仏事全般

【除夜の鐘】なぜ鐘をつくの?鐘ではなく他の仏具ではダメなの?梵鐘をつくのには理由がある!

どうも、お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  1. 『除夜の鐘』って何なの?
  2. どうして他の仏具(鳴り物)ではなく、【鐘】でないとダメなの?

大晦日になると多くのお寺では『除夜の鐘』をつきます。

うっすら遠くから聞こえてくる鐘の音を聞くと「あ~、今年も間もなく終わりだな。」と思いますよね?

お寺には、

  • 木魚(もくぎょ)
  • 太鼓(たいこ)
  • 磬子(けいす)
  • 銅鑼(どら)
  • 妙鉢(みょうばち)

など、いろいろと【鳴り物】があります。

それにもかかわらず、なぜ除夜の鐘では、わざわざみんな列に並んでまで大きな【鐘】だけを鳴らしています。

これってなぜなのでしょうね?

じつは、鐘にはとても重要な意味があり、やはり除夜の鐘には大きな鐘をつくことが理想的なのです。

この記事では、

  1. 除夜の鐘の本当の意味
  2. わざわざ【鐘】をついている理由

について他の記事とは違う視点から書いています。

この記事を読んでいただき、除夜の鐘でわざわざ【鐘】をついている理由を知れば、一打に込める気持ちが全く変わりますので、ぜひ最後までお読みください。

除夜の鐘とは何か?

まず、除夜の鐘とは何かを説明します。

仏教を広めたお釈迦(しゃか)様がおっしゃるには、私たち人間には108の煩悩(ぼんのう)があるそうです。

煩悩とは、『あらゆる苦しみの根源となるもの』のことをいいます。

つまり、煩悩がある限り苦しみから逃れることはできません。

そして、仏教の基本的な教えは、

この【煩悩】を消し去ることができれば、絶対的な心の平穏を獲得して悟りが開ける、

というものです。

除夜の鐘は、鐘を108回つくことで私たちの中にある煩悩を一つずつ消していくという意味があります。

一般的には、大晦日の夜から鐘をつき始めて、午前0時を過ぎたら、つまり新年を迎えたら108回目をつきます。

除夜の鐘は、一年間の煩悩をキレイに消し去って、心身ともに清らかにしてから新年を迎えるための大切な行事なのです。

と、まぁコレくらいの説明なら他のサイトでも掲載されています。

もう少しだけ詳しく説明をさせていただきますね。

先ほども言いましたが、私たちの中には108の煩悩があるといわれています。

煩悩があるというのは、悟りから遠ざかっている状態、つまり『物事の真実がわからない(見えていない)状態』である、ということです。

真実がわからない(見えていない)ので、何が正しいことなのかを判断できずに迷い続けてしまいます。

それはまるで、真っ暗な闇夜の中を何の明かりもなく進むようなものなので、仏教ではこれを【無明(むみょう)】といいます。

除夜の鐘の【除夜】は、字のごとく『夜』を『除く』と書きます。

つまり、

除夜の鐘は【無明】を取り除くことが目的である

ということです。

言い方を変えると、

『鐘をつくことによって、私たちの闇(=無明)を少しずつ取りく』

ということです。

だから、

除夜の鐘

と呼ぶんです。

私たち人間は欲望が絶えない生きものです。

一つの欲望を満たすと、その瞬間からまた新たな欲望が湧いて出てきます。

私たちは、たくさんの欲望を満たしては新たに生み出す、ということを毎日のように続けてしまいます。

そんな『欲望の繰り返し』を、せめて新年を迎える時くらいはヤメましょう、心身ともに清らかな《無欲な状態》で年を越しましょう、ということで大晦日の夜に【除夜の鐘】をつくのです。

【関連記事】:初詣で菩提寺とお墓を先にお参りしてほしい理由。お参りの優先順位とは?

除夜の鐘は、なぜ【鐘】をつくのか

除夜の鐘の意味はおわかりいただけたかと思います。

では、なぜ【鐘】をつくのかを考えてみようと思います。

梵鐘(ぼんしょう)の意味と役目

この記事ではこれまで、お寺にある大きな鐘を『鐘』と称してきましたが、正式な名称がちゃんとあります。

あの大きな鐘の名前は『梵鐘(ぼんしょう)』いいます。

梵鐘はもともと、【法要が始まることを予め知らせるため】についていました。

それが、やがて時報代わりに毎日朝夕の定刻に決まった回数をついたり、あるいは、お葬式の出棺で故人を送り出す時につくようにもなりました。

また、梵鐘を自由についてもよいお寺では、お墓参りなどで参拝に来た人が、お参りの前に一回「ゴ〜ン♪」とついていったりもします。

このように、多くのお寺に梵鐘はありますが、それはなぜでしょうか?

はたして、梵鐘にはどのような意味があるのでしょう?

梵鐘の《梵》という字には、【穢れがなく澄みきった清らかなもの】という意味があります。

したがって、梵鐘は『穢れがなく澄みきった清らかな音を出す鐘』ということになります。

『穢れがなく澄みきった清らかなもの』とは、要するに【仏様そのもの】ということです。

簡単に言えば、

梵鐘から出る音は、【仏様の教え】あるいは【仏様の声】と同じである

ということです。

もしあなたが梵鐘をつくと、あなた自身はもちろんですが、遠くにいる人たちも鐘の音を聞くことができます。

それは、仏様のありがたい教えや声が遠くにいる人たちに届けられる、ということを意味します。

梵鐘の音というカタチで、仏様の教えや声を聞くことにより、それを聞いた人たちは心身ともに清められていきます。

ですから、梵鐘をつくことは、ついた本人だけでなく鐘の音が聞こえる人たちみんなに仏様のご利益を届けること、つまり【布施】という仏教行為にもなるわけです。

このように、梵鐘をつく意味は、

  • 自分を心身ともに清める
  • 梵鐘のご利益をたくさんの人たちにも施す

ということなんですね。

できれば、一日に何回も鐘をついて多くの人たちに布施をしたいところです。

しかし、ウチの寺もそうなんですが、行事のない普段の日は梵鐘がつけないというお寺も多いのです。

理由は簡単、『梵鐘の大きな音がご近所の迷惑になるから』です。

布施の行為が『ありがた迷惑』になるわけですね。

お坊さんとしてはとても悲しいことなのですが、地域の人たちとの連携があってこそ成り立つのがお寺というもの、ここは譲歩するしかありません。

でも、堂々と梵鐘をつくことができるのが大晦日の除夜の鐘です。

新年が迫る頃には、梵鐘から出る大音量の仏様の教えと声が夜空に響き渡ります。

えっ?除夜の鐘を昼間に行う?

以前、あるテレビ番組で『除夜の鐘を昼間に行うお寺』みたいなものを観たことがあります。

なぜ、昼間に行うかといえば、やはり【夜に鐘をつく音がうるさい】ことが原因でご近所トラブルになったからだそうです。

そのお寺のご住職さんはすごく悩まれたことでしょうね。

きっと苦肉の策で『昼間に行う除夜の鐘』に踏み切ったにちがいありません。

ぼくは、そのお寺のご住職さんの決断は正しいと思います。

さきほど、除夜の鐘の【除夜】は無明を取り除くという意味だといいました。

無明を取り除くために鐘をつくわけですから、それは別に夜でなくてもいいのです。

ほとんどの人が、除夜の鐘を『徐日(=大晦日)の夜につく鐘』だと認識していますので、夜に行うべきものと考えるのが普通でしょう。

でも、現在のように多くのお寺で【夜】に鐘をつくようになったのは、どうやら比較的最近(昭和初期?)のことだという話もありますよ。

ですから、除夜の鐘に対する考え方によっては、大晦日の昼間に行うこともアリではないかと思います。

多くの人は、年末年始は仕事が休みだと思いますが、仕事をしている人だってもちろんいるわけです。

年末年始も休まず仕事をしている人たちのおかげで、多くの人は休みを取ることができます。

そのような人たちにとっては、除夜の鐘の音というのは立派な『睡眠を妨げる騒音』となってしまいます。

昔からの伝統を守り続けることは大切なことですが、時代に合わないものは少しずつ変化させていかなければなりません。

ウチのお寺の周りにも住宅がたくさんありますので、もしもトラブルになるようでしたら『昼間に行う除夜の鐘』を本格的に考えようと思います。

【関連記事】:年末年始も休み無しで仕事。つらい、休みたい、というあなたへ。

鐘以外の【他の仏具】ではダメなのです!梵鐘をつくのには理由がある!

冒頭でも言いましたが、お寺の仏具にはいろいろな【鳴り物】があります。

他の鳴り物にもそれぞれ【仏様のご利益】にまつわる意味があります。

そして、ご近所トラブルになるほどではないですが、それなりに大きな音の出る仏具もあります。

ではなぜ、除夜の鐘に使われる鳴り物は梵鐘でなければならないのでしょうか?

総合的に見ても、やはり、

梵鐘に勝る鳴り物がないから

なんですよねぇ。

他の鳴り物は、法要でお坊さんが使用する物だったり、あるいは宗派によっては使用しない物だったり、使用するにも何らかの制限があるのです。

一方で、梵鐘は宗派を越えて多くのお寺にありますし、しかも誰もが使ってよい鳴り物です。

そして、鳴り物の中でも一番遠くまで音が聞こえるのは梵鐘です。

日本の仏教のほとんどは『大乗仏教』と呼ばれ、一部の人だけではなく、みんなが悟りを開くことを理想とする考え方です。

だから、できるだけ多くの人が仏様の教えと声を聞いた方がいいわけで、みんなで心身を清めて、みんなで良い新年を迎えられるようにすべきなのです。

というわけで、除夜の鐘には、他の仏具ではなく【鐘(=梵鐘)】をつくのです。

鐘の音から【ご恩】を聞く

ぼくの知り合いのお坊さんが、除夜の鐘が始まる前に信者さん達に向けてこんなことを話していました。

「鐘をつく前には必ず合掌をしてくださいね。

手を合わせて、今年も無事にこうやって鐘をつきに来られたということに感謝をしましょう。

今あなた方がそこにいられるのは、今年一年いろんな人たちに支えられてきたからです。

鐘をついたら【ゴォ〜ン】という大きな音が出ます。

その音をしっかりと聞いてください。

その大きな音は、今年あなたがいろんな人たちから受けた、ありがたい【ご恩=ゴォ〜ン】そのものなんですから。」

と、まぁ最後は単なるダジャレでしたけどね。

後で知ったのですが、【ご恩=ゴォ〜ン】は先輩方の世代のお坊さんが、除夜の鐘の時によく使うダジャレだったようです。

まとめ : 鐘(梵鐘)をついてこそ【除夜の鐘】です

除夜の鐘は、日本中のお寺で行われます。

ウチの寺で鐘をついている時にも、遠くの別のお寺からゴォ〜ンと鐘の音が聞こえてきます。

きっとウチの寺でついた鐘の音もあちらに聞こえているのでしょう。

遠くから聞こえてくる除夜の鐘の音を聞くと、不思議と心が安らいで落ち着きませんか?

それはたぶん、その音が仏様の声だから、かもしれません。

ぼくは、一年の最後はみんなと一緒に心安らぐ仏様の声を聞きたいと思います、そして、それを可能にするのは梵鐘だけです。

やはり、鐘(=梵鐘)をついてこそ【除夜の鐘】なのですね。