その他

愚痴が多い人の心理と特徴。愚痴ばかり言う人には悲惨な末路が?

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • わたし、いつも愚痴ばかり言ってるかも・・・。
  • 本当は愚痴なんて言いたくないけど、今の状況じゃ愚痴の1つも言いたくなるよ!
  • 最近何だかみんなの態度が冷たくなった気がする。

もうさぁ、どうしていつも私だけ◯◯なわけ?

この前だって△△だったしさぁ。

だいたいあの時にあの人が余計なこと言わなきゃよかったんだよねぇ。

それに・・・

未熟僧
未熟僧
はい、そこまで!!!

愚痴を言いすぎちゃダメですよ!

愚痴が多い人は『悲惨な末路』を迎えてしまうんです。

私たちが生きている中で『自分の思うように事が進む』なんてことは一体どれくらいあるんでしょうね?

きっと、多くの人が【生きることの難しさ】を噛みしめながら過ごしているはず。

だから、たまには【ストレス発散】のために思いっきり『愚痴』を言いたくなりますよね?

でも、たまにではなく、いつも愚痴ばかり言っているなら要注意です。

なぜなら、愚痴が多い人は高確率で『悲惨な末路』を迎えてしまうからです。

この記事では、

  • なぜ、いつも愚痴を言ってしまうのか
  • 愚痴の多い人は、将来どうなるのか
  • 愚痴を言わないようにする方法

について解説しています。

あなたが『悲惨な末路』ではなく『幸せな未来』を迎えるためにも、ぜひ最後まで読んでみてください。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >

愚痴が多い人の心理と特徴

私たちは、生きていく中で【納得できないこと】や【我慢していること】などが山ほどありますよね。

だから、たまには『愚痴』を言いたくなります。

愚痴を言えば自分の中に溜まったストレスの発散になるので、べつに悪いことではないと思います。

でも、いつも愚痴ばかり言っている『愚痴が多い人』になってしまうと危ないです。

なぜなら、

愚痴は、言えば言うほど『不幸』を招く

からです。

まずは、『愚痴が多い人』の心理と特徴をいくつか紹介しますので、あなたにも該当するものがないか一度チェックしてみてください。

物事をすべて『自分の基準』だけで考えている

愚痴が多い人は、

物事をすべて『自分の基準』だけで考えている

という特徴があります。

愚痴を言うのは、《何か》あるいは《誰か》に対して【不満】があるからですよね?

つまり、『愚痴が多い人』というのは【不満が多い人】なんですよね。

じゃあ、なぜ不満が多くなるのか。

それは、物事をすべて『自分の基準』だけで考えているからです。

例えば、渋滞中の【車線変更】です。

渋滞中に車線変更をするときは、前もってウィンカーを出して、斜め後ろの車が間隔をあけてくれたら車線を変えますよね。

でも、ウィンカーを出してもなかなか間隔を空けてもらえないこともあります。

愚痴が多い人は、これに対してイライラが止まりません。

なぜなら、『他の車がウィンカーを出したら、すぐに間隔を空けてあげるのが当たり前』だと思っているからです。

もちろん、多くの人は間隔を空けてくれますが、そうでない人だっています。

愚痴が多い人は、『自分の基準』だけで考えているので、その基準から外れた人のことが許せないんですね。

そして、愚痴が多い人は「自分の考えは間違っていない!」と強く思っています。

そのせいで、他にもある《違う考え方》を受け入れることができません。

あくまでも、物事の良し悪しは『自分の基準』だけで判断しちゃってます。

要するに、考え方に柔軟性がないんですね。

また、困ったことに愚痴が多い人は『自分の基準』を他人に押しつけます。

だから、少しでも自分と違う考え方や価値観があると、それに対していちいち不満が出ちゃうんです。

このようにして他の人より多くの不満が出てしまい、結果として『愚痴が多い人』になっているんです。

なかなか行動をしない

愚痴が多い人は、

なかなか行動をしない

という特徴があります。

もしくは、『なかなか行動できない』という方が正しいかもしれません。

そうなってしまう理由は、愚痴が多い人は何でも【他人まかせ】にしているからです。

愚痴をあまり言わない人は、何か不満があっても、それを解消するために、

  • 解決策をしっかり考える
  • 解決に向けてちゃんと動く

ということをしています。

要するに、愚痴をあまり言わない人は、まずは不満を解消するための『行動』をするんですよね。

でも、愚痴が多い人は違います。

愚痴が多い人は、いつも【他人まかせ】で自分からは何も動こうとはせず、ただ愚痴ばかり言っては同じことを繰り返します。

いつも【他人まかせ】にするのは、《自分がラクをしたい》からではありません。

そうではなく、《自分でできる自信がない》からです。

でも、愚痴が多い人はそのことに自分でも気がついていません。

だから、じつは無意識のうちに、他人に任せることで自分を守っているんですよね。

しかし、何でもそうですが、自分の未来というのは【自分の行動】でしか変えることはできません。

不満があるなら、それを解決するために自分から行動をしなきゃダメなんですけど、そういう大事なことが分かっていない。

それで、いつまでたっても自分の思うようにならないので愚痴を言ってしまいます。

だから、愚痴が多い人になってしまうんですよね。

ちなみに、なかなか行動をしない人は、

結婚できない

ので要注意です。

自分から行動を起こさない人は『成長』の速度が遅いので、そのせいで『人としての魅力』もなかなか開花しません。

それで、結果的に異性から注目されないんですよね。

結婚できない人には他にもいくつか理由がありますので、気になる人は別記事の『30代女性のあなたが結婚できない理由。結婚のためにすべき3つのこと』を読んでみてください。

とにかく他人に認められたい

愚痴が多い人は、

とにかく他人に認められたい

と強く思う特徴があります。

これは、『自分は他の人よりも大変なことをやっている』と勘違いをしているのが原因です。

「自分のことを認めてもらいたい!」と思うことを『承認欲求』といいますが、愚痴が多い人はこれがとても強いんですよね。

周りの人には控えめに、

私なんて大したことないけどさ・・・。

なんて言ってますが、本音はまったく逆。

本当は、

  • 「私はいつも大変なことをやっているんだから、ちゃんと認められて当然!」
  • 「こんなに頑張っている私を評価しない人の方が間違っている。」

と思っています。

もちろん、愚痴が多い人は仕事でちゃんとやるべきことをやっています。

でも、やるべきことをやっているのは愚痴を言わない人たちだって同じなんですよね。

なんなら、愚痴を言わない人たちの方がもっと大変なことをやっています。

それなのに、愚痴が多い人は『自分だけが大変なことをしている』と勘違いをしているんですよね。

だから、

こんなにやっているのに、どうして自分だけ全然認められないの!?

と愚痴を言います。

また、承認欲求が強いということは、「自分は認められるべきだ!」という思いが強いわけですから、要するに【プライドが高い】ということです。

さらに、先ほども言ったように、愚痴が多い人は「自分は間違ったことを言っていない」と強く思っているので、他人の意見なんて聞くわけがありません。

だから、他人から少しでも注意をされようものならメチャクチャ機嫌が悪くなります。

きっと、『いつでも正しい自分』を否定されることに耐えられないんですね。

それで、また愚痴を言い始めてしまうので、結果として愚痴が多い人になってしまうんですよね。

昔のことをずっと根に持つ

愚痴が多い人は、

昔のことをずっと根に持つ

という特徴があります。

これは、日頃から【他人まかせ】で【自分から行動をしない】せいで生活に変化がなくなってしまい、『過去の経験』だけを頼りにした考え方になっていることが原因です。

私たちは生きていく中で、理不尽なこと、腹の立つこと、他人から批難されるなど、たくさん【嫌なこと】があります。

それでも、多くの人はそれらを1つずつクリアしながら『未来』に向かって生きています。

しかし、愚痴が多い人は、自分で問題をクリアしませんので、いつまでたっても『過去』にとらわれているんですよね。

だから、過去の【嫌なこと】が忘れられないまま、それをずっと根に持っているんですよね。

そして、そこへ新たな【嫌なこと】が蓄積されていくので、どんどん不満が溜まっていく一方なんです。

だから愚痴を言い続けてしまい、それで愚痴が多い人になってしまうんですよね。

『愚痴を言うこと』が1番のストレス発散方法になっている

愚痴が多い人は、

『愚痴を言うこと』が1番のストレス発散方法になっている

という特徴があります。

ストレス発散の方法はたくさんありますが、それをしないのは【愚痴を言う】という行為が1番簡単だからです。

愚痴をあまり言わない人は、

  • どこかへ出かける
  • 体を動かす
  • 趣味に没頭する

など、いろんな方法でストレスを発散しています。

でも、愚痴が多い人は【行動】をしないので、何だかんだと理由をつけて他の方法でストレス発散をしようとしないんですよね。

愚痴だったら、いつでもどこでも《自分の口》さえあれば言えますから、1番簡単な方法なんですよね。

なので、【愚痴を言う】という行為が無くなることはありません。

だから、愚痴が多い人になってしまうんですよね。

愚痴の多くが『人の悪口』である理由

あなたが愚痴を言っているとき、その内容は『他の誰か』に関することじゃないですか?

じつは、愚痴の多くは、

『人の悪口

なんですよね。

なぜ、愚痴の多くが『人の悪口』なのかというと、

人の悪口には【中毒性】があるから

です。

私たちは、人の悪口を言うと脳内で【ドーパミン】という物質が出るそうです。

ドーパミンは、脳が『快感』を感じたときに出るんですよね。

つまり、私たちにとって人の悪口を言うことは『快感』なんです。

そして、人間の脳は一度経験した快感が忘れられなくなります。

それで、快感を得るために人の悪口を繰り返し、やがて人の悪口を言わないといられない『依存状態』に陥るわけです。

しかも、脳は快感に慣れてしまうので、より強い刺激を求めるようになり、人の悪口がどんどんエスカレートしていきます。

でも、多くの人は「人の悪口ばかり言うのは良くないよね。」と途中で自分自身にブレーキをかけます。

一方で、愚痴が多い人はブレーキをかけられず、自分の感情のままに人の悪口を言い続けてしまうんです。

そうなると、もう愚痴を言うことをヤメられなくなります。

愚痴が多い人はよく、

私だってさぁ、べつに愚痴を言いたくて言ってるんじゃないのよ!

と言いますが、あながちウソでもないということなんですね。

愚痴を聞かされている側は大迷惑

思いっきり愚痴を言ったあとはスッキリしますよね・・・言った本人だけは。

でも、【愚痴を聞かされる側】にとっては、まったくスッキリなんかしません。

愚痴を聞かされる側からすれば、控えめに言って、

大迷惑

です。

愚痴を聞かされる側にとっては、ほとんどメリットがありませんので【時間の無駄】なんですよね。

聞かされる側だってヒマではありません。

愚痴を聞く時間があるなら、他にしたいことがたくさんありますよ。

未熟僧
未熟僧
愚痴を言うことは、それを聞いている相手の貴重な時間を奪う行為なんですよ!

しかも、愚痴を聞くというのは意外に疲れるものです。

うわっ、また愚痴が始まったよ。早く終わんないかぁ・・・。

って思いながら聞いているので、けっこう体力を消耗します。

さらに、一方的に聞かされたにもかかわらず、それを他言しないようにしなきゃいけません。

そうなると、黙っていなきゃいけない事が増えて精神的にも消耗するんですよね。

愚痴を言うことを『愚痴をこぼす』とも言いますよね?

【こぼす人】がいれば、反対にそれを【すくいあげてくれる人】もいるのです。

つまり、誰かが自分勝手にこぼした愚痴は、それを聞いている人がすくい上げてくれているんです。

愚痴を聞かされた側は、無駄に体力を消耗させられ、無駄に精神的にも消耗させられ、それなのにメリットがない。

マジで、愚痴を『傷害罪』に認定したらいいのにと思いますよ。

それくらい、愚痴を聞かされる側にとっては大迷惑なんですよね。

愚痴ばかり言うことは【とても自分勝手な行為】であることを理解しておかなきゃいけません。

だから、相手のことを本当に大事に思っているのなら、絶対に愚痴を言い過ぎてはダメです。

愚痴が多い人の悲惨な末路

僕がこれほど『愚痴を言うこと』に対して否定的なのには理由があります。

それは、

愚痴ばかり言う人には【悲惨な末路】が待っている

からなんです。

では、どんな悲惨な末路が待っているのかをお伝えしますね。

人が離れていく

愚痴ばかり言っていると、

人が離れていく

ということは避けられません。

未熟僧
未熟僧
要するに人から嫌われるってことです。

先ほども言いましたが、愚痴というのは、聞かされる側としては大迷惑です。

しかも、それを何度もやられちゃ、聞かされる側はたまったものではありません。

だから、当然のように【愚痴が多い人】から逃げていきますよね。

すると、愚痴を言った人はそれが気に入らなくて、次はその逃げた人に対する愚痴を別の人に言い始めます。

それで、今度はその愚痴を聞かされた別の人が逃げていきます。

これを繰り返すうちに、愚痴が多い人の周りからは人がいなくなります。

まさに《負のループ》ですね。

だから、愚痴を言うなら人に嫌われることを覚悟しましょう。

周囲の人からバカにされる

愚痴ばかり言う人は、

周囲の人からバカにされる

ということを知っておきましょう。

愚痴が多い人は、自己中心的ですし、他人まかせで行動力もありませんし、ひたすら人の悪口を言っては周囲の人たちに迷惑をかけています。

だから、当然のように他人から相手にされなくなります。

なのに、愚痴が多い人は《他人から相手にされないこと》に対して腹をたて、それでまた愚痴を言います。

相手にされなくなった原因が自分にあることを分かっていません。

そのような人は、周囲の人から、

あの人はいつも愚痴を言ってばかり。ほんと、どうしようもない人だねぇ・・・。

と【バカにされる】ようになります。

ですから、愚痴を言うからには、他人からバカにされても仕方ないと腹をくくりましょう。

ちなみに、『愚痴』というのは仏教の言葉です。

多くの人は、『愚痴』の意味を【不平不満や文句を言うこと】だと思っています。

しかし、仏教では違うんですよね。

仏教でいう『愚痴』は、

愚かなこと=悟りから遠く離れた状態

を表す言葉です。

【愚】と【痴】は、両方とも《知恵が足りない・愚か》という意味の漢字です。

つまり、『愚痴』は《愚か×2》ということになりますので、それは【深刻なレベルの愚かさ】を意味します。

ですから、愚痴ばかり言うのは【深刻なレベルの愚か者】がすることだと知っておきましょう。

お金持ちにはなれない

愚痴ばかり言う人は、

お金持ちにはなれない

ので、今のうちから着実にインデックス投資をしておいてください。

あなたは、誰かに重要な仕事を頼むとき、

  1. すぐに取り組んでくれて、ちゃんと仕上げてくれる人
  2. とりあえず文句を言ってから取り組んで、イマイチな仕上がりなのに、評価されないとずっと愚痴を言う人

のどちらに頼みますか?

どう考えたって【①番】の人ですよね?

ですから、ハッキリ言って愚痴が多い人には重要な仕事がまわって来ないですし、当然ですが重要な仕事のチームに入ることもないでしょう。

だって、愚痴が多い人と仕事なんかしたら、他の人が無駄に疲れますからね。

仕事はチームワークが大事、でも愚痴ばかり言う人がいたらチーム全体がうまく機能しなくなります。

ということで、愚痴の多い人はなかなか昇進できないので、他の人と給料の金額に差が出てきます。

そして、そのことが気に入らず、また愚痴を言い始めます。

それで、またさらに重要な仕事を任せてもらえなくなり、給料もぜんぜん増えず、他の人との差がどんどん開くばかり。

それどころか、きっと【リストラの候補】にノミネートされます。

そうなれば、収入がなくなり【お金持ち】になることはありません。

また、愚痴が多いと人が離れていきますので、お金だけでなく、いろんな《チャンス》を取りこぼします。

よく「なかなか良いチャンスに巡り合えない。」と言っている人がいます。

チャンスが来るかどうかは、日頃からどれだけ誠実に人と接しているかで決まります。

なぜなら、

チャンスは自然にやってくるのではなく『人』が運んでくる

からです。

良い人との出会い、良いビジネスチャンス、良い情報やアドバイス、これらはすべて『人』がもたらしてくれるんです。

だから、日頃から誠実に人と接することは超がつくほど大事。

相手のことも考えずに自分勝手に愚痴を言い続けている人は『人』に対する誠実さがありません。

そんな人には、いつまでたっても《チャンス》は来ませんし、良い環境で働くこともできませんから、それだけお金も稼げません。

ですから、愚痴ばかり言う人はお金持ちになることができないんです。

心も体も壊れていく

愚痴ばかり言う人は、やがて、

心も体も壊れていく

ので十分に注意をしてください。

人間は1人では生きていけません。

誰かの助けがあり、そして自分も誰かを助けて、お互いに支え合う関係で世の中は成り立っています。

愚痴を言い続けてしまうと、助けてもらえるはずの人がいなくなります。

そして、助け合うどころか、誰にも相手にされなくなり、話をする人もいなくなります。

誰にも相手にされず、話もできないとなると、精神的にかなりキツイですよ。

確実に精神的な悪影響があります。

精神的な悪影響は、やがて身体にも及びます。

そうこうしているうちに、心も体も少しずつ壊れていきます。

愚痴を言ってストレス発散していたはずが、それ以上に自分を壊していくハメになるんです。

愚痴を言い続けることは、自分を死に近づける行為であることを知っておきましょう。

孤独死を迎える

愚痴ばかり言う人は、

孤独死を迎える

ということを想定しておいた方がいいですよ。

理由は簡単、愚痴を言いすぎることで周りに人がいなくなり、お金もあまりないのに心と体が壊れていくからです。

しかも、苦しさを分かってくれるような人がすでに誰もいないので、そのせいで精神的にも苦しくなる一方です。

そうなると、外に出ることをしなくなり、自宅にこもる生活となっていくでしょう。

それで、さらに体調が悪くなって、いずれ自宅で倒れてしまうのですが、残念ながら周りには助けてくれる人が誰もいないのです。

その結果、誰かの助けではなく【あの世からのお迎え】を待つことになってしまうのです。

愚痴を言い続けると【淋しい最期】が待っていることを知っておきましょう。

ポジティブな発言をする方がずっと【幸せな人生】を送ることができる

愚痴を言う根本的な理由って何なのでしょう?

それは、たぶん、

『幸せな人生』を送りたいから

ではないでしょうか?

愚痴を言ってスッキリして、また明日から『幸せな未来』に向けて頑張ろうとしているのだと思います。

でも、愚痴を言っても幸せな人生は送れないです。

愚痴じゃなくて、

ポジティブな発言をする方がずっと『幸せな人生』を送ることができる

と思いますよ。

先ほども言ったように、愚痴の先には【悲惨な末路】が待っているだけです。

だから、無理にでもいいので『ポジティブな発言』をしましょう。

たとえ嫌なことがあっても意識的に『ポジティブな発言』をするようにしてみてください。

不思議なことに、ポジティブな発言を続けていると、ポジティブな出来事がやって来るんですよ。

ホントに、1度でいいからダマされたと思ってやってみてください、あなたが思うよりも効果があるんですから。

私たちは自然に【ポジティブな考え方の人】の方へ引き寄せられていきます。

そして、ポジティブな発言をしている本人も、自己暗示のように幸せな気分になっていくんです。

幸せな気分になると、笑顔も増えて、さらに人を引き寄せます。

そうなったらもう大丈夫。

その頃には愚痴なんか言っていませんから。

すると、【悲惨な末路】とは真逆の『幸せな人生』を迎えることができるんですよ。

愚痴なんかではなく、ポジティブな発言を続けて『幸せな人生』をつかみ取ってください。

今の環境から離れることも大事

できる限り愚痴を言わずにポジティブな発言を続けていれば幸せな人生を迎えられます。

しかし、場合によっては愚痴を言ってしまうのも仕方ないケースがあります。

例えば、

  • 職場の労働条件や人間関係が非常に悪い
  • 夫がまったく家事や育児をしない
  • 同居している義父母から毎日のようにイヤミを言われる

などです。

もしもあなたが、現在このような【愚痴を言ってしまうのも仕方ない環境】なら、

今の環境から離れる

ということも大事です。

とはいえ、夫や義父母から離れることは『離婚』を意味しますから、そう簡単にできることではないでしょう。

となれば、現実的なのは【職場】を離れることです。

もしも、あなたが今【どうしても愚痴を言いたくなってしまう職場環境】なのであれば、我慢をし過ぎないで思い切って職場を変えることを考えてもいいと思いますよ。

愚痴ばかり言うと《悲惨な末路》があなたを待っています。

それを回避して、あなたが幸せな未来を迎えるためには、できるだけ早い段階で『愚痴を言いたくなる環境』から脱出することが大事です。

あなたの未来はあなたの行動によってしか変えることができません。

とはいえ、今の職場を離れるというのも勇気のいることです。

辞めたくても上司に言いづらかったり、言えたとしてもなかなか辞めさせてもらえないかもしれません。

退職したくてもできない人はとても多いのですが、最近ではそのような人のために『退職代行サービス』という心強いサービスもありますので、一度相談してみるのもアリだと思います。

あなたの今後の人生を決めるのは、すべてあなた自身です。

このまま今の職場に残り、愚痴を言い続けて悲惨な末路を迎えるか、それとも職場を変えて良い人生を目指すか、あなたはどちらを望みますか?

まとめ:愚痴を言わずにポジティブな発言をしよう

一生懸命に生きていれば、誰だって『愚痴』の1つくらい言いたくなることもあります。

愚痴を言うことはストレス発散になりますから、たまにであればイイと思います。

しかし、いつも愚痴を言っている人は要注意です。

愚痴の多い人は、

  • 人が離れてしまう
  • どんどんお金が無くなっていく
  • 心と体が壊れていく

という『悲惨な末路』を迎えてしまいます。

愚痴というのは、聞いている側としては大迷惑なこと。

だから、愚痴ばかり言う人とは関わりたくないんです。

その結果、愚痴の多い人はどんどん【孤独】になっていきます。

つまり、愚痴というのは、言う方も聞かされる方も、お互いに何の得もありません。

だから、できる限り愚痴は言わない方がいいのです。

いつも愚痴を言っている人は、

  • 物事をすべて『自分の基準』で考えている
  • なかなか行動をしない
  • とにかく人に認めてもらいたい
  • 他にストレス発散の方法がない

という人が多いです。

もしもあなたが、これらの中で複数の該当がある場合は、今の自分を振り返ってみて、ぜひ改善をしてください。

それが、あなた自身とあなたの周囲の人たちのためなのです。

まずは、愚痴ではなく、無理にでも『ポジティブな発言』をすることから始めましょう。

簡単な方法ですが、改善の効果はバツグンです。

愚痴は少なく、ポジティブな発言は多く、これを意識するだけでもあなたの人生は変わります。

あなたには『悲惨な末路』ではなく『幸せな人生』を迎えてほしいと思います。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >