お葬式

お葬式で棺の中に入れていいもの、いけないもの。副葬品の選び方。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • 棺にはお花以外に何か入れるの?
  • 棺に【入れていいもの】と【入れてはいけないもの】を知りたい

どうも、未熟僧(みじゅくそう)と申します。

私は20年以上お坊さんをしています。

お葬式の最後には、棺の中へ【故人が生前に着ていた服、家族からの手紙、思い出の品】などを棺に入れて故人と最後のお別れをします。

でも、「これも入れちゃって大丈夫なのかな?」と『棺に入れるモノ』のことで迷ってしまう人は多いんです。

あなたもそうですか?

この記事では、【棺の中に入れていいモノといけないモノ】ついて紹介しています。

最後まで読んでいただければ、何も迷うことなく『棺に入れるモノ』を選ぶことができますので、ぜひ参考にしてみてください。

棺に入れるものは『副葬品』といいます

お葬式の最後には、参列者みんなで棺の中へたくさんのお花を入れてキレイに飾りつけます。

また、棺の中には、お花だけではなく

  • 故人が身につけていたもの
  • 故人との思い出の品

などを一緒に入れます。

そのような、お花以外に棺の中へ入れるモノのことを、

『副葬品(ふくそうひん)』

といいます。

棺の中へ副葬品を入れるという慣習はずっと昔からありました。

その証拠に日本でも古墳の中からたくさんの副葬品が発見されています。

あっ、だからといって、副葬品は【必ず入れるもの】というわけではないですよ。

副葬品はあくまで『副』なものですから。

ただ、お花だけではなくて【故人が大切にしていたもの】とか【故人といえばコレ】みたいな、『故人を象徴するもの』を棺の中へ一緒に入れてあげたいというご家族は多いんですよね。

そのようなご家族の気持ちを尊重して、葬儀社の人も「お花の他に、何か一緒に入れて差し上げる物はございませんか?」と声がけをしています。

だから、故人が喜ぶものはぜひ棺の中へ入れてあげてくださいね。

でも、いくら故人が喜ぶものとはいえ、あまりたくさん入れ過ぎないようにしましょう。

棺の中には、基本的に『お花』をたくさん入れて飾りつけてあげるのです。

そこへ副葬品を【いくつか添えておく】というカンジなんですよね。

ですから、副葬品の数の目安は【2~3個】くらいがちょうどいいです。

しかし、ここで大事な注意点があります。

それは、

副葬品には【棺に入れていいもの】と【棺に入れてはいけないもの】がある

ということです。

日本は『火葬』をするので、そのような制限が出てしまうわけですね。

なので、どんなに故人が大切にしていたものでも、それが【棺に入れてはいけないもの】だったら入れることができないんですよ。

本当に残念なことですけど、これはもう仕方がありませんので、副葬品は【棺の中に入れていいもの】から選ぶようにしてください。

棺に入れていいもの

棺の中に入れていいもの、そして入れてはいけないもの、これらを分別しようにも【基準】がないとできないですよね?

入れていいかどうかの判断基準は簡単です。

棺の中に入れていいものは、基本的に、

火葬した時に『ちゃんと燃えるもの』

であれば問題はありません。

ちゃんと燃える副葬品というのは、例えば、

  1. 故人の着ていた服
  2. 故人の趣味に関するもの
  3. 家族からの手紙

です。

私が今まで見てきた中でも上記の3つが圧倒的に多いですよ。

1番多いのは『故人の着ていた服』です。

これはもう、ほとんど入れられていますよ。

服は、故人がいつも身につけていたものですし、故人の姿を思い出すものでもあります。

服はちゃんと燃えるものですから、ぜひ棺に入れてあげてください。

2番目に多いのは『故人の趣味に関するもの』ですね。

趣味というのは人それぞれに違いますので、それはつまり『故人らしさ』をよく表すものになります。

趣味で使う道具を入れることもありますが、道具が入れられない場合は【趣味に関する雑誌】を入れることが多いです。

趣味に関するものというのは、故人が大好きだったものであり、それを楽しそうに取り組む故人の姿を思い出すものです。

棺に入れてあげると、きっと故人は喜んでくださるはずですよ。

3番目に多いのは『家族からの手紙』です。

あなたにとって家族というのは【最愛の存在】ですよね?

それは故人にとっても同じです。

故人は最愛の家族から心のこもった手紙を受け取るのですから、喜ばないはずがありませんよ。

もちろん手紙はちゃんと燃えるので、家族みんなの手紙を棺に入れてあげてはどうでしょうか?

他にも私が今まで見てきたものには、

  • 御朱印帳
  • 故人が読んでいた本(分厚いのはダメです)
  • お菓子

みたいなものもありましたよ。

御朱印帳とは、決まったお寺や神社をお参りした時に、【参拝の印】として記入と押印をしてもらった専用の冊子のことです。

棺に御朱印帳を入れることで、これからお世話になる仏様達に対して『故人が熱心にお寺を参拝していたこと』を示すのです。

あと、本を入れている人もいますね。

故人が読者好きだった場合なんかは入れてあげるといいでしょう。

ただし、分厚い本だと燃え残ってしまうので、辞典みたいな厚さの本はダメですよ。

たまにお菓子を入れる人もいます。

棺に入れるくらいですから、お菓子が大好きな方だったのでしょうね。

もちろん、お菓子もちゃんと燃えるものですから棺に入れて大丈夫ですよ。

でも、お菓子のパッケージが燃えにくい素材の場合は、中身を出して紙に包んでから入れるようにしてくださいね。

棺に入れてはいけないもの

次に、本当に残念ですが棺に入れてはいけないものもあります。

要するに【入れていいもの】と反対のものです。

つまり、

火葬した時に『ほとんど燃えないもの』

です。

例えば、

  1. 指輪
  2. ネックレス
  3. 腕時計
  4. メガネ

などは、故人が日頃から身に着けていたものなのに、棺の中には入れられません。

やはり、【ガラス】や【金属】はほとんど燃えないので仕方ありませんよね。

その他にも、

  • 革製品やビニール素材のもの
  • 果物などのような水分の多いもの
  • 燃えると有毒ガスを発生させるもの
  • カーボン製品

などもダメです。

火葬をした時に、【燃え残りやすいもの】・【有害物質が出るもの】・【燃焼の妨げとなるもの】はダメだということになります。

このようなものを一緒に火葬すると、【火葬炉の故障】の原因となってしまうんですよね。

一つの火葬炉が故障すると、修理が終わるまでの間はそこを使えません。

最悪の場合は、その施設のすべての火葬炉を止めることもあり得ます。

火葬場なんて1つの市町村に1〜2カ所くらいしかありませんから、その中の1つがストップしたら他の火葬場へ一気にしわ寄せがいってしまい、その火葬場がすぐにパンクします。

そうすると、火葬場の予約が取れるのは10日くらい先になる、ということがあるんです。

ですから、【入れてはいけないもの】は必ず葬儀社の人に確認をするようにしましょう。

ちなみに、『ちゃんと燃えるもの』であっても棺に入れない方がいいものがあります。

それは『お金』です。

硬貨は金属ですから、もちろん燃やせません。

でも、紙幣なら燃やせます。

故人が三途の川を渡るときに使うと言われる『六文銭(ろくもんせん)』と似たような意味合いで紙幣を入れたいと思う人もいますが、紙幣を棺に入れるというのはヤメた方がいいです。

基本的に『お金』は意図的に破損させてはいけないのです。

お金に関しては、【貨幣損傷等取締法】という法律がありまして、お金は勝手に破いたり燃やしたり変形させてはいけないんですよね。

ただ、厳密にいうと、これは【硬貨】に対して適用されるものなので、紙幣に関してはグレーゾーンのようです。

紙幣を棺に入れても法律に違反することはなさそうですが、わざわざグレーゾーンのものを入れなくていいと思いますよ。

そもそも、お金を持つ価値とは、お金そのものではなく【お金を使うことで得られるもの】にあるんですよね。

だから、六文銭の他にいくらお金を棺に入れたって、故人は喜ばないでしょうし、かえってジャマになるんじゃないですか?

だったら、そのお金は棺に入れるのではなく、その後の【故人の供養】のために使った方が、故人だって喜んでくれると思いますよ。

生きている人が一緒に写った写真は入れられない?

棺の中には【故人が写った写真】を入れるという人も多いです。

写真を入れること自体はべつに何も問題ありませんが、念のため1つだけ注意しておいてください。

それは、

  • 「生きている人が一緒に写っている写真を棺の中に入れてはいけない」

と言われていることです。

なぜそのように言われるかというと、【一緒に写っている人が、故人にあの世まで連れて行かれてしまう】という迷信があるからです。

ハッキリ言ってまったくの迷信なんですけど、それでもやっぱり【縁起が悪い】と思っちゃう人もいるんですよね。

まぁ、そんなに気にすることもないですが、一応は【そう思う人もいるんだったな】というくらいの注意はしておきましょう。

でもね、【故人が写真に写っている人をあの世に連れて行く】なんて、そんなことは絶対にないから安心してください。

だいたい、故人は何のために生きている人をあの世へ連れて行くんでしょう?

1人だと、どうしても淋しいから?

じつは、その人のことが嫌いで【道連れ】にしてやりたいから?

詳しくは別記事で解説していますけど、お葬式をすることによって【故人は仏様に守られる】ようになるんです。

それは、故人にとっては、

  • 『絶対的な安心がある状態』
  • 『邪念がすべて無くなった状態』

になるんですよ。

そんな状態となった故人は【どうしても淋しい】とか【道連れにしてやる】という感情なんか湧かないんです。

まったく反対で、【みんなの幸福を心から願う】という感情があふれ出てくるんですよ。

だから、誰1人として【故人にあの世へ連れて行かれる】なんてことはありませんよ。

ということで、棺に入れる写真は、

  • 家族みんなで撮った写真
  • 友人たちと旅行した時に撮った写真
  • 学生時代の集合写真
  • 職場のみんなで撮った写真

など、【生きている人】が写った写真でもかまいません!

大切な故人との最後のお別れなんですから、巷で広まっている『くだらない迷信』に惑わされないようにしてくださいね。

お葬式をする意味とは何?お葬式でお坊さんがしていることを具体的に解説!お葬式って何のためにするのでしょう?お坊さんはお葬式で何をしているのでしょう?この記事では、そんなあなたの疑問に答えられるよう具体的に解説しています。お葬式をすることの意味がよくわかる内容となっていますので、ぜひご覧下さい。...

棺に入れられないものは骨壷に入れる

ここまで【棺に入れていいもの】と【棺に入れてはいけないもの】を紹介してきました。

でも、きっと「棺には入れられなかったけど、どうしても副葬品にしたいものがある」という人もいると思うんですよね。

特に、先ほど挙げたような、

  • 指輪
  • ネックレス
  • 腕時計
  • メガネ

なんかは故人にとっても思い入れのある品だったことでしょう。

そういう『本当は棺に入れたかったけど、入れられなかったもの』は、

骨壷に入れる

といいですよ。

火葬する時に入れられないだけで、火葬が終わった後なら問題はありませんから。

火葬後の『収骨』の時にでも、最後に骨壷の中へ入れてあければいいのです。

ただし、骨壷の中には故人の遺骨がたくさん納められていますから、上記のような【大きすぎないもの】でなければいけません。

骨壷へ入れたいものがあるなら、収骨の時でもいいですし、【墓地への納骨】の時でもかまわないので、何を入れるかちゃんと考えてから選びましょう。

まとめ:棺に入れてよいものを2~3個だけ選んで納めましょう。

お葬式で棺の中へ入れる『副葬品』には、【入れていいもの】と【入れてはいけないもの】がありますから注意しましょう。

棺の中に入れていいものは、要するに、

ちゃんと燃えるもの

です。

例をあげると、

  • 衣服
  • 手紙
  • 御朱印帳
  • お菓子

などです。

でも、ちゃんと燃えるものでも【有毒な物質】が出るようなものは入れられませんので注意してください。

反対に、棺の中に入れてはいけないものは、

ほとんど燃えないもの

です。

こちらも例をあげると、

  • 指輪やネックレスといった貴金属類
  • 腕時計
  • メガネ
  • 水分の多いもの
  • 革製品やビニール製品
  • 分厚い本

などです。

メガネや指輪それに腕時計なんかは故人がずっと身に着けていたものですが、残念ながら棺に入れることはできないんですよね。

本当なら、できるだけ【故人が大切にしていたもの】を棺の中に入れてあげたいのが家族としての気持ちなんですけど、仕方ありませんので【ちゃんと燃えるもの】の中から副葬品を選んでください。

そして、棺の中に入れる副葬品はなるべく【2〜3個】くらいにしておきましょう。

べつに、たくさん入れちゃダメというわけではないですよ。

ただ、副葬品をたくさん入れ過ぎると、参列者がお花を入れるスペースがなくなってしまいますし、故人だってそんなにたくさん持ちきれませんよ。

それに、仏の世界へ行った故人はすぐに『物に対する執着』がなくなりますからね。

なので、棺には厳選した物だけを2〜3個だけ入れてください。

また、棺に入れられないものは、後日に【骨壷の中に入れる】ということもできます。

メガネ、指輪、腕時計くらいの大きさなら骨壷に入れられます。

なので、骨壷に入れるなら、お墓などへ納骨する前には入れるものをしっかり考えておいてくださいね。

棺に副葬品を入れるのはお葬式の最後、つまり故人の全身を見られる本当に最後の時です。

よく考えて副葬品を選び、心を込めて故人を送り出してあげてくださいね。