お坊さん

お坊さんは肉を食べてます!お坊さんなのに、なぜ肉を食べるのか。

どうも、《未熟僧(みじゅくそう)》です。

ぼくは、20年以上お坊さんをしています。

今回は、

こういう内容です
  • お坊さんは肉を食べないのか
  • お坊さんなのに、なぜ肉を食べているのか

について書いていきます。

法要の後にみんなで食事をすることがありますよね?

例えば、

  • お通夜の後
  • お葬式の後
  • 回忌法要の後

などです。

そのような食事の席に、お坊さんのぼくもご一緒することがあるんですよね。

で、ありがたく料理を頂いていると必ず、

  • 「あっ、お坊さんなのに肉を食べるんだね。」

的な視線を感じます。

あの、たぶんあなたもとっくに気付いていると思うけど、

お坊さんは日頃から肉を食べてるからね。

そりゃあ食べますよ、だって美味しいもん。

それに、じつは、お坊さんも【ある3つの条件】を満たすものであれば肉を食べることができるんですよね。

この記事を読めば、肉を食べているお坊さんの本音の部分がわかります。

試しに一度読んでみてください。

お坊さんは肉を食べないの?

あなたが『食事をしているお坊さんの姿』を見る機会って、

  • 通夜振舞い(お通夜の後の食事)
  • 精進落とし(お葬式の後の食事)
  • お斎(回忌法要の後の食事)

の時だと思います。

ちょっと思い出してほしいんですけど、その時にお坊さんは普通に肉を食べていたと思います。

お坊さんって【肉を食べてはいけない立場】の人だというイメージがありませんか?

あなたはどうかわからないけど、一般的にはそう思われています。

なぜなら、多くの人が、仏教には【生き物を殺してはいけない】という内容の、

  • 『不殺生戒(ふせっしょうかい)』

という名の厳しい約束事があることを知っているから。

つまり、

  • 「人間によって殺された生き物の肉を、まさかお坊さんが食べるわけないでしょうが。」

って思うわけですね。

だから、法要後の食事に招かれて、ありがたく料理をいただいている時に視線を感じることがあるんですよ。

そう、

「この坊主め、肉を食べてやがる。」

っていう視線ね。

あのね、みんな誤解してる。

たまに本気で『お坊さんは肉を食べていない』と思ってる人がいるけど、それは違うんだよ。

お坊さんは、みんな、

日頃から普通に肉を食ってるからね!

なんか、お坊さんのイメージをブチ壊してごめん。

でもね、あなたと同じようにガッツリと肉を食べてるぞ。

なぜなら、

『3つの条件』を満たした肉であれば、お坊さんでも食べることが許される

から。

これのおかげで、ぼく達お坊さんも肉を食べることができる。

マジで、これがあって本当に良かった!

肉を一切食べずに【ベジタリアン】の道を突き進むなんて、ぼくには絶対ムリですわ。

お坊さんなのに、なぜ肉を食べるのか

お坊さんでも肉を食べます。

【不殺生戒】を厳守すべき立場であるはずのお坊さんなのに、なぜ肉を食べるのでしょう?

ここからは、お坊さんが肉を食べる理由を、ぼくも含めた【お坊さんの本音】を織り混ぜながら書いていきますね。

『三種の浄肉』という考え方

お坊さんが平気な顔して【肉を食べている】のは、先ほどから言っているように、『3つの条件を満たした肉』だから。

この『3つの条件を満たした肉』のことを、

『三種の浄肉(さんしゅのじょうにく)』

といいます。

じゃあ、その『3つの条件(三種)』って何やねん?って話になるわけですよ。

3つの条件とは、

の三種のこと。

はい、これじゃ全然わかんないよね。

わかりやすく言うと、

  1. その動物が殺されるところを見ていない【見】
  2. その動物が、自分に供されるために殺されたと聞いていない【聞】
  3. その動物が、自分に供されるために殺されたという疑いがない(=わからない)【疑】

です。

これら3つの条件をクリアした肉だったら、お坊さんも食べてOKな【浄らかな肉】だよってこと。

例えば、

  • ぼくが施主の自宅で回忌法要をした後、そのまま自宅でお斎(法事の食事)に招かれて、そこに【若鳥の唐揚げ】が出た

としましょう。

そして、施主が「どうぞ、よかったら召し上がってくださいね。」と唐揚げをすすめてくれました。

別になんてことのない普通の会話のやり取りですよね?

そうなんです、この場合であれば、ぼくはありがたく唐揚げを食べることができるんです。

その理由を説明しますね。

まず、『唐揚げ』となっている時点で、ぼくはどんなニワトリがどのようにして殺されたのかを見ていません。

つまり、【その動物が殺されるところを見ていない】ので、一つ目の条件をクリア。

次に、施主は、ぼくに対して「よかったら召し上がってくださいね。」としか言っていません。

つまり、【その動物が、自分に供されるために殺されたと聞いていない】ので、二つ目の条件もクリア。

そして、出された唐揚げは、基本的には施主の家族や他の参列者に対して用意されたもので、ぼくだけのために用意されたものではないと推測できます。

だから、ぼくの分の唐揚げは、あくまで【ついで】なんです。

つまり、【その動物が、自分に供されるために殺されたという疑いがない】ので、三つ目の条件をクリア。

このようにして、無事に『3つの条件』をクリアしていたので、ぼくは唐揚げを美味しくいただくことができるのです。

逆に、もしも施主が「いつもお世話になってるから、お坊さんのために我が家自慢の『若鳥の唐揚げ』を用意しましたよ♪」なんて言われたらアウト。

『お坊さんのため』と聞いてしまった時点で、【聞】と【疑】をクリアできなくなってしまう。

あぁ、唐揚げちゃん、せっかく会えたのに何もできずにサヨナラ・・・。

というように、せっかく作ってくれた美味しそうな『若鳥の唐揚げ』が、ちょっとした一言で【お坊さんが食べてはいけない唐揚げ】に変化してしまうんです。

ぼくは『若鳥の唐揚げ』が大好き。

あなたが作ってくれた美味しそうな『若鳥の唐揚げ』をぜひとも食べたい。

だから、お願いします。

お坊さんに肉料理を出してくださる時は、そっと一言「よかったら召し上がってくださいね。」とだけおっしゃってください。

せっかく出してくれたものはありがたく頂くのが礼儀

お坊さんは『三種の浄肉』でないと食べてはいけません。

とはいえ、です。

せっかく施主が用意してくれた料理を

  • 「あっ、すみません、コレは『三種の浄肉』じゃないから食べられないんです。」

なんて言うようなバカなお坊さんはいない。

振舞ってもらう料理っていうのは、施主の【布施と供養の心】であって【感謝の気持ち】の表れでもあるわけですよ。

それを拒否するなんてことは『坊主としての最低限の礼儀を欠く行為』だね。

『三種の浄肉』以外の肉を食べて困るのは坊主の方であって、施主にとっては何も関係ない。

つまり、出してくださった肉料理を拒むということは、「アンタの出した料理よりも、自分の【お坊さんとしての立場を守る】ことの方が大事なの!」と言い放っているのと同じ。

お坊さんとして『あるべき姿』を追い求めるのは素晴らしいこと。

でも、お坊さんとして生きていられるのは、たくさんの人から『布施』を頂いているから。

施主が出してくれた肉料理だって完全に『布施』です。

ぼくは「【三種の浄肉】なんてくだらねぇ」と言ってるわけじゃありません。

大事にしなきゃいけないのは、坊主自身の気持ちじゃなくて『施主の気持ち』の方だろうが!って言いたいの。

だから、ぼくは施主に出してもらった美味しそうな肉料理は、全部ペロッと食べます。

せっかく出してくれたものはありがたく頂く、それがお坊さんとして、人としての礼儀です。

えっ、何?「単純に肉を食いたいだけじゃねぇか!」だって?

う〜ん、正解!

お斎(法事の食事)は必ずしないといけないの?お坊さんが解説します。法事の時には参列者みんなで食事をしなきゃいけないの?あなたもそんな疑問を持ってませんか?この記事では、法事の食事(お斎)は必要なのか、食事をしない時はどうすればいいのか、について【お坊さんの意見】も含めて書いています。...

お坊さんだって栄養の摂取が必要

ここまでいろいろと言ってきましたが、お坊さんが肉を食べるのは、

動物性の栄養を摂取するため

でもありますからね。

お坊さんだって人間です、そんなに植物ばっか食ってられないよ。

だいたいさぁ、植物にだって『命』はあると思わない?

一生懸命に育とうとしているトマトをね、まだ少し青い段階で無残にも収穫しちゃうんですよ?

これは【不殺生戒】に違反しねぇのかって話。

なぜ、動き回る生き物だけを特別扱いして考えてんの?って思いますよ。

ぼく、オカシイこと言ってる?屁理屈かい?

私たち人間は、動物も植物も、たくさんの『命』を食べないと生きていけないんです。

だから、肉だ野菜だと区別してないで、すべての『命』に感謝して食べなきゃダメ。

施主が振舞ってくれた料理が野菜類だけでも、そこにある『命』を心から感謝して食べます。

そこに、たまたま肉料理があれば、同じように、そこにある『命』を心から感謝して食べます。

生きていくために必要な栄養を摂取させてもらっているすべての『命』に心から感謝してます。

感謝の気持ちを持つことは、仏教において基本中の基本です。

だから、食べさせてもらえるすべての『命』に感謝して、美味しく肉料理を食べさせていただきます。

えっ、何?「何だかんだ理屈こねて言ってるけど、やっぱり肉が食いてえだけじゃねぇか!」だって?

う〜ん、正解!

まとめ:お坊さんも感謝の気持ちで肉を食べます。

お坊さんといえば、『肉を食べない』というイメージを持つ人は多いです。

でも、実際はお坊さんだって肉を普通に食べています

仏教では【殺生】を戒めているはずなのに、なぜお坊さんはその教えに反するようなことをしているのか?

それは、『三種の浄肉』という【3つの条件を満たす肉】であれば食べることを許されているからです。

3つの条件を満たす肉とは、

  1. その動物が殺されるところを見ていない【見】
  2. その動物が、自分に供されるために殺されたと聞いていない【聞】
  3. その動物が、自分に供されるために殺されたという疑いがない(=わからない)【疑】

という肉です。

ですから、できれば「あなたのために用意しました。」とは言わないでほしいのです。

それを聞いてしまったら、その瞬間に【三種の浄肉】ではなくなってしまい、せっかく出していただいたのに、お坊さんはその肉を食べることができません。

お坊さんへ肉料理を振舞う際には、「こちら、よかったら召し上がってくださいね。」とだけ言っていただけますか?

ごめんなさいね、何だかいろいろと面倒なことを言って。

とはいえ、実際のところ、どんなものでもありがたく食べさせてもらってますけどね。

せっかく施主が振舞ってくれた料理なんだから、それをありがたく頂くというのも大事なこと。

それがもしも肉だったとしても、『3つの条件を満たす肉』とみなして、感謝の気持ちで食べさせてもらっているんです。

というか、せっかく出してもらったものを食べないのは失礼ですからね。

それに、お坊さんだって人間だから、動物性の栄養素も必要なの。

だから、今後もしも、法要後にお坊さんへ料理を振舞う時は、「お坊さんに出すものだから肉や魚はダメだよね。」なんてことは気にしないでくださいね。

坊主のぼくが言うのも変ですが、振舞ってくださるのであれば、肉でも野菜でも何でもかまいません。

あなたが出してくださった料理を、心から感謝しながら全て頂きますから。

というわけで、また美味しいお肉、よろしくお願いしますね♪

えっ、何?

そうだよ、要するに肉が食いてぇんだよ!

終わり。