お坊さん

お坊さんと結婚したい?それはやめた方がいい!お坊さんが忠告します。

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • お坊さんと結婚したい
  • お坊さんと結婚したら安定した生活が送れるからいいなぁ
  • お坊さんが夫だったら優しく話を聞いてくれるだろうなぁ
  • お寺が好きだから、お坊さんと結婚してずっとお寺にいたいなぁ

あなたは、お坊さんと結婚したいのですか?

あのですね、もう最初に言っちゃいますが、

お坊さんとの結婚はやめた方がいい

ですよ。

お坊さんである僕が言うんだから間違いないです。

世の中には、どういうわけか【お坊さんとの結婚】を望む女性がおられます。

なぜなんでしょう?めっちゃ不思議なんですよね。

でも、そういう女性の方々はきっと、

大きな【勘違い】をしている

のです。

大きな勘違いをしたまま寺に嫁いでしまったらホンマに大変で、高確率であなたの大切な人生を棒に振ってしまうことになります。

あなたにはちゃんと幸せな人生を送ってもらいたい。

ですから、この記事では、

お坊さんとの結婚生活の現実

について、お坊さんである僕がウソ無しで真実だけをお伝えしています

お坊さんと結婚したいと思っているなら、まずはちゃんとこの記事を最後まで読んでください!

この記事を読んで、それでもお坊さんと結婚するという覚悟ができて、それから行動することを強くおすすめします。

お坊さんと結婚したい?それはやめた方がいい!

先日、何となしにインターネットを閲覧していると、

『お坊さんと結婚したい』

というタイトルのウェブサイトがありました。

僕も一応はお坊さんなんで、どんなことが書いてあるのか気になって読んでみたんですね。

そしたら、何だかいいことがたくさん書いてあって、デメリットの部分はほんの少しだけ。

僕は、

「さすがにこれだけじゃ不十分な情報やな。もっと【現実】を伝えなアカンな。」

と思ったので、この記事を書きました。

あなたがこの記事を読んでくれているのは、『お坊さんとの結婚』に興味を持ったからでしょ?

では、せっかくこの記事を読んでくれたあなたに言いたい。

お坊さんと結婚するのは、やめた方がいいぞ!!!きっと後悔するぞ!!!!!

というか、お坊さんとの結婚を考える前に、お坊さんと交際することさえも大反対です。

ですから、この記事と合わせて、別記事の『お坊さんと付き合いたい女性は必読!僧侶の彼氏との交際事情』もぜひ読んでおいてください。

お坊さんと結婚するということは、あなたが『お寺の人間』になるということ。

僕の経験から言うと、『お寺の人間』というのは、

いつも誰かに監視されている

と思っておいた方がいいんですよ。

お寺にはたくさんのお墓があります。

お寺にお墓を持つ信者さんのことを『檀家(だんか)』といいます。

お寺の収入のほとんどは檀家のお葬式や法事で発生したお布施だから、言い方を変えると、たくさんの檀家によってお寺は支えられてるわけです。

ということは、檀家の側としては『お寺の人間』が、どういう人で日頃どういう生活をしているのか、というのが気になります。

そして、檀家の多くは【お寺の近所】に住んでいるので、ちょっとした買い物をする時でも檀家に見られる可能性があるのです。

というか、絶対に見られる。

大げさかもしれないけど、一歩外に出たら【常に自分は誰かに見られている】くらいの意識でちょうどいいですね。

そうなると、

  • 身に着ける衣服やアクセサリー
  • 化粧のしかた
  • 乗る車の車種
  • 言葉使い
  • 洗濯物の干し方

みたいな、普段の生活の全部に注意しなきゃいけないわけですよ。

一生涯にわたり『自由』が制限される状態が続くという覚悟をしてくださいね。

そうなんですよ、お坊さんとの結婚、お寺の人間としての生活っていうのはメチャクチャ面倒くさいんです。

お坊さんと結婚したら基本的にこんな生活になるんですけど、それでもいいですか?

ちょっと甘く考えていませんでしたか?

僕は、あなたには【自分の人生】を大切にしてほしい、そして楽しく有意義に過ごしてほしいんです。

お寺の人間になったら、【あなたが人生を楽しく有意義に過ごせる】なんてとても思えません。

だから、お坊さんとは結婚しない方がいいんですよ。

というか、最初からお坊さんとは関わらない方がいいですよ!

えっ?何ですか?

「そんなこと言って、お坊さんと結婚するメリットもきっとあるはずだ!」ですって?

そう思ってしまうのは、もしかして多くの女性が誤解していることが原因かもしれませんね。

お坊さんと結婚したら幸せ?誤解が多い【お坊さんと結婚するメリット】を紹介

あなたの今までの人生で、お坊さんと接する機会なんてないですよね?

まぁ、それが普通なんですけど。

そのせいでしょうかね、良くも悪くもお坊さんに対する【誤解】が非常に多いんですよ。

当然ながら、その誤解は『お坊さんとの結婚』というものに対しても影響してるわけです。

お坊さんと結婚したいと言う人のほとんどは、

  1. お金に困ることが無さそう
  2. いつでも悩みを聞いてくれそう
  3. ずっとお寺にいられる

と思ってます。

あなたも同じようなことを想像してるんじゃないですか?

残念ですが、これらはあなたの『妄想』にすぎないです。

現実はもっと厳しいんですよね、これが。

ここからは、誤解の多い【お坊さんと結婚するメリット】について一つずつ説明しますね。

お金に困ることが無さそう

まずはコレから。

お坊さんと結婚すれば、

お金に困ることがなさそう

って思ってる人が、それはまぁ多いこと。

たぶんアレですね、『坊主丸儲け』なんていう言葉があるからでしょうね。

たしかに昔なら『坊主丸儲け』ともいえるようなお寺はそこそこの数があったでしょう。

でも、それはあくまで昔の話です。

時代錯誤な考え方をしたままでお坊さんと結婚なんかしたら、一生をかけて悔やむことになるかもしれませんよ。

全国のお寺の70%は、お寺の収入だけでは生活ができないと言われてます。

だから、70%のお寺の住職さん達は【他の仕事】もしながら土日だけお坊さんの仕事をする、みたいなカンジなのです。

じゃあ、残り30%のお寺が金銭的に余裕があるかといえば、悲しいことにそうでもないんですよね。

30%のうちのほとんどは『お寺の収入で質素な生活であればできる』という程度。

つまり、

余裕を持った生活ができるお寺なんてほんの数%にすぎない

ということです。

あなたは、この数%のお寺の住職になる人と結婚をしなきゃ理想通りの生活ができないわけです。

そんなお坊さんを探し出すのはムチャクチャ難しいですよ。

たしかに、お葬式とか法事で納めてもらったお布施は【非課税】ですから、お寺としては税金をそんなに納めなくてもいいかもしれません。

でも、お坊さん個人の収入に対してはちゃんと税金が課せられてますからね、ここは勘違いしないでくださいね。

それに、税金は少なくていいんですけど、お寺にある仏具は値段がいちいちクソ高いんですよねぇ。

しかも、まぁまぁ頻繁に壊れやがるんです。

だから、お寺としても少ない収入の中からちゃんとお金を貯めておかないと、高価な仏具が買えなくなって、お寺の活動ができなくなってしまうんです。

つまり、もらったお布施が全部住職の財布に入って、しかも税金が無いからウハウハ、なんてことはないんです。

こう言うと、「でも、お坊さんには定年がないから、ずっと働いてもらえるやん♪」っていう意見が出てきそうですね。

勘違いをしないで欲しいんですけど、お寺の仕事は住職一人だけじゃできないですからね。

住職の妻、つまりあなたの協力がないと回らないです。

だから、あなたも住職と同じように働き続けないとダメなわけですね。

お坊さんと結婚しても、ほとんどの場合が金銭的に余裕もなく、しかも他の人が定年後の生活をしている時にも、あなたは夫(お坊さん)と一緒に働き続けることになるんです。

まぁ、仕事するのが好きな人にとってはイイかもしれませんけどね。

ただし、今後はきっと『お寺を維持していくことは難しくなる』と思いますよ。

ここ最近は、【仏教離れ】や【お寺離れ】が急速に進んでます。

おそらく、この流れは止まらないので、お寺はどんどん衰退して、規模の大きなお寺だけが残っていくでしょうね。

だから、収入の少ない70%の方のお寺に嫁いだりしたら、老後は不安だらけかもしれませんよ。

いつでも悩みを聞いてくれそう

お坊さんって、悩み事とかを「うん、うん。」と聞いて、ハッとするような解決策を教えてくれる、みたいなイメージがないですか?

良い解決策を教えてあげられるかどうかは別として、お坊さんは悩み事とかの相談にのるっていうのも仕事の一つ。

そんなお坊さんが自分の夫だったら、当然ながらあなたの悩み事も「うん、うん。」と話を聞いてくれる、と思いますよね?

たぶんねぇ、

あなたの悩み事はさほど真剣に聞かない

と思いますよ。

信者さんの悩み事などを聞いて一緒に解決策を考えるのは【お坊さんとしての役割】であって、言ってみればそれは仕事の一つ。

だから、時には『んっ?それは間違ってないか?』と思いながらも「うん、うん。あ〜なるほど、そうやね〜。」って話を聞きます。

でも、それを自分の妻に対しても同じようにするとは思えません。

あっ、まったく妻の話に耳を傾けない、なんて言ってないですからね。

普通の夫婦としての会話は当然ありますから。

もちろん、妻の話だってちゃんと聞くけども、

信者さんに対するような『お坊さんモード』で話は聞かない

ってこと。

だから、あなたが夫に対して【お坊さんのような対応】を期待しても、きっと、必ず、間違いなく、絶対に『期待外れ』な結果になるはずです

逆に、日頃から信者さんたちの話を聞いているんだから、それ以外の時には少し休ませてあげるくらいの気持ちでいなきゃダメかもしれませんよ。

男の脳ってアホなんで、いっぺんに何個も考えられません。

しかも『ただ聞いてほしいだけなの。共感してくれるだけでいいから。』っていう女性特有の心理状態も男には理解しにくいのです。

男って、話をした内容に対して、ついつい本気で【解決策】を考えてしまうんですよね。

だから、昼間に信者さん達の話を聞いて、そこでまぁまぁ脳ミソが疲れてしまってるんですよ。

なのに、その後も妻の話を『お坊さんモード』でなんか聞けませんってば。

ごめんね、お坊さんと結婚したら【何でも優しく話を聞いてくれる】なんてことは・・・絶対に無いな。

そうだ、ついでに言っておきますね。

たまに本気で、

  • お坊さんは大変な修行をしているから精神が鍛えられていて、我慢強く簡単には怒らない

と思っている人がいます。

んなワケないでしょうが!

たしかに我慢強くてほとんど怒らないお坊さんはいますよ。

でも、それは修行の成果ではなく、その人の【性格】ですからね。

我慢はできないし、気が短くて【お坊さんの涼しげな表情のイメージ】とはかけ離れたようなお坊さんは多いんですよ。

修行をすれば性格が変わるなんてことはないですからね。

一般の人を見るのと同じように、しっかりとそのお坊さんの【人となり】を見て判断しなきゃマジで人生を棒に振りますよ。

ずっとお寺にいられる

お坊さんに興味を持ってくれる人って、もともと『お寺や神社に参拝することが好き』であることが多いんですよね。

だから、僕たちお坊さんよりもずっと多くのお寺や神社へ行ったことがあるという人もけっこういます。

そして、意外にも若い女性でもそういう人が多い。

そのような【お寺や神社が好きな若い女性】がお坊さんとの結婚を希望してくれるわけです。

だから、お坊さんと結婚したら、

お寺という神聖な場所にずっといられて、お寺の仕事ができる

と思う女性も多いでしょうね。

でもね、申し訳ないけど、場合によっては【ずっとお寺にいることはできない】かもしれませんよ。

住職っていうのは、お寺全体の管理運営を『任されている』という立場です。

だから、お寺のことを『任されている』だけであって『住職の好きなようにできる』わけではないのです。

住職の住んでいる家がお寺の敷地内にあるなら、それは『お寺の所有物』であって『住職の所有物』ではないんです。

だから、もしも住職本人やお寺の人間が何か大きな問題を起こすと、檀家によって寺から追い出されるのです。

まぁ、刑事事件でも起こさない限り、寺を追い出される可能性は少ないと思いますけど、その可能性がゼロではないことは知っておきましょう。

実際に、あまりに住職の素行が悪すぎて、そのお寺の檀家が一致団結して署名を集め、最終的に住職を解任した例もあるんでね。

つまり、お寺にあるものは基本的に全て、

  • 住職を含め『お寺の人間』の所有物ではない

という強い認識がないとダメなんです。

だから、お坊さんと結婚したらずっとお寺にいられる、というのは大間違い。

寺から追い出されたその日をもって【ホームレス】の状態になりますから、日頃から自分自身を律して、問題を起こさないよう十分に気をつけなきゃいけないんです。

敷地が広いからいろんなことができる

お寺の敷地は、一般の家に比べると何十倍も広いです。

だから、広い庭を使って園芸をしてみたり、子どもと一緒にサッカーやキャッチボールができるからいいな♪なんて思ってないですか?

まぁね、園芸だったら檀家さんも文句は言わないでしょうし、子どもがサッカーやキャッチボールをするくらいのスペースも十分にありますよ。

たしかに、お寺だったら普通の家ではありえないような広大な敷地を使うことができますね。

ただですね、

その広大な敷地の管理は誰がやると思ってんの?

って話ですよ。

お寺の仕事で1番重労働なのは、【清掃】とか【除草】といった屋外作業なんですよ。

場合によっては、この他にも植木の剪定などの植栽管理までしなきゃいけません。

それを住職1人だけでできると思いますか?できるわけないでしょ!!

大変申し訳ないですけど、住職の妻が一緒に手伝うんですよ!!!

力仕事で全身が痛くなり、おまけにガンガン日焼けしますよ。

そして、きっとこう思うんですよ、

「もう、こんなに広い敷地なんかいらない・・・。」

って。

広い敷地があることはデメリットの方が大きいということを知っておいてください。

お坊さんと結婚したら悲惨な末路を迎える可能性が大!

恋愛というのは反対をされるほど突き進みたくなるものです。

だから、どうしてもお坊さんと結婚をしたいなら、それはあなたの人生なので自由です。

ただですね、忠告しておきますが、離婚をしてしまうお坊さんってけっこう多いですからね。

一般の家庭でも同じかもしれませんが、離婚の原因の多くは【金銭】のことです。

先ほども言いましたが、ほとんどのお寺は貧乏なんです。

毎日頑張ってお寺の仕事をしているのに収入は減る一方で、そのくせ自由がなく制限が多い生活なのでストレスがけっこう大きいんです。

その大きなストレスに耐えられずに、ある日とうとう離婚を切り出すんですよね。

じゃあ、お金のあるお寺だったらそうはならないのでしょうか?

いいえ、結果は同じです。

お金持ちのお寺の住職は、【女性】にはしる傾向にあります。

お金をたくさん持っていると、自制ができない人はとことん自分勝手な行動をします。

お坊さんなんて自制してナンボの立場なのに、お金を持ったお坊さんは本当にタチが悪いんですよ。

そういうお坊さんは、だいたい【女性】と【ギャンブル】にジャブジャブお金を使いますね。

ですから、せっかく裕福なお寺に嫁いでも、あなたの夫は夜になったら繁華街にくり出して、女性のいる飲み屋さんでお金をたくさん使ってきます。

あなたの夫は、あなたに対してはお金や愛情を注がずに、あなたの知らない【他の女性】に対してお金も愛情も注ぐんですよ。

悔しいと思いませんか?馬鹿にしていると思いませんか?

その結果、当然ながらそんな夫に愛想を尽かして、ある日とうとう離婚を切り出すんです。

もしかすると、離婚してしまう可能性は一般の家庭よりも高いかもしれません。

ちなみに、僕の周りでは離婚率が40%と、けっこう高めです。

なので、お坊さんと結婚したら【悲惨な末路】を迎える可能性は高いですからね。

僕は、せっかくこの記事を読んでくれたあなたには『幸せな人生』を送ってもらいたいんですよ。

だから何度でも言いますよ。

お坊さんとは結婚しちゃダメですよ!!!

あなたを幸せにする相手は【お坊さん】ではなく【お坊さん以外の人】ですからね!

【お坊さん以外の人】を探せば、あなたは幸せな人生を送ることができます。

こんな記事をここまで読んでくれたあなたが幸せになってくれることを、心から、ホンマに、マジで祈っていますよ!

全く新しい結婚情報サービスはパートナーエージェント

まとめ:よほどの理由がない限り、【お坊さんとの結婚】はやめておきましょう。

人によっては、なぜか【お坊さん】や【お寺】に対して良いイメージを持っていたりします。

その中には「お坊さんと結婚したい」なんて言う人までいるんですよね。

しかし、お坊さんとして忠告させてもらいます。

よほどの理由がない限り、【お坊さんとの結婚】はやめましょう。

あなたが幸せな人生を送りたいのなら、お坊さんと結婚してはいけない。

お坊さんと結婚すれば、金銭的に余裕のある生活が送れる?

いいえ、それは【ごく一部のお坊さん】だけですよ。

しかも、それはもう長くは続かないでしょう。

お坊さんと結婚すれば、いつでも悩みを聞いてくれる?

いいえ、信者さんの話は親身になって聞きますが、妻であるあなたの話は【あなたが期待する】ほどは聞いてもらえないですよ。

お坊さんと結婚すれば、好きなお寺にずっといられる?

いいえ、もしも住職本人あるいは住職の家族に【お寺の人間として問題がある】という場合は、檀家さん達から追い出される可能性は十分にあります。

お寺の広い敷地を使って、普通の家ではできないようなことができる?

えぇ、たしかに広い敷地を使うことはできますが、敷地が広いからこそメチャクチャ大変な管理があなたを待っていますよ。

どうでしょうか?

あなたがお坊さんやお寺に期待することは、ほとんど『妄想』に近いんです。

あなたの期待に応えられないどころか、逆に『とても面倒くさい現実』があなたを待っているのです。

あなたはお坊さんと結婚したことをきっと後悔するにちがいありません。

それでもいいなら、もうあなたの自由ですから、どうぞお坊さんと結婚してあげてください。

でも、念のため最後にもう一度だけ言いますよ。

あなたを幸せにするのは【お坊さん以外の人】ですよ。

だから、お坊さんと結婚するのはやめた方がいい!!!!!

全く新しい結婚情報サービスはパートナーエージェント