当ブログでは記事内に広告を含む場合があります

お葬式の疑問

意外に大事!お坊さん(お寺)にお葬式を依頼するときの手順

「お寺にお葬式を依頼する手順」というテキストの背景にあるお寺の本堂

お坊さん歴20年以上の未熟僧みじゅくそうと申します。

こんな人に向けて書いた記事です
  • お坊さん(お寺)にお葬式を依頼するには、具体的にどうすればいいの?
  • お坊さん(お寺)と付き合いがない場合はどうするの?
  • 今のうちからお葬式のことをちゃんと考えておきたい。

お葬式をするときには『お坊さん』に来てもらうのが一般的です。

しかし、お坊さんにお葬式の依頼をするにしても、お坊さんに何を伝え、何を確認しておくのか、ということが分かりませんよね。

また、喪主は他にもするべきことが山ほどあるので、お坊さんへの依頼は短時間で確実に行いたいところです。

お坊さんにお葬式の依頼をするときには簡単な手順がありますので、それに沿って依頼をするとスムーズです。

この記事では、僧侶である私が【お坊さんにお葬式を依頼するときの手順】について詳しく解説しています。

最後まで読んでいただければ、【お坊さんの依頼】に関することはほとんど分かりますので、いざというときに慌てることなく適切に対応できますよ。

まず、どのお坊さんにお葬式を依頼するかを決める

人差し指を立てて微笑むお坊さん

仏式でのお葬式の場合、まずは【お葬式を依頼するお坊さん】を決めなくてはいけません。

※依頼をするお坊さんがすでに決まっている場合は『お葬式を依頼するときの手順』から読んでください。

お葬式の依頼をするお坊さんは、

  • 菩提寺のお坊さん
  • 葬儀社から紹介されたお坊さん
  • 霊園から紹介されたお坊さん
  • 自宅から最寄り寺院のお坊さん
  • 知り合いのお坊さん

のいずれかに該当するでしょう。

菩提寺のお坊さん

あなたの家のお墓が【お寺の墓地】にある場合、そのお寺はあなたにとって『菩提寺ぼだいじ』になります。

菩提寺は、あなたの家の『お葬式』や『法事』などをすべて行うお寺なので、あなたがお葬式を依頼すべきは『菩提寺のお坊さん』です。

菩提寺へお墓参りをしたときなどに、前もって「お葬式のことについて今のうちからいろいろと教えていただきたいのですが・・・」と事前に相談をしておきましょう。

そのときには、お葬式のことだけではなく、法事やお寺の行事のことも確認をしておくといいですよ。

葬儀社から紹介されたお坊さん

読者さんの中には【まだお墓がなくて菩提寺もない】という人もいるはず。

そのような人は、いざというときは葬儀社からお坊さんを紹介してもらうといいですよ。

あまり知られていませんが、じつは葬儀社には必ず『提携しているお寺』があるんです。

もちろん、いろんな宗派のお寺と提携していますから、あなたの希望する宗派のお坊さんを手配をしてくれますよ。

しかも、葬儀社と提携しているお寺は【優良なお寺】ばかりなんですよね。

なにしろ《お客様に紹介するお寺》ですから、ちょっとでも変なことをするお寺なんてすぐに提携解除です。

お坊さんの僕が言うのも変ですが、葬儀社から紹介されたお寺が一番安心できると思いますよ。

ですから、菩提寺がない場合は葬儀社から紹介されたお寺のお坊さんに依頼することを最初に検討してみてください。

霊園から紹介されたお坊さん

お墓があるのはお寺だけではありません。

近年増加している『霊園』にもたくさんのお墓が建てられています。

じつは、霊園にも『提携しているお寺』があるので、あなたの家のお墓が霊園にある場合は管理事務所に相談をしてみてください。

もちろん、葬儀社と同じように希望する宗派のお坊さんを紹介してもらえますよ。

もともと霊園の場合は【法事をしてもらうため】にお寺と提携しているのですが、お葬式の依頼をすることも可能なんですよね。

ただし、【葬儀社から紹介されるお寺】に比べると【霊園から紹介されるお寺】の方が信用度は少しだけ落ちます。

お葬式は扱う金額が大きいからでしょうか、霊園よりも葬儀社の方が【お寺に対する審査基準】が圧倒的に厳しいのです。

しかし、葬儀社から紹介されたお寺は審査基準が厳しい分だけ【お布施】が少し高めなので、その点はご了承ください。

自宅から最寄りの寺院のお坊さん

菩提寺はなく、まだお墓もない、そして「お葬式を依頼するのはどこのお寺でも本当に構わない。」という人は、自宅から最寄の寺院のお坊さんに依頼してもよいでしょう。

本当に何のこだわりもなければ、自宅から一番近いお寺がラクでいいです。

また、お葬式だけではなく法事もしようと考えているなら、なおのことお寺が近いに越したことはありません。

ですから、前もってそのお寺へ行って相談をしてみるのがよいでしょう。

ただし、今までまったくお付き合いがないお寺ですから、そこがどんなお寺で、どういうお坊さんがいるのかが分かりませんよ。

さらに、そのお寺が【檀家以外の人】のお葬式を受けてくれるかどうかも分かりません。

僕だったら依頼を受けますが、僧侶の中には強い信念で『檀家だけ法要をする』という人が多いのも事実です。

もしもそのお寺が許可をしてくれたら、それはきっと仏様が導いたご縁なので、お葬式のときには遠慮なく依頼をしましょう。

知り合いのお坊さん

あなたの知り合いにお坊さんはいますか?

もしもいるなら、そのお坊さんの人柄や考え方はもう分かっていますよね。

あなたに菩提寺がなければ、せっかくですから知り合いのお坊さんに依頼するというのもいいと思います。

その方があなただって安心して任せられますし、お坊さん側も正直なところ知り合いだと気合の入り方が変わります。

選択肢の一つとして【知り合いのお坊さんに依頼する】というのも考えてみましょう。

お寺(お坊さん)にお葬式を依頼するときの手順

ペンとスマホの間に置かれている「手順」と書かれた紙

依頼をするお坊さんが決まったら、次はお坊さんと『お葬式の打ち合わせ』をしなくてはいけません。

お葬式をスムーズに進めるために、お坊さんへ伝えておくことや確認しておくことがありますので、それらをしっかりと打ち合わせしましょう。

お坊さんにお葬式を依頼するときは、

の手順で行いましょう。

葬儀社を決める

お葬式をするには、依頼するお坊さんだけではなく【施行を依頼する葬儀社】を決めなければいけません。

お葬式をするときになって慌てて葬儀社を決める人も多いのですが、できるだけ依頼をする【葬儀社】をあらかじめ決めておくことをおすすめします。

お葬式をするとなれば、喪主はたくさんのことを一度に決めなくてはいけないので、ついつい葬儀社から言われるがままに進めてしまいがちです。

その結果、予算を大きく上回る金額になってしまうこともよくあります。

何でもそうですが、その場で慌てて決めてしまうような【場当たり的な決め方】では必ずムダが出てしまいます。

ですから、事前に複数社から見積もりなどを取り、その中から希望に合った葬儀社を選び出し、見積書や資料などを保管しておいてください。

また、施行を依頼する葬儀社は【互助会がある葬儀社】を選び、できれば今のうちから互助会に入会しておくと安心です。

互助会に入会しておけば、いざというときでも急な大出費をせずにすみ、格安料金で豪華施設を使用できます。

やがて必ず来るお葬式に向けて今から準備をしておきたい人は、互助会への入会を検討してみてください。

【関連記事】:互助会はどこがいい?お坊さんの僕がおすすめする互助会5選

葬儀社と打ち合わせをし、仮の日程を決める

お坊さんと打ち合わせをする前に、先に葬儀社との打ち合わせをしますが、まずは『お葬式の日程』を決めます。

ただし、お葬式の日程はあなたの希望通りに決まるとは限りません。

なぜなら、お葬式の日程を決めるには火葬場の空き状況を確認しなくてはいけないからです。

火葬場の空き状況は葬儀社の人が確認してくれますので、あなたの希望の日程に合わせて確認をしてもらいましょう。

もしも、あなたの希望する日に火葬場が予約でいっぱいだった場合は、他の日に変更しなくてはいけません。

火葬場の空き状況を確認してもらったら、とりあえずあなたが希望する日程で【仮の日程】を決めましょう。

お寺の都合を聞いて、【正式な日程】と【葬式の形式】を決める

とりあえず【仮の日程】が決まったらすぐにお寺へ連絡をし、その日程でお葬式ができるかを確認しましょう。

また、このタイミングであなたが希望する【お葬式の形式】をお寺に伝えておくといいです。

希望する日程で依頼を受けてもらえるかを確認する

お葬式の【仮の日程】が決まったら、すぐにお寺へ連絡をし、お寺側の都合を確認します。

お寺との都合が合えば、【仮の日程】をそのまま【正式な日程】として確定させます。

日程が決まればそれを葬儀社のスタッフへ伝えて、すぐに火葬場の予約をしてもらってください。

もしもお寺との都合が合わなければ、もう一度あなたとお寺で【仮の日程】を決めて、葬儀社の人にその日程で火葬場の空き状況を確認してもらってください。

日程を決める時のコツは、【仮の日程】として「◯◯日か、あるいは▲▲日」みたいに、あらかじめ複数の候補の日を作っておくことです。

そうすることで、あなたとお寺のお互いの都合をつけやすくなります。

どのような形式のお葬式にしたいかを事前に伝える

日程を決めるタイミングでもう1つお寺へ伝えることがあります。

それは、『どのような形式のお葬式にしたいか』ということです。

形式というのは、

  • お通夜とお葬式を両方をする
  • お通夜はせず『一日葬』にする
  • 身内だけで『家族葬』にする

といったことです。

形式によってお葬式のやり方を大きく変えることはありませんが、お坊さんとしては喪主がどんな供養を希望しているのかを知っておく必要があります。

お坊さんはお葬式の形式に合わせた準備をしておきたいんです。

しかも、じつはそれで『喪主が仏事に対してどのように考えているのか』が何となくわかるんですよね。

夜遅くには連絡をしない

お寺へお葬式の依頼をするときは、急いで夜中に連絡する必要はありません

昔は、身内に不幸があれば真夜中であってもすぐにお寺へ連絡をしていましたが、今はそんなことはしません。

お寺としても、夜中に連絡を受けても、喪主家族との打ち合わせや諸々の準備は、結局のところ翌日にならないと何もできないんですよね。

もしも夜中に亡くなったとしても、お寺への連絡は翌日になってからで大丈夫ですから、しばらくは故人のそばにいてあげてください。

お寺へ出向き、お葬式の具体的な打ち合わせをする

お葬式の日程や形式について連絡をしたら、その後にお寺へ出向いて詳細な打ち合わせをします。

電話でも詳細な打ち合わせはできますが、できる限りお寺へ出向き、お坊さんと直接会って話をした方がいいですよ。

お寺へ出向いて、

  • 戒名について話し合う
  • お坊さんの送迎が必要かどうかを聞いておく
  • 何人のお坊さんで来るのかを聞いておく
  • 火葬場まで来るのかを確認する
  • お布施の確認をする

といった詳細な打ち合わせをしましょう。

戒名について話し合う

お坊さんとの詳細な打ち合わせのメインとなるのは『戒名』に関する話です。

戒名というのは【仏弟子としての名前】であり、仏道に入った人が今後ずっと名乗っていく名前です。

ですから、僕の場合はいつも戒名について話をする時間が長くなります。

お坊さんは、打ち合わせのときに故人の【人柄】や【趣味】や【仕事】などを聞いた上で、なるべくその人を連想しやすいように戒名をつけるんですよね。

ですから、より良い戒名をつけるには、故人に関することをお坊さんへできるだけ詳細に伝えてあげることが大事です。

お坊さんの送迎が必要かどうかを聞いておく

お葬式があると、多くのお坊さんは自分で車を運転して式場に行きます。

しかし、昔は喪主やその家族が【式場までお坊さんを送迎する】ということも多かったんですよね。

ですから、念のため【お坊さんの送迎】が必要かどうかを聞いておきましょう。

ほとんどのお坊さんは「自分で運転して行きますから大丈夫ですよ。」と言うと思いますが、念のために。

送迎というのは、運転者もお坊さんもお互いに気を使うので、正直なところ、お坊さん自身も自分で運転した方が気楽なんですよね。

ただし、高齢のお坊さんの場合は送迎が必要なケースがあるので、お坊さんを見て「もしかすると送迎が必要かな?」と思ったら、念のため送迎を申し出てあげてください。

何人のお坊さんで来るのか聞いておく

お葬式に来るお坊さんは1人だけとは限りません。

お寺に複数のお坊さんがいたら、もしかすると2名や3名で来るかもしれません。

地域によっては、お葬式のときに近くのお寺のお坊さんも来て一緒に供養をするところもあります。

お坊さんが複数いる場合は、式中にお坊さんが座る席の数も増やさなくてはいけません。

また、お坊さんに食事の席についてもらおうと思っていたなら、お坊さんの人数分だけの料理を手配しなきゃいけません。

基本的に料理は急に数を増やすことができませんので、【お坊さんが何人来るのか】ということを必ず聞くようにしましょう。

火葬場まで来るのかを確認する

お葬式が終わったら、その後は火葬場へ行きます。

しかし、お坊さんによっては火葬場までは行かないという人もいます。

ですから、事前に【お坊さんが火葬場まで来るのか】を確認しておきましょう。

火葬場では、収骨までの間に喪主が『精進落とし(食事)』や『おしのぎ(軽食)』を振る舞います。

ですから、『精進落とし』や『おしのぎ』の料理の数を決めるにあたり、お坊さんの分も含めて先に人数を確認しなくてはいけません。

少し聞きづらいかもしれませんが、「火葬場には来ていただけるのでしょうか?」と確認をしておきましょう。

【関連記事】:お葬式の料理費用の相場はどれくらい?通夜振舞いや精進落としの金額

お坊さんに渡す『お布施の金額』を確認をする

多くの人にとって1番気になるのが『お葬式でお坊さんに渡すお布施はいくら納めればいいのか』ということです。

お布施に関しては、ストレートに「お布施はどのくらい納めればいいでしょうか?」と聞いてしまいましょう。

お坊さんによっては、「◯◯万円くらい納めてもらえますか?」としっかり目安を言う人もいれば「お布施なので『気持ち』で納めてください。」という人もいます。

お坊さんから「気持ちで納めてください。」と言われてしまったら、仕方ないのでお布施の相場をインターネットなどで調べてください。

もしかすると、お布施の相場があなたの予想以上に高いかもしれません。

そんなときは、お坊さんに『値引き交渉』をしてみてください、おそらく【10%引き】くらいならすんなり応じてくれますから。

また、お布施を渡すタイミングを聞いておきましょう。

私の場合は、お通夜かお葬式の始まる前に【僧侶の控室】で受け取ることが多いですが、他のお坊さんがどう言うかは分かりません。

もしかすると、お坊さんの方から「◯◯のときにお願いできますか?」と指定されるかもしれませんので、念のためお布施を渡すタイミングを確認しておいた方がいいと思います。

【関連記事】:お布施を安くしたいなら値引き交渉すべし!値切る方法と注意点を伝授

※『お寺(お坊さん)にお葬式を依頼するときの手順』に戻る

まとめ

お坊さんにお葬式の依頼をする際は、しっかりとお坊さんと打ち合わせをしなくてはいけません。

まず、お坊さんに依頼をする前に、葬儀社と相談してお葬式の【仮の日程】を決めます。

次に、お葬式を依頼するお坊さん(お寺)へ連絡して『正式な日程』を決めましょう。

依頼をするお坊さんは、

  • 菩提寺のお坊さん
  • 葬儀社から紹介されたお坊さん
  • 霊園から紹介されたお坊さん
  • 自宅から最寄り寺院のお坊さん
  • 知り合いのお坊さん

のいずれかになるでしょう。

正式な日程が決定したら、お寺へ出向いて詳しい打ち合わせをします。

お坊さんと打ち合わせをする内容は、

  • 戒名について
  • お坊さんの送迎が必要かどうか
  • 当日はお坊さんが何人来るのか
  • お坊さんは火葬場まで来るのか
  • お布施の金額

です。

お葬式は、前日までの準備はもちろん、お葬式の当日も非常にバタバタします。

特に喪主は数日間で決めなきゃいけないことがたくさんありますので、人によっては頭がパンクしてしまいます。

そうならないためにも、今のうちから【どうやってお坊さんにお葬式を依頼するのか】を確認しておきましょう。

自分自身や家族が亡くなることを想定して事前に準備をするのは心苦しいかもしれません。

しかし、いざというときに慌ててしまう人が多いので、しっかりとお葬式を執り行えるように、今からちゃんと確認と準備をしておきましょう。

※お葬式の準備のために互助会に入るのも有効な手段です。

互助会に入るべきか?入会するメリットやデメリットなど互助会の全容を解説