法事

法事で正座ができない時は無理をしないでいいですよ!お坊さんが解説

あなたは『正座』をどのくらいの時間していられますか?

10分くらいですか?

それとも30分くらいはイケますか?

えっ、もしかして1時間でも大丈夫なんですか?

正座の得意・不得意は人それぞれです。

得意な人はいいですけど、不得意な人にとって正座をすることは、ほぼ【拷問】です。

そんな【拷問】を強いられる場面の一つが『法事』です。

法事の時には、だいたい30分〜1時間くらいは法要をお勤めしていますので、その間は正座をしていることになるわけです。

しかし、そもそも法事をする時は必ず『正座』をしなくてはいけないのでしょうか?

ぼくは『お坊さん』をしていますが、ぼくの個人的な考えとしては、

法事の時に、

正座なんかしなくてもイイ

と思っていますよ。

この記事では、

今回の内容は要するにコレ!
  • 正座の意味
  • 正座をしなくてもいい理由
  • 正座のしかた(念のために)

について、【お坊さんとしての目線】で書いています。

正座が不得意なあなたにはぜひ読んでいただきたい内容なので、どうぞ最後まで読んでみてください。

法事では正座をしないといけないの?

改めて言いますが、ぼくは『お坊さん』をしています、もう20年以上前からです。

お坊さんと聞くと『正座してお経を読む姿』が思い浮かぶ人は多いかと思います。

そのせいでしょうか、

  • 「お坊さんて、正座しても足がしびれないんですよね?やっぱり何かコツがあるんですか?」

と本当によく質問されます。

何だか誤解があるみたいなので言っておきますが、正座をすればお坊さんだって足はしびれますからね。

足はしびれているんですが、長年の経験で【しびれ始める時間】や【うまくゴマかす方法】をよく知っているから、何ともないように見せられるんです。

何ともないように見せることが上手なのは【正座が得意なお坊さん】で、それをできないのが【正座が不得意なお坊さん】だと思います。

そして、ぼくの場合は残念なことに【正座が不得意なお坊さん】なのです。

つまり、ぼくは、基本的にしびれ始める時間が早いし、うまくゴマかす技術も下手なんです。

だから、ぼくはずっと《なぜ法要の時には正座をしなくちゃいけないの?》と思い続けてきました。

そして、ぼくなりに考えてみた結果、

正座なんかしなくてもエエやん♪

という結論にいたりました。

この結論にいたってからは、ぼくは正座するのをヤメました!・・・というわけにはいきませんが、不思議と[正座できる時間]は長くなりました。

ぼくは一応『お坊さん』なので、立場的に正座をヤメることは難しいのですが、あなたの場合は気にせずヤメちゃっても大丈夫です。

正座の意味

では、まず根本的なところから。

一般的に、法事の時に正座するのは【ごく当たり前のこと】みたいになってますが、

そもそも、正座って何の意味があんの?

って思いませんか?ぼくは思いました!

だって、正座をすると途中から足が痛いせいで全然法要に集中できなくなるんですもん。

ですから、ぼくがお坊さんになって間もない頃は、「何やねんコレ、何でわざわざ足が痛くなるような座り方してんねん!」と足の痛みに耐えながらイライラしていました。

でも、法要の時に正座をするのは、ちゃんとそれなりの意味がありました。

正座の由来を知れば一応は納得できます。

簡単に言うと、正座は、相手に対して『敬意があること』『敵意が無いこと』を表すための座り方なんです。

ご存じのように、正座しているとすぐには立ち上がれませんよね。

つまり、目の前の相手を攻撃するには不向きな座り方です。

だから、この座り方をすることで、

  • 「あなたに対する敵意なんて一切ありません。その証拠に、ほら見て、私はこんな座り方をしてるんですよ?私は、あなたに敬意や親愛の気持ちしかないんです。」

と相手に伝えているのです。

そして、それが【誰か相手がいる時の座り方】つまり『正座』として定着している、ということです。

これを仏様に対しても同じように、【敵意が無い】ことはもちろんですが、【敬意】を表すために、座る時は正座をするわけですね。

まぁね、仏様には敬意を表すべきなんで、そういう理由で正座の方がイイと言われると文句は言えませんよ。

正座をしなくてもよい理由

それでも、ぼくは『正座をするべき』とまでは思いません。

まず、正座はすべての人ができるものではありませんからね。

足の不自由な人に対して「正座してください」とは言わないですよね?

身体的な理由で正座ができない人は【仏様への敬意がない】ということなのでしょうか?

そうではありませんよね?

ぼくは、「仏様への敬意を表す方法は、べつに『正座以外のやり方』でもイイんじゃねぇの?」って思うんですよね。

敬意を表すには【頭を下げる】でも【手を合わせる】でも、他の方法があるはず。

だから、どのような形で仏様に敬意を表すのか、その方法は《自由》でいいんですよ。

もし、寝転がって鼻をほじることが敬意を表すことだったら、誰のことも気にせずソレをすればイイんです。

ぼくは絶対に怒りませんよ、でも事前に『その人にとっては【寝転がりの鼻ほじほじ】が敬意の表れ』であることは教えておいてくださいね。

まぁ、この例は少し極端でしたが、正座に固執することはありませんよと言いたいのです。

正座をする人、正座をしない人、それぞれが選択した方法をとればイイです、そこに強制はありません。

もう一つ。

これはぼくの経験から思うことですが、正座をすると、法要の途中から、ぼくも含めてみなさんの意識が【足のしびれ】の方に行ってしまいがちです。

あなたは法要の途中でこう思ったことありませんか?

「あ〜、大丈夫かな、お焼香の時にちゃんと立てるかな、転んじゃったら恥ずかしいし、もし転んだら後で話のネタにされそう・・・」

って。

こうなると、もはや【故人の供養】よりも【足のしびれ】のことを考えています。

法事は、縁者のみなさんが集まり故人を供養するために行うものです、法要の間は故人のことだけを考えてほしいのです。

それを妨げるものは、できるだけ排除してイイと思っています、たとえそれが正座であってもね。

ということで、ぼくは、法事の時でも『正座はしなくてもよい』という結論にいたりました。

【正座のしかた】と【しびれの対処法】

ここまで読んでくださったあなたは、もしかして「そうはいっても、他の人が正座してたら自分だけしないわけにもいかないよ」と思いましたか?

あぁ、あなたはなんて良識ある人なんでしょう。

そうですよね、わかりました。

ここからは、正座をしなくてはいけない状況であるあなたに【正座のしかた】を紹介します。

しかし、同じ座り方をしても人によって違いますので、あなたにとっては【しびれやすい】かもしれませんし、逆に【しびれにくい】かもしれません。

以下は、ぼくなりの方法を紹介します。

とりあえず20分くらいの正座だったら、その後すぐ無事に立ち上がれると思いますよ。

しびれにくい正座のしかた

しびれにくい正座のしかた・・・正直言ってぼくにもそんなのわかりません。

というか、ぼくの座り方が正しいのかなんてわからないんですよ。

むしろ誰かに教えていただきたいくらいなんですよね。

とはいえ、ぼくなりの座り方をお伝えしますので、参考にしてみてください。

ぼくの座り方は、こうです。

  1. かかとは少し開く(開きすぎるとヒザへの負担が増えます)
  2. お尻の肉はかかとにしっかり乗せる(かかとで肛門を開くイメージです)
  3. 親指は横にそろえる、あるいは、ほんの少しだけ重ねる(ぼくは、しっかり重ねると親指がつってしまうんです)
  4. 上半身の重心を数分(2〜3分程度)おきに前後左右にズラしていく(他の人にバレないように少しずつ、ですよ♪)
  5. 「まだ大丈夫」と自分に暗示をかける(これが意外と効く)

こんなカンジですね。

そういえば、最近は便利になって、正座用の小さなイスみたいなのが売ってますよね?それを使ってもイイと思いますよ。

あと、分厚くて柔らかい座布団を使わない方がイイと思います。これを言うお坊さんは意外と多いです。

何故でしょうかね?ぼくにもわかりませんが、柔らかすぎると足の広範囲を圧迫してしまうのかもしれません。

ですから、ぜいたくを言わせていただくと、使いこんだペラペラの座布団が理想的です。床に直接座るよりも痛みがなく、なおかつ圧迫も少ないので。

しびれてしまった時の対処法

ぼくが今までさんざん「正座はしなくてもいい」と言ってきたのに、結局は正座をしてしまったあなた。

そして、もうとっくに足の限界を迎えて、足の感覚が無くなっており、すぐに立ち上がることは不可能になってしまいました。

そんな時は、こうしてください。

  1. お尻をグッと上げて上半身を前に倒して、足の血流を少しずつ戻す
  2. 足がピリピリしてきたら血流が戻ってきた証拠。そのまま数十秒間その姿勢をキープする
  3. 足首が曲げられるくらいまで回復したら、つま先立ちで正座をする(ここまでくれば、ほぼ立ち上がれます)
  4. 立ち上がる時は、しっかりと手をついて【ゆっくりと】立つ

どうでしょうか?できそうですか?

もしも足がしびれたら、とにかく【ゆっくり】と動くことが大事です。

ぼくは実際に足のしびれが原因で転んでしまう人を見てきました。

本当に危険なので、急に立ったり、歩こうとしないでください。

あと、最後にもう一つ大事なこと。

足がしびれたら恥ずかしがらずに「足がしびれたので少し待ってください」と正直に伝えてください。

もしも、慌てて立とうとして、大切な法事でケガ人が出たなんてことがないようにしましょう。

イスに座って法要に参加すればいいんです

法事では正座をしなくたっていいんですよ。

じゃあ、正座をしない場合、法要中はどうしていればいいのでしょうか?

簡単です、

イスに座っていればいいんです。

まず、最近のお寺は、

法事の参列者のためにイスを用意している

というところが増えています。

ちなみに、ぼくのいる寺も本堂内はすべて【イス席】ですよ。

昔みたいに、畳の上に座布団を敷いてみんなが正座をする、なんていう光景は無くなりつつあります。

お寺でイスの使用がOKなんですから、自宅で法事をする時だってもちろんイスに座っても大丈夫ですからね。

もしも座敷用の脚の短いイスなんかがあったら、それを使うのが一番イイと思いますよ。

テーブルで使うような高さのイスだと、座っている時に正座をしている他の参列者を上から見下ろすような形になってしまいますから。

コチラのような椅子があると、ヒザを痛めている人などにはとても喜ばられますよ。

《Amazon》サカベ ラクラク座椅子座面ファブリックブラウンCX-F01BR

まとめ: 法事でも正座をしなくていい!いずれ正座の文化は無くなります

昔はお寺の本堂には参列者用のイスなんてありませんでした。

座布団を敷いてみんなそこへ正座をしていました。

でも、最近では多くのお寺で本堂にイスが置いてあります。

たぶん、これはぼくと同じような考えのお坊さんが多いからですね。

当然ですよ、これも時代の流れです。

これからどんどん高齢化が進むんです。

ということは、足が悪くて正座できないという人も増えるわけです。

お寺だって少しでも信者さんに快適な場所を提供しようと考えますから、正座をさせずにイスに座ってもらうという選択をするに決まってます。

でも、お寺によってはイスを置かないところもあります。

住職の考え方かもしれませんし、お寺の経済的な理由かもしれません。

あなたが法事をする時には、事前に「正座でなくても大丈夫ですか?」とお坊さんに確認しておくとイイでしょう。

ほとんどのお坊さんは許可しますよ、きっと。

ぼくも法要開始の前には必ず「みなさん、足を崩して楽な姿勢で臨んでください」と言いますから。

それに、たぶん今後は法事において【正座】するという慣習は無くなるでしょう。

ですから、法事でも正座はしなくてイイですよ♪