仏事全般

年末年始も休み無しで仕事。つらい、休みたい、というあなたへ。

どうも、お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いてます
  1. なんで年末年始まで仕事をしなきゃいけないんだよ!
  2. 他の人はちゃんと休みがあっていいなぁ、自分も休みたいのに・・・。
  3. きっとまた家族にも嫌な顔をされるだろうなぁ・・・。
  4. もう、つらいから今の仕事をやめちゃおうかな・・・。

あなたは年末年始も休まず仕事をしているのですね。

きっと、

  • 「なんで年末年始まで働かなきゃいけないんだよ、まったく・・・。」

と思ってますよね?

でも、そう思いながらも、他の人たちが休みを取って過ごしている中であなたは働いています。

ということは、あなたは、

生まれつき他の人よりも『優位性』を持った人

なんですね。

つまり、あなたは『選ばれた人』なんですよ。

だから、他の人が休んでいるのに、あなたは仕事をしているんです。

そして、今ぼくがこうやって無事にお坊さんをしていられるのも、『選ばれた人』であるあなたが年末年始も仕事をして経済を回してくれているおかげです。

ぼくはあなたに感謝しています、本当にありがとうございます。

この記事では、

年末年始も休み無しで仕事をしているあなたに知っておいてほしいこと

について書いています。

最後まで読んでいただければ、【なぜあなたが年末年始も休み無しで仕事をしているのか】がわかります。

年末年始も休み無しで仕事じゃ、つらいですよね、休みたいですよね。

ぼくがいる寺には鐘楼堂(しょうろうどう)があり、そこには大きな鐘(梵鐘=ぼんしょう)が吊るされています。

寺に鐘楼堂があるということは、当然ながら大晦日には『除夜の鐘』を行います。

あなたもご存じのように、除夜の鐘というのは、大晦日の夜から年が明ける午前0時過ぎまで「ゴ〜ン♪」と鐘をついています。

12月の夜遅くですから非常に寒いです。

それにもかかわらず、毎年のように来てくださる人もたくさんいて、本当にありがたいことなのです。

除夜の鐘をつき終わってから後片付けなどをしていると、全部終わるのは午前2時頃になってしまいます。

そして、この時間になるとかなりお腹が空いているので、近くのコンビニで軽食を買ってきて食べる、というのが毎年恒例になっています。

コンビニまでの往復の時には、数は少ないですが貨物トラックやタクシーが走っています。

そして、ありがたいことに深夜にも関わらず営業しているコンビニ。

みんな、年末年始なのに休み無しで夜遅くまで仕事をしているんですね。

この記事を読んでいるあなたも、きっとそのうちの一人ですよね。

年末年始なのに休み無しで仕事をしているあなたに一言、

本当にお疲れ様でございます。

そして、

マジで、ありがとうございます!!

もう、ホント感謝しかないですよ。

あなたのような人たちがいてくださるから、ぼくは深夜に買い物ができるんです。

そして、その安心感があるからこそ、12月の夜の寒さに耐えて、鐘をつきに来てくれた皆さんに笑顔で対応ができるんです。

つまり、あなたのような人たちがいるから除夜の鐘を続けられているのです。

本当にありがとうございます。

とはいえ、年末年始に休みもなく仕事をするって、働いている当人にとっては結構つらいはずです。

まぁ、職種によっては他の人たちが休みの時こそ売上を伸ばすチャンスなのかもしれませんが、それでもやはり【他の多くの人が休んでいる中で自分は働いている】と思っただけで普段よりも疲れるでしょう。

きっと肉体的よりも精神的な疲れが増えます

本当は、あなただって他の人たちと同じように、年末年始くらいゆっくりと休みたいですよね?

でも、職場である程度の責任がある立場だと、嫌なことでも自分から率先して動かないといけませんから、そうも言ってられないわけです。

たぶんあなたもぼくと同じように、大晦日に放送されている超有名な国営歌番組なんて、もう何年も観てないんじゃないですか?

大晦日の夜も仕事をしていて、いつの間にか年を越してしまっている、みたいなカンジではないですか?

わかります、あなたの気持ち、ホントによくわかります。

じゃあ、そんなあなたにお伝えします。

年末年始も休まず仕事をしているあなたは、じつは、

  • 選ばれた人
  • 人間としての経験が多い人
  • 他の人よりも人間的に成熟している人

なのです。

あなたは、きっと『人間歴』が長いのです

仏教を世に広められたお釈迦(しゃか)様は、【輪廻転生(りんねてんしょう)】という教えを説かれました。

これは、

私たち人間を含め、『苦しみ』を受けながら生きている者たちは、

  1. (てん)】
  2. 人(にん)
  3. 修羅(しゅら)】
  4. 畜生(ちくしょう】
  5. 餓鬼(がき)】
  6. 地獄(じごく)】

という6つの世界の中で生死を繰り返す。

というものです。

つまり、

  • 私たちは苦しみを受け続けながら、ひたすら6つの世界の中で生死を繰り返す

ということです。

私たちはこの【輪廻転生】を繰り返しながら、仏となるべく修行をしているのです。

そして、輪廻転生のループから抜け出し、あらゆる苦しみから解放された時に『解脱(げだつ)』という悟りの境地に到達するといわれています。

そうなると、悟りの境地に到達するまでは輪廻転生をしている中で何度も同じ世界に生まれることもあるわけです。

例えば、

Aさんは『人(=人間)』の世界がもう8回目

Bさんは『人(=人間)』の世界がまだ2回目

ということもあるのです。

この場合、Bさんは『人』の世界がまだ2回目なので、Aさんに比べて『人間歴』が浅いといえます。

『人間歴』がまだ浅い人は、自分の感情を全然コントロールできなかったり、ひどい場合には罪を犯してしまうこともあります。

罪を犯すまではいかなくとも、いつも他人に迷惑をかけていたり、自分の事しか考えていなかったりする人は、『人間歴』が浅い人である可能性が高いのです。

多くの人がお休みを取っているのを横目にして、あなたはきっと、

  • 「他のみんなは休んでいるのに、何で自分は年末年始まで仕事なんかしなくちゃいけないんだよ!」

と思っていますよね?

でも、そうは思いながらも、あなたはちゃんと仕事をしています。

じつをいうと、それは【あなただからできること】なのです。

つまり、年末年始も仕事をするというのは、

あなたの『人間歴』が長いからこそできること

なんですよ。

あなたはきっと、輪廻転生の中で今まで何度も『人間』をやってきたのです。

だから無意識のうちにいろんなことを理解して、「嫌だなぁ」と思いながらも受け入れられているのです。

人間歴の浅い人ならとても耐えられないようなことでも、人間歴の長いあなたには耐えられてしまうのです。

つまり、あなたにばかり不公平で損な役回りが来るのは、ある意味で仕方のないことなのです。

だって、あなたにしかできない仕事なんですから。

年末年始に休みを取っているのは、あなたよりも人間歴の浅い人達が多いわけです。

だから、他の人が嫌がることでも、あなたは「もぅ、仕方ないなぁ」って引き受けてあげましょうよ。

『人間歴』の長い経験豊かな先輩として、あなたの背中を見せてあげてください。

家族からの無言のクレーム

『人間歴』の長いあなたでも、気を付けなければいけないことがあります。

それは、あなたのご家族への配慮です。

あなたは、年末年始に他の人が休んでいる中で一生懸命に仕事をして、ヘトヘトになって家に帰ります。

あなたのご家族は、いつものように「あぁ、おかえり〜」と言って迎えてくれてはいますが、何となく普段とは雰囲気が違うようなことはありませんか?

もしそうなら、あなたが「他の人たちは休みなのに、何で自分は働いているんだろ。」と思っているように、ご家族も同じことを思っているかもしれません。

おそらく、「年末年始くらい休ませてもらえないの!?子どもだって学校が休みなんだし、どこかへ連れて行ってあげたいのに・・・。」というようなことを思っているのではないでしょうか?

でも、そのように思っていても口には出さないかもしれませんね。

あなたが大変な思いをしながら働いているのをよくご存じですから。

しかし、そうはいっても、きっとご家族の不満は溜まっているはずです。

ご家族は、不満を口にはしませんが、じつは静かに【無言のクレーム】を発しているのです。

ですから、あなたは【自分だけが我慢をしている】という態度を絶対にしない方がいいですよ。

あなただけではなく、あなたのご家族だって我慢をしています。

それを理解して、

  • 「いつも我慢ばかりさせてごめんね。」という『お詫び』の気持ち
  • 「おかげで仕事ができます。ありがとう。」という『感謝』の気持ち
  • 「必ずこの埋め合わせはします。」という『約束』の気持ち

これらをちゃんとご家族に伝えた方がいいと思います。

えっ?「エラそうに言っているお前はちゃんとソレができているのか?」ですって?

できていませんよ。

この記事を書きながらぼく自身も反省をしているんです。

メリットもあるのでは?

年末年始まで仕事をするのは大変です。

そして、ご家族に対する配慮も欠かしてはいけません。

こう考えると、年末年始の仕事はデメリットばかりのように思えます。

でも、逆に、何かメリットはないのでしょうか?

例えば、

  1. 特別な手当がもらえる
  2. 満員電車で通勤しなくてもよい
  3. 人の混雑がない時に休みを取れる
  4. 旅行へ行く場合、シーズンオフ料金になる
  5. あなたの職場での評価が上がる
  6. 仕事を理由に、少し面倒な親戚付き合いから解放される

など、ザッと思いつくだけでもいくつかメリットはあるのではないかと思います。

特別な手当がもらえる

他の多くの人が休んでいるということは、その間に仕事をする人に対して普段にはない【特別な手当】が発生すると思います。

あなたが大変な思いをした分だけちゃんと返ってきます。

いつもと同じ時間の労働に対して割増の賃金が支払われるのです。

たぶん、これが年末年始に仕事をする最大のメリットかもしれません。

でも、いつもより多く稼いだ分は、ちゃんとご家族に返してくださいね。

満員電車で通勤しなくてもよい

他の多くの人が休んでいるということは、通勤電車の乗客数がグッと減る、ということです。

いつもだったら座れないような電車でも、年末年始であれば簡単に座れるのではないですか?

年末年始の仕事の時には満員電車に乗らずにすみ、しかも、他の多くの人が満員電車に乗っている頃にあなたは休みを取ることができます。

満員電車は苦痛ですよね、それを少しでも減らすことができるのはメリットの一つではないでしょうか。

人の混雑がない時に休みが取れる

年末年始、ゴールデンウィーク、お盆、これらの時期はどこに行っても大勢の人で混雑しています。

そのような時期にお出かけをしても、

  • 道路は渋滞をしている
  • ショッピングモールは買い物客でいっぱい
  • テーマパークへ遊びに行けば当たり前のように【〇時間待ち】

という状況です。

しかし、あなたはそのような時期を避けて休みをとっています。

ですから、人の混雑によるストレスを回避してお出かけができるのです。

道路はほとんど渋滞せず、買い物をする時にも店中をじっくりと見て回れますし、テーマパークは少し並ぶだけで大丈夫ですから満喫できます。

このように、人の混雑がないだけで、より多くのことをストレスが少なくこなせてしまえることはメリットだと思います。

旅行へ行く場合、シーズンオフ料金になる

人の混雑がないということは、旅行にかかる費用もかなり安くなります。

飛行機の料金や宿泊施設の料金なんかは時期によって露骨に変わりますからね。

同じような時期に同じ場所へ行くにもかかわらず、混雑するシーズンを少し外すだけで、ずっと安い費用で全く同じことができてしまいます

また、混雑シーズンと同様の費用を支払えば、他の人よりも更に贅沢ができることでしょう。

しかも、人の混雑も少ないので思う存分に旅行が楽しめます。

旅行することが好きな人にとっては大きなメリットとなるはずです。

あなたの職場での評価が上がる

あなたは、他の人が嫌がる時に仕事をしています。

それは、職場でのあなたの評価を上げることになるでしょう。

あなたは年末年始も出勤をして仕事をします。

そのおかげで、あなたの職場は年を明けてからもスムーズに仕事を再開することができるのです。

他の人がやりたくないことをあなたはしているのです、これは当然ながら評価されるべきことです。

あなたが大変な思いをしながら年末年始にも仕事をしていることを、職場の人達はちゃんと評価して、感謝していると思いますよ。

仕事を理由に、少し面倒な親戚付き合いから解放される

最近では少なくなってきましたが、正月になると【親戚同士で集まって新年の挨拶をする】という習慣があります。

昔はこのタイミングでいろんな親戚の人から『お年玉』をもらったものです。

正月は子どもにとっては嬉しいのですが、大人にとっては少々面倒くさいものかもしれません。

しかし、それは【正月に仕事が休み】だからそのような場へ顔を出さなくてはならないわけです。

正月の元旦から仕事をしていれば、『仕事』という大義名分ができて、少し面倒な親戚付き合いから解放されます。

親戚付き合いが苦手な人にとっては、年末年始の仕事もメリットになります。

あなたのおかげで経済が回っています

もしも、あなたのように『人間歴』の長い人がいなかったら大変なんです。

たぶん、みんなが一斉に休みを取ってしまいます。

『人間歴』の浅い人ほど、年末年始だろうが何だろうが、休みたいのだから休んでしまいます。

年末年始のおよそ1週間、もし誰も仕事をしなかったらどうなりますか?

日本経済がムチャクチャになるだけでなく、世界経済にまで大きく影響してしまいます。

でも、実際にはそんなことにはなっていません。

それは、あなたが年末年始も頑張って仕事をしてくれているからです。

あなたのような人が他にもいて、その人達も頑張って仕事をしているからです。

もうおわかりですよね。

そうです、年が明けても普通に生活していられるのは、あなたのような【『人間歴』の長い人達】が経済を回してくれたおかげなんです。

ですから、

あなたのおかげで経済が回っているのです!

だから、ぼくはあなたに対して心から感謝をしています。

無理をせず転職するという選択もあり

ぼくはあなたのような『人間歴』の長い人に本当に感謝しています。

しかし、それはぼくが一方的に感謝をしているだけです。

『人間歴』が長いことによって、あなたが本当に苦しい思いをしているのなら、その状況から離れることも必要です。

あなた自身が「もうこんな仕事なんてしたくない!」というのなら、もちろん無理なんかしなくてもいいと思います。

あなたはきっと【他の人よりも無理ができてしまう】人でしょう。

それが『人間歴』の長い人ですから。

でも、そのせいであなたが身体を壊してしまっては大変です。

ぼくは『人間歴』の長い人に対して「あなたは他の人の犠牲になってください」と言っているのではありません。

あなたが本当に幸せになるために今の環境を変える必要があるのなら、ちゃんと『転職』を考えた方がいいですよ。

まとめ: 年末年始は、『人間歴』の長いあなたのおかげで世界経済が回る

あなたは、年末年始も仕事をすることに対して「他の人より損をしている」と思うかもしれません。

でも、損ばかりではなくメリットもたくさんあることは既に紹介してきました。

むしろ、人によってはメリットの方が大きいということもあるかもしれません。

しかし、メリットやデメリットのことよりもずっと大事なもの、あなたには他の人にはない『優位性』があります。

それは、他の人には真似できない『人間歴』の長さです。

『人間歴』の長さの優位性は、休みのメリットなんかよりもはるかに貴重なものなんです。

あなたには、生まれる前から引き継いできた、そのような他の人にはない『優位性』があるわけです。

だから、他の人が嫌がるような【年末年始の仕事】という役目があなたに降りかかってくるのです。

しかし、それは『選ばれた人=人間暦の長い人』にしかできないことです。

そして、そのような人たちが経済を回して、他の人にはお休みをしてもらっているのです。

ですから、年が明けてみんなが笑顔で「明けましておめでとうございます♪」と言えるのは、あなたが経済を回してくれたおかげです。

決して大げさではありませんよ。

年末年始は、あなたが世界経済を回してくれているのです。

あなたもそのことを知っていてくださいね。

ただし、あなたが「どうしても今の環境を変えたい!」と思うなら『転職』をすることをためらってはいけませんよ。

まずは自分を大切にして、それから他の人を助けてあげてくださいね。