お葬式

お葬式では黒マスクを着けるのがマナーなの?

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • お葬式に着けていくマスクは、やっぱり【黒色】の方がいいの?
  • 【黒色】のマスクを着けるのは何となく抵抗があるんだよなぁ。
  • 自分は【黒】や【白】じゃなくて他の色や柄のマスクをしたいんだけど・・・。

最近では『お葬式の時にもマスクを着用をする』というのが当たり前になりました。

そんな中、一部の人たちの間で、

お葬式の時には【黒マスク】を着けるのがマナー

と言われています。

たしかにお葬式の時に身に着ける物は原則としてすべて『黒色』です。

だから、マスクも同じように【黒色】がマナーだという発想なのでしょう。

しかし、

お葬式に着けていくマスクは【白色】が無難

ですよ。

あなたが普段お使いになっている普通の白マスクを着けて参列すれば大丈夫です。

この記事を読むと、

  1. 『お葬式には黒マスク』というマナーはないこと
  2. お葬式で【黒マスク】を着けなくてもよい理由
  3. マスクの色が【白】の方が無難である理由

が分かります。

最後まで読んでいただければ、もう【お葬式でのマスクの色】について悩まず、故人様を偲び心を込めて見送ることだけに専念できますよ。

お葬式では黒マスクを着けるのがマナーなの?

新型コロナウイルス感染防止のために、お葬式でも『マスク着用』が当たり前になりました。

そんな中で、一部の人たちの間では

  • 「お葬式では黒マスクを着けるのがマナー」

と言われているようです。

いつの間にそんなことが言われるようになったのでしょう。

とりあえず、お坊さんとしてハッキリ言っておきますが、

お葬式に参列する時に、黒マスクを着ける必要はありません。

つまり、

『お葬式では黒マスクを着ける』というマナーはない

のです。

あっ、べつに黒マスクを着けても問題はないですよ。

ただ、お葬式へ参列するためにわざわざ黒マスクを購入する必要はありませんよ、ということです。

あなたがいつも使っているような普通の白マスクでかまいませんのでご安心ください。

念のため言っておきますが、お葬式でも必ずマスクを着けてくださいね。

昔はマスク着用がマナー違反と言われることもありましたが、新型コロナウイルスが流行してからはマスク着用がマナーになっています。

しばらくは、お葬式でのマスク着用は当然のマナーになりそうですね。

お葬式でマスクを着用するのはマナー違反?風邪や花粉症の場合はどうする?お葬式でマスクを着用してもいいのか迷っておられますか?この記事では、お葬式では臨機応変に対処すればマスクを着用して大丈夫である、ということについてわかりやすく解説しています。風邪や花粉症のあなたにぜひ一度お読みいただきたい内容です。...

なぜ『お葬式では黒マスクを着けるのがマナー』と言われているのか

なぜ一部の人たちの間では「お葬式では黒マスクを着けるのがマナー」と言われているのでしょうか。

まぁ、その理由はだいたい想像がつきます。

きっと、

マスクも喪服などの色と合わせる必要があると考えているから

ですよね。

たしかに、お葬式の時に身に着けていく物は、

  • 喪服
  • バッグ
  • コート
  • ストッキング

など、基本的にすべて『黒色』ですよね。

そうなると、【お葬式で身に着けるマスク】なんですから、当然ながらマスクの色も『黒色』という発想になるわけですね。

黒色というのは、故人を偲んで喪に服すことを表す色です。

しかし、黒マスクというものは次に説明するような『喪主や他の人に与える負のイメージ』があるのです。

ですから、黒マスクが絶対ダメというわけではないのですが、あまり好ましくありませんよ、ということはお伝えしておきますね。

喪服を持っていない時はどう対処する?喪服の意味と必要性を解説しますお葬式があるのに喪服を持っていなくてお困りですか?この記事では、喪服がない時の対処法についてわかりやすく解説しています。喪服がなくてもまだ間に合うかもしれませんよ。この記事を読んだらすぐに対策を取ってください。...

お葬式で黒マスクを着けなくてよい理由

僕が「お葬式で黒マスクを着けなくてよい」と言っているのには理由があります。

ただし、いずれの理由も【イメージ】の問題なので、「黒マスクはダメ!」ということではありません。

カジュアルなイメージが出てしまう。

あなたは、仕事で取引先の人と会う時には何色のマスクを着けますか?

おそらく、できるだけ『白色』を選ぶのではないでしょうか?

それはきっと、あなたの中で【白色の方が無難】だと無意識に思っているからだと思うんですよね。

あなたのその感覚は、他の大多数の人も同じです。

黒マスクというのは普段着の時に着けることが多いです。

つまり、黒マスクだと、

カジュアルなイメージが出てしまう

ということなんですよね。

お葬式というのは【カジュアル】な装いを避けるのがマナーです。

なので、あなたが黒マスクを着けていると、見る人によっては「この人はマナーがなっていないなぁ。」と思われる可能性がありますね。

ですから、わざわざ黒マスクを着ける必要はありません。

何となく怖い印象を与える

あなたに質問です。

あなたがいる方に向かって、

  1. 白色のマスクを着けている人
  2. 水玉模様のマスクを着けている人
  3. 黒色のマスクを着けている人

の3人の男性が歩いて来たとします。

あなたは、①〜③の誰に対して最も警戒をしますか?

たぶん、【③黒色のマスクを着けている人】ではないですか?

人は『黒』に対して、恐怖・警戒・悪というものをイメージするそうです。

マスクは顔の半分を覆ってしまい、その人の表情がわからないので、ますます怖さや警戒心が芽生えてしまうんです。

なので、黒色のマスクを着けることで、ほんの少しではありますけれども周りの人たちに「ちょっと怖いなぁ」という印象を与えてしまいます。

ということで、黒マスクを着けて周囲の人に余計な負のイメージを与える必要はありません。

白マスクの方が無難です

お葬式で着けるマスクは【黒マスク】でなくてかまいません。

というか、【黒マスク】はすでに紹介したような負のイメージがありますので、お葬式に着けていくなら、

【白マスク】の方が無難

ですよ。

結局は白マスクの方がいろんな点でお葬式に適しているんですよね。

お葬式では本来【白色】だった

あなたの持っている喪服は何色でしょうか?

もちろん【黒色】ですよね?

でも、昔の喪服の色は【白色】だったんですよ。

正確に言うと、日本の長い歴史の中で喪服の色は【白】と【黒】を繰り返していたようです。

それが、明治期に諸外国の基準に合わせるようになり、現在のような【黒色】となったのです。

つまり、お葬式で【黒色】の物を身に着けるようになったのは、比較的最近のことなんですね。

ですから、本来の意味からすると、マスクが白色なのは当たり前のことでもあるわけです。

白マスクをしている人の方が清潔感もある

あなたが外へ出かけた時のことを思い出してみてください。

他の人が着けているマスクの色は何色が1番多いですか?

きっと【白色】でしょう。

多くの人は、マスクの色といえば【白色】を1番に思い浮かべます。

マスクは口に当てるものですから、それなりに清潔でないといけませんよね。

ですからマスクは少しの汚れでも分かるような清潔感のある白色なのでしょう。

そして、そのことを多くの人が分かっているので、みんな白マスクをしているんです。

お葬式では故人を目の前にして手を合わせるのですから、マスクは清潔感のある色を選んだ方がいいと思いませんか?

他の色や柄が入ったマスクは避けましょう

最近ではいろんな色や柄のマスクが売られています。

本当に多くの種類のマスクが売られているので、今やマスクも『ファッションの一部』なんでしょうね。

しかし、お葬式に着けていくマスクは、【白と黒以外の色のもの】や【柄が入ったもの】は避けましょう。

お葬式は、故人を偲ぶために【できるだけ《慎ましやか》にする】のが基本です。

ですから、鮮やかな色のものや、可愛らしい柄が入ったものは避けなくてはいけません。

お葬式は、すべてにおいて『地味』であることを良しとするのです。

たまに、「故人の冥福を祈る気持ちがあれば、マスクの色や柄なんて関係ないでしょ?」という人もいます。

たしかに1番大事なのは『故人の冥福を祈る気持ち』です。

しかし、本当に故人の冥福を祈るなら、【故人にとって大切なご家族】に対対して不快な思いをさせないようにするべきですよね?

今後は『お葬式には黒マスク』になる可能性もある?

この記事ではこれまで、お葬式に着けるマスクは、

  • 黒マスクにする必要はない
  • 白マスクにする方が無難

と言ってきました。

でも、これは現時点での話です。

時代というのは移り変わります。

喪服がその時代によって白色と黒色で入れ替わってきたように、マスクの色の常識も変わるかもしれません。

もしかすると、今後は『お葬式には黒マスク着用がマナー』となるかもしれません。

そうなった時には、その時代に合わせて変えちゃいましょう。

まとめ:お葬式には白マスクで参列して大丈夫です

現在ではどんな時でも『マスク着用』が必須ですよね。

それはもちろん【お葬式】の時でも同じです。

葬儀場に行ったら、看板には「マスク着用でのご入館をお願い致します。」と書かれています。

そんなお葬式でのマスク着用に関して、いつの間にか、

お葬式の時には【黒マスク】を着けるのがマナー

と一部の人たちの間で言われるようになりました。

でも、べつに黒マスクでなくても大丈夫なんですよね。

というか、むしろ、

お葬式に着けていくマスクは【白色】が無難

ですよ。

喪服が黒色だからといって、同じようにマスクも黒色にする必要なんてありませんからね。

もともとは、喪服は【白色】が基本だったのですが、明治期を境に黒色になったのです。

しかも、黒マスクは比較的『カジュアル』なイメージがあったり、見る人によっては『怖い』イメージがあります。

その点で【白色】は、弔いの場にも適しており、清潔感もありますし、多くの人はもうすでに白マスクを購入しています。

ですから、わざわざ【黒色】のマスクにする理由なんてないわけです。

あっ、もちろん他の色や柄のマスクもダメですよ。

お葬式では、マスクの色のことを気にするのではなく、故人を偲び心を込めて見送ることに専念してほしいものです。

ということで、お葬式には誰にも不快感を与えないよう、無難に白マスクを着けて行きましょう。