お葬式

お葬式の後に体へ塩をまく意味。『清めの塩』は必要なのか。

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 「なぜお葬式の後は体に塩をまくの?」
  • 「塩は必ずまかなきゃダメなの?」
  • 「どうやって体に塩をまいたらいいんだろう?」

お葬式に参列して帰ってきたら、家へ入る前に体へ【塩】をまきますよね?

そのための【塩】が、よく返礼品と一緒に入っていたりしますからね。

でも、【お葬式の後に体へ塩をまくこと】についてちゃんと理解している人はあまりいないんです。

ほとんどの人は『やっておかないと何となく気持ち悪い』から塩をまくんですよね。

でも、どうせならちゃんと理解してから塩をまいた方がいいと思いませんか?

この記事を読むと、

  • お葬式の後に体へ塩をまくこと(清めの塩)の意味
  • 清めの塩は必要なのかどうか
  • 清めの塩のまき方

が分かります。

今後の参考になると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

お葬式の後に体へ塩をまく意味

お葬式に参列して家に帰ってくると、そのまま家の中に入るのではなく、玄関の外で体に【塩】をまいてから入りますよね?

この『お葬式の後に体へまく塩』のことを、

『清めの塩』

といいます。

この『清めの塩』を体にまくことによって、

  1. 体を清める
  2. 邪気を払う

という意味があるんですよ。

でも、なぜお葬式に参列した後に体を清めたり邪気を払ったりするんでしょうね?

私たちは『遺体』に対してあまり良いイメージを持っていませんよね?

なぜなら、私たちは昔から『遺体』というものを、

  • 恐れ
  • 穢れ

の対象として見てきたからです。

人が亡くなると、だんだんと腐乱が進み、生前どんなに美しかった人でも、やがて変わり果てた姿となってしまいます。

昔の人たちはその様子を見て、人の死に対してものすごく恐怖を感じたんですね。

また、遺体にはいろんな病原菌やウイルスがありますので、うかつに近寄ったり触ってはいけなかったのです。

だから、お葬式などで遺体のそばにいると【体が穢れに触れてしまう】と考えられていたんです。

そして、それをそのまま家の中まで持ち込まないようにするために、玄関の外で『清めの塩』を体にまきました。

このように、お葬式での穢れを払い落すために、玄関の外で『清めの塩』をまくという習慣が定着したのです。

なぜ『塩』でなければいけないの?

あなたは、どこかの家や店舗の玄関先で【三角形に盛られた塩】を見たことはありませんか?

これは『盛り塩』といって、やはり穢れや邪気を払うために置かれているのです。

『清めの塩』もそうなんですが、昔から【塩】というものには《穢れや邪気を払う効果がある》と信じられているんですよね。

でも、あなたは不思議に思いませんか?

どうして【塩】なの?

って。

似たようなものに【砂糖】がありますけど、それじゃダメなんでしょうか?

【塩】でなければいけない理由がちゃんとあるんです。

それは、塩】を作る過程にあります。

【塩】は、

海水を煮詰めて作られる

ものです。

つまり、【塩】を作るためには『海水』と『火』が必要になります。

この『水』と『火』の両方が必要であるところに意味があるんですよね。

昔から『水』は穢れを洗い流し、『火』は魔除けや穢れを焼き払う効果がある、と信じられています。

だから、

【塩】というものは、作られる過程で『水』と『火』の両方の効果が加わっているから、穢れを払うには最適である

ということなんです。

したがって、同じ【塩】であっても食用の塩ではなく、100%海水から作られた塩がいい、ということになります。

食用の塩はどうしても『味』が大事なので、余計な成分まで入っているんですよね。

ですから、【邪気を払う】という意味で塩をまくのであれば、海水100%で作られた塩を使わないといけないわけです。

例えば、コチラの塩なんかは『海水100%』で作られていますよ。

《Amazon》海の精 あらしお(赤ラベル) 500g

『清めの塩』は必要なの?

多くの人は、

  • 「お葬式に参列した後は、家の中へ入る前に『清めの塩』を体にまく。」

ということを知っています。

でも、それは【必ずしなきゃいけないもの】なのでしょうか?

じつは、『清めの塩』というのは【必要】というわけではないんですよ。

『仏式』のお葬式なら体に塩をまく必要はない

先ほども説明したように、お葬式の後に『清めの塩』をまく目的は、【体を清めて邪気を払う】ことです。

これは、遺体を【恐れ・穢れ】の対象として見ているから体を清める必要があるわけです。

でもじつは、人の死を穢れとして見るのは『神道』の考え方です。

仏教では人の死を【恐れ・穢れ】の対象として見ていません

ですから、

『仏式』のお葬式なら、体に塩をまく必要はない

んですよね。

日本の場合、お葬式はほとんど『仏式』で執り行われています。

あなたも【お葬式=お坊さんがお経を読む】っていうイメージがあるでしょ?

お坊さんがいるってことは、それは『仏式』で執り行っているわけです。

つまり、日本のお葬式では、

ほとんどの場合、『清めの塩』なんか必要ない

ということになっちゃうんですよね。

特に『浄土真宗』の場合は、【亡くなった人はすぐに極楽浄土へ行き仏様となる】という教えがあるので、《故人が亡くなった時にはもう仏様となっているから穢れることはない》と考えますから、最初から塩なんてまく必要がないのです。

だから、お葬式が『神式』で執り行われた場合は体に塩をまいてもいいと思いますが、『仏式』であれば全く気にしなくて大丈夫。

ここで1つ誤解のないように説明をしておきます。

神道では人の死を【穢れ】として扱うのですが、べつにこれは、『故人が穢れ(汚れ)ている』という意味じゃないですからね。

人の死というものは、【気が枯れた状態】なのです。

これが、

  • 【気が枯れた=気枯れた=けがれた=穢れた】

という表現になったんです。

気が枯れてしまうと、それを見た魔物などの邪気が集まってしまうんだそうです。

つまり、故人が穢れているという意味ではなく、故人の周りがたくさんの邪気で埋め尽くされているよ、という意味なんですよね。

となれば、お葬式に参列すると【邪気に満ちた中】へ入ることになりますので、参列者はたくさんの邪気に触れてしまいます。

なので、お葬式で触れてしまった邪気を家の中まで持ち込まないようにするため、玄関の外で『清めの塩』を体にまくのです。

ただ、そうはいっても、現在の日本の仏教というのは神道の考え方も混じっています。

いくら『仏教では塩をまく必要はない』と言われたところで、心情的に「それでもやっぱり払っておきたいなぁ」という気持ちになってしまうものです。

だから、日本のお葬式のほとんどの場合、『清めの塩』は必要ないのですが、どうしても気になるのなら塩をまいてくださいね。

お葬式をする意味とは何?お葬式でお坊さんがしていることを具体的に解説!お葬式って何のためにするのでしょう?お坊さんはお葬式で何をしているのでしょう?この記事では、そんなあなたの疑問に答えられるよう具体的に解説しています。お葬式をすることの意味がよくわかる内容となっていますので、ぜひご覧下さい。...

親族のお葬式なら塩をまく必要はない

『清めの塩』をまく必要がないケースはもう1つあります。

それは、

親族のお葬式

の場合です。

お葬式をする際に、あなたの親族の中に「うわ~、なんか穢れそうだなぁ・・・。」なんてこと言う人がいたらどう思います?

「自分の親族が悲しみに打ちひしがれているんだから、穢れがどうとか言ってないで、喪主や遺族の気持ちに寄り添ってやれよ!」と思いませんか?

親族の場合は、一般参列者とは違いますので、より一層【喪主の気持ちに寄り添う】立場にあるんですよ。

親族のお葬式の場合は、

  • 「自分と関係の近い人が亡くなったんだから、喪主と同じような気持ちで故人の冥福を祈ろう。仮にそれで穢れてしまったとしてもかまわないよ。」

という気持ちで参列するものです。

なので、親族のお葬式に参列した時には『清め塩』をまく必要はありません、というか、それは故人や喪主に対して失礼な行為なのでやめましょう。

清めの塩のまき方

ここまで読んでくれた人の中でも

  • 「『清めの塩』の意味は分かったけど、やっぱり気になるからちゃんと塩をまいておきたい。」

という人もいるはずです。

ここからは、どうしても塩をまきたい人のために【清めの塩のまき方】について書いていきますね。

体に塩をまく場所

まず、「清めの塩はどこでまけばいいのか?」という疑問があると思います。

塩をまく場所としては、

  • 玄関の外
  • 車に乗り込む前

ですね。

最近では、返礼品と一緒に『清めの塩』が入っていますので、それを使ってください。

あるいは、受付のところに【ご自由にお持ち帰りください】みたいなカンジで置いているところもありますね。

もしも、塩をもらえなかった場合、帰る途中で塩を買うか、家の玄関先で家族に塩を渡してもらうかしてください。

塩をまくが用意できたら、基本的には自宅の玄関の外でまいてください。

あるいは、式場まで自動車で行った場合は、帰りに車へ乗り込む前に塩をまいても大丈夫ですよ。

ようするに、体に塩をまいてから家の中へ入るということが大事です。

塩をまく順番

次に、塩をまく順番について説明しましょう。

体に塩をまく時は、

  1. 背中
  2. 腕や手(先に手を洗っていれば不要)
  3. 服についている塩を払い落とす
  4. 地面に落ちた塩を踏む

の順番で行なってください。

これ、じつは『血流』の順になるんです。

まずは、最初に心臓のある部分を清めて、そこから末端へ向かって順番に清めていくわけです。

そして、最後に【地面に落ちた塩を踏む】ことによって足の裏まで清めて、それでようやく家の中に入ることができるのです。

まぁ、ちょっとくらい順番を間違えたって大丈夫なんですけど、一応はこういう順番がありますので頭の片隅に記憶しておいてください。

清めの塩は使いきれ!

体に塩をまくといっても、お相撲さんみたいに多量の塩を『わしづかみ』にしてバサッとまくわけではありません。

指先で少量をつまんでパッパッとふりかけるだけです。

なので、清めの塩が余ってしまうことがあるんですよね。

この余った塩について、

「清めの塩が余った場合はどうすればいいんですか?」

という質問を受けることがあります。

まずですね、原則として、

清めの塩は使いきる

ようにしてください。

それでも余ってしまった場合は、普通に【可燃ゴミ】として捨てればいいんです。

『清めの塩』と言っていますが、あくまで【ただの塩】ですからね。

そして、余った塩を、

  • 庭にまく
  • 台所で流す
  • トイレで流す

という人もいるんですけど、それはおすすめできません。

塩は、植物を枯らしてしまったり、金属や石などの劣化を進めてしまいます。

ですから、余った塩はビニール袋へ入れて可燃ゴミとして捨ててください。

まとめ:『清めの塩』は仏式だと必要ないので特に気にしなくてもいい。

お葬式から帰ってきた時に体へまく『清めの塩』。

『清めの塩』は、お葬式に参列したことによって体についた穢れを払うためにまくものです。

しかし、人の死による【穢れ】という考え方は、あくまで【神道】のものであって、【仏教】にそんな考え方はありません。

日本で行われるお葬式の多くのは【仏式】なので、本当なら『清めの塩』が登場する機会は少ないはずなんです。

とはいえ、私たちには《人の死は怖いもの》という感覚があるせいか、やはり何となく体を清めておきたくなるんですよね。

それで、仏式のお葬式だったとしても、一応は『清めの塩』をまいておくという人が多いんです。

なので、べつに僕は「神式のお葬式以外は清めの塩なんてまくな!」なんて言うつもりはありません。

どうしても気になるなら塩をまけばいいと思いますよ♪

結局は人それぞれの考え方次第なんですが、お坊さんとしては、

仏式のお葬式なら『清めの塩』はそんなに気にせんでもエエよ!

と言いたいんです。

ということで、もしもうっかり『清めの塩』をまき忘れたところで、べつに何も悪い事なんか起きませんから安心してくださいね。