お墓

お墓を建てるなら霊園がいい!霊園のメリットとデメリット。

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • お墓は【お寺】と【霊園】のどちらに建てた方がいいの?
  • 霊園のメリットとデメリットを知りたい
  • お寺との付き合いが面倒だから、いろいろと自由な霊園にお墓を建てたい。

お墓を建てる場所といえば、『お寺の墓地』か『霊園』をイメージする人が多いでしょう。

実際に、よくある【墓地分譲】の広告チラシの内容も『お寺の墓地』か『霊園』のどちらかです。

となると、

お墓を建てるなら『お寺の墓地』と『霊園』のどちらがいいんだろう?

って思いませんか?

お墓を建てるには大きな費用が必要ですし、1度建てたら簡単に移動させることなんてできません。

だから、【どこにお墓を建てるのか】という選択は非常に重要であり、それゆえに悩んでしまう人が多いのです。

先に結論を言いますと、

お墓を建てるなら『霊園』がいい

ですよ。

本当ならお坊さんの僕がこんなことを言っちゃダメかもしれませんが、『お寺の墓地』にお墓を建てるのはおすすめできません。

圧倒的に『霊園』の勝利です。

この記事を読めば、

  1. 『お寺の墓地』よりも『霊園』の方がよい理由
  2. 霊園のメリットとデメリット

が分かります。

お墓を建てる『場所選び』で後悔しないためにも、ぜひ最後まで読んでみてください。

お墓さがし

霊園にお墓を建てた方がいい理由

この記事を読んでいるということは、あなたは『お寺の墓地』ではなくて、『霊園』にお墓を建てようとお考えなのかもしれませんね。

あなたのその考えは、

大正解

です。

僕は20年以上お坊さんをしていますので、『お寺の墓地』にお墓を建てることがどういうことなのかをよく知っています。

そんな僕だからこそ断言できます。

お墓を建てるなら、

圧倒的に『霊園』の方がいい

です。

なぜなら、お寺の墓地』にお墓を持つということは、そのお寺の【檀家(だんか)】になることが絶対条件だからです。

檀家になるということは、ただお墓を持つだけではなく『お寺を支える立場になる』ことを意味します

ですから、お寺の行事があれば積極的に申し込みをして、寄付を要求されればちゃんと納めなければなりません。

そのような『お寺のためにすすんで協力をする』というのが檀家の役目なんです。

でも、『霊園』にはそんなものはありません。

基本的に霊園というのは、

  • すべてにおいてお寺よりも自由に選べる
  • すべてにおいてお寺よりも費用が安くてすむ

のです。

あなたはきっと【お墓を建てる場所】が必要なだけで、べつに【お寺を支える立場】になりたいわけではないでしょ?

だったら、余計なお付き合いや制限がある『お寺の墓地』ではなく、いろんな面であなたが自由に決められて、かつ費用を抑えられる『霊園』にお墓を建てればいいのです。

今はとても便利な時代なので、パソコンやスマホでちょっと探してみれば、いくらでも霊園の情報が出てきます。

きっとあなたの希望に合う霊園がありますので、じっくりと探してみてください。

お墓さがし

霊園のメリットとデメリット

ここからは、霊園にお墓を建てることのメリットとデメリットを紹介していきます。

霊園のメリット

僕がお坊さんであるにもかかわらず『霊園』をすすめるのは、それだけ大きなメリットがあるからです。

霊園のメリットは、

  1. お寺との付き合いがない
  2. 宗教や宗派の制限がない
  3. 余計な出費をしなくてもよい
  4. 園内の雰囲気が洋風で明るい所も多い
  5. ある程度は自由な形のお墓が建てられる

などがあります。

お寺との付き合いがない

今までは、お墓を建てる場所といえば、多くの場合は『お寺の墓地』でした。

しかし、最近では霊園という【お寺とは関係のない場所】にお墓を建てることができるようになりました。

つまり、無理にお寺と付き合わなくてもお墓を建てられるようになったわけです。

これってものすごいメリットなんですよ。

お寺の墓地にお墓を建てると、

  • そのお寺が属する宗派の信者になる必要がある
  • 年間行事への積極的な申し込み
  • お葬式(戒名をつける必要あり)での制限
  • 年回忌法要(=法事)をしなくてはいけない
  • 寄付を納めなくてはいけない

といったように、強烈な【縛りと義務】が発生します。

多くの人は、お寺との付き合いなんて、お金がかかるし面倒くさいこともあるから本当は嫌なんですよね。

でも、そこにお墓を建ててしまっているので【仕方なく我慢をして】お付き合いしているのです。

でも、霊園はそれがまったくありません。

面倒なお付き合いがないんですから、後代の人たちに負担をかけることもないので安心してお墓を建てられますよね。

【関連記事】:お寺の檀家(だんか)とは何か。檀家になるとデメリットだらけでメリットは少ない!

宗教や宗派の制限がない

霊園は、お寺との付き合いがなくてもお墓が建てられます。

ということは、基本的に宗教や宗派に制限がありませんので、誰でも使うことができます。

だから、お墓に向かって【合掌をする人】もいれば、その隣のお墓で【十字をきる人】もいる、なんていうことがあるわけです。

霊園は、みんながそれぞれに信じるものを自由に信仰できる場所なんです。

余計な出費をしなくてよい

霊園は、お寺との付き合いが不要なので、それだけ余計な出費をしなくてすみます。

お寺の墓地にお墓を建てたら、

  • 入檀料
  • お葬式や法事のお布施
  • 年間行事のお布施
  • 寄付

など、いろんな名目で納めるものがあり、それぞれの金額も高めです。

しかし、霊園であればそのような出費はありません。

毎年の管理料だけは支払う必要がありますが、それ以外は【任意】です。

ですから、年間を通じて『お寺』と『霊園』を比較してみると、費用の面で大きな差が出ます。

しかも、『お寺の墓地』にお墓を持つ人の中には、いろいろとお寺に納める負担が大きくて、肝心の【故人の供養】ができなくなる人もいます。

これでは完全に『本末転倒』ですよね。

霊園にお墓を建てれば、単なる節約ではなく、お寺に納めなくてよい分を【故人の供養】に充当して定期的にちゃんと供養をすることができます。

園内の雰囲気が洋風で明るい所も多い

最近の霊園は昔と違って、とにかく園内の雰囲気が明るいんですよね。

特に、ここ10年以内に新規オープンされた霊園は、

  • 霊園の入口の門
  • 管理棟のデザインや内装
  • 通路の植樹
  • 霊園全体の色づかい

といったものの多くが『洋風』です。

園内に設置されているベンチや照明のデザインはもちろん、水道の蛇口の形までシャレてますよ。

ですから、以前の霊園のような【静かで何となく怖い】というイメージはすっかり無くなっています。

園内の雰囲気が明るいので、「気軽に立ち寄ってお墓参りができるからいい。」という声もありますね。

ある程度は自由な形のお墓を建てられる

霊園は宗教や宗派が自由です。

そして、基本的にはあらゆることを自由に選択できます。

ですから、ある程度は自由な形のお墓を建てられますので、実際に霊園内を見てみるといろんな色や形のお墓がありますよ。

昔ながらの【和型】の墓石を建てる人もいれば、もう少しデザイン性のある【洋型】を建てる人もいます。

さらには、もっとデザイン性の強い【デザイン型】の墓石を建てる人も増えてきました。

お墓というのは、選ぶ形や色などで【その家の考え方】が何となく出てきます。

しかし、お墓を建てる際には【一時的な感情だけ】で形を決めないように注意してくださいね。

お墓の形を決める時には、後代の人たちも使用することを考え、【誰もが心を込めてお参りできるような形のお墓】にすることを十分に考えてくださいね。

【関連記事】:【お坊さんが解説!】お墓の形(デザイン)を決める時の注意点

霊園のデメリット

続いて、霊園にお墓を建てることのデメリットを紹介します。

ただ、一応はデメリットについて紹介しますが、僕としては正直なところ「そんなに大きなデメリットでもないし、メリットの方がはるかに大きい。」と思っています。

ですから、以下で紹介するデメリットとは「強いて言うならコレかな?」みたいなカンジです。

石材店の営業担当者に声をかけられる

多くの霊園は、複数の【石材店】と業務提携をしています。

なので、新規客らしき人が来ると石材店の営業担当者はすかさず、

営業担当者
営業担当者
今日はお墓のご見学にいらしたんですか?

と声をかけます。

もしもあなたが【服を買う時は店員に声をかけられたくない】というタイプの人なら、この声かけが嫌かもしれません。

しかし、墓石に関して1番詳しいのはやはり石材店の人であり、霊園の管理人はそんなに詳しくはありません。

お墓というのは高価な買い物なので、専門家の意見を参考にしながら慎重に考えなければなりません。

だから、結局は石材店の人と話をすることは避けられませんので、声をかけられた時は逆にいろいろと質問しちゃう方が話は早いです。

先にお墓を建てなくてはいけない霊園が多い

霊園というのは、墓地使用契約後の一定期間内に【先にお墓を建てる】という規則のあるケースが多いです。

だから、もしもあなたの家でまだ誰も亡くなっていなくても、先に墓石を建てることになるのです。

よく「先にお墓を建てると縁起が悪い」と言われますが、それは迷信ですからその点についてはご安心ください。

最近のお墓で使用される石は『御影石(みかげいし)』が主流で、この石は非常に硬くて劣化が遅いため、先に建てたとしても数十年経過したくらいじゃ何ともありません。

ですから、御影石であれば先にお墓を建てておいてイイと思いますよ。

それに、先にお墓を建てておいた方が後の人の負担になることもありませんし、あなた自身も安心できると思いませんか?

広い墓地がないので大きなお墓は建てられない

霊園というのは民営のところもたくさんあります。

というか、最近できたようなキレイな霊園のほとんどは民営です。

ですから、霊園には少しだけ【商売】の要素があるんです。

となると、霊園内の限られた土地をできるだけ有効活用しなくてはいけないので、1区画あたりの墓地の面積は小さくなりがちです。

なので、大きなお墓を建てたい人にとって霊園は不向きです。

とはいうものの、今は大きなお墓を希望する人が本当に少ないです。

昔は大きなお墓が1つのステータスみたいになっていましたが、大きなお墓は後の管理が大変なんです。

そのようなこともあってか、ほとんどの人は【必要最低限の大きさ】の墓地を希望しています。

実際に霊園の小さい区画からどんどん成約していきますからね。

管理棟内がわりと狭い

小さくなっているのは墓地の面積だけではありません。

霊園に必ずある【管理棟】の規模も小さくなっています。

とはいえ、これは完全に僕の印象なんですけどね。

以前の霊園の管理棟は【大勢の人が収容できる】ように設計されていました。

管理棟にはだいたい『法要ができる部屋やスペース』があります。

昔は、お葬式をするにしても法事をするにしても、親戚みんなを呼んで【参列者が多い】中で法要をしていましたので、それだけの広さが必要でした。

でも、最近では少人数で法要を行うことが多くなり、法要をするスペースはそんなに大きくする必要がなくなりました。

これにより最近オープンしたような霊園だと、管理棟内はわりと狭くなっています。

ですから、「法要は親戚みんなを呼んで盛大に執り行うものだ」とお考えなのであれば、霊園の法要スパースでは足りないかもしれませんね。

とはいえ、仏事はどんどん『簡略化』されていますので、近い将来には【法事は身内だけで執り行いうもの】というのが定着しそうですけどね。

【関連記事】:法事は身内だけでやりたい!親戚を呼ばないで法事をする時の注意点

まとめ:お墓を建てるなら『霊園』の方がいい。

お墓を建てる場所は、後悔をしないよう『慎重に』選ぶようにしましょう。

お墓を建てる場所といえば、ほとんどの場合、

  • お寺の墓地
  • 霊園

ではないかと思います。

もしもあなたがこの二者択一で迷っているのなら、僕はお坊さんとして、

お墓を建てるなら『霊園』の一択

だと言いたいです。

なぜなら、よほど「私はお寺との付き合いをしたいんだ!」という人でない限り、『お寺の墓地』を選ぶメリットがないからです。

『お寺の墓地』よりも『霊園』の方が、

  • お寺との面倒な付き合いがない
  • 宗教や宗派が制限されないので自由に使える
  • 諸々の費用が安い
  • 園内の雰囲気が洋風で明るい所も多い
  • ある程度は自由な形のお墓が建てられる

からです。

もちろん、

  • 先にお墓を建てておかなければいけない霊園もある
  • 広い墓地がないので大きなお墓が建てられない
  • 管理棟内がわりと狭い

というデメリットもあります。

とはいえ、これらはさほど大きなデメリットではないと僕は思いますけどね。

総合的に考えると、現代の人達にとって必要とされているのは、圧倒的に『霊園』の方です。

僕はお坊さんなので、本当であれば「お寺の墓地に建ててくださいね♪」と言わなきゃいけない立場です。

でも、やっぱり嘘は言えませんよ。

だって、圧倒的に『霊園』の方が使いやすくて費用も抑えられますからね。

せっかくこの記事を読んでくれたあなたには、【墓地選び】で絶対に後悔をしてほしくないので、お坊さんの目線で正直に書いてみました。

この記事があなたの【墓地選び】の役に立てばとても嬉しく思います。

お墓さがし

『未熟僧ブログ』トップページを見る >