数珠

数珠が切れたら縁起が悪いの?数珠が切れる原因と切れた後の対処方法を紹介

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 数珠が切れちゃった。もしかして何か悪いことが起きるのかな・・・?
  • 数珠が切れてしまう原因って何?
  • 切れた数珠は、その後どうすればいいの?

数珠を使っていると、急にブチッ!と切れてしまうことがあります。

いきなり数珠が切れたら、たいていの人は『縁起が悪い』と感じますが、じつは、数珠が切れるのは『縁起が悪い』ことではありません。

それどころか、逆に数珠が切れるのは『縁起の良いこと』なんです。

なぜなら、数珠が切れるのは、

  • 自分自身がレベルアップした証拠
  • 仏様が悪縁から守ってくれた証拠

という意味があるからです。

この記事では、

  • 数珠が切れることの意味
  • 数珠が切れてしまう理由
  • 数珠が切れた後の対処法

について書いています。

最後まで読んでいただければ、数珠が切れても不安にならず、逆に喜ばしく思えるようになりますよ♪

数珠が切れるのは縁起が良いこと

多くの人は数珠が切れたことを『縁起が悪い』と思っています。

しかし、数珠が切れることには、

  • 自分自身がレベルアップした証拠
  • 仏様が悪縁から守ってくれた証拠

という意味があるので、逆に数珠が切れるのは『縁起の良いこと』なんです。

なので、数珠が切れたって何も心配しなくていいんですよ。

数珠が切れると【縁起が悪い】と感じてしまう理由

数珠が切れてしまうと、多くの人は【縁起が悪い】と感じます。

なぜ【縁起が悪い】と感じてしまうのでしょう?

それは、

わらじの鼻緒が切れると縁起が悪い

という言い伝えがあるせいです。

じゃあ、なぜ鼻緒が切れると縁起が悪いのでしょうか?

昔は、亡くなった人の遺体を棺に納めた後、それを墓地や火葬場まで参列者が運んでいました。

その時に、棺を運ぶ人たちには新品の『わらじ』が渡され、それを履いて棺を運んでいたんです。

そして、無事にご遺体の埋葬が終わると、棺を運んだ人たちは履いていたわらじの鼻緒を切ってその場に脱ぎ捨て、自分のわらじに履き替えて帰ったんですよね。

この【お葬式の時にわらじの鼻緒を切る】という習慣があったことから、普段の生活でわらじの鼻緒が切れると『縁起が悪い』と言われるようになったのです。

そして、いつの間にか【わらじの鼻緒が切れること】と【数珠のヒモが切れること】が同じように考えられて、そのまま『数珠が切れると縁起が悪い』となってしまったんですよね。

でも、どう見ても数珠とわらじの鼻緒はまったくの別物ですよね?

なので、わらじの鼻緒が切れることと数珠が切れることはまったくの無関係。

だから、数珠が切れても【縁起が悪い】なんてことはありませんよ。

数珠が切れると縁起が良い理由

数珠が切れるのは悪いことではありません。

なぜなら、【切れる】ことは悪いことばかりではないからです。

例えば、もしもあなたに《不運なこと》ばかり起きていたら、

何だかイヤなことが続くなぁ、早くこの悪い流れを断ち切りたい

って思うんじゃないですか?

あるいは、イヤな上司や同僚と仕事をしなければいけない時には、

あ〜もぅ〜、コイツとは縁を切りたい

と思うのでは?

このように、【切れる】ことは悪いことばかりじゃないんですよね。

つまり、同じ【切れる】でも、

  1. より良い方へ向かうために、今の状況と決別する
  2. 『悪縁』が切れる

ということであれば、それは『良いこと』になるんです。

あなたの精進が一段落した

僕たちお坊さんが使用している数珠には、珠の数が108個あります。

この『108』という数は、私たち人間が持っている【欲望】の数と同じです。

仏教には、

108個の欲望を消し去ることができれば『悟り』の境地に到達する

という教えがあります。

そして、この108個の欲望を消し去るためには、いろんな『精進(しょうじん)=修行や訓練』をしなきゃいけないんです。

じつは、お坊さんが常に108個の珠がある数珠を持っているのは、

「悟りを得るために私は精進するぞ!」という心構え

を表しています。

そして、精進を続けていく中でずっと数珠を使っていれば、いずれは切れてしまいます。

数珠が切れてしまうのは、『精進が中断してしまう』ということではなく、

精進が一定のレベルまで到達して一段落した

という意味なんです。

だから、あなたの数珠が切れたのもコレと同じことなんですよね。

数珠が切れたら、それはあなたの精進が一段落した証拠です、おめでとうございます!

数珠に宿る仏様の力が『悪縁』を断ち切った

数珠というのは、使い続けていると数珠に仏様の力が宿り、持ち主を守ってくれるとされています。

そんな数珠が、ある日突然切れてしまっても、数珠に宿った仏様の力が消えてしまったのではありません。

数珠が突然切れたのは、

数珠に宿った仏様の力が、あなたの『悪縁』を断ち切った

からです。

言い方を変えれば、『数珠があなたを守ってくれた』ということです。

悪縁というのは、息を潜めてあなたに近づいてきます。

もしも、あなたが、

  • 「最近なんだかツイてないな。」
  • 「あまり会いたくない人と一緒になることが多い気がする。」
  • 「自分の周りで不幸が続いているなぁ。」

というのなら注意してください。

もしかすると、悪縁があなたのすぐ近くまで迫っているかもしれません。

ちょっと脅かしてしまいましたが、じつは悪縁が近寄ってくるなんて誰にでもあることなんですよ。

そして、その悪縁のほとんどは【大したことないもの】です。

でも、たまに【タチの悪いもの】もあるのです。

そういう 【タチの悪いもの】 があなたに近寄ってきた時には、数珠に宿った仏様の力でそれを追い払ってくれます。

でも、【タチの悪いもの】を追い払うには大きなエネルギーが必要となるので、その反動で数珠が切れてしまうそうです。

だから、数珠が切れたら、悪縁から守ってくれた仏様に感謝をしなくちゃいけません。

このように、数珠を持つということは、自分自身の精進だけでなく、仏様に守ってもらうことにもなるのです。

数珠を持つことの意味をもう少し詳しく知りたいという人は『数珠とは何か?数珠を持つ意味と使い方(持ち方)を説明します。』の記事を読んでみてください。

数珠が切れてしまう原因

数珠が切れてしまうのにはいくつか原因があります。

まぁ、単純に【不良品だった】というケースもありますけどね。

ここからは、数珠が切れてしまう主な原因を紹介します。

珠を繋いでいるヒモの【ゆるみ】や【ほつれ】

数珠には珠を繋いでいるヒモがあります。

この珠を繋いでいるヒモが劣化して切れてしまうんですよね。

僕の経験上、数珠の珠そのものが損傷してしまうケースはほとんどありません。

数珠を長期間使用しているとヒモが徐々にゆるんできて、そのまま使っているとヒモに余計な負荷がかかり続け、やがて切れてしまいます。

また、ヒモの一部がほつれると、そこからどんどんほつれが広がって、そのうちヒモが切れてしまいます。

じつは、数珠のヒモが切れるときには、

  • 珠と珠の間隔が広がる(珠1個分くらい)
  • ヒモの一部だけが細くなる

という予兆があるんです。

ですから、数珠を使うときは【切れる予兆】がないかを必ず確認しておきましょう。

もしも予兆が出ていたら、他の数珠を使うか、いっそのこと新規購入するのもアリです。

数珠を修理するという選択肢もありますが、修理には【1ヵ月~2ヵ月】くらい必要なので、数珠を使うタイミングには注意をしてください。

珠の【穴の角の部分】との摩擦

数珠の珠にはヒモを通すための穴があります。

数珠を使えば、珠の【穴の角の部分】とヒモが接触してこすれます。

この珠の穴とヒモの接触による摩擦がヒモをほつれさせる原因なのですが、こればかりは仕方のないことです。

ただ、珠の【穴の角の部分】の加工が手抜きな数珠がたまにあるんですよね、要するに【不良品】ということ。

角の部分の加工は、地味ですがとても大事で、この部分がちゃんと滑らかに研磨されていないと簡単にヒモが切れてしまうんですよ。

数珠の寿命をこの角の部分の加工が決めていると言ってもいいです。

もしも、あなたの使っている数珠のヒモが頻繁に切れてしまうようなら、一度この部分を確認してみてください。

穴の角を触ってみて明らかなザラつきがあれば、即修理または新しい数珠の購入をしてください。

保管方法が悪い

数珠が切れてしまう原因として『保管方法』も大きく影響します。

せっかく高品質な数珠を買っても、

  • 数珠をずっとどこかに引っ掛けておく
  • 日光の当たる場所へ置きっぱなしにする
  • 房が折れたまま、絡まったままにする

などのように、『保管方法』が悪いと破損しやすくなります。

数珠をずっとどこかに引っ掛けておく

数珠をフックなどへずっと引っ掛けている人がいますが、これはヤメましょう。

数珠をずっと引っ掛けていると、数珠のヒモの同じ場所だけに負荷がかかり続け、その部分だけ変に折り目がついてしまいます。

そして、その折り目の部分だけ劣化が進んでしまうんです。

数珠を保管するときは、何かに引っ掛けるのではなく『寝かせる』というのが基本です。

日光の当たる場所へ置きっぱなしにする

数珠は《置き場所》にも注意が必要です。

数珠を【日光の当たる場所】へ置きっぱなしにするのはNGです

数珠を日光の当たる場所へ置きっぱなしにすると、房が一気に色焼けしちゃいます。

また、珠を通しているヒモも色焼けしますし、珠なども劣化が進んでしまうんですよね。

要するに日光に当たり過ぎると数珠全体の劣化が進んでしまうということです。

なので、数珠は日光に当てないように、箱や数珠袋の中に入れてください。

房が折れたまま、絡まったままにする

数珠を箱や数珠袋に入れるときにも注意点があります。

数珠の房が【折れたまま】あるいは【絡まったまま】の状態で箱や袋の中へ入れてはいけません。

房が折れたり絡まったままの状態で入れると、房の形が崩れて変なクセがついてしまいます。

すると、その部分だけ劣化しやすくなってしまうんです。

ですから、数珠を箱や袋の中へ入れるときは、必ず房の形を真っすぐに整えるようにしましょう。

数珠が切れた後の対処方法

数珠のヒモが切れてしまったらどうすればいいのでしょう?

選択肢は、

  1. 仏具店か専門業者へ修理に出す
  2. 新しい数珠を買って、切れた数珠は処分する

の2つです。

仏具店か専門業者へ修理に出す

数珠のヒモが切れてしまった、あるいは、穴の角が明らかにザラついている、という場合は、

仏具店か専門業者へ修理に出す

ということが選択肢の1つになります。

ずっと使ってきたものなら愛着があるでしょうし、誰かにもらった数珠であれば思い入れだってありますよね。

これからもずっと同じ数珠を使い続けたい場合は『修理』をしてもらいましょう。

数珠の修理にかかる費用は、

3,000円~7,000円(税込)

といったところです。

また、先ほども言いましたが、修理にかかる期間は【1ヵ月~2ヵ月】くらいです。

ここで、修理をするときに1つ気をつけることがあります。

数珠が切れた原因が【普通の経年劣化】によるものであれば、その数珠を購入したお店で修理に出せばいいと思います。

しかし、穴の角の加工が明らかに手抜きだった場合、もう二度とそのお店と関わってはいけません。

粗悪品を売っているお店は、新作はやたらと売ろうとしますが、既にある商品の改善をしようとしません。

そのお店からどんな新作が出たところで、その商品だってどうせ粗悪品ですから、他の信頼できるお店へ修理を依頼してください。

ちなみに、切れたヒモを自分で修理するという選択もありますが、仕上がりはプロがやるのとは全然違ってしまいます。

せっかくの数珠をダメにしてしまう可能性の方が圧倒的に高いので、自分で修理するのはヤメましょう。

とはいえ、数珠のヒモが切れるというのは、そうそうあることではありません。

ですから、もしも修理をするなら信頼できる仏具店か専門業者に依頼するのが一番です。

新しい数珠を買って、切れた数珠は処分する

もしも切れてしまった数珠がかなり古くなっているなら、いっそのこと新しい数珠を購入するのもアリですね。

数珠は1つのものを大切にして長く使い続けることが理想的ですが、やっぱり新しいモノを欲しくなるのが人間の心理。

しかも、修理代には3,000円~7,000円くらいかかるので、そのお金があれば新しく高品質な数珠が1つ買えます。

なので、気分を変えて新しい数珠を買ってみるのもいいと思います。

とはいえ、数珠を買おうにも、種類がたくさんあるので迷ってしまうかもしれません。

なので、男性用と女性用でおすすめの数珠を1つずつだけ紹介しておきます。

【男性用】の数珠でおすすめなのはこちらのようなタイプです。

そして、【女性用】の数珠ならこちらのようなタイプがおすすめです。

上記の数珠は2つとも『略式念珠』といって、どの宗派でも使える便利な数珠で、一般の人が使用する数珠です。

他にもおすすめの数珠がありますので、興味のある方は別記事の『【コレなら間違いなし!】お坊さんが厳選した数珠(男女別5選)を紹介します』を参考にしてみてください。

また、一部では「数珠を自分で買ってはいけないよ。」と言う人もいますが、それは気にしなくて大丈夫。

詳しくは別記事の【『数珠を自分で買ってはいけない』って本当?そう言われる理由と真偽をお坊さんの僕が解説】でも書いていますが、数珠というのは自分で買うべきものなんです。

ですから、自分が使う数珠は、ちゃんと自分で選んで、自分でお金を出して購入してくださいね。

新しい数珠を買ったら、次に「切れた数珠はどうやって処分すればいいの?」という疑問が出ることでしょう。

処分方法はいくつかありますけど、数珠は『お寺』にお願いして処分してもらうのがいいですよ。

お寺なら、ちゃんと数珠を供養したうえで処分してくれるので安心ですからね。

もちろん自分で処分することも可能ですが、お坊さんとしてはあまり賛成できません。

数珠の処分方法については『【お坊さんの僕が詳しく解説!】数珠を処分する5つの方法(捨て方)』の記事で詳しく解説しているので読んでみてください。

腕輪念珠が切れても何も気にしなくていい

数珠と同じようなものに『腕輪念珠』があります。

あるいは『パワーストーンブレスレット』ともいいますかね。

腕輪念珠が切れた場合、何も気にする必要はありませんし、べつに縁起が悪くも良くもないですよ。

なぜなら、そもそも腕輪念珠は【数珠】の役割をしていないんですよね。

念珠という名前は付いていますが、単なる【アクセサリー】なんです。

だから、腕輪念珠が切れたとしても、それは【アクセサリー】が壊れたというだけの話。

数珠をずっと使っていると1つ1つの珠に仏様のチカラが宿ります。

ただし、それは数珠を持ちながら【仏様に感謝の気持ちを伝えたり、故人の冥福を祈った結果】なのです。

だから、腕輪念珠をただ手首につけてるだけじゃ仏様のチカラなんか宿りません。

ちなみに、『お葬式』や『法事』でもお焼香のときに腕輪念珠は使えませんので注意してくださいね。

なぜなら、腕輪念珠は単なる【アクセサリー】だから。

ということで、腕輪念珠が切れたら、修理でも買い直しでも、それはあなたの自由にして大丈夫です。

まとめ:数珠が切れても縁起は悪くない。切れたら修理するか新しく購入しよう。

数珠なんて基本的にはそうそう切れるものではありません。

しかし、長い間使っていると、ヒモが珠の穴との摩擦や、劣化によって切れてしまうんです。

日本人って、何かが【切れる】とか【割れる】というと、それがまるで『縁起の悪いこと』のように感じてしまいますよね。

でも、数珠が切れることは【縁起の悪いこと】ではないんです。

むしろ、逆です。

数珠は、『煩悩を消し去るための精進の心構えを象徴するもの』であり、『数珠に宿った仏様が、持ち主を守り清めてくれる』ものです。

それが切れたということは、

  1. 持ち主の精進が一段落(レベルアップ)した
  2. 仏様が何らかの悪縁から持ち主を守った

ことの証拠です。

つまり、数珠が切れてしまうことは、

縁起の良いポジティブな出来事

です。

とはいえ、あなたが大事に使ってきた数珠ですし、切れてしまったからといって捨てるのは嫌だということもありますよね?

愛着のある数珠なのであれば、もちろん捨てる必要はありません。

長い間使っている数珠には仏様が宿っていますから、できるだけ捨てずに修理をするというのは素晴らしいことです。

あるいは、房やヒモだけを新しいモノに変える、というのでもいいでしょう。

もちろん新しい数珠を買って気分を変えてみるというのも大事なことです。

数珠が切れてしまっても【縁起の悪いこと】ではありませんので、不吉に思わず、修理または新規購入をして大事に使ってくださいね。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >