お墓

賢い人は、お墓の『花立て』には【ステンレス製+落とし込み式】を選ぶ!

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 「お墓の『花立て』にはどんな種類があるの?」
  • 「どういう『花立て』が1番いいの?」

お墓参りの時にお花を供えている筒のことを一般的には、

  • 『花立て』

といいます。

『花立て』にはいくつかの種類があるのですが、お坊さんの僕としては、

【ステンレス製+落とし込み式】

のタイプがイチオシです。

ハッキリ言って、このタイプ以外はおススメできません。

あなたの家のお墓はどんなタイプの『花立て』でしょうか?

ずっと昔に建てられたお墓の場合、もしかすると【最悪なタイプ】の『花立て』かもしれませんよ。

もしもお墓を建て直す予定があるなら、絶対に【ステンレス製+落とし込み式】にするべきですよ!

それぐらい【ステンレス製+落とし込み式】の方が使いやすいんですよね。

お墓参りをしたら必ずお花を供えるので、『花立て』の使い勝手というのはメチャクチャ重要なポイントです。

この記事を読むと、

  • お墓の『花立て』の種類
  • 選ぶべき『花立て』のタイプ
  • 【ステンレス製+落とし込み】がよい理由

が分かります。

しっかりと【使い勝手のよいもの】を選んで、ストレスなくお墓参りをしてくださいね。

賢い人は、お墓の『花立て』には【ステンレス製+落とし込み式】を選ぶ!

どんなお墓にも必ず【お花を供える場所】がありますよね。

お花を供える場所のことを一般的には、

  • 『花立て』

と呼んでいます。

または、『花筒』と呼ぶこともありますね。

お墓参りをする時にはお花を供えますから、この『花立て』は毎回取り外して洗う必要があります。

でも、この【花立てを取り外して洗う】という作業は意外と面倒なんですよね。

だから、『花立て』というのはできるだけ【使い勝手がよい】ものでなければいけないんです。

そこで、20年以上お坊さんをしている僕が《使い勝手がよい花立て》とはどのようなものかを紹介します。

お墓参りの時にお供えする『5つの供物=五供(ごく)』の意味。お墓参りで供えている線香、花、水、ロウソク、供物。あなたはそれらの意味を知っていますか?この記事では、お墓に供える5つの供物(=五供)の意味について詳しく解説しています。この記事を読めば、今後のお墓参りの質がグッと上がります!...

お墓の『花立て』はステンレス製がいい

《使い勝手のよい花立て》であることの条件の1つは、

  • 長持ちするような素材で作られていること

です。

『花立て』は屋外にあるものですから、それに適した素材というのは【水に強くて硬い素材】でなければいけないわけですよ。

まぁ要するに、

【ステンレス製】がいい

ということですね。

鉄製も丈夫ではあるんですけど、残念ながらあっという間にサビてしまいます。

じゃあ他の金属はどうかというと、せっかく丈夫でも長期間の使用で変色してしまうものもあります。

お墓の『花立て』には、

  • 適度に硬い
  • 変色しにくい
  • ずっと水にさらされてもサビない

というような素材が理想的です。

となると、考えられるのはステンレス製なんですよね。

実際のところ、最近の『花立て』はほとんどがステンレス製なので、みんな同じようなことを考えているということでしょうね。

『花立て』の形状は【落とし込み式】がいい

『花立て』の素材はもうステンレスで決まりでしょう。

次は、どんな形状のものにするか、ですよ。

『花立て』の形状としては、

  1. 落とし込み式
  2. ネジ式

の2つのタイプがあります。

【落とし込み式】というのは、

  • 最初から墓石に『花立て』を差し込むための穴が空けられていて、そこへ『花立て』をストンッ♪と落とし込むタイプ

のものです。

下の画像のように、墓石に丸い穴が空けられていて、ここへ『花立て』を差し込むわけですね。

キレイに洗った『花立て』をそのまま穴へ落とし込むだけですから、とても簡単でラクですよね。

そして、【ネジ式】というのは、

  • 墓石にネジ式の取り付け金具があり、そこへ『花立て』をクルクル回して差し込んでいくタイプ

のものです。

こちらも画像があります。

墓石には丸い取り付け金具があって、筒の底にもネジ式の突起がありますよね。

この筒をクルクル回しながら差し込んでいくわけです。

このように、『花立て』には【落とし込み式】と【ネジ式】の2種類があるので、あなたの好きな方を選ぶことができます。

しかし、僕としては【落とし込み式】がいいと思いますよ。

先ほども言いましたように、【落とし込み式】の方は『花立て』を落とし込んで設置するだけです。

しかし、【ネジ式】は『花立て』を回さないと設置できません。

ちょっとした違いに思えるかもしれませんが、『花立て』を設置するまでの時間が全然違います。

しかも、ネジ式は片手で回そうとすると上手くハマらないことがあります。

それで、結局は荷物を一旦置いて、それから両手で固定をしながら回さなきゃいけなくなるんです。

とても地味な違いですけど、これが毎回となるとストレスの差は大きなものになりますよ。

20年以上お坊さんをしてきて、やはり【落とし込み式】がいいと自信を持って言えますね。

お墓の『花立て』は【ステンレス製+落とし込み式】がベスト

お墓の『花立て』の素材は【ステンレス製】がいいです。

そして形状は【落とし込み式】の方がダンゼン使い勝手がいいですよ。

じつは、僕なんかが言うまでもなく、このことに気がついている人がいて、そういう人は『花立て』を【ステンレス製+落とし込み式】に変えています。

そして、他の人よりもストレスなくお墓参りをしています。

つまり、賢い人は、

お墓の『花立て』は【ステンレス製+落とし込み式】がベスト

だと知っているんですよね。

この記事を読みにきてくれたあなただって、もうすでに気がついていたのではないですか?

だったら、『花立て』は【ステンレス製+落とし込み式】にするべきです。

もしもお墓を建てかえる予定があるのなら、あなたはきっと賢い選択をすることでしょう。

お墓の『花立て』を重ねて取れなくなった時の対処法お墓の『花立て』を重ねて取れなくなったら、慌てずに適切な方法で対処しましょう。この記事では、重ねて取れない『花立て』の取り外し方について詳しく紹介しています。...

少し前までは【ステンレス製+ネジ式】が主流だった

あなたが他の墓地でよく目にするのは、たぶん上の画像のようなタイプの『花立て』ではないですか?

これは、

  • 【ステンレス製+ネジ式】

のタイプです。

少し前まではこのタイプが主流だったんですよね。

ステンレス製なので、素材としては問題ありません。

しかし、やはり【ネジ式】というのがダメなんですよぇ。

先ほども言いましたが、ネジ式は『花立て』をクルクル回さないと設置できません。

しかも、回すのは1~2回程度じゃだめです、6~7回くらいクルクルやんないと最後まで締まらないんですよ。

それに、ちゃんと最後までしっかり回さないと、締めが甘くて取り付け金具から外れてしまうことだってあるんです。

ちなみに、クルクル回さなきゃいけないのは、『花立て』を取り外す時も同じですからね。

洗う時にクルクル回して取り外し、それでまた設置する時にクルクル回すんですよ、あ〜もう面倒くさい!

正直なところ、「なぜこんな面倒くさい形状のモノを作ったんだ?」って思いますよ。

【ネジ式】なんて時代遅れというか、メリットは1つもありません。

お墓を建てかえる時は、『花立て』を【ステンレス製+ネジ式】にはしないように気をつけてくださいね。

【プラスチック製+ネジ式】の花立ては最悪。今すぐ交換すべき!

最後に「これだけは絶対にヤメろ!」というタイプの『花立て』を紹介します。

それは、

  • プラスチック製+ネジ式

のタイプです。

これは絶対にアカン!!!

まず、長期間にわたって屋外で使用するものなのに、なんで【プラスチック製】やねん!

まぁね、たしかにプラスチック製だから価格は安いかもしれん。

でもね、プラスチック製は驚くほど劣化が早いからね。

なんぼ『雨に強くて劣化しにくいプラスチックを使用しています!』みたいな宣伝をしていたとしても、そんなもんステンレスの足元にも及ばない。

実際にすぐ表面もザラザラになるし、色があせてしまって【見た目】の劣化がヒドいですよ。

しかも、すぐにヒビが入ってしまうので水が抜けてしまい、そうなると『花立て』の仕事をしていません。

なぜすぐにヒビが入ってしまうかというと、真冬になると『花立て』の中の水が凍ってしまうからです。

水は凍ると膨らみますよね?

それで、劣化した弱い花立てを割ってしまうのです。

買ったばかりなら大丈夫なんですけど、劣化している状態だと簡単にヒビが入りますから要注意です。

そんなプラスチック製に【ネジ式】なんかが合わさったら、もうそれは『最悪の花立て』となります。

なにしろ【プラスチック製の悪いところ】と【ネジ式の悪いところ】を合わせ持ったもの、ということですからね。

ということで、

【ネプラスチック製+ネジ式】の花立ては最悪

ですから絶対にヤメましょう。

もしもあなたの家のお墓にこのタイプの『花立て』があるのなら、悪いことは言いませんから、今すぐ交換することを強くおすすめします。

まとめ:お墓の『花立て』は【ステンレス製+落とし込み式】にしましょう。

お墓参りの時にはお花を供えます。

だから、『花立て』はお墓参りのたびに洗う必要があるんですよね。

となると、『花立て』というのは【使い勝手のよさ】がメチャクチャ重要なポイントになるわけです。

取り扱いやすい『花立て』というのは、

ステンレス製+落とし込み式

のタイプです。

このタイプであれば、簡単には壊れませんし、洗う時にも取り外しがとてもラクなんですよね。

ネジ式だと取り外しが面倒ですし、プラスチック製は安価ですがすぐに劣化しちゃいますから、どちらを選んでもストレスがあるのです。

ネジ式もプラスチック製も、残念ながら【昔に流行った時代遅れなタイプ】といえます。

ですから、もしもお墓を建て直す予定があるのなら、ストレスなくお墓参りをするためにも、『花立て』は【ステンレス製+落とし込み式】にしましょう。