仏事全般

手元供養でも大丈夫?手元供養のメリットとデメリット。

どうも、『未熟僧(みじゅくそう)』といいます。

ぼくは、20年以上お坊さんをしています。

この記事は、

要するにこういう内容です
  1. 手元供養をしても大丈夫なのか
  2. 手元供養のメリットとデメリット

について書いています。

大切な家族の遺骨を、すぐにお墓へ納めてしまうのって何だかイヤじゃないですか?

しばらくの間、あるいは今後ずっと、故人の遺骨を自宅に置いておきたいと思いますよね?

遺骨を『自宅で供養する』ことを、

手元供養(てもとくよう)

といいます。

あなたのように手元供養を望む人は最近メチャクチャ増えてます。

とはいえ、手元供養をするにしても「遺骨を自宅に置いちゃって大丈夫かな?」と不安になる人も多いんですよね。

あなたもそうですか?

大丈夫です、

手元供養をすることは何も問題ありませんよ。

供養の方法はあなたが決めていいんだから。

もちろん、法的にも問題はありませんからご安心を。

また、遺骨の正しい保管方法を知っていれば、思わぬトラブルを避けることもできます。

ただし、手元供養にはメリットがあれば、やはりデメリットもありますのでご注意ください。

とはいえ、何も心配しなくて大丈夫ですよ。

この記事を読めば、手元供養について最低限の知識は得られますので、安心して『自宅での供養』ができるようになります。

ぜひ一度読んでみてください。

なお、この記事は【お墓がない人】に向けて書いていますのでご了承ください。

手元供養をしても大丈夫?

近年では『お墓』は持たずに、故人の遺骨を『自宅』に置いて、家で供養するという人が増えています。

いわゆる、

『手元供養(てもとくよう)』

というヤツですね。

手元供養自体は最近のものではなく、昔からありました。

昔からあったんだけど、ほとんどの人が『お墓』を建てて納骨をしていただけなんですよね。

でも、いよいよ【少子高齢化】が進んできて、お墓を継承する人も減ってきています。

そこへさらに【仏教離れ】が追い打ちをかけ、お墓の必要性そのものを疑問視する人が増えてます。

そして、それに引っ張られるようにして『お墓は建てなくていい』と考える人も増えています。

でも、お墓を建てないからには『遺骨をどこかへ保管しなくてはいけない』という現実があるわけですよね。

それでみんな、

  • 故人の遺骨を『自宅』に置く

という選択をするんですよね。

まぁ、べつにそれは悪い選択じゃないと思いますよ。

それに、お墓に納骨してしまったら、何となく故人を『土の中に閉じ込めてしまう』ような気分になりませんか?

実際のところ、その理由でお墓を建てない人も結構いるんですよね。

そのようなこともあり、『手元供養』という名前で【遺骨を自宅に置いておく】という供養方法が多くの人に認知されるようになりました。

ただ、「手元供養で本当に大丈夫かな?」と心配になってしまう人も多いんです。

お墓に納骨しないで自宅に置いておくことによって、

  1. 故人をちゃんと供養できるのか
  2. 法律上の問題はないのか

といったような心配が出てくるわけですね。

あなたもそうですか?

安心して大丈夫ですよ。

仏教的にも法的にも、

手元供養をしても全然問題はありません!

ですから、あなたが手元供養を望むのであれば、どうぞ遠慮なく故人の遺骨をあなたのそばに置いてあげてください。

自宅に遺骨を置いたままでも故人の供養は十分にできます

故人の供養というのは、お墓が無くたってできます。

べつに、お墓が故人を悟りの境地へ導いてくれるわけじゃないしね。

お墓に遺骨を納めることは、言ってみれば『踏ん切りをつけること』だったんです。

故人の死を受け入れさせるためですね。

目の前に故人の遺骨があったら、家族はなかなか悲しみから抜け出せないんですよ。

それを故人の魂が仏の世界へ渡るとされている49日忌までに納骨することで、半強制的に『踏ん切り』をつけさせたんです。

それに、お墓は遺骨を納める場所であることは間違いないですが、もう一つの【あの世とこの世を繋ぐもの】という方がお墓にとって重要な役割なんです。

ですから、お墓に納骨しないと故人の供養ができないなんてことはありません。

自宅でも十分に供養はできるのです。

あっ、勘違いをしないでくださいね。

ぼくは、「お墓はいらねぇ」なんて言ってませんよ。

お坊さんの立場としては、できればお墓に納骨してもらいたいんですが、それを決めるのはあくまで【あなたの自由】なんですよ、と言いたいの。

お墓について詳しく知りたい方は、コチラの記事でわかりやすく説明していますので読んでみてください。

お墓の意味や役割とは何?お墓参りでお墓はパワースポットに育つ?あなたは日頃お参りしている【お墓】にどのような意味があるかご存じですか?この記事では、お墓とは一体何なのか、どのような意味や役割があるのかをわかりやすく説明しています。この記事を読んだ後は、きっとお墓参りしたくなりますよ。...

手元供養は『法律』の面でも問題ない

供養に関しては手元供養でも問題はなくても、法的に問題があるのかどうかが気になりますよね?

どうぞご安心ください、

手元供養は法的にも問題はありません

から。

お墓のことや遺骨に関わることなどは、

『墓地、埋葬等に関する法律』

という法律に定められているんです。

この法律には、手元供養が問題ないことが明確に記載されていますよ。

遺骨の安置場所に関することは、

埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない。

引用『墓地、埋葬等に関する法律』第4条

と定められています。

これは、つまり、

  • 遺体を埋葬したり遺骨を埋蔵するのは、墓地として公的に認められた場所でしか行えないからね。

ということを言っています。

でも、遺骨を自宅に置いておくことは、『埋葬』にも『焼骨の埋蔵』にも該当しないのです。

なぜなら、埋葬も埋蔵も、基本的には土中に【埋める】ということだからです。

だから、土中に埋めずに保管することは、『埋葬又は焼骨の埋蔵』のどちらにも該当しないということなんです。

つまり、墓地として公的に認められた場所でなくても、自宅に遺骨を置いておけちゃうんですよね。

ということで、あなたがどうしても故人の遺骨を自宅に置きたいのなら、法的に問題は何もないんだから、堂々と手元供養をすればいいんですよ。

手元供養のメリットとデメリット

手元供養にはお墓へ納骨するのとは違ったメリットやデメリットがあります。

多くの人はメリットだけに目が行ってしまいがちですけど、ちゃんとデメリットも知っておかないと思わぬトラブルを招いてしまうかもしれませんよ。

遺骨のことだけでなく、どんなことでも必ずメリットとデメリットの両方をよく精査してから判断をしてください。

手元供養のメリット

手元供養が増えているということは、それなりに大きなメリットがあるからです。

では、どのようなメリットがあるのでしょうか?

いつも故人を身近に感じていられる

手元供養をするメリットといえば、

いつも故人を身近に感じていられる

コレですよね。

お墓に納骨してしまうと、何となく故人はもう『遠い存在』になってしまうことでしょう。

しかし、遺骨が自宅にあれば、いつも故人がそこにいてくれるような気になりますよね?

しかも、位牌に手を合わせるよりも故人の遺骨に手を合わせる方が、自分の思いやメッセージがより直接的に故人に伝わりそうな気がしますよね。

大切な亡き家族とずっと一緒にいたいと考えるのなら、そりゃもう手元供養が一番いいですね。

お墓を建てる必要がないので経済的負担が減る

手元供養をするということは、

お墓を建てる必要がない

ということ。

これって、かなり【経済的な負担】が減りますよね。

お墓を建てるにはそれなりに費用がかかります。

土地と石材の両方で200万円くらいは覚悟しなきゃダメ。

また、お墓を建てるだけではなく、それを維持していくことも想像以上に大変なことなんです。

でも、手元供養にはそれがありませんからね。

経済的な負担は最小限ですませることが可能です。

ただ、ぼくの個人的な意見としては、お墓はなくても小さな仏壇くらいはあってもいいんじゃないかなと思いますけどね。

ただ単に遺骨を何かの台の上に置いてあるだけだと、供養の気持ちを故人に示せないのではないでしょうか。

ただ自宅に置いてあるだけでは、遺骨を【放置】しているのと変わりないでしょ?

それに、お墓のように数百万円もかかるわけじゃないんだから、ある程度のカタチを作ってあげませんか?

それでもなお「小さな仏壇さえも必要ない」と考えるのなら、手元供養のための【飾り台というものがありますから、せめてそれを購入して遺骨を祀ってあげましょう。

飾り台は、写真たて、花びん、おりん、などがセットになっているものを選ぶのがいいですね。

ちなみに、飾り台(またはステージ)というのはコチラのようなモノのことです。

お墓のある場所が自宅から遠い人には最適

手元供養をする理由に、

お墓のある場所が自宅から遠い

という人もいます。

自宅からお墓までの距離はとても大事。

これはお墓参りに行く気になるかどうかの大きな分かれ道になります。

もしお墓が遠くにあるとしても、車で数十分くらいの距離なら何とかなりそうですが、新幹線や飛行機を利用しなくちゃいけないレベルの距離だともうダメです。

必要最低限だけで、それ以上はお墓参りに行こうなんて思わなくなります。

そして、お墓参りをしなくなると、回忌法要などの【故人の供養】もしなくなるんです。

たぶん、『故人のために何かをする』という感覚が薄くなってしまうんでしょう。

だから、お墓までの距離というのは【故人に対する想い】と比例してしまうのかもしれないですね。

だったら、故人の遺骨を【どこよりも近い】場所に置いておく方がずっとイイですよ。

ですから、自宅からお墓までの距離が遠い場合は、あなたのためにも、そして故人の供養という意味でも、手元供養が最適かもしれないですね。

手元供養のデメリット

手元供養にはメリットだけではなく、当然ながらデメリットもあります。

メリットばかりを見てしまうと、予想外のデメリットに気がつかず後悔することになるかもしれません。

手元供養をするということは、遺骨を自宅に保管するわけです。

遺骨を自宅に置いておくには、いくつか注意点があります。

お墓であれば必要のないことなのですが、自宅ゆえに出てくる注意点です。

そういった意味で、手元供養は【遺骨を自宅に置いておくこと】自体がデメリットにもなるのです。

なので、メリットとデメリットの両方をしっかり理解して、手元供養をするかどうかを決めてくださいね。

遺骨の保管はカビに要注意!

あなたの家には、梅雨時などに『何となくカビ臭い部屋』はありませんか?

もしもそんな部屋があるなら、そこには絶対に遺骨を置かないでください。

遺骨にカビが発生する可能性があるからです。

手元供養の一番のデメリットは、

遺骨にカビが発生しないように注意しなくてはいけない

ことです。

一度でも骨壷のフタを開けた場合は、カビに要注意ですね。

あなたもご存じのように、カビが発生するためには、

  1. 温度
  2. 湿度

が揃うことが条件ですよね。

骨壷の中って、少し怖いけどちょっとだけ覗いてみたくなっちゃうでしょ?

場合によっては、遺骨にちょっと触れてみたりしていませんか?

空気中には見えない菌がわんさかあります、骨壷のフタを開けた瞬間に部屋の中の菌が骨壷に入ります。

はい、もうこれでカビを発生させる準備は整いました。

遺骨に直接触っていると、その発生確率はさらに上がります。

後は、湿度と温度がちょうどいい数値に達したところでカビが発生します。

というわけで、手元供養をしたいのなら、遺骨を置く場所は、

可能な限り高温多湿を避ける

ことが超重要ってことですね。

だから、日がたくさん当たる場所には置いちゃダメ。

そして、水を扱う場所の近くもダメ。

できれば、

  • 二階以上の部屋
  • 風通しのよい部屋
  • 北か東向きの部屋

がイイんじゃないかな。

せっかく自宅に遺骨を置くのですから、遺骨にカビを発生させてしまわないように十分注意をしてください。

あなたとあなたの家族以外の人にとっては少し怖い

自宅に故人の遺骨があると、何となく故人を身近に感じられて安心しますよね。

でもね、

そんな風に思うのは、あなたとあなたの家族だけ

であることは理解しておいてくださいね。

それ以外の人からしてみれば、訪問先の部屋に遺骨が置いてあるのを見ると、

  • 少し怖い
  • 何だか気味が悪い

と思いますからね。

もしかすると、親戚の人であってもそのように思うかもしれませんよ。

だから、自宅にお客さんが来ることがわかっているのなら、遺骨は見えないようにしておくのがマナーです。

あっ、そのお客さんが故人に手を合わせに来るのなら、もちろんそんなことをする必要はありませんよ。

まとめ:手元供養でも大丈夫!メリットとデメリットを考え、遺骨を正しく保管して供養をしましょう。

大切な家族の遺骨をすぐにお墓へ納めてしまうのは何かイヤですよね?

また、そもそもお墓に納骨すること自体を考えていないという場合もあるでしょう。

だったら、自宅に遺骨を置いて供養する『手元供養』をすればいいんです。

大丈夫、遺骨を自宅に置くことは全く問題ないですから。

宗教的にも法的にも問題ありませんから、安心して遺骨をあなたのそばに置いてください。

ただし、手元供養にはメリットだけでなくデメリットもありますからね。

手元供養は故人をいつも身近に感じられますし、お墓を持たない場合はかなり費用を抑えて故人の供養ができます。

しかし、自宅に遺骨を置いておくというのは、それなりにスペースを確保したり、保管方法にも注意が必要です。

また、故人の家族以外の人にとっては、家に遺骨があるのは【少し怖い】ということをちゃんと理解しておきましょう。

それさえわかっていれば、あとはあなたの自由ですよ。

遺骨は必ずお墓に納骨しなくてはいけない、というものではありません。

ですから、あなたが手元供養を希望するのであれば、ぜひなさってください。

手元供養は、現代人に合った供養方法だと思います。

わざわざ高いお金を出して、無理にお墓を建てなくてもいいんです。

故人だって家族が大変な思いをすることは望んでいないはずですから。

遺骨を自宅に置いて毎日手を合わせてあげるのだって、十分に良い供養になりますよ。

時代が変われば供養のやり方も変わります。

今後もきっと手元供養をする人がどんどん増えています。

なので、手元供養は今後のスタンダードな供養方法になるかもしれません。

だから、あなたも安心して故人の遺骨を自宅に置いて、心を込めて供養をしてあげてくださいね。