お墓の疑問

お墓参りに犬を一緒に連れて行くのはダメ?犬を連れる時の注意点。

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • お墓参りに愛犬を一緒に連れて行きたい
  • 『お墓参りに犬を連れて行ってはいけない』って聞いたけど、本当なの?
  • 犬を連れてお墓参りをするときには、どんなことに注意しなくちゃいけないの?

あなたの家のワンちゃんは飼い始めてから何年くらい経ちますか?

きっと、もうすっかり【家族の一員】でしょう。

犬というのはとても存在感があるので、どこへ行くにも「ウチの子も一緒に連れて行きたい!」と思いますよね。

でも、いくら飼い犬が家族の一員だとしても『お墓参り』となれば少し考えなくてはいけません。

お坊さんの僕としては、お墓参りに行くなら飼い犬には家で留守番をしてもらうという方がいいと思います。

ただし、犬を連れるときの注意点を厳守していれば、一緒にお墓参りをすることは可能です。

ですから、【絶対にダメ】なのではなく【好ましくない】というカンジです。

この記事では、

  • お墓参りに犬を連れて行かない方がいい理由
  • お墓参りに犬を連れて行くときの注意点

について《お坊さん目線》で書いています。

あなたが少しでも《お墓参りに犬を連れて行くこと》を心配に思ったのなら、ぜひ最後まで読んでみてください。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >

お墓参りに犬を一緒に連れて行くのはダメ?

犬を飼っている人の中には、『出かけるときは、いつも犬を一緒に連れて行く』という人も多いです。

なぜなら、飼い犬は大切な【家族の一員】だから。

ですから、お墓参りに行くときも同じように、飼い犬も含めて《家族みんな》で行くという人が多いんですよね。

僕は犬が好きなので、その気持ちがよく分かります。

よく分かるんですが、お墓参りに行くなら、飼い犬には《家でお留守番》をしてもらう方がいいですよ。

誤解しないでほしいのですが、僕は「絶対に犬をお墓参りに連れて行っちゃダメ!」と言っているわけじゃありません。

後ほど紹介しますが、他の人の迷惑にならないよう最低限の注意点を厳守していれば、犬を連れてお墓参りをすることは可能です。

でも、どんなに賢い犬でも時には失敗をしたり、何らかのトラブルを起こす可能性があり、もしも何かトラブルが起きた場合は相手の怒りや恨みが愛犬に向かってしまうケースもあるんですよね。

ですから、お墓参りに犬を連れて行くのが絶対ダメではないけれど、できるだけ連れて行かない方がいいと思うんです。

・・・・・。

・・・とはいえ、愛犬だけを家に残すというのは心配でしょうし、きっと外出先でも愛犬の様子が気になって仕方ないですよね。

おそらく【犬を飼っている人】のみんながそのような気持ちになるはずです。

そんな愛犬家のために、最近では『家にいる犬の様子をスマホで確認できる』という便利なアイテムがあって、お墓参りをしているときでも家にいるワンちゃんの様子を見られるので安心ですよ。

スマホさえあれば、リアルタイムで愛犬の様子を確認できて非常に便利ですから、興味のある方はチェックしてみてください。

お墓参りに犬を連れて行かない方がいい理由

飼い犬を連れてお墓参りをしたくても、それができないケースがあります。

じつは、ペットの連れ込みを禁止しているお寺や霊園が多いんですよね。

そのような場合は、残念ながら飼い犬を連れてお墓参りができません。

お寺や霊園でペットの連れ込みを禁止するのは、それなりに『お墓参りに犬を連れて行かない方がいい理由』があるので詳しく説明をしていきます。

どんな犬でも【失敗】をしてしまう可能性があるから

お墓参りに犬を連れて行かない方がいい理由のまず1つめは、

どんな犬でも【失敗】をしてしまう可能性があるから

です。

普段はとてもお利口さんで行儀のよい犬でも、そこはやっぱり動物なので、ときには失敗をしてしまったり、本能的な反応が出てしまうことだってあります。

例えば、万が一あなたの犬が【他の家の墓石に尿をかけてしまった】としたらどうでしょう?

その家の人は間違いなく怒りますよね、だって自分の家のお墓に知らない犬が尿をかけたんですから。

そうなると、あなたがどんなに謝罪をして、どんなに完ぺきにその部分を掃除したとしても、その家の人はずっと、

あぁ、ここにオシッコをかけられたんだよなぁ・・・。

と忘れることはありません。

あなただって、それ以後はその家の人に合わせる顔がないですよね?

墓石ではなくても、お寺や霊園の建物、通路、植栽などの『共有スペース』に尿や糞をしてしまう可能性もあります。

また、飼い犬の機嫌が悪くて、何かの拍子に【他の人に噛みついてケガをさせた】なんてことがあると大変です、場合によっては『損害賠償請求』をされますよ。

・・・そうですよね、おそらくあなたのワンちゃんはそんな失敗をしないのでしょう。

しかし、あなたにはそのことが分かっていても、他の人にとっては、あなたの飼い犬は『何をするか分からない存在』なんです。

というわけで、お寺や霊園としては、みんなが安心してお墓参りができるようにしたいので【ペットの連れ込みは禁止】にしています。

鳴き声がうるさいから

お墓参りに犬を連れて行かない方がいい理由の2つめは、

鳴き声がうるさいから

です。

犬が何かを訴えたい時には「ワンワンッ!」って吠えますよね。

でも、犬の鳴き声というのは、小型犬なら脳天までキーンと響く高音、大型犬ならドスの効いた迫力ある低音で、どちらもまぁまぁの大音量です。

僕は犬が好きですけど、それでも近所でワンワン吠えていると「なんか騒がしいな、どうした?」って思います。

それがもしも【そんなに犬が好きではない人】からすると、犬が吠えていたら「何だよ、うるせぇな!」ってなっちゃいます。

あと、犬が急に吠えると・・・けっこうビックリします。

誰かの家の前を歩いていて、垣根のむこうから急に「ワンッ!」って吠えられたら、本当にビックリしますし、その後もしばらくは心臓がバクバクしますからね。

それに、人によっては【犬の鳴き声】そのものが怖いのです。

お墓参りというのは【心静かに手を合わせる】ものです。

せっかくお墓参りをしているのに、すぐ近くで他の家の犬がワンワンと吠えていたら、心静かに手を合わせられないと思いませんか?

犬は『畜生(ちくしょう)』だと考えられているから

お墓参りに犬を連れて行かない方がいい理由の3つめは、

犬は『畜生道』の世界を生きているから

です。

これは完全に【宗教的な理由】です。

仏教の考え方には、

私たちが悟りを得るまでの間は、

  1. 天道(てんどう)
  2. 人道(にんどう)
  3. 修羅道(しゅらどう)
  4. 畜生道(ちくしょうどう)
  5. 餓鬼道(がきどう)
  6. 地獄道(じごくどう)

という6つの苦しみの世界=六道(ろくどう)の中で生死をくり返す。

というものがあります。

仏教では、この6つの苦しみの世界から離れることを目指しており、『①天道』に近づくほど苦しみは少なく、それだけ【仏界に近い世界】となります。

そして、私たち人間は『②人道』の世界を生きていて、犬などの動物は『④畜生道』の世界を生きているのです。

これは、人間と犬では、同じ空間にいてもそれぞれ【違う世界】を生きていること、そして人間の方が他の動物よりも【高い次元の世界】に生きていることを意味します。

それで、ここからが大事です。

お墓というのは『この世とあの世を結ぶもの』であり、さらに『仏様たちが宿る場所』でもあります。

私たちは、ご先祖様や亡き家族に対して日頃の感謝の気持ちを伝えたり、家族のいろんな報告をするために、この世とあの世を結んでいるお墓にお参りをしているんです。

だから、墓地というのは『仏様の世界とつながっている清らかな場所』なんですよね。

そういう清らかな場所に【人間よりも低い世界(=畜生道)】に生きる犬を連れて行くことは不適切ということになってしまうんです。

まぁ、こんなことを言ったら多くの愛犬家の方々から猛バッシングを受けるでしょうけど、仏教的な考え方では人間と犬とではそうやって区別されているということを知っておいてください。

【関連記事】:お墓の意味や役割とは何?お墓参りでお墓はパワースポットに育つ?

犬を連れてお墓参りに行くときの注意点

何度も言いますが、僕は「絶対に犬を連れてお墓参りに行ってはいけない!」と言っているわけではありません。

犬を連れてお墓参りすることは可能です。

しかし、犬を連れて行くからには、

  • ペットの連れ込みが可能かどうか、お寺や霊園に必ず確認をする
  • 必ずリードをつけて絶対に目を離さない
  • できるだけ自宅で排泄させる
  • マナーベルト(マナーバンド)をつける
  • 他の家の墓地には入れない
  • 他の家のお墓に置いてある供物を食べないようにする
  • 犬が苦手な人は意外と多いことを意識する
  • 夏は犬を日陰に入れてあげる
  • 小型犬ならペット用のキャリーカートに入れてあげる

という注意点は必ず守りましょう。

ペットの連れ込みが可能かどうか、お寺や霊園に必ず確認をする

犬を連れてお墓参りをしたいと思っても、勝手に連れて行ってはいけませんよ。

先ほども言ったように、【ペットの連れ込みは禁止】というお寺や霊園が多いからです。

なので、【ペットの連れ込み】が可能かどうかということを必ずお寺や霊園に確認をするようにしてください。

ちなみに、『ペットと一緒に入れるお墓』がある霊園ならペットの連れ込みを許可しているところが多いです。

しかし、ペットの連れ込みが可能なお寺や霊園であっても、必ず【飼い主がしっかりとリードを握っていること】が条件となっています。

やはり、ペットを連れる場合は必ず飼い主がコントロールできる状態にしておく》ということが絶対条件なんですね。

【関連記事】:犬などのペットと一緒にお墓に入りたい場合はどうすればいいの?

必ずリードをつけて絶対に目を離さない

犬を連れてお墓参りをする時は、

必ずリードをつけて絶対に目を離さない

ということだけは厳守してください。

これはもちろん、

  • 他の家の墓石に尿をかけないようにするため
  • 他の人に噛みつかないようにするため
  • 他の人に「ちゃんと飼い主が見ているんだな」と分かってもらうため

ですね。

要するに、他の人に迷惑をかけないように必ずリードをつけてくださいね、ということです。

これができないなら、絶対に犬をお墓参りに連れて行ってはいけません。

できるだけ自宅で排泄をさせる

あなたは外へ出かける前にはトイレに行きますよね?

出かけてからトイレに行きたくなったら、どこかへ立ち寄って用を足さなきゃいけませんからね。

それは犬も同じです。

お墓参りに出かける前に、

できるだけ自宅で排泄させる

ように心がけましょう。

とはいえ、一声かければ自分から排泄をしてくれる犬はなかなかいないでしょう。

なので、出かける前に排泄するように『促してみる』ということをすればいいです。

もちろん、その子に合った促し方をしてもらえればけっこうですよ。

マナーベルト(マナーバンド)をつける

いくらお利口な犬でも、出かける前に排泄できないことだってありますよね。

そのような時には、できれば、

マナーベルト(マナーバンド)

をつけてあげてください。

これをつけていれば墓石にマーキングしてしまうことがないので安心です。

ただ、マナーベルトを嫌がる子もいると思います。

そうなると、【排泄するのを待ってから出かける】か【いつも使用しているトイレシートを持参する】といった対策が必要になるでしょうね。

他の家の墓地には入れない

先ほども言いましたが、お墓は【この世とあの世をつなぐもの】で、仏様たちが宿る場所でもあり、とても『神聖な場所』なんですよね。

そんな神聖な場所ですから、他の家の墓地に犬を入れてしまってはいけません。

わざとではなかったり、犬が何もイタズラをしなかったとしても、それでもダメです。

キツイ言い方になりますが、勝手に動物を墓地に入れることは、その墓地を穢(けが)して、その家の仏様たちを冒とくする行為となってしまいます。

なので、他の家の墓地の前を通るときには十分に注意してくださいね。

他の家のお墓に置いてある供物を食べないようにする

あなたもご存じのように《犬の嗅覚》は非常に優れており、人間の【100万倍~1億倍】とも言われています。

ですから、他の家のお墓に供えられた『供物』の匂いを犬はしっかりとキャッチしています。

そして、お墓の前を通るとき、そこに美味しそうな匂いの供物があったら、クンクンクン・・・パクッ!なんてこともあるのです。

なので、

他の家のお墓に置いてある供物を食べないようにする

という点に注意しましょう。

最近の霊園では、小さなお墓を建てる人が増えており、そのようなお墓は《通路と墓石の距離》がほとんどありません。

なので、通路からそのままお墓へ、線香・お花・供物を供えることができるのです。

しかし、それは犬にとっても口が届く距離となるので、小さなお墓の前を通るときには、置いてある供物を犬が食べてしまわないよう十分に注意をしてください。

犬が苦手な人は意外と多いことを意識する

僕は昔から犬が好きです。

でも、僕の周りには【犬が苦手】という人もいます。

お墓参りに来る人は愛犬家ばかりではなく、犬に近寄ることさえできない人だっているんです。

もしも、あなたの犬が通路をふさいでしまい、その人がお墓まで行けなくなっていたら大迷惑です。

あなたの犬が誰かを怖がらせてしまう可能性があることをしっかりと認識してくださいね。

夏は犬を日陰に入れてあげる

最近の夏の暑さは異常ですよね。

なので、夏のお墓参りに犬を連れて行くなら、

犬を日陰に入れてあげる

ということが大事です。

気温が上がると、それだけ地面の表面温度も上がります。

真夏の場合、アスファルトの表面温度は、なんと60℃を超えてしまうこともあるそうです。

最近の霊園の通路はちゃんと舗装されているので、アスファルトと同じような温度になってしまいます。

あなたは【顔の近くがずっと60℃以上の状態】でどのくらいの時間耐えられますか?あまりにツラくて、1~2分が限界なんじゃないですか?

だったら、愛犬にもそんなツラい思いをさせてはいけませんよね。

ですから、基本的に犬は日陰に入れてあげて、すぐに水分の補給もできるように準備をしてあげましょう。

夏のお墓参りに連れて行くのなら、いつも以上にちゃんと注意して見てあげてくださいね。

【関連記事】:夏のお墓参りの注意点。暑さ対策(水分補給や服装)が特に重要!

【おすすめ!】小型犬ならペット用のキャリーカートに入れてあげる

あなたの飼っているワンちゃんが『小型犬』の場合は、比較的お墓参りに連れて行きやすくなります。

なぜなら、小型犬であれば、

ペット用のキャリーカートに入れてあげる

ということが可能だからです。

ワンちゃんをキャリーカートに入れてあげれば、これまで紹介してきた注意点の多くがクリアできます。

小型犬の場合は《ずっと抱っこをしておく》という方法もありますが、それも意外と大変ですし、ワンちゃんにとっても少し窮屈でしょう。

一方でキャリーケースなら、飼い主もワンちゃんもラクですし、雨や日差しを避けてあげることもでき、さらには小物などを入れておく収納スペースもある。

そして、犬がちゃんとキャリーケースに入っていれば、それを見た他の人だって安心できます。

ですから、ペット連れのお墓参りが可能なお寺や霊園で、なおかつ飼い犬が小型犬の場合は、できるだけキャリーカートに入れてあげてください。

犬には車の中で待っててもらえばいいの?

何度も言いますが、犬の連れ込みを禁止しているお寺や霊園は多いです。

そのせいでしょうか、お墓参りをしている間は犬を【車の中】で待たせている人がけっこういます。

まぁ、それなら誰のお墓にも迷惑をかけないのでいいんですけどね。

でも、それって犬を一緒に連れて行く意味がありますか?

お墓参りだけではなく他の場所にも用事があるから犬も連れ出した、というなら分かります。

しかし、そうではなく、お墓参りだけのために犬を一緒に連れて行き、そして車の中で待たせる、というのならヤメた方がいいです。

もしかすると、とりあえずワンちゃんを家の外へ連れ出してあげることが目的なのかもしれませんが、それだったらちゃんと散歩させてあげた方がいいかと。

しかも、夏なんかに犬を車の中で待たせたら非常に危険です。

窓を開けてあげればいいのですが、かといって全開にするわけにもいきません。

たかだか10cm~20cmくらい窓を開けただけじゃ、車内温度はものすごく高いままです。

いくら水分補給をしてあげたところで、犬にとって夏の車内は暑くて苦しい場所になってしまいます。

それに、ワンちゃんだって、少しの時間なら家でお留守番をしても大丈夫ですよね。

わざわざ危険を冒してまで車内で待たせないで、ワンちゃんには一番落ち着く【自宅】で待っていてもらいましょう。

まとめ:お墓参りに行く時は、犬には【お留守番】してもらう方が無難!

犬などのペットは、飼い主にとって【大切な家族の一員】です。

だから、「どこへ出かけるにも一緒に連れて行ってあげたい」と思う気持ちはよく分かります。

でも、『お墓参り』となると少し考えなければなりません。

当たり前のように犬をお墓へ連れて行ってはいけませんよ。

犬を連れて行く場合は、

  • ペットの連れ込みが可能かどうか、お寺や霊園に必ず確認をする
  • 必ずリードをつけて絶対に目を離さない
  • できるだけ自宅で排泄させる
  • マナーベルト(マナーバンド)をつける
  • 他の家の墓地には入れない
  • 他の家のお墓に置いてある供物を食べないようにする
  • 犬が苦手な人は意外と多いことを意識する
  • 夏は犬を日陰に入れてあげる
  • 小型犬ならペット用のキャリーカートに入れてあげる

といったことは厳守しましょう。

ただし、いくらお寺や霊園がペットの連れ込みを許可していたとしても、

  • 原則として『お墓参り』には動物を連れて行かない方がいい

ということは知っておいてくださいね。

墓地というのは各家のご先祖様たちの遺骨が納められている『神聖な場所』であり『あの世に1番近い場所』でもあります。

そのような場所に【畜生】となる動物を連れて行くことは不適切なことなんです。

また、残念ながら、犬はときどき【失敗】をしてしまいます。

万が一、他の家の墓地にマーキングしちゃったり、興奮して他の人に噛みついちゃったら大変です。

当然ながら、その責任のすべては飼い主であるあなたが負わなければなりません。

それに、世の中には『犬が苦手』という人がけっこう多いんです。

べつに「犬を絶対に連れて行くな!」と言っているわけではありませんが、いろんなリスクをおかしてまで連れて行く必要がありますか?

お墓参りをするなら、飼い犬には『番犬』として家を守ってもらって、できるだけ人間だけでお参りしましょう。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >