お坊さん

【お坊さんの僕が警告!】お坊さんと結婚したい?それはやめた方がいい。

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • お坊さんと結婚したら安定した生活が送れるからいいなぁ
  • お坊さんが夫だったら優しいんだろうなぁ
  • お寺が好きだから、お坊さんと結婚してずっとお寺にいたいなぁ

私、お坊さんと結婚したいなぁと思ってるんですが・・・。

未熟僧
未熟僧
それはやめた方がいいですよ!

【幸せな人生】を送りたいなら、お坊さんと結婚しちゃダメです!

この記事を読みに来てくれたあなたへ、まずコレだけは伝えたい。

お坊さんとの結婚はやめた方がいいですよ。

お坊さんである僕が言うんだから間違いない。

世の中には【お坊さんとの結婚】を望む女性がけっこうおられます。

でも、そういう女性のみなさんはきっと、

大きな【誤解】

をしています。

大きな誤解をしたまま寺に嫁いでしまったら、あなたの大切な人生を棒に振ってしまうことになります。

あなたにはぜひとも【幸せな人生】を送ってもらいたい。

ということで、この記事では、

お坊さんとの結婚生活の現実

について、お坊さんの僕がウソ無しで真実だけをお伝えしています

お坊さんと結婚したいと思っているなら、まずはちゃんとこの記事を最後まで読んでください!

お坊さんと結婚したい?それはやめた方がいい!

とても大事なことなので改めて言いますね。

お坊さんと結婚するのはやめた方がいい!!

きっと後悔しますよ!!

この記事であなたに伝えたいのはコレだけ、コレさえ伝わればもうOK。

先日、何となくインターネットを閲覧していたら、

『お坊さんと結婚したい』

みたいなタイトルのウェブサイトがありました。

僕も一応はお坊さんですから、気になって読んでみたら、何だかメリットはたくさん書いてあるのにデメリットの部分がほんの少しだけ。

僕は、そのサイトの情報があまりにも不十分で嘘ばかりだったので、ちゃんと本当のことを伝えるためにこの記事を書きました。

未熟僧
未熟僧
あなたには真実を知ってほしいのです!

念のために確認しますが、あなたは『お坊さんとの結婚』に興味があるのですね?

ダメですよ、お坊さんとの結婚なんて考えちゃ。

というか、お坊さんとの結婚を考える前に、お坊さんと交際することさえも大反対です。

ですから、この記事と合わせて、別記事の『お坊さんと付き合いたい女性は必読!僧侶の彼氏との交際事情』もぜひ読んでおいてください。

お坊さんと結婚することは、あなたが『お寺の人間』になるということです。

僕の経験から言いますが、

お寺の人間は常に他人から【監視】されている

と思っておいた方がいいですよ。

お寺にはたくさんのお墓があります。

お寺の墓地にお墓がある信者さんのことを『檀家(だんか)』といいます。

お寺の収入のほとんどは、檀家のお葬式や法事で発生したお布施です。

つまり、お寺はたくさんの檀家によって支えられているわけです。

ですから、檀家側にとっては『お寺の人間』がどういう人で日頃どんな生活をしているのかが気になるのです。

そして、檀家の多くは【お寺の近所】に住んでいるので、ちょっとした買い物をする時でも檀家に見られるのです。

未熟僧
未熟僧
一歩外に出たら【必ず誰かに見られている】くらいの意識でちょうどいいです。

そうなると、

  • 身に着ける衣服やアクセサリー
  • 化粧のしかた
  • 乗る車の車種
  • 言葉使い
  • 洗濯物の干し方

みたいな、普段の生活の全部に注意しなきゃいけないわけですよ。

そして、それが一生涯にわたり続きます。

そうなんですよ、お坊さんとの結婚、そしてお寺の人間としての生活っていうのは、メチャクチャ面倒くさいし自由が制限されるんです。

お坊さんと結婚したら基本的にこんな生活になりますが、それでもいいですか?

ちょっと甘く考えていませんでしたか?

僕は、あなたには【自分の人生】を大切にしてほしい、そして楽しく有意義に過ごしてほしいです。

でも、お寺の人間になったら、人生を楽しく有意義に過ごせる可能性は少ないです。

だから、お坊さんとは結婚しない方がいいんですよ。

というか、最初からお坊さんとは関わっちゃダメ。

素敵なあなただったら、お坊さんなんかよりもっと良い男性と結婚できますから!

もしもあなたが結婚できずに悩んでいるのなら、『30代女性のあなたが結婚できない理由。結婚のためにすべき3つのこと』の記事を読んで、その悩みを解消してください。

それで、もう【お坊さんとの結婚】なんて考えないでください。

えっ?何ですか?

「いやいや、お坊さんと結婚するメリットもきっとあるはずでしょっ!」ですって?

そう思ってしまうのは、もしかするとあなたは大きな誤解をしているかもしれませんね。

多くの女性が誤解をしている【お坊さんと結婚するメリット】

あなたの今までの人生で、お坊さんと接する機会なんてなかったですよね?

そのせいでしょうか、良くも悪くもお坊さんに対する【誤解】が非常に多いんですよ。

お坊さんと結婚したいと言う人のほとんどは、

  1. お金に困ることが無さそう
  2. いつでも悩みを聞いてくれそう
  3. 誠実だから、自分のことだけ愛してくれそう
  4. ずっとお寺にいられる
  5. お寺の嫁として大事にしてもらえる
  6. 敷地が広いからいろんなことができる
  7. 人脈が広がる

と思ってます。

あなたも同じようなことを想像してるんじゃないですか?

残念ですが、それらはあなたの『妄想』であり、現実はもっと厳しいんですよね。

ここからは、多くの女性が誤解している【お坊さんと結婚するメリット】について1つずつ説明します。

お金に困ることが無さそう

まずはコレから。

お坊さんと結婚すれば、

お金に困ることがなさそう

と思ってる人が非常に多い!

たぶんアレですね、『坊主丸儲け』なんていう言葉があるからでしょうね。

たしかに昔なら『坊主丸儲け』ができるお寺はたくさんあったでしょう。

でも、それはあくまで昔の話です、時代錯誤ってやつ。

時代錯誤な考え方をしたままでお坊さんと結婚なんかしたら、一生をかけて悔やむことになりますよ。

じつは、全国のお寺の70%は、お寺の収入だけでは生活ができないと言われています。

だから、70%のお寺の住職さん達は【他の仕事】もしながら土日だけお坊さんの仕事をする、みたいなカンジなのです。

じゃあ、残り30%のお寺は金銭的に余裕があるかといえば、悲しいことにそうでもないんですよね。

30%のうちのほとんどは『質素な生活であればお寺の収入だけでも可能』という程度。

つまり、

余裕のある生活ができるお寺なんて【ほんの数%】にすぎない

ということです。

この【ほんの数%】のお寺の住職になる人と結婚をしなきゃ、あなたの理想通りの生活ができないわけです。

そんなお坊さんを探し出すのはムチャクチャ難しいですよ。

えっ、お坊さんは税金を払わなくていいんでしょ?だったらお金には余裕があるんじゃない?

たしかに、お寺の主な収入源である《お布施》に対しては非課税なので、その分だけお寺は金銭的な余裕が生まれます。

でも、【お寺】に金銭的な余裕は生まれますが、それがそのまま【お坊さん個人】の金銭的な余裕に繋がるわけではありません。

じつは、お坊さんはお寺から毎月お給料をもらっていますので、《お寺の収入》と《お坊さん個人の収入》は分けて考えなきゃダメなんです。

そして、お坊さん個人の収入に対してはしっかりと課税されていますので、ここは誤解しないでくださいね。

お坊さんの税金については『お坊さんは税金を払わない?税金免除で坊主丸儲けって、そんなワケないでしょ!』の記事で詳しく書いていますので、興味のある方は読んでみてください。

それと、お寺の税金が少ないのはとても助かるんですけど、お寺にある仏具というのは値段がいちいち高いんですよねぇ。

しかも、高いくせによく壊れるので、意外と出費がかさむのです。

だから、収入の中からちゃんとお金を貯めておかないと、高価な仏具が買えず、お寺の活動ができなくなってしまいます。

すると、多くのお寺(70%のお寺)では、お坊さんがお寺からもらえる給料なんてごくわずかなのです。

つまり、もらったお布施が全部住職の財布に入って、しかも税金が無いからウハウハ、なんてことはないんです。

未熟僧
未熟僧
ホンマに、この誤解だけはしないでね!

でも、お坊さんには定年がないから、ずっと働いてもらえるじゃない♪

勘違いをしないで欲しいんですけど、お寺の仕事は住職1人だけじゃできないですからね。

住職の妻の協力がないと回らないです。

だから、あなたも住職と同じように働き続けないとダメなわけですね。

お坊さんと結婚しても、ほとんどの場合が金銭的に余裕もなく、しかも他の人が定年後の生活をしている時にも、あなたは夫(お坊さん)と一緒に働き続けることになるんです。

まぁ、仕事をするのが好きな人にとってはイイかもしれませんけどね。

ただし、今後はきっと『お寺を維持していくことは難しくなる』と思いますよ。

ここ最近は、【仏教離れ】や【お寺離れ】が急速に進んでます。

おそらく、この流れは止まらないので、お寺はどんどん衰退して、規模の大きなお寺だけが残っていくでしょうね。

だから、収入の少ない70%の方のお寺に嫁いだりしたら、老後は不安だらけかもしれませんよ。

いつでも悩みを聞いてくれそう

お坊さんって、悩み事とかを「うん、うん。」と聞いて、ハッとするような解決策を教えてくれる、みたいなイメージがないですか?

お坊さんは悩み事などの相談にのるっていうのも仕事の1つ。

そんなお坊さんが夫だったら、同じようにあなたの悩み事も「うん、うん。」と話を聞いてくれる、と思いますよね?

でも、残念ですが、

あなたの悩み事はあまり真剣に聞かない

と思いますよ。

信者さんの悩み事などを聞いて一緒に解決策を考えるのは【お坊さんとしての仕事】です。

だから、時には『んっ?それは間違ってないか?』と思いながらも「うん、うん。あ〜なるほど、そうやね〜。」って話を聞きます。

でも、自分の妻に対してはそんなふうにしませんよ。

あっ、まったく妻の話に耳を傾けない、なんて言ってないですからね。

普通の夫婦としての会話は当然ありますけど、

信者さんに対するような『お坊さんモード』では話を聞かない

ってこと。

だから、あなたが夫に対して【お坊さんのような対応】を期待しても、きっと、必ず、間違いなく、絶対に『期待外れ』な結果になるはずです

日頃から信者さんたちの話を聞いて疲れているんだから、むしろ、それ以外の時には少し休ませてあげるくらいの気持ちでいなきゃダメですよ。

男の脳というのはバカなんで、いっぺんに何個も考えられません。

しかも『ただ聞いてほしいだけなの。共感してくれるだけでいいから。』っていう女性特有の心理も、男にとっては理解しにくいのです。

男って、話をした内容に対して、ついつい本気で【解決策】を考えてしまうんですよね。

だから、昼間に信者さん達の話を聞いて、そこでまぁまぁ脳ミソが疲れてしまってるんですよ。

なのに、その後も妻の話を『お坊さんモード』でなんか聞けませんってば。

ごめんなさいね、お坊さんと結婚したからといって【何でも優しく話を聞いてくれる】なんてことは・・・まぁ無いな。

そうだ、これも大事だからお伝えしておかなきゃ。

お坊さんに対するイメージで、

お坊さんは大変な修行をしている。だから、精神が鍛えられていて、我慢強く簡単には怒らない。

と本気で思っている人がいるんですよね。

いやいやいや、そんなワケないでしょうが!

たしかに我慢強くてほとんど怒らないお坊さんはいますよ。

でも、それは修行の成果ではなく、その人の【性格】ですからね。

お坊さんの中でも、我慢はできないし、気も短い、みたいな人は多いんですよ。

修行をすれば性格が変わるなんてことはないですから、そこは誤解をしないでください。

一般の人を見る時と同じように、そのお坊さんの【人となり】をしっかり見て判断しなきゃダメです、そうしないとマジで人生を棒に振りますよ。

誠実な人が多いから、より『愛される』ことの幸福を感じられる

『お坊さんとの結婚』に関する情報サイトの中には、

お坊さんは《誠実》な人が多いから、より『愛される』ことの幸福を感じられる

という内容を記載しているところもあります。

そのサイトが言うには、

  • お坊さんはたくさん厳しい修行をして、僧侶としての振る舞い方も教育される。
  • だから、女性に対しても誠実であり、浮気をしない。

とのこと。

・・・・・。

・・・いやぁ、何ていうか・・・それはナイなぁ。

お坊さんの多くは【男】です。

男はチャンスがあれば浮気をします。

でも、お坊さんというのは『信者さんに対するイメージ』が非常に大事なので、浮気したくてもなかなかできない。

それで、【浮気をしない】のではなく、今の状況では【浮気できない】っていうだけなのです。

だから、絶好のチャンスがあれば浮気をしますよ。

どう思います?それって本当に【女性に対して誠実】ですか?

先ほども言いましたが、お寺で修行をしたくらいじゃ性格なんて変わらない。

女性に対して誠実かどうかは、もともとの【その人の性格】の問題。

ということで、お坊さんが【女性に対して誠実】なんて、そんなことを本気で信じたら絶対にダメ。

ずっとお寺にいられる

お坊さんに興味を持ってくれる人って、もともと『お寺や神社に参拝するのが好き』ということが多いんですよね。

だから、僕たちお坊さんよりも多くのお寺や神社に参拝した経験があるという人もけっこういます。

そして、意外に若い女性でもそういう人が多い。

そのような【お寺や神社が好きな若い女性】がお坊さんとの結婚を希望してくれるわけです。

だから、お坊さんと結婚したら、

お寺にずっといられる

と思う女性も多いでしょうね。

でもね、申し訳ないけど、場合によっては【ずっとお寺にいることはできない】かもしれませんよ。

住職というのは、お寺全体の管理運営を『任されている』だけで『住職の好きなようにできる』わけではないのです。

住職の住んでいる家がお寺の敷地内にあるなら、それは『お寺の所有物』であって『住職個人の所有物』ではないのです。

だから、もしも住職本人やお寺の人間が何か大きな問題を起こすと、檀家によって寺から追い出されるのです。

とはいえ、刑事事件でも起こさない限り、寺を追い出される可能性は少ないと思いますけどね。

でも、その可能性がゼロではないことは知っておきましょう。

実際に、あまりに住職の素行が悪すぎて、そのお寺の檀家が一致団結して署名を集め、最終的に住職を解任した例もあるんでね。

つまり、お寺にあるものは基本的に全て、住職を含め『お寺の人間』の所有物ではないという強い認識がないとダメなんです。

だから、お坊さんと結婚したらずっとお寺にいられる、というのは大間違い。

寺を追い出されたその日から【ホームレス】の状態になりますから、日頃から自分自身を律して、問題を起こさないよう十分に気をつけなきゃいけないんです。

お寺の嫁として大事にしてもらえる

お寺に嫁ぎたいと思ってくれる女性が増えているようですが、そうはいっても全体から見ればごく少数派です。

だから、多くのお寺では結婚相手の女性を探すのに必死です。

そのせいか、お坊さんと結婚したら、

お寺の嫁として大事にしてもらえる

と期待する人がけっこういます。

しかし、

その期待は危険です!

すでに言いましたが、お寺に嫁げば【お寺の人間】になります。

すると、お嫁さんはまず【お寺の人間】としての徹底的な意識改革をさせられます。

次に、【お寺の人間】としての地味な生活を強いられます。

そうやって、毎日のように夫の両親から教育されて、お寺の嫁として洗脳されるのです。

だから、大事にされるのではなく、お寺の嫁として仕込まれるのです。

もしも、お寺の嫁として出来が悪ければ、夫の両親からイビられる可能性も十分にあるのです。

夫の両親からすれば、お寺の嫁として出来の悪い女性には、そのままお寺にいてもらっては困るのです。

しかも、お寺の場合は、夫の両親と同居することが多いです。

なにしろ、お寺の土地は個人のものではありませんから、もう1つ家を建てることは難しいのです。

なので、同居せざるを得なくなり、昼も夜も一日中ずっと一緒にいるんです。

だから、ずっと夫の両親から大事に見守って(=監視して)もらえますよ。

敷地が広いからいろんなことができる

お寺の敷地は、一般の家に比べると何十倍も広いです。

だから、

広い庭を使って園芸をしてみたり、子どもと一緒にサッカーやキャッチボールができるからいいな♪

なんて思ってないですか?

まぁね、園芸だったら檀家さんも文句は言わないでしょうし、子どもがサッカーやキャッチボールをするくらいのスペースも十分にありますよ。

ただですね、

その広大な敷地の【管理】は誰がやると思ってんの?

って話です。

じつは、お寺の仕事で1番重労働なのは、【清掃】とか【除草】といった屋外の作業なんですよね。

場合によっては、この他にも植木の剪定などの植栽管理までしなきゃいけません。

それを住職1人だけでできると思いますか?

できませんよ。

大変申し訳ないですけど、住職の妻が一緒に手伝うんですよ!!!

力仕事で全身が痛くなり、おまけにガンガン日焼けします。

そして、きっとこう思うんですよ、

もうイヤ、こんなに大変だなんて、広い敷地なんかいらない・・・。

って。

お寺に限って言えば、広い敷地があることはデメリットの方が大きいということを知っておいてください。

人脈が広がる

お坊さんと結婚する唯一のメリットは、

人脈が広がる

ということです。

ほんと、お坊さんとの結婚でメリットといえるのはコレだけ。

お坊さんをしていると、たくさんの信者さんはもちろん、地元や他の地域の人たちとの交流も増えます。

だから、人と関わることが好きな人にとっては大きなメリットとなります。

しかし、人と関わることが苦手な人にとっては地獄です。

お寺の仕事は、基本的に人との関わりを避けることができません。

なぜなら、お寺の仕事は【たくさんの人と関わるからこそ成り立つ】ものだからです。

先ほども言いましたが、お寺の収入は、檀家からの【お布施】です。

物を売って収入を得ているのではありません。

【お布施】を納めてもらうには、その人から信頼されていないといけません。

日頃からたくさんの人と関わって、ちゃんと信頼されて、それではじめて『お葬式』や『法事』を依頼されて、その結果【お布施】を納めてもらえるのです。

もちろん、信頼されなければいけないのは、お坊さん1人だけではなく、お寺の人間の全員です。

つまり、コミュニケーション能力の低い人がお坊さんと結婚してしまうと、死ぬまで《人との関わり》の苦しみが続くということです。

お坊さんと結婚したら悲惨な末路を迎える可能性が大!

恋愛というのは反対をされるほど、その恋を貫きたくなるものです。

だから、どうしてもお坊さんと結婚をしたいなら、それはあなたの人生なので自由です。

ただですね、忠告しておきますが、離婚をしてしまうお坊さんってけっこう多いですからね。

一般の家庭でも同じかもしれませんが、離婚原因の多くは【金銭】のことです。

先ほども言いましたが、ほとんどのお寺は貧乏なんです。

毎日頑張ってお寺の仕事をしているのに、収入はどんどん減る一方で、そのくせ自由はないけど制限が多い生活なのでストレスがかなり大きいんです。

その大きなストレスに耐えられずに、ある日とうとう妻は離婚を切り出すんですよね。

じゃあ、お金のあるお寺だったらそうはならないのでしょうか?

いいえ、結果は同じ。

お金持ちのお寺の住職は、【女性】に走る傾向(習性?)にあります。

信者さんにはバレないように、それはまぁ上手にやっていますよ。

お金をたくさん持っていると、自制できない人はとことん自分勝手な行動をします。

お坊さんなんて自制してナンボの立場なのに、お金を持ったお坊さんは本当にタチが悪いんですよ。

そういうお坊さんは、だいたい【女性】と【ギャンブル】にジャブジャブお金を使いますね。

ですから、せっかく裕福なお寺に嫁いでも、あなたの夫は夜になったら繁華街にくり出して、女性のいる飲み屋さんでお金をたくさん使ってきます。

あなたの夫は、あなたに対してお金や愛情を注ぐ以上に、あなたの知らない【他の女性】に対してお金も愛情も注ぐんですよ。

悔しいと思いませんか?

馬鹿にしていると思いませんか?

その結果、当然ながらそんな夫に愛想を尽かして、ある日とうとう妻は離婚を切り出すんです。

もしかすると、お坊さんが離婚してしまう可能性は一般の家庭よりも高いかもしれません。

ちなみに、僕の周りでは離婚率が40%と、けっこう高めです。

なので、お坊さんと結婚したら【悲惨な末路】を迎える可能性が高くなることを覚えておいてください。

僕は、せっかくこの記事を読んでくれたあなたに『幸せな人生』を送ってもらいたいんですよ。

だから何度でも言いますよ。

お坊さんとは結婚しちゃダメ!!!

あなたを幸せにする相手は【お坊さん】ではなく【お坊さん以外の人】ですからね!

結婚相手には【お坊さん以外の人】を探して、あなたはちゃんと幸せな人生を送ってください。

まとめ:よほどの理由がない限り、【お坊さんとの結婚】はやめておきましょう。

人によっては、なぜか【お坊さん】や【お寺】に対して良いイメージを持っていたりします。

その中には「お坊さんと結婚したい」なんて言う人までいます。

しかし、お坊さんとして忠告させてもらいます。

よほどの理由がない限り、【お坊さんとの結婚】はやめましょう。

あなたが幸せな人生を送りたいのなら、お坊さんと結婚してはいけないのです。

この記事で書いてきたように、多くの女性は、お坊さんに対して大きな【誤解】をしています。

あなたがお坊さんやお寺に期待することは、ほとんど『妄想』です。

あなたの期待に応えられないどころか、逆に『とても面倒くさい現実』があなたを待っているのです。

あなたはお坊さんと結婚したことを後悔するにちがいありません。

それでもいいなら、もうあなたの自由ですから、どうぞお坊さんと結婚してあげてください。

でも、念のため最後にもう一度だけ言いますよ。

あなたを幸せにするのは【お坊さん以外の人】ですよ。

だから、お坊さんと結婚するのはやめた方がいい!!!!!

『未熟僧ブログ』トップページを見る >