法事の疑問

法事で食事をしない時は、持ち帰り用のお弁当を渡すのがベスト!

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 法事の食事はしないで、お弁当を渡しちゃっていいよね?
  • お弁当はどんなものを用意すればいいんだろう?
  • 法事で渡すお弁当の【値段の相場】を知りたい

最近は【法事の食事をしない】という人が増えています。

施主としても法事の食事がなければ非常にラクですから、そのような人が増えるのは当然ですし、法事というのは《法要》だけでもまったく問題はありません。

とはいえ、ただ単に「法事の食事はしません。」というだけじゃマズいです。

法事の食事をしない場合、参列者には必ず持ち帰り用の『お弁当』を渡すようにしてください。

この記事では、

  • 法事の食事をせずにお弁当を渡すことの正当性
  • 参列者へ渡すお弁当の選び方

について書いています。

法事の後に渡す『お弁当』の疑問や悩みが解消されますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >

法事の食事をしないケースが急増中!

施主にとって【法事の食事】というのはけっこう大変ですし、正直なところ面倒ですよね。

法事に食事をするとなれば、

  1. 事前に必ず出欠の連絡をしてもらい、食事をする人数を確認する。
  2. 食事の場所を選んで予約をする。
  3. 料理の内容をよく見て、財布と相談しながら注文をする。
  4. 参列者みんなに【食事の場所】を正確に伝え、予約時間にはちゃんと始められるようにする。
  5. 食事の前の挨拶をする(事前に言う事を考えておく必要あり)。
  6. 参列者みんなにお酌をしながら挨拶をして回る。
  7. みんなが予想以上に飲み物を頼んでしまい、予算オーバーで気分が萎える。

これらことをしなきゃいけないません。

こんなに面倒くさいので、多くの人が「できれば法事の食事はしたくない。」と思っています。

そのせいか、ここ最近は法事の食事をしないというケースが急増しています。

あとは、ここ数年で【身内だけで法事をする】という人が増えたことも影響しているのでしょう。

少し前までは、法事をする時にはできるだけ多くの親戚を招いて、食事も必ずしていましたもんね。

というか、親戚に後からいろいろと文句を言われちゃいますから、そうせざるを得なかったんですよね。

ところが、新型コロナウィルス感染拡大をきっかけに、多くの人が【身内だけ】で法事をするようになり、わざわざ【かしこまった食事の席】を設ける必要もなくなりました。

客観的に見ても、法事の食事がなければ、金銭面・精神面・体力面でかなり負担が減るので、どう考えたって施主にとってはメリットだらけです。

だから、みんな「ここがチャンス!」とばかりに、どんどん法事の後の食事をヤメてしまいました。

法事の食事をしない時は『お弁当』を渡す

法事の食事をしなくなるのは【時代の流れ】ですから、無理に食事の席を設ける必要はありません。

ただ、そうはいっても「食事はしません。」と参列者に伝えるだけじゃダメです。

それだけではなく、法事の食事をしないときは『お弁当』を渡すのがベストです。

先ほども言いましたが、以前までは法事に食事はつきものでした。

施主は、食事を振る舞うことで、参列者へ【感謝の気持ち】を伝え、おもてなしをしていたのです。

なので、ただ食事を無くしてしまうだけでは参列者の方々に失礼となってしまいますから、それなりに《食事の代わりになるもの》が必要になります。

そこで、食事の代わりに【お弁当を渡す】ことで感謝の気持ちを伝えて、おもてなしをするようになりました。

あと、もう1つ忘れちゃいけないことがあります。

お弁当を渡すときには、必ず『返礼品』も一緒に渡すようにしてください。

もしも「お弁当を渡すんだから返礼品はいらないでしょ?」と思っていたら、それは違います。

お弁当は【法事の食事の代わり】ですが、『返礼品』には別の意味があります。

法事に参列する人は必ず【御仏前】を持参しますよね?

施主は、参列者から【御仏前】を頂いたことに対する御礼として『返礼品』を渡します。

だから、法事の食事をするしないに関係なく、法事に参列してくれた人には『返礼品』を渡すのが礼儀なんですよね。

ちなみに、『返礼品』は、

  • サイズが小さいもの(30㎝四方以内)
  • 重量の軽いもの(1kg以内)
  • 残らないもの(お茶・食べ物・調味料など)

などを選ぶと、参列者に余計な負担をかけないのでイイですよ。

ということで、法事の後の食事をしない場合は、

  1. 参列者には『お弁当』を渡す
  2. 必ず『返礼品』も一緒に渡す

というのがベストな対応です。

法事のお弁当の選び方

法事の後の食事はしないと決め、ちゃんと返礼品も用意することになったら、次は【どんなお弁当を渡すのか】を考えます。

法事の食事の代わりに渡すお弁当ですから、参列者に失礼とならないようなものを選びましょう。

懐石料理の『折詰弁当』を用意する

あなたはいつも、大手チェーンのお弁当屋さんなどでどんなお弁当を買っていますか?

例えば、人気どころの、

  • のり弁当
  • 幕ノ内弁当
  • シャケ弁当
  • 唐揚げ弁当
  • 焼肉弁当

あたりでしょうか?(完全に男側の感覚ですが・・・)

しかし、これらのような人気のある美味しいお弁当でも、法事のときに渡すお弁当としては不適切です。

法事の後の料理としては『懐石料理』が最も多いので、参列者へ渡すお弁当も《懐石料理と同じような内容》というのが基本です。

となると、お弁当は懐石料理の『折詰弁当』が適しています。

懐石料理の『折詰弁当』の手配は【仕出し弁当】を提供している料理業者へ注文すれば、あなたの指定した時間に届けてくれますし、お弁当の内容もしっかりしているので、参列者に対して《十分に丁寧なお弁当》を渡すことができますよ。

お弁当に使われている食材に注意

折詰弁当といっても料理の食材にはいろんなものが使われています。

この記事は【法事で渡すお弁当】がテーマなので、法事に適したお弁当にするための注意点について書いていきます。

精進料理にする必要はない

法事というのは【仏事】です。

そして、【仏事】における食事というのは基本的に『精進料理(しょうじんりょうり)』です。

『精進料理』とは、肉や魚などの食材、そして動物性の調味料を一切使用しない料理のことをいいます。

とはいえ、法事の食事は無理に『精進料理』にする必要はないですよ。

もちろん、本来なら『精進料理』が理想的なんですよ、ただ、それだと内容がどうしても貧相というか物足りないんです。

せっかく参列者に振る舞うものですから、施主としてはちゃんと満足してもらえるようなものを出したいですよね?

なので、昔みたいに法事の食事で『精進料理』を出す人なんて今はほぼいません。

ということで、法事のお弁当は『精進料理』ではなく参列者に喜んでもらえるようなものを渡してくださいね。

できるだけ【長持ち】する食材を選ぶ

お弁当を持って帰ってもらうということは、お弁当に使われている食材が【傷みにくいもの】でなければいけません。

参列者の中には、遠くから来ている人もいるでしょうから、そのあたりの配慮は必要です。

だから、お弁当の内容はできるだけ長持ちする食材を選ぶといいですよ。

別の言い方をすれば、可能な限り【生もの】を少なくしましょうということですね。

お刺身やお寿司などは懐石料理に欠かせないものなんですが、お弁当の場合はなるべく避けた方がいいかと。

最近では技術が進んでいるので長時間の保存も可能ですが、それでも季節によってはやはり心配です。

なので、【生もの】を完全に無くすことはできなくても、なるべく量を少なくするように心がけましょう。

『祝い』の要素が強い食材は避ける

次に、法事のお弁当の食材にはもう1つ大事な注意点があります。

それは、『祝い』の要素が強い食材は避けるということです。

法事というのは《亡くなった人の供養》の場なので、【お祝い】の要素はない方がいいんですよね。

なので、「お弁当が貧相だと失礼になるから」といって、

  • 伊勢海老
  • 金箔入りのもの
  • 紅白の組み合わせのもの

などの『祝い』の要素が強い食材を選ぶのはヤメておきましょう。

とはいえ、べつにお葬式ではないですから、そこまで気にしなくていいのかもしれませんけど、マナーにうるさい親戚とかに後からウダウダ言われると面倒なので、一応は気をつけた方が無難です。

お弁当の値段の相場

参列者へ渡すお弁当ですが、施主をする人の多くはお弁当の値段の相場が気になるところでしょう。

法事のときに渡す折詰弁当の相場は、

4,000円~7,000円(税込み)

くらいです。

なぜなら、この金額以下だと明らかに【もの足りない】ですし、逆にこれ以上だと【豪華すぎて恐縮させる】ことになってしまうんですよね。

なので、折詰弁当を選ぶ際には、上記金額の範囲内で注文するようにしましょう。

法事で渡すお弁当は【洋食】でもよい

法事の食事というのは懐石料理などの『和食が基本です。

しかし、和食より『洋食』が好きな人もいますが、参列者に渡すお弁当は『洋食』じゃダメなんでしょうか?

僕は、法事で渡すお弁当は【洋食】でもよいと思いますよ。

先ほども言いましたように、法事で渡す『お弁当』には【参列者への振る舞い】の意味があるので、参列者に喜んでもらえるものを選ぶべきです。

そして、最近では法事の食事として精進料理が選ばれることはほぼないです。

だとすれば、この2点を考えると、べつに『和食』にこだわる必要がないんですよね。

参列者に喜んでもらえるお弁当を渡すことが大事なんですから、場合によっては『洋食』でもイイじゃないですか。

実際に、今まで僕が施主様からいただいたお弁当の中にも『洋食』の品がたくさん入っていました。

だったら、お弁当の中身がいっそのこと全部『洋食』だっていいはず。

日本の食文化が変わってきているのですから、法事のお弁当の内容も変えなきゃいけません。

ということで、法事のお弁当は『和食』でも『洋食』でも、そのあたりは柔軟に考えて選んでOKですよ。

まとめ:法事の食事をしないなら【折詰弁当】を渡しましょう

以前は、法事の後に参列者みんなで食事をするのが一般的でした。

しかし、最近では食事をせず、代わりに『折詰弁当』を渡すという人が多くなっています。

法事は【故人の供養をする】ものであって【参列者で会食をすること】が目的ではありませんので、『折詰弁当』を渡す人は今後も増え続けることでしょう。

でも、ただ単に「今回は食事をしません。」と伝えるのではなく、法事の食事をしないなら『折詰弁当』を渡しましょう。

折詰弁当の内容を選ぶ際には、

  • 長持ちする食材を使う
  • 祝いの要素が強い食材は避ける

という配慮はお忘れなく。

また、折詰弁当の価格としては、

  • 4,000円~7,000円(税込み)

が相場で、料理の内容もこれくらいの価格帯が丁度よいです。

今後はきっと、以前のように法事のときに『参列者みんなで集まって食事をする』という慣習は無くなるでしょう。

しかし、法事にふさわしい内容と量の折詰弁当を用意して、ちゃんと返礼品も一緒に渡していれば、参列者から文句を言われることもありません。

ですから、法事の食事をしたくない場合は、堂々と折詰弁当を渡してあげてください。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >