お墓

お墓参りに犬を一緒に連れて行くのはダメ?犬を連れる時の注意点。

どうも、お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • お墓参りの時に、犬も一緒に連れて行きたい
  • お墓参りに犬を連れて行くのって、やっぱりダメなのかな?
  • 犬を連れてお墓参りをするとしたら、どんなことに注意しなくちゃいけないの?

犬ってメチャクチャ可愛いですよね?

しっぽをブンブン振りながら近寄って来てくれると、たまらずギューッ♪ってしたくなります。

顔をベロベロ舐められて「くっせー!」なんて言いながらも、悪い気はしません。

犬という存在は最高の【癒し】を与えてくれます。

あなたの家にいる犬は、飼い始めてからどのくらいの年数がたっていますか?

きっと、もうすっかり【家族の一員】になっていますよね?

ですから、「いろんな所へ犬も一緒に連れて行く」という人はけっこう多いです。

もちろん『お墓参り』も一緒です。

ただ、いくら飼い犬が家族の一員であっても、『お墓参り』となると少し考えた方がいいと思いますよ。

えぇ、分かってます、あなたの家の犬は『ちゃんと行儀良くできる子』だから大丈夫なんですよね?

しかも、『故人がとても可愛がっていた犬』だったりすると、なおさら一緒に連れて行ってあげたくなりますよね?

そうですよね、あなたの気持ちは分かります。

でも、

お墓参りに行くなら、犬は家で【お留守番】をしてもらう方が無難

です。

誤解しないでくださいね、僕は「お墓参りには絶対に犬を連れて行ってはダメ!」と言っているのではありませんよ。

他の人の迷惑にならないようにちゃんと注意をしていれば、一緒にお墓参りをすることは可能です。

なので、【絶対にダメ】ではありませんが、【好ましいこと】でもない、というカンジですかね。

そうはいっても、あなたの「やっぱり犬も一緒に連れて行きたい」という気持ちもよく分かりますので、この記事では、

  • お墓参りに犬を連れて行くことをどう考えるのか
  • 犬を連れて行くとしたら、どんなことに注意をするべきなのか

ということについて、お坊さん目線で書いています。

あなたが今までに「お墓参りに犬を連れて行くのはマズいかな?」と思ったことがあるなら、1度この記事を読んでみてください。

お墓参りに犬を一緒に連れて行くのはダメ?

犬って本当に可愛いです。

それに、家族みんなから愛されているので、場合によっては家族内のランクが【お父さんよりも上】なんてこともあります(笑)

だから、どこかへ出かける時には『必ず犬も一緒に連れて行く』という人も多いんですよね。

それくらい飼い犬の存在は大きくて、まさに【家族の一員】なんですよね。

そんな【家族の一員】である飼い犬を『お墓参り』にも一緒に連れて行っていいかどうかで迷ったことはありませんか?

自分の家のご先祖様や亡き家族にあいさつをしに行くんですから、犬も一緒に連れて家族みんなでお参りしたくなりますよね?

でも同時に、「やっぱり【お墓の前に犬を連れて行く】のはダメなんじゃないかな?」って心配にもなると思うんですよね。

そうですよねぇ、その気持ちはよく分かります。

気持ちを分かった上で言いますが、

お墓参りに行くなら、犬は家で【お留守番】をしてもらう方が無難

ですよ。

誤解しないでほしいのですが、『絶対に連れて行ってはダメ!』というわけではありませんからね。

ダメではないけど、連れて行かない方が無難だということです。

他の人の迷惑とならないように最低限の注意点を厳守していれば犬を連れてお墓参りをすることは可能です。

そして、もしも犬と一緒にお墓参りをするなら、日頃の散歩の時よりも周囲に対してより一層の注意をはらってください。

とはいえ、・・・う~ん、まぁ十分に注意していれば大丈夫なんですが・・・それでもやっぱり僕としてはあまりおすすめはできないですねぇ。

お寺や霊園に犬を連れて行ってもよいかを必ず確認する

犬を連れてお墓参りをしたいと思っても、勝手に連れて行ってはいけませんよ。

犬などの【ペットの連れ込み】が可能かどうかというのはお寺や霊園によって違いますので必ず事前に確認をするようにしてください。

というのも、

  • 【ペットの連れ込みは不可】というお寺や霊園が多い

からです。

ちなみに、僕がいる寺でも原則として【ペットの連れ込みは不可】としています。

ただし、ウチの寺の場合は『ペットを放ってはいけない』という規則なので、しっかりとリードに繋がれていたり、抱っこされていれば一応はOKということになっています。

その他のお寺や霊園には『ペット専用のキャリーに入っていればOK』という所もありますね。

やはり、ペットを連れている場合は、必ず飼い主がコントロールできる状態にしておくということが条件ということなんですね。

【関連記事】:ペットと一緒にお墓に入りたい場合はどうすればいいの?

多くのお寺や霊園で【ペットの連れ込みは不可】となっている理由

僕のいる寺でもそうですが、原則として【ペットの連れ込みは不可】としているお寺や霊園は多いです。

中には、【ペットの連れ込みは完全に不可】とするくらい厳しい所もあるんです。

では、なぜ多くのお寺や霊園ではペットを連れ込むことに対して制限を設けているのでしょうか?

犬は『畜生(ちくしょう)』だと考えられているから

墓地への犬の連れ込みを不可とする、まず1つめの理由は、

犬は『畜生道(ちくしょうどう)』の世界に生きているから

です。

仏教の考え方で、

  • 悟りを得るまでは、『六道(ろくどう・りくどう)』という6つの苦しみの世界を輪廻転生し続ける

というものがあります。

6つの苦しみの世界である『六道』とは、

  1. 天道(てんどう)
  2. 人道(にんどう)
  3. 修羅道(しゅらどう)
  4. 畜生道(ちくしょうどう)
  5. 餓鬼道(がきどう)
  6. 地獄道(じごくどう)

のことをいいます。

①に近づくほど苦しみは少なく、それだけ【仏界に近い世界】ということになります。

そして、私たち人間は『②人道』の世界を生きていて、犬などの動物は『④畜生道』を生きているのです。

これは、人間の方が他の動物よりも【高い段階の世界】に生きていることを意味します。

つまり、人間と犬では、同じ空間にいてもそれぞれ【違う世界】を生きている、と考えているんですよ。

それで、ここからが大事です。

お墓というのは『この世とあの世(仏様のいる世界)をつなぐもの』であり、さらに『仏様たちが宿る場所』でもあります。

私たちは、ご先祖様や亡き家族に対して日頃の感謝の気持ちを伝えたり、家族のいろんな報告をするために、この世とあの世をつないでいるお墓にお参りをしているんです。

だから、墓地というのは『仏様の世界とつながっている清らかな場所』なんですよね。

そういう清らかな場所に【人間よりも低い世界(=畜生道)】に生きる犬を連れて行くことは不適切、ということになってしまうんです。

まぁ、こんなことを言ったら多くの愛犬家の方々から猛バッシングを受けるでしょうけど、仏教的な考え方では人間と犬とではそうやって区別されているということを知っておいてください。

※お墓についての詳細は、『お墓の意味や役割とは何?お墓参りでお墓はパワースポットに育つ?』の記事で解説していますので読んでみてください。

【失敗】をしてしまうしまう可能性があるから

普段はとてもお利口さんで行儀のよい犬でも、そこはやっぱり動物なので、たまに【失敗】をしてしまいます。

また、本能的な反応が出てしまうことだってあります。

例えば、万が一あなたの犬が【他の家の墓石に尿をかけてしまった】としたらどうでしょう?

その家の人は間違いなく怒ります。

だって、自分の家の仏様達とつながる【神聖な場所】に尿をかけられたんですからね。

そうなると、あなたがどんなに謝罪をして、どんなに完ぺきにその部分を掃除したとしても、その家の人はずっと、

  • 「あぁ、ここにオシッコをかけられたんだよなぁ。」

と忘れることはありません。

あなたの方だって、それ以降もその家の人に合わせる顔がないでしょ?

墓石ではなくても、お寺や霊園の建物、通路、植栽など『みんなが使用するスペース』に尿や糞をしてしまう可能性だってあります。

また、犬の機嫌が悪くて、何かの拍子に他の人に噛みついてケガをさせてしまった、なんてことがあったら大変ですよ。

場合によっては『損害賠償請求』をされますからね。

・・・はい、そうですよね、あなたの飼い犬はきっとそんな失敗はしないでしょう。

しかし、あなたにはそのことが分かっていても、他の人からすればあなたの飼い犬は『何をするか分からない存在』なんですよ。

それに、あなたは「ウチの子は絶対にそんなことはしない!」と100%の自信を持って言えますか?

そんなことはできないですよね?

お寺や霊園としては、みんなが安心してお墓参りができるようにしたいので、申し訳ないですが【ペットの連れ込みは不可】としているんです。

鳴き声がうるさいから

犬が何かを訴えたい時には「ワンワンッ!」って吠えますよね?

僕の印象だと、小型犬はよく吠えて、大型犬はあまり吠えないんですよね(間違ってたらゴメンナサイ)。

犬の鳴き声は、ハッキリ言ってうるさいです。

僕は犬が好きですけど、それでも近所でワンワン吠えていると「なんかうるさいな、どうした?」って思います。

もしもこれが【そんなに犬が好きではない人】からすると、犬が吠えていたら「何だよ、うるせぇな!」ってなっちゃいますよ、きっと。

あと、犬が急に吠えると・・・まぁまぁビックリします。

誰かの家の前を歩いていて、垣根のむこうから急に「ワンッ!」って吠えられたら、犬が好きな僕だって「うぉっ!ビックリした!!」となりましたからね。

それに、人によっては【犬の鳴き声が怖い】と思うことだってあるでしょうね。

お墓参りというのは【心静かに手を合わせる】ものなんです。

近くで他の家の犬がワンワンと吠えていたら、心静かに手を合わせられないと思いませんか?

犬を連れて行く場合の注意点

先ほども言いましたように、「絶対に犬を連れてお墓参りに行ってはいけない!」というわけではありません。

だから、「ウチの子も家族の一員なんだから、やっぱり一緒に連れて行きたい。」というのであれば、事前の確認をしてから犬を連れてお墓参りすることは可能です。

しかし、犬を連れて行くからには、

  • 必ずリードをつけて絶対に目を離さない
  • できるだけ自宅で排泄させる
  • マナーベルト(マナーバンド)をつける
  • 他の家の墓地には入れない
  • 犬が苦手な人は意外と多いことを意識する

という注意点は忘れないでくださいね。

これらのことは、もはや『絶対条件』くらいに思っておきましょう。

ですから、いつも使っている【犬の散歩の道具】はもちろん持って行かなきゃいけませんし、日頃の散歩の時よりもさらに注意をはらう必要があります。

必ずリードをつけて絶対に目を離さない!

犬を連れてお墓参りをする時は、

必ずリードをつけて絶対に目を離さない

ということだけは厳守してください。

これはもちろん、

  • 他の家の墓石に尿をかけないようにするため
  • 他の人に噛みつかないようにするため
  • 他の参列者の持参した供物を食べてしまわないようにするため
  • 他の人に「ちゃんと飼い主が見ているんだな」と分かってもらうため

ですね。

そして、当たり前ですが、リードをつけるだけではなくて、しっかりと犬のことを見ていてくださいね。

要するに、他の人に迷惑をかけないようにするために必ずリードをつけてくださいね、ということです。

これができないなら、絶対に犬をお墓参りに連れて行ってはいけませんよ!

できるだけ自宅で排泄をさせる

あなたは外へ出かける前にはトイレに行くんじゃないですか?

だって、出かけてからトイレに行きたくなったら、どこかへ立ち寄って用を足さなきゃいけませんからね。

それは犬も同じです。

お墓参りに出かける前に、

できるだけ自宅で排泄させる

ように心がけておきましょう。

とはいえ、「はい、じゃあ◯◯ちゃん、お出かけ前にトイレに行ってきてね〜」と言えば排泄をしてくれる犬はなかなかいないでしょう。

なので、出かける前にできるだけ排泄するように『促してみる』ということをすればいいです。

もちろん、その子に合った促し方をしてもらえればけっこうですよ。

マナーベルト(マナーバンド)をつける

いくらお利口な犬でも、出かける前に排泄できないことだってもちろんあるでしょう。

そのような時には、できれば、

マナーベルト(マナーバンド)

をつけてあげてください。

これをつけていれば墓石にマーキングしてしまうことがないので安心です。

ただ、マナーベルトを嫌がる子もいると思います。

そうなると、【排泄するのを待ってから出かける】か【いつも使用しているトイレシートを持参する】といった対策が必要になるでしょうね。

他の家の墓地には入れない

お墓は、この世とあの世をつなぐもので、仏様たちが宿る場所でもあります。

つまり、お墓が建てられている【墓地】というのは『とても神聖な場所』なんですよね。

そんな神聖な場所に、その家の人の許可なく犬を入れてしまってはいけません。

もちろん、わざと入れたわけではなく、犬が何もイタズラをしなかったとしても、それでもダメです。

キツイ言い方になりますが、勝手に動物を墓地へ入れることは、その墓地を穢(けが)して、その家の仏様たちを冒とくする行為です。

犬が苦手な人は意外と多いことを意識する

僕は昔から犬が好きです。

でも、僕の周りには【犬が苦手】という人がたくさんいます。

あなたの周りにもいませんか?

お墓参りに来る人は愛犬家ばかりではありません。

犬に近寄ることさえできない人だっているんです。

もしも、あなたの犬が通路をふさいでしまい、その人がお墓まで行けなくなっていたら大迷惑です。

あなたの犬が誰かを怖がらせてしまう可能性があることをしっかりと認識してくださいね。

まとめ:お墓参りに行く時は、犬には【お留守番】してもらう方が無難!

犬などのペットは、飼い主にとって【大切な家族の一員】です。

だから、「どこへ出かけるにも一緒に連れて行ってあげたい」と思う気持ちはよく分かります。

でも、『お墓参り』となると少し考えなければなりません。

当たり前のように犬をお墓へ連れて行ってはいけませんよ。

まずはお寺や霊園に『ペットの連れ込みができるかどうか』を必ず確認してください。

そこで許可されていれば、犬も一緒に家族みんなでお墓参りをすることができます。

犬を連れて行く場合は、他の人の迷惑とならないように、

  • 必ずリードをつけて絶対に目を離さない
  • できるだけ自宅で排泄させる
  • マナーベルト(マナーバンド)をつける
  • 他の家の墓地には入れない
  • 犬が苦手な人は意外と多いことを意識する

といったことは厳守しましょう。

ただし、いくらお寺や霊園がペットの連れ込みを許可していたとしても、

  • 原則として『お墓参り』には動物を連れて行かない方がいい

ということは知っておいてくださいね。

墓地というのは各家のご先祖様たちの遺骨が納められている『神聖な場所』であり『あの世に近い場所』でもあります。

そのような場所に【畜生】となる動物を連れて行くことは、正直言いますと不適切です。

また、残念ながら、犬はときどき【失敗】をしてしまいます。

万が一、他の家の墓地にマーキングしちゃったり、興奮して他の人に噛みついちゃったら大変です。

当然ながら、その責任のすべては飼い主であるあなたが負わなければなりません。

それに、世の中には『犬が苦手』という人がけっこう多いんです。

そのような人からすれば、犬を連れているあなたは間違いなく『迷惑な人』です。

ですから、

お墓参りに行く時は、犬には家で【お留守番】をしてもらう方が無難

だと思いますよ。

べつに「犬を絶対に連れて行くな!」と言っているわけではありません。

でも、いろんなリスクをおかしてまで連れて行く必要がありますか?

僕は犬が好きなんです。

だから、【犬のことが原因で嫌な思いをする人】を出したくないんです。

お墓参りをするなら、飼い犬には『番犬』として家を守ってもらって、人間だけでお参りすることをおすすめします。