれば、いろんな宗派に対応していますし、値段も安くて、なおかつ取り扱いもカンタンです。

なので、値段が5,000円〜10,000円くらいの略式念珠を買えば品質的にも問題ありませんから、それで十分なんです。

大事なことですが、数珠は必ず自分専用のモノを持つようにしてください。

数珠は他の人のを借りてはダメですからね。

他人の数珠のチカラを借りるのではなく、あなたが築き上げた数珠のチカラで自分自身を清めてください。

ちゃんとあなた専用の数珠を使い、しっかりと身を清めて故人を偲び丁寧に供養をしてあげてください。

《Amazon》仏壇屋 滝田商店 京念珠 数珠 男性用 青虎目石 22玉 正絹頭付房 数珠袋付き すべての宗派で使える男物念珠 証明書付