お葬式

妊婦さんがお葬式に参列しても大丈夫!迷信の解説と参列する時の注意点を紹介

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 『お葬式に妊婦が参列してはいけない』っていうのは本当?
  • もしも妊娠中にお葬式へ参列したら一体どうなっちゃうの?
  • 妊娠中だけど、どうしてもお葬式へ参列したい場合は何をすればいいんだろう?
  • 妊婦がお葬式に参列するときは、どんなことに注意しなきゃいけないの?

先日、女性信者さんが訪ねてこられ、彼女には何やら心配事があるようでした。

その女性は妊婦さんで、数日後に彼女の親戚のお葬式に参列する予定でした。

ところが、彼女は知人から、

妊婦がお葬式に行くと、お腹の子どもに《悪いこと》がおこるから、妊娠中はお葬式に参列しちゃダメだよ。

と言われたそうで、とても心配をしていました。

あなたも同じ心配をしているのですか?

安心してください、妊婦さんがお葬式に参列しても、お腹の子どもに《悪いこと》なんておこりませんから。

ハッキリ言って、それは完全に『迷信(めいしん)』です。

この迷信は、お葬式で考えられる様々なリスクから【妊婦さんを守るため】に作られたものです。

ですから、

しっかりと事前準備をして、なおかつ体調が良いのであれば、

妊婦さんでもお葬式に参列して大丈夫ですよ!

この記事は、

  • 『妊婦がお葬式に参列してはいけない』という言い伝えの本当の意味
  • どうしても言い伝えが気になるときの対処法
  • 妊娠中にお葬式へ参列する時の注意点

について書いています。

この記事を読めば、妊娠中のあなたでも安心してお葬式に参列できるようになります。

最後までお読みいただければ、きっと今のあなたの不安は解消されていることでしょう。

妊婦さんとお葬式にまつわる言い伝え(迷信)の解説

昔から『妊婦はお葬式に参列してはいけない』と言われることが多いです。

なぜそのように言われるのでしょうか?

そして、はたして本当に『妊婦はお葬式に参列してはいけない』ものなのでしょうか?

昔からの言い伝え(迷信)

昔からいろんな地域で、

妊婦がお葬式に参列するとお腹の子どもに《悪いこと》がおこる

という言い伝えがあります。

まずはじめに言っておきますが、ハッキリ言って、こういう言い伝えは、

単なる『迷信』

です。

まったく気にすることなんかありません。

ですから、このような迷信のせいで、貴重な【故人との最後のお別れの機会】を逃さないようにしてください。

言い伝えの【お腹の子どもにおこる《悪いこと》】とは、どんなこと?

お葬式と妊婦さんにまつわる言い伝えは、地域によってさまざまなものがあると思います。

この記事では、ぼくが今まで聞いたことがあるものだけを紹介します。

ぼくが、先輩のお坊さんや年配の信者さんから聞いた『お葬式での妊婦さんにまつわる言い伝え』は、

  • お腹の子どもにアザができる
  • お腹の子どもが故人の霊に取り憑かれる
  • 故人の霊がお腹の子どもをあの世へ一緒に連れて行ってしまう

といったものです。

あなたもこの中の一つくらいは聞いたことがありますか?

どれも何だか怖い言い伝えです。

こんなことを聞いてしまったら、

お腹の子どもに万が一のことでもあったら大変。

って、ものすごく心配になりますよね。

そして、場合によっては、

何だかすごく気なる。やっぱり、お葬式に行くのはヤメておこうかな・・・。

という方向で考えてしまいます。

令和になった現在でも、この言い伝えによって悩んでしまう女性が後を絶ちません。

どうしても言い伝え(迷信)が気になるあなたに『対処法』を伝授します

もう一度言いますが、このような言い伝えはすべて『迷信』です。

はい・・・やはり、そうですか・・・そうですよね。

僕に言われなくたって【迷信】だとわかっているけど、それでもやっぱり気になるというわけですね?

大丈夫です、安心してください。

言い伝えにはちゃんと『対処法』がありますから。

その対処法とは、

  • 服の中で、お腹のあたりに手鏡を鏡面を外側に向けて入れる
  • 服の中で、赤い布などをお腹に巻いておく
  • ずっと数珠を持っておく
  • 式場へ入る前にしっかりと合掌をする

というものです。

まずは、服の中(お腹のあたり)へ『手鏡を鏡面を外側に向けて入れる』というのが対処法の一つです。

なぜ手鏡を入れるのでしょう?

鏡は、真実をそのまま嘘偽りなく映し出し、また、光などを反射させます。

つまり、もし悪い霊や魔物が姿を変えて近寄ろうとしても、鏡を持っておくことで、

  • すぐに真実の姿が映し出される
  • 邪念などをはね返す

というわけです。

ですから、妊婦さんとお腹の子どもを守り、悪い霊を跳ね返すために手鏡を【外側】に向けて入れておくのです。

この方法は昔ながらの有名なやり方なので、これを実践した妊婦さんも多いと思います。

でも、じつを言うと、僕はこの方法をあまりおすすめできません。

まず、妊娠初期でお腹がまだ大きくなくても、いくら小さな手鏡とはいえ服の中にあるのはジャマです。

そして、ある程度お腹が大きくなっている場合、お腹のあたりに手鏡があると、それだけでお腹を圧迫しますし、手鏡を落としてしまったら拾うのも大変です。

それに、もしも手鏡をぶつけてお腹を怪我したら大変ですよ。

なので、手鏡をお腹のあたりに入れるという方法があることを【知っておく程度】でいいかと思います。

手鏡よりも安全な方法が次のやり方です。

どうしても迷信のことが気になるのであれば、赤い布』をお腹に巻くという方法もあります。

古来から赤色には『魔除け』の効果があるとされています。

赤色は、活力や情熱、または太陽を象徴する色、つまり明るくて力強いパワフルな色です。

悪い霊や魔物は、パワフルなものが苦手なんだそうですよ。

なので、パワフルな赤色には近寄らないと言われています。

神社の鳥居も、神様と神聖な場所を守るために魔除けとして赤色にしているのです。

ということで、赤い布』をお腹に巻いておくと、悪い霊や魔物が近づいて来ないといわれています。

念のために言いますが、くれぐれもお腹を圧迫しないように巻いてくださいね。

さらに安全な方法がありますよ。

それは、ずっと数珠を持っておく』ということです。

お葬式に参列するということは、『数珠』を持っていくはずです。

数珠というのは、使っていくうちに【珠の1つ1つに仏様のチカラが宿る】といわれています。

つまり、数珠を持つことによって、その人の体が『仏様のチカラで清められ、守られる』ということなんですよね。

ですから、式中は数珠を持っているので大丈夫ですし、式が終わっても喪服のポケットやバッグなどに入れておけば、その日はずっと数珠があなたを守ってくれるのです。

もしも数珠をまだ持っていないなら早めに購入しておきましょう。

ちなみに、数珠を家族で貸し借りするのはあまりおすすめできません。

ちゃんと1人に1つずつ【自分専用の数珠】をもっておくことがベストです。

数珠の購入については『【コレなら間違いなし!】お坊さんが厳選した数珠(男女別5選)を紹介します』の記事を読んでみてください。

最後は、もっと簡単に身を守る方法を紹介します。

手鏡は邪魔になるし、そんなに都合よく【赤い布】なんて持ってない、しかもまだ数珠を持っていない、という場合もあるでしょう。

そんな時は、『式場の入り口でしっかりと合掌をする』という方法がいいですよ。

もしかして今、「えっ?それだけ?」と思いましたか?

あなたは【合掌】にはどのような意味があるのかご存じですか?

合掌は、

仏様のチカラで自分自身を清める作法

なんです。

私たちの『右手』には仏様が宿るといわれています。

両手を合わせることで、右手に宿った仏様のチカラが全身にみなぎるのです。

それによって合掌をする人の身体が清められるというわけです。

悪い霊や魔物は『清められた、人・場所・物』には近づくことができません。

だから、御守というのは、どこにいても身を守るため、そしていつでも携帯できるように小型化させているのです。

合掌は、

  • いつでもどこでもできる
  • 何も物を必要としない

という、とても効率的な魔除けの方法になるのです。

合掌に関する詳しいことは『【お坊さんが徹底解説】合掌の意味と手を合わせる時の作法』の記事で解説していますので、ぜひご一読ください。

ここで僕は1つ言いたい。

これまで紹介してきた方法は、あくまで【悪い霊や魔物】から身を守るための手段なんですよね。

それをお葬式の時にするということは、故人の霊が何か《悪いこと》をするという前提での話になっていませんか?

あなたは、故人の霊がお腹の子どもに取り憑いたり、あの世へ連れて行ったりなんて本当にすると思います?

例えば、故人の娘が『妊婦』の場合、故人は【自分の孫】を手にかけることになるんですよ?

あなたが故人の立場なら、自分の孫をあの世へ連れて行こうとしますか?

しないでしょ?

だから、故人の霊がお腹の子どもに何かをするというのは、言い伝えの内容に無理があるような気がします。

故人が自分の子や孫に悪いことをしかけるなんてことはありませんから安心してくださいね。

しっかりと供養してるので大丈夫!!

お葬式と妊婦さんに関するいろんな言い伝えですが、じつはコレ、お坊さんにとっては非常に不愉快なんですよね。

もしも故人の霊が悪いことをしたのであれば、それはつまり、

「お葬式でお坊さんが何の役にも立っていない。」

と言われているのと同じことです。

お坊さんがしっかりと故人を供養して、間違いなく引導を渡すことができていれば、故人はしっかりと仏様に守られているので悪いことなんてしないのです。

ですから、本当に故人の霊が何か悪いことをしたのなら、それは、

そのお葬式をお勤めしているお坊さんが、故人に引導を渡すことができない【無能なお坊さん】である証拠

ということなんです。

でもね、そうならないように、僕たちお坊さんはツラい修行をするんですよ。

もちろん、修行期間が終わっても勉強を続けていくのです。

僕たちお坊さんは、それ相応の修行と勉強をした上で、何百年と受け継がれてきた方法を用いてお葬式をお勤めしています。

ですから、

しっかりと故人を供養していますので、故人の霊が【妊婦さんのお腹の子どもに《悪いこと》をする】なんてことはありません!

だから、安心してお葬式に参列してくださいね♪

【関連記事】:お葬式をする意味とは何?お葬式でお坊さんがしていることを具体的に解説!

言い伝えは【妊婦さんの体調管理を最優先させるため】に作られたもの

昔からさまざまな地域でいろんな言い伝えがあるのには、それなりの理由があります。

それは、

妊婦さんの体調管理を最優先させるため

という理由です。

妊婦さんの体調管理を第一に考えて、お葬式には参列させないようにした、ということです。

どの言い伝えにも、その根本には、

  • 妊婦さんの体に余計な負担をかけないため
  • 妊婦さんを不衛生な環境から遠ざけるため

という先人の【妊婦さんに対する配慮】があるのだと思います。

妊婦さんの体に余計な負担をかけないため

最近では少なくなりましたが、昔はお葬式を『自宅』で執り行うことも多かったです。

自宅でのお葬式の時には、近所の女性達が互いに声をかけ合って総出でお手伝いをしていました。

掃除や食事の用意など、喪主やその家族の代わりとなって、様々な仕事をあれこれと動き回りながらこなすのです。

しかも、出産をするくらい若い年齢となれば、自ら率先して動かなければいけないような立場になります。

また、手伝いだけではなく、お通夜やお葬式にもちゃんと参列しなければなりません。

しかも、お葬式の最中は長時間座りっぱなし、そして出棺時や火葬場では立ちっぱなし。

そして、火葬場へ行った時には、『もし体調が急変しても、すぐには帰宅できない』という心理的な負担もあります。

ですから、お葬式は、肉体的・精神的に大きな負担となるものでした。

それは妊婦さんにとってはなおさらのことです。

そこで、できるだけ妊婦さんに負担をかけないように【お葬式に関わらせないための言い伝え】を作り出したのではないかと思います。

妊婦さんを不衛生な環境から遠ざけるため

昔は、いろんなものが現在よりも【不衛生】でした。

現在のように『衛生』を保つための物や施設が充実していなかったのです。

お葬式に関して言えば、まず故人の遺体を保存するための環境が整っていませんでした。

現在では、ご遺体の状態を保存するための『保冷庫』のようなものがあります。

これによって、もしお葬式の日程が少し先延ばしされてもご遺体の傷みは最小限に抑えられます。

しかし、昔はそんなものはありません。

夏場などはどんどんご遺体が傷んでしまいます。

これによって、悲しいことに故人のご遺体そのものが衛生面でのリスクとなってしまうのです。

また、昔はいろんな【疫病】などもありましたから、うかつに故人に近づくと感染をしてしまうリスクもありました。

このような理由で、いろんな衛生面のリスクから妊婦さんを守るため、【お葬式や火葬場など、不衛生な環境から遠ざけるような言い伝え】を作り出したのではないかと思います。

妊婦さんでもお葬式に参列して大丈夫!ただし、体調が良いことが条件です

いろんな言い伝えが『妊婦さんの体調管理を最優先させるため』に作り出されたことはもうお分かりいただけたと思います。

ですから、言い伝えなど気にすることなく、

妊婦さんでもお葬式に参列して大丈夫

ですよ。

でも、それは、

妊婦さんの体調が良い

ということが絶対条件となります。

もし、少しでも「体調がすぐれないな。」と思ったら、無理をせずに参列は控えておきましょう。

あなたの体調はもちろん、大切なお腹の子どもにとっても好ましいことではありませんので。

また、もしも出産予定日を間近に控えた妊婦さんの場合は、十分に体調管理をして参列することも可能ですが、基本的には参列をしない方向で考える方がいいと思います。

妊婦さん自身も心配でしょうし、周りにいる人も同じように心配になってしまいます。

それに、臨月の妊婦さんがお葬式に参列できないことを悪く言う人はいないでしょうから。

とにかく、絶対に無理をすることのないよう、あなたの体調を第一に考えてください。

妊婦さんがお葬式に参列する時に注意すべきこと

体調さえ良ければ、妊婦さんでもお葬式に参列して大丈夫です。

しかし、妊婦さんには注意すべきことがいくつかあります。

服装

まず、お葬式へ参列する際の『服装』です。

本来ならお葬式の時には喪服を着用するのがマナーです。

でも、少しでもお腹を締めつけるようであれば、無理に喪服は着なくてかまいません。

とにかく【楽な格好】であることを優先して、可能なら黒色で光沢のないマタニティー用の服を着てください。

冬場は、外へ出た時がとても寒いので、身体を冷やさないよう十分に防寒をするようにしてください。

特に下半身が冷えやすいと思いますので、厚手のものを身に付けましょう。

本来なら黒いストッキングを履くのがマナーですが、妊婦さんの場合は、カジュアルだとされているタイツを履いてもOKです。

靴は、なるべく靴底の低い平らなものにし、簡単に脱着できるようなものが好ましいです。

持ち物

服装に続いて、持って行った方がよい物を紹介します。

健康保険証と母子手帳

妊婦さんは体調が不安定になりがちです。

お葬式の途中で急に体調が悪くなるということも十分に考えられます。

ですから、緊急時には最寄りの病院へ行くことも想定しておきましょう。

そのような時のために、健康保険証と母子手帳を持って行く方が無難です。

いつも行く病院の診察券があるとさらに安心ですね。

エチケット袋

妊娠中は、体調が急変して気分が悪くなる、ということもあるでしょう。

でも、気分が悪くなったからといって、すぐにトイレへ行けるとは限りません。

それに、転倒してはいけないので、トイレに走って行くわけにもいかないですしね。

そのような緊急時に備えて、念のためエチケット袋を用意しておくといいでしょう。

【最重要】体調の良し悪し

お葬式は誰でも疲れます、喪主も家族も参列者も。

ですから、体調が不安定な妊婦さんは、少しでも身体に異変を感じたら、

絶対に無理をしてはいけません。

お葬式の出発前に異変を感じたら、参列を諦めて安静にしておくことがベストです。

体調が悪い上に疲れてしまっては、お腹の子どもに悪影響があるかもしれません。

また、家を出る段階では体調が良くても、お葬式の最中に急変することもあると思います。

ですから、体調が急変することを想定して、式中はなるべく【最後列】で【出口に近い】場所に座る方が安心です。

【つわり】などで体調が良くない

妊娠中でツラいことの一つが【つわり】だと思います。

ぼくの妻は、

妻
つわりは、一日中ずっと船酔いをしているようなカンジ。

とよく言っていました。

船酔いの状態が1ヶ月以上ず〜っと続くなんて、女性はそんな大変な思いをしながらお腹の子どもを育ててくれているんですね。

だから、男は一生涯、女性に対して頭が上がりません。

もしもあなたが【つわり】がまだ収まっていないツラい状態であれば、無理をせずに参列を辞退した方がいいかもしれませんね。

故人だって、あなたの状況をきっと理解してくれるはずです。

お香など式場内の匂い

妊娠中は【匂い】に対して敏感になる人が多いようです。

それまで全然気にならなかった匂いが、妊娠中は不快に感じてしまう、ということがあります。

お葬式は、大勢の人の匂い、または生花や焼香など、わりと強い匂いが漂う環境です。

もしかすると、その匂いが原因で気分が悪くなることがあるかもしれません。

もしも、式場に着いて匂いが気になるようなら、無理をして式場内にいる必要はありません。

匂いが気にならないような他の場所で待機していてもいいと思います。

お腹が大きくなっている(妊娠後期)

大変な【つわり】の時期が終わっても、しばらくすると今度はお腹が大きくなってきます。

そうすると、腰が痛くなるし、歩くことはもちろん、立っているだけでも一苦労というような状態になることでしょう。

そのような妊娠後期である場合は、動くこと自体が大変だと思います。

お葬式の式場や火葬場への移動だけでも身体への負担が大きくなります。

故人が身近な関係でないのであれば、お葬式への参列は辞退することをおすすめします。

室内温度と外気温の温度差

お葬式の式場はエアコンなどの空調が効いています。

夏は涼しく冬は暖かいので快適ですが、外の気温との温度差で体調が悪くなることがあります。

冬場はもちろん、夏場でもエアコンで身体を冷やさないように、羽織る物を持って行くとよいでしょう。

もしも、急に気分が悪くなったら、式場のスタッフにお願いして、別室で休ませてもらいましょう。

長距離の移動

お葬式の式場が遠方である場合、故人との関係性によっては参列を辞退した方がよいです。

長距離の移動はとても疲れますし、長時間乗り物に乗っていることも身体によくありません。

おそらくあなたも、婦人科の医師から「長距離の移動はしないように。」と言われているのではないでしょうか?

長距離の移動は、あなたが思っているよりも身体への負担は大きいものです。

移動距離が長い場合は、体調とよく相談して、決して無理をしないでください。

慣れない場面での気疲れ

基本的に、お葬式は頻繁にあるものではありません。

ですから、お葬式をするとなった時には、喪主や遺族はもちろん、参列する側の人も何かと気を使うものです。

あなたも、お葬式が終わって家に帰ってくると、それまでの疲れがドッと出てきた、なんていう経験はありませんか?

お葬式は、それだけ皆が『気疲れ』をするものです。

人間は慣れない環境に身を置くと、精神的にとても疲れてしまうんですね。

ただでさえ気疲れをしてしまうお葬式です、妊婦さんにとっては更なる負担となるはずです。

もしもお葬式に参列する時は、「みんなごめんね、今回は何もお手伝いとかはできません。自分の体調を優先させてね」くらいの気持ちでいた方がいいと思いますよ。

まとめ:体調次第で妊婦さんがお葬式に参列しても大丈夫ですが、絶対に無理はしないでください!

以前ぼくがお葬式をお勤めした時に、その家のご家族にはお腹の大きな妊婦さんが参列しておられました。

それから一年が経過し、同じ家の一周忌の際には、妊婦さんだった女性の隣には可愛らしい元気なお子様がいました。

今では、そのお子様も小学生になっています。もちろん元気そのものです。

お葬式と妊婦さんに関するいろんな言い伝えも単なる『迷信』ですから、全く気にする必要はありません。

妊娠中のあなたがお葬式に参列する時に気にすべきなのは、

体調が良いかどうか

です。

そして、もしも途中で体調が悪くなったら。

絶対に無理をしない

ということです。

それさえ気をつけていただければ、ぜひともお葬式に参列し、故人を見送ってあげてください。