お葬式

結婚式と同じ日にお葬式が重なった!どちらに出席すべきかを判断する方法

この記事は、

今回の内容は要するにコレです

結婚式とお葬式が同じ日に重なってしまった場合、どちらへ出席すればよいのか

について書いています。

人間の命には限りがあり、いつその命を終えるのか、それは誰にもわかりません。

ですから、例えば【大切な友人の結婚式の日に、偶然にも親戚のお葬式が重なった】なんていうこともあるのです。

そんな時、あなたは【結婚式】と【お葬式】のどちらへ出席しますか?

ものすごく迷ってしまいますよね?

この記事を読めば、どのような場合にどちらへ出席する方がいいのか、ということがわかります。

また、欠席する場合はどのようにすればよいのか、ということも合わせて紹介していますので参考にしてみてください。

基本的にはお葬式に参列

お葬式の知らせはいつも急に来るものです。

そうすると、まれに【結婚式が行われる日とお葬式が行われる日が重なってしまう】ということがあります。

そのような場合、どちらへ出席するべきなのでしょうか?

これって、判断がかなり難しいですよね?

とても悩むところでしょうけど、結婚式とお葬式が同じ日に重なってしまった場合、

お葬式の方へ出席する

というのが一般的です。

ぼくも基本的にはその方がいいかなと思いますよ。

結婚式は、新郎と新婦の新たな門出を祝うために行われる慶(よろこ)びの儀式、いわゆる『慶事』です。

一方で、お葬式は、故人の逝去を悼み最後のお別れをする弔(とむら)いの儀式、いわゆる『弔事』です。

慶事はお祝い事なので、何度あってもよいことです。

そして、お祝いをする気持ちは後になってから何回でも伝えられます。

反対に、弔事はお悔やみ事なので、できるだけ無いにこしたことはありません。

そして、故人の姿を見ながら感謝の気持ちを伝えることができるのはお葬式の日までです。

つまり、慶事は複数回でもいいのですが、弔事はできるだけ早く行うもの、そして一度きりのものです。

となると、一度きりのものを優先しようというふうになるわけです。

このようなことから、

慶事よりも弔事の方を優先させる

という考え方になるのです。

【結婚式の主催者】や【故人】が、あなたとどのような関係性にあるのかで判断する

一般的には弔事を優先させるのですが、いかなる場合でもそのようにしなければいけない、というわけではありません。

結婚式とお葬式、どちらへ出席するかの判断は、

  • 結婚式の主催者とあなたの関係性
  • 故人とあなたの関係性

によって変わります。

あなたと故人との関係性の方が【深い】場合

あなたと結婚式の主催者の関係性よりも、あなたと故人との関係性の方が【深い】場合は、お葬式の方へ参列すべきでしょう。

では、あなたと故人の関係性において、どの範囲までを【関係性が深い】と考えればよいのでしょうか?

一般的には、

  • 自分の両親
  • 配偶者の両親
  • 自分の祖父母

くらいであれば、あなたと故人の【関係性が深い】と判断してよいと思います。

これらの【関係性が深い】人が他界された場合は、お葬式の方を優先すべきです。

というか、これだけ深い関係性にあれば、あなたが【喪主】を務めることもあるかもしれませんね。

ちなみに、関係性の深い人の中で『配偶者』は除外しておきました。

縁起でもない話ですが、仮にあなたの配偶者となる人が他界された場合、まぁ間違いなく、あなたが【喪主】になるでしょう。

あなたが喪主になったら、お葬式の日程を調整できます。

その時は、お葬式の日程を、【結婚式の後】にしてあげればいいと思います。

結婚式の直前に欠席する時のマナー

お葬式の方へ出席すると決めたら、できるだけ早く結婚式の主催者へ欠席の連絡をしてください。

結婚式とお葬式の日が重なり、お葬式の方へ出席するということは、

『結婚式の直前に欠席の連絡をする

ことになってしまうわけです。

これは、結婚式の主催者にとっては非常に迷惑なことなのです。

ですから、欠席の旨を知らせる際には、よく事情を説明して必ず謝罪をしてください。

結婚式の主催者としては、【あなたが当日に出席してくれるもの】として準備をしていたはずです。

そして、その頃はもうすでに【キャンセル料】が発生する段階です。

ですから、たとえ結婚式を欠席した場合でも、後日にお祝いを伝えに行く時は、ご祝儀を『本来渡すつもりだった金額のまま』主催者へ渡すようにした方がいいと思います。

また、めったにあることではありませんが、結婚式の当日になって欠席(=ドタキャン)せざるを得ないということがあるかもしれません。

そのような場合、欠席の連絡は主催者本人ではなく、結婚式が行われる式場の方にするようにしてください。

結婚式の当日なんて、主催者は大忙しなので、あなたの連絡を受けているヒマなんてありませんから。

まぁいくらなんでも、『今日の深夜に他界して、そのまま同じ日にお葬式を行う』なんてことはありません。

だいたいの場合は、お通夜やお葬式の日までに2〜3日間くらいは空きます。

お葬式の知らせを受けて、結婚式の方を欠席すると決めたら、すぐに結婚式の主催者へ連絡するようにしましょう。

あなたと故人との関係性の方が【浅い】場合

反対に、あなたと結婚式の主催者の関係性の方が深く、故人との関係性が【浅い】場合は、結婚式の方へ出席してかまわないと思います。

ただし、お葬式の方を欠席する場合には少し注意することがあります。

お葬式を欠席する時の注意点

お葬式の方を欠席する場合も、やはりできるだけ早く喪主に欠席する旨を連絡しなければなりません。

お葬式というのは、式の当日まで数日間しかありません。

その間には、お料理の数や返礼品の数を概算でも出さなくてはなりません。

ですから、喪主はお葬式の弔問客が何人くらいなのかを早く知っておきたいのです。

お葬式を欠席すると決めたら、すぐに電話で連絡しておくことをおすすめします。

そして、その後は、お悔やみの弔電を打っておき、後日に『御霊前』を持って改めて喪主宅へお線香をあげに行くとよいでしょう。

さて、ここで注意点が2つほどあります。

それは、

  1. 結婚式を理由にして欠席しない
  2. 結婚式とお葬式で『共通する知り合い』がいる場合は、【両方とも欠席】か【お葬式へ出席】という選択肢も考えておく

の2つです。

まず、『結婚式を理由にして欠席しない』ということに注意してください。

先ほども言いましたが、基本的には、

慶事よりも弔事の方が優先されます。

つまり、慶事である『結婚式』の方に出席するという理由は、故人との最後のお別れの方が優先順位が低い、と言っているのと同じことなのです。

ですから、『結婚式』を理由にお葬式を欠席することは、喪主に対して失礼にあたるわけです。

お葬式を欠席する時は、少し心苦しいかもしれませんが、

「事情があって、どうしてもその日だけは都合がつかないので、欠席させていただきます。」

というような言い方で伝えておきましょう。

次に、『結婚式とお葬式で共通する知り合いがいる場合は、【両方とも欠席】か【お葬式へ出席】という選択肢も考えておく』という点に注意しましょう。

これもやはり、慶事より弔事が優先であることが理由です。

この場合は、結婚式の方へ出席することで【リスク】が生じてしまいます。

共通する知り合いがいる場合、後々になって、その人を経由して《あなたが結婚式の方へ出席したことが喪主に知られてしまう》という可能性があるからです。

世の中は本当に狭いもので、思わぬところからあなたの情報が伝わってしまいます。

そうなると、あなたと喪主の今後の人間関係に悪い影響が出てしまうことでしょう。

ですから、共通する知り合いがいる場合、判断は非常に難しいと思います。

あなたにとって大切な人の結婚式なのであれば、もちろん結婚式へ出席することはかまわないと思います。

ただ、念のため、

  • 【両方とも欠席】か【お葬式の方へ出席】

という選択肢もある、ということを覚えておいてください。

結婚式とお葬式の両方に出席できる場合

お葬式は午前中に行われることが多いです。

一方で、結婚式は午後から夕方にかけて行われることが多いです。

ですから、もしも、

  • 【お葬式の閉式時間】と【結婚式の開式時間】との間に十分な時間がある
  • それぞれの式場が近い場所にある

といった場合、両方に出席することも可能です。

可能ではありますが、その日は非常にハードな一日となりそうですね。

お葬式に参列して、急いで着替えて、次の結婚式場に移動して、そこからまた約2〜3時間の結婚式に出席するのです。

想像しただけでも疲れてしまいそうなハードスケジュールです。

でも、もしそれができれば、喪主と結婚式の主催者の両者の顔を立てられます。

ただし、同じ日に結婚式とお葬式の両方に出席する時は、いくつか注意点があります。

それは、

  • 火葬場までは行かない
  • 同じ礼服を着るなら【お香(焼香)】のニオイを消しておく
  • 先にお葬式に参列してきたことを言わない

ということです。

火葬場までは行かない

結婚式に出席するためには、お葬式に参列した流れで火葬場まで行かないようにしてください。

お葬式は午前中に行うことがほとんどですが、多くの場合は火葬をする時間が午後になってしまうからです。

そして、火葬場での滞在時間は、およそ2時間半くらいあります。

火葬場まで行ってしまうと、たぶん結婚式には間に合わなくなるでしょう。

火葬場には、基本的に故人の家族や親族が行きます。

ですから、もしあなたがそれ以外の立場なのであれば、お葬式に参列しただけでも十分なのです。

故人とあなたの関係がそこまで深くない場合は、出棺時に式場での【お見送り】をするようにしましょう。

同じ礼服を着るなら【お香(焼香)】のニオイを消しておく

お葬式で着ていた喪服は、そのまま結婚式用の礼服として着ていけます。

親族の結婚式に列席する場合には礼服を着ることがほとんどですから、着替えることもしなくてすみます。

しかし、お葬式の式場は【お焼香】の煙で充満しており、式が終わる頃には礼服にお焼香のニオイが染みついています。

お焼香のニオイはけっこう強めです。

あなたが思う以上に周囲にお焼香のニオイを漂わせているはずです。

結婚式場にお焼香のニオイをさせていくのはよろしくないので、消臭スプレーなどで可能なかぎり消臭をした方がいいと思いますよ。

親族の結婚式ではない場合は、結婚式に適した他の服に着替えて列席することが望ましいと思います。

先にお葬式に参列してきたことを言わない

結婚式はお祝いごとです。

お祝いの席なのですから、『ついさっきまでお葬式に参列していた』ことは周囲の人に言わないでおきましょうね。

お葬式から結婚式というハードスケジュールなんてめったにないことなので、

「じつは今日さぁ、午前中はお葬式に行ってたんだよね。そこから、この結婚式に駆けつけたから、ほんと、忙しい一日だよ~。」

みたいに変な自慢をしたくなるかもしれませんが、それはヤメましょう。

お祝いの席では『縁起の悪いこと』は言わない方がいいのです。

これは、結婚式での最低限のマナーですから気をつけてください。

まとめ:基本的にはお葬式を優先。でも、あなたとの関係性を考えて決めましょう。

いかがでしたでしょうか?

結婚式とお葬式が同じ日に重なるなんて、ほとんど無いことです。

でも、もしもそのような事態になったら、基本的には、

弔事を優先する=お葬式の方へ出席する

ということを覚えておいてください。

そして、それは、

  • あなたと結婚式の主催者の関係
  • あなたと故人の関係

によって変えてもかまわないと思います。

いずれにせよ、どちらへ出席するのかを最終的に決めるのはあなたです。

どちらを選んでも悔いのないように、そして、欠席する方には誠意をもって連絡をするようにしてください。