発信者情報

このブログを運営している【未熟僧(みじゅくそう)】と申します。

ぼくは、20年以上いわゆる【お坊さん】をしています。

「なんや、おたくは何も分からんのか。もうエエわ、また今度住職さんに聞くから。」

これは、昔ぼくが信者さんから言われたことです。

信者さんのこの言葉のおかげで今のぼくがあります。

あなたは仏教や仏事のこと、あるいはお寺についてどのくらいご存じですか?

もしかすると、『ほとんど興味がない』っていうカンジでしょうか?

仏様にまつわることって、いろんな決まりがあるので、本当に分かりづらいですよね?

1つのことに対する解釈が宗派によって違ったり、また、同じ宗派なのに地域や住職の考え方によって違ったりします。

もっとシンプルに分かりやすくしてほしいなと、お坊さんのぼくでさえ思います。

ぼくがいる寺にも信者さんからいろんな問い合わせがあり、

  • お葬式
  • ご法事
  • お墓
  • お仏壇

など、さまざまなことを質問されます。

それぞれの質問に対して、できるだけ【分かりやすい表現】を使い【ある程度までは詳しく】説明をしています。

ぼくは、今でこそいろんな質問に対してある程度は返答できるようになってきましたが、お坊さんになりたての頃は【知らない事だらけ】でした。

誰でも最初は知らない事だらけなのでしょうけど、ぼくの場合はそりゃまぁヒドかったですよ。

ハッキリ言って『深刻なレベルの無知』でした。

自分で言うのも何ですけど、同年代の他のお坊さんよりも明らかに劣っていました。

なにしろ他のお坊さん達が普通に話している仏教用語の意味が分からないんですからね。

ですから、信者さんから何か質問されても、「え〜っとですねぇ、それは、う〜ん・・・」みたいにロクに答えられなかったんですよね。

逆に信者さんの方からいろいろと教えてもらって「えっ、そうなんですか?それは知りませんでした。」ということばかり。

そうすると、結局は「なんや、おたくは何も分からんのか。もうエエわ、また今度住職さんに聞くから。」と呆れられてしまう始末。

今思えば、ぼくは完全に【お坊さん失格】でした。

だって、ぼくなんかよりも信者さんの方が仏様の事について詳しくご存じなのですから。

それ以来、「これではさすがにアカンな・・・。」と思い、自分なりに勉強し、いろんな経験をしながら少しずつ学び、今では一通りは説明できるようになりました。

そこで思ったのが、

「自分が今まで疑問に思ったことは、他の人も同じように疑問に思うかもしれない。」

ということです。

仏教や仏事というのは、とにかく【分かりづらい】です。

本当なら、実際にあなたとお会いして詳しく説明をしたいところですが、現実にはなかなかそうもいきません。

それで、自分が疑問に思い解決してきたことを、できるだけ多くの人にお伝えしようと思い、このブログを立ち上げました。

このブログでは、お坊さんとしての20年以上の経験や知識をもとにして、仏教に関することを中心に、ぼくが考えていることや伝えたいことを、なるべくわかりやすいように【ぼくなりの表現】で書いています。

ですから、他のお坊さんが見ると少し(かなり?)おかしな表現をしているかもしれません。

でも、それは読者のみなさんにわかりやすく伝えるための表現なので、そこはご勘弁願います。

ぼくの記事を読んでいただいて、仏教というものが私たちの生活に深く浸透し、そして意外と面白いものであることを知っていただければと思います。

このブログがあなたの疑問や悩みを少しでも解消し、お役に立てれば幸いです。