その他

愚痴が多い人の心理と特徴。愚痴ばかり言う人には悲惨な末路が?

お坊さん歴20年以上の未熟僧(みじゅくそう)と申します。

この記事はこんな人に向けて書いています
  • わたし、いつも愚痴ばかり言ってるかも・・・。
  • 本当は愚痴なんて言いたくないけど、今の状況じゃ愚痴の1つも言いたくなるよ!
  • 最近何だかみんなの態度が冷たくなった気がする。

もうさぁ、どうしていつも私だけ◯◯なんだろう?

この前だって△△だったしさぁ。

だいたいあの時にあの人が余計なこと言わなきゃよかったんだよねぇ。

もう、ほんと迷惑なんだけどぉ。

未熟僧
未熟僧
はい、そこまで!!!

愚痴を言いすぎるのはダメです!

愚痴の多い人には『悲惨な末路』が待ってますよ。

私たちの人生で、『自分の思うように事が進む』なんてことが一体どれくらいあるのでしょうか?

ほとんどの人は、

「はぁ、なかなか上手くいかないなぁ・・・。」

と【生きることの難しさ】を噛みしめながら過ごしています。

だから、時には思いっきり『愚痴』を言いたくなることだってありますよね?

『愚痴』を言えば一時的には【ストレス発散】ができます。

でも、いつも愚痴ばかり言っているなら要注意です。

愚痴の多い人は、高い確率で『悲惨な末路』を迎えてしまいますよ。

なので、愚痴はできるだけ言わない方が賢明かと。

この記事を読めば、

  • なぜ、いつも愚痴を言ってしまうのか
  • 愚痴の多い人は、将来どうなるのか
  • 愚痴を言わないようにする方法

が分かります。

最後まで読んでいただいて、あなたには『悲惨な末路』ではなく、ぜひとも『幸せな未来』を迎えてください。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >

愚痴が多い人の心理と特徴

私たちは生きていく中で、納得できないこと、我慢していることなどがたくさんあります。

だから、時には『愚痴』を言いたくなることだってあるでしょう。

愚痴を言うことは、べつに【悪いこと】ではありません。

自分の中に溜まったものを吐き出すための【ガス抜き】は必要ですから。

でも、いつも愚痴ばかりを言っている『愚痴の多い人』になってはいけません。

愚痴というのは、言えば言うほど不幸を招くのです。

まずは、『愚痴の多い人』の心理と特徴をいくつか紹介します。

あなたに該当するものがあるかチェックしてみてください。

物事をすべて『自分の基準』で考えている

愚痴の多い人は、

物事をすべて『自分の基準』で考えている

という特徴があります。

愚痴を言うってことは、《何か》や《誰か》に対して【不満】があるわけです。

不満というのは、【満足できないこと】ですよね?

つまり、自分の思い通りにならなくて満足できないから愚痴を言うんです。

ということは、『愚痴が多い人』は他の人よりも【なかなか満足できない人】なんですよ。

じゃあ、なぜ、なかなか満足できないのでしょう?

それは、物事をすべて『自分の基準』で考えてしまっているからです。

愚痴の多い人は「自分の考えは間違っていない!」と強く思っているんですよね。

それで、他にもっと《違う考え方》や《優れた考え方》があっても、それを受け入れることができないんです。

あくまでも、物事の良し悪しの判断は『自分の基準』だけです。

要するに、考え方に柔軟性がないのです。

それだけならまだいいのですが、『自分の基準』を他人に対して押しつけます。

なので、自分とちょっとでも違う価値観や考え方があると、それに対していちいち不満が出てしまいます。

そして、その不満を簡単に口に出す。

だから、愚痴の多い人になってしまうんですよね。

なかなか行動をしない

愚痴の多い人は、

なかなか行動をしない

という特徴があります。

多くの人は、何か不満があったら、それ改善するために、

  • 解決策をしっかり考える
  • 解決に向けてちゃんと動く

ということをします。

つまり、不満を解消するために『行動』をするんですよね。

でも、愚痴の多い人は違う。

いつも【他人まかせ】で、自分では何も動こうとはしない。

僕は今まで、『愚痴は多くても、解決に向けてちゃんと行動をしている』なんていう人に会ったことがない。

僕が今まで見てきたのは、

  • ただ愚痴ばかり言うだけで、同じことを繰り返している

という人です。

何でもそうですが、自分の未来というのは【自分の行動】でしか変えることはできません。

愚痴の多い人は、【他人の行動】に期待して、それで自分もその恩恵を受けようとします。

すると、恩恵が受けられなかった場合は、そのことに対する不満が出てしまうのです。

それで、また愚痴を言い始める。

不満があるなら、それを解決するために自分で『行動』をしなきゃダメなんです。

そんな大事なことが分かっていない。

だから、愚痴の多い人になってしまうんですよね。

とにかく他人に認めてもらいたい

愚痴の多い人は、

とにかく他人に認めてもらいたい

という特徴があります。

「自分のことを認めてもらいたい!」と思うことを『承認欲求』といいます。

愚痴の多い人は、この『承認欲求』がとても強いんですよね。

もちろん口では、

「自分なんて大したこともできないしさ・・・。」

なんて言ってますよ。

でも、本音はまったく逆。

本当は、

「自分はいつもこれだけやっているんだから、ちゃんと認められるべきだ。」

と思っているんです。

愚痴の多い人は、たしかに、ちゃんとやるべきことをやっています。

でもね。

それは、他の人たちだって同じなんですよ。

他の人たちだって、同じようにやるべきことをちゃんとやっています。

なんなら、他の人たちの方がずっと大変なことをやっていることもある。

それなのに、愚痴の多い人は「自分だけが大変なことをしているんだ。」と勘違いをしているんですよね。

だから、

「一生懸命やっているのに、どうして自分だけ全然認められないの!?」

と愚痴を言うんです。

また、承認欲求が強いということは、「自分は認められるべきなんだ。」という強い思いが根底にあります。

要するに、【プライドが高い】のです。

そこへさらに、先ほども言ったように【自分の基準】でしか判断しないわけです。

だから、他人の意見なんて聞きません。

しかも、他人から少しでも注意をされようものならメチャクチャ機嫌が悪くなります。

きっと、『いつも正しい自分』を否定されることに耐えられないんですね。

それで、また愚痴を言い始めてしまうのです。

だから、愚痴の多い人になってしまうんですよね。

『愚痴を言うこと』以外にストレス発散の方法がない

愚痴の多い人は、

『愚痴を言うこと』以外にストレス発散の方法がない

という特徴があります。

愚痴を言いたくなるのは、不満が溜まっているときです。

不満が溜まれば、それだけ『ストレス』だって溜まっていきます。

ということは、ストレスを発散すれば気分も変わって、愚痴を言う回数も減るのです。

多くの人は、

  • どこかへ出かける
  • 体を動かす
  • 趣味に没頭する

など、いろんな方法でストレスを発散しています。

だから、愚痴ばかりを言うなんてことはありません。

でも、愚痴の多い人は、愚痴を言うこと』がストレス発散の方法になっているんですよね。

愚痴を言って不満を吐き出すことによってしかストレスを発散できないんです。

他の方法で発散すればいいのに、何だかんだと理由をつけて新たなことに目を向けません。

つまり、行動をしないんです。

なので、結局は何も変わることがありません。

それで、何か不満があればまた愚痴を言うのです。

だから、愚痴の多い人になってしまうんですよね。

愚痴のほとんどは人の悪口

僕の経験上、

愚痴のほとんどは人の悪口

です。

あなた自身、あるいは誰かが愚痴を言うときの対象は、『人』ですよね?

愚痴の対象というのは、物、自然現象、自分自身ではありません。

ほとんどが『他の誰か』を対象にして言っています。

そして、その99%はその人に対する【悪口】です。

なぜ愚痴のほとんどは【人の悪口】なのでしょうか?

それは、

人の悪口には【中毒性】がある

からなんです。

人の悪口を言うと、脳内で【ドーパミン】という物質が出るそうです。

ドーパミンというのは、脳が『快感』を感じたときに出ます。

つまり、人の悪口を言うことは『快感』なんですね。

そして、人間の脳は、一度経験した快感が忘れられなくなります。

それで、快感を得るための行動を繰り返してしまいます。

これによって、脳が快感を得るための『依存状態』になっていくんです。

すると、人の悪口を言わないといられない状態に陥るわけです。

しかも、脳は快感に慣れてしまうので、より強い刺激を求めていくようになります。

だから、次々に人の悪口が出てきます。

とはいえ、多くの人は「人の悪口ばかりじゃ良くないよね。」と自分自身にブレーキをかけています。

一方で、愚痴の多い人は、自分の感情のままに人の悪口を言い続けてしまうのです。

そうなると、もう愚痴を言うことを止められなくなりますよね。

愚痴の多い人には、

  • 「私だってさぁ、べつに愚痴を言いたくて言ってるんじゃないのよ!」

っていう決まり文句がありますが、あながちウソでもないということなんですね。

愚痴を聞かされている側は大迷惑

思いっきり愚痴を言ったあとはスッキリしますよね。

・・・言った方はね。

でも、【愚痴を聞かされる側】にとっては、まったくスッキリなんかしませんよ。

まぁ、控えめに言って、

愚痴を聞かされている側は大迷惑

です。

愚痴を聞かされている側にとっては、ほとんどメリットがありませんので【時間の無駄】なんですよね。

聞かされている側だってヒマじゃないんです。

愚痴を聞く時間があるなら、他にしたいことがたくさんあるのです。

未熟僧
未熟僧
愚痴を言うことは、それを聞いている相手の貴重な時間を奪う行為なんですよ!

しかも、愚痴を聞くというのは意外に疲れるものです。

「うわっ、また愚痴が始まったよ。早く終わんないかぁ・・・。」って思いながら聞いているので、けっこう体力を消耗します。

さらに、一方的に聞かされたにもかかわらず、それを他言しないようにしなきゃいけません。

そうなると、余計なことにまで気をつけなきゃいけなくなるので、精神的にも消耗するんですよね。

愚痴を言うことを「愚痴をこぼす」とも言いますよね?

【こぼす人】がいれば、反対にそれを【すくいあげてくれる人】がいるということです。

つまり、誰かが自分勝手にこぼした愚痴は、それを聞いている人がすくい上げてくれているわけです。

愚痴を聞かされた側は、無駄に体力的に消耗させられ、無駄に精神的にも消耗させられ、それなのにメリットがない。

ホンマに、愚痴を『傷害罪』に認定したらエエのにと思いますよ。

それくらい、愚痴を聞かされる側は大迷惑なんですよね。

愚痴ばかり言うことは【とても自分勝手な行為】であることを理解しておかなきゃいけません。

だから、相手のことを本当に大事に思っているのなら、絶対に愚痴を言い過ぎてはいけませんよ。

それでも、「やっぱり誰かに愚痴を聞いてもらいたい!」ということもあるでしょう。

そんなときは、『愚痴聞き』をしてくれるサービスがあるので、そちらで聞いてもらいましょう。

それが、あなたやあなたの周囲の人にとっても1番イイと思います。

愚痴が多い人の悲惨な末路

僕がこれほど『愚痴を言うこと』に対して否定的なのには理由があります。

それは、

愚痴ばかり言う人には【悲惨な末路】が待っている

からなんです。

では、どんな悲惨な末路が待っているのかをお伝えしますね。

人が離れていく

愚痴ばかり言っていると、

人が離れていく

ということは避けられません。

未熟僧
未熟僧
要するに『嫌われる』ってことです。

先ほども言いましたが、愚痴というものは、聞かされる側としては大迷惑なんです。

しかも、それを何度もやられちゃ、聞かされる側はたまったものではありません。

だから、当然のように逃げていきますよね。

そうすると、愚痴を言った人は、それが気に入らなくて、今度はその逃げた人に対する愚痴を言うんですよ。

そして、次はその愚痴を聞かされた人が逃げていくのです。

まさに、負のループですね。

だから、愚痴は【人に嫌われてもいい】という覚悟で言うようにしましょう。

周囲の人からバカにされる

愚痴ばかり言う人は、

周囲の人からバカにされる

ということを覚悟しなくちゃいけません。

愚痴の多い人は、自己中心的ですし、他人まかせで行動力もありません。

ただ、ひたすらに人の悪口を言って周囲の人たちに迷惑をかけているだけです。

すると、当然ですが、だんだんと他人から相手にされなくなります。

そして、最終的にはみんなから、

「あの人は愚痴ばかりだねぇ。まぁ仕方ないか、だって【バカ】だからね。」

って言われます。

愚痴とは、まさに『愚か』な人がすることなんです。

お金持ちにはなれない

愚痴ばかり言う人は、

お金持ちにはなれない

ので今のうちから地道にインデックス投資をしておいてください。

あなたは、誰かに重要な仕事を頼むときに、

  1. すぐに取り組んでくれて、ちゃんと仕上げてくれる人
  2. とりあえず文句を言ってから取り組んで、イマイチな仕上がりなのに、評価されないとずっと愚痴を言う人

のどちらに頼みますか?

考えるまでもないでしょ?

愚痴の多い人には重要な仕事は来ないでしょうね。

少なくとも、重要な仕事のチームに入ることはないです。

愚痴の多い人と仕事なんかしたら、他の人が無駄に疲れますからね。

そうすると、愚痴の多い人はなかなか昇進できず、他の人と給与に差が出てきます。

そして、そのことが気に入らず、よせばいいのにまた愚痴を言い始めます。

それでいよいよ重要な仕事を任せてもらえなくなり、給与もぜんぜん増えない、と。

それどころか、きっと【リストラの候補】にノミネートされます。

また、愚痴が多いと人が離れていきますので、それだけ《チャンス》を取りこぼします。

よく「なかなか良いチャンスに巡り合えない。」と言っている人がいます。

チャンスが来るかどうかは、

日頃からどれだけ誠実に人と接しているか

で決まります。

チャンスは自然にやってくるのではなく、『人』が運んでくるのです。

良い人との出会い、良いビジネスチャンス、良い情報やアドバイス、これらはすべて『人』がもたらしてくれるんです。

だから、日頃から誠実に人と接することは超がつくほど大事なんです。

相手のことも考えずに自分勝手に愚痴を言い続けている人は、『人』に対する誠実さなんかありません。

そんな人には、いつまでたっても《チャンス》は来ませんし、良い環境で働くこともできませんから、それだけお金も稼げません。

よって、愚痴ばかり言う人は、お金持ちになることはできないのです。

心も体も壊れていく

愚痴ばかり言う人は、やがて、

心も体も壊れていく

ので覚悟をしてください。

人間は1人では生きていけません。

誰かの助けがあって、そして自分も誰かを助けて、お互いに支え合う関係で世の中は成り立っています。

愚痴を言い続ければ、助けてもらえるはずの人がいなくなります。

そして、助け合う以前に、誰にも相手にされなくなり、話をする人がいなくなります。

誰にも相手にされず、話もできないとなると、精神的にかなりキツイですよ。

確実に精神的な悪影響があります。

精神的な悪影響は、やがて身体にも及びます。

そうこうしているうちに、心も体も少しずつ壊れていきます。

愚痴を言ってストレス発散していたはずが、それ以上に自分を壊していくハメになるんです。

愚痴を言い続けることは、自分を死に近づける行為であることを知っておきましょう。

孤独死を迎える

愚痴ばかり言う人は、

孤独死を迎える

ということを想定しておくべきです。

理由は簡単です。

人との関りがなくなり、お金もあまりなく、心と体が壊れているからです。

心と体が壊れているのに、お金がないので十分な治療を受けられません。

しかも、その頃には話を聞いてくれるような人はもういません。

苦しさを分かってくれるような人が誰もおらず、そのせいで精神的にも苦しくなる一方です。

そうなると、外に出ることをしなくなり、自宅にこもる生活となっていくでしょう。

それで、さらに体調が悪くなって、いずれ自宅で倒れてしまうでしょう。

しかし、残念ながら助けてくれる人は周りには誰もいません。

その結果、誰かの助けではなく【あの世からのお迎え】を待つことになってしまうのです。

愚痴を言い続けると【淋しい最期】が待っていることを知っておきましょう。

ポジティブな発言をする方がずっと【良い人生】を送ることができる

愚痴を言う根本的な理由は何でしょう?

それは、

『良い人生を送りたい』

ではないでしょうか?

愚痴を言ってスッキリして、また明日から『幸せな未来』に向けて頑張ろうとしているのだと思います。

でも、愚痴じゃ良い人生は送れない。

愚痴ではなく、

ポジティブな発言をする方がずっと『良い人生』を送ることができる

と思いますよ。

先ほども言ったように、愚痴の先には【悲惨な末路】が待っているだけです。

だから、無理にでもいいので『ポジティブな発言』をしましょう。

すべてにおいて意識的に『ポジティブな発言』をしていくのです。

不思議なことに、ポジティブな発言をしていると、ポジティブな出来事がやって来るんですよ。

ホンマに、1度でいいからダマされたと思ってやってみて。

あなたが思うよりも効果があるから。

ほら、よく言うじゃないですか、

『言霊(ことだま)』

って。

人は、ポジティブな考え方の人に引き寄せられます。

そして、ポジティブな発言をしている本人も、自己暗示のように幸せな気分になっていくんです。

幸せな気分になると、笑顔も増えて、さらに人を引き寄せます。

そうなったらもう大丈夫。

その頃には愚痴なんか言っていませんから。

すると、【悲惨な末路】とは真逆の『良い人生』を迎えることができるんですよ。

愚痴なんかではなく、ポジティブな発言で『良い人生』をつかみ取ってください。

まとめ:愚痴を言わずにポジティブな発言をしよう

一生懸命に生きていれば、誰だって『愚痴』の1つくらい言いたくなることもあります。

愚痴を言うことはストレス発散になりますから、たまにであればイイと思います。

しかし、いつも愚痴を言っている人は要注意です。

愚痴の多い人は、

  • 人が離れてしまう
  • どんどんお金が無くなっていく
  • 心と体が壊れていく

という『悲惨な末路』を迎えてしまいます。

愚痴というのは、聞いている側としては大迷惑なこと。

だから、愚痴ばかり言う人とは関わりたくないんです。

その結果、愚痴の多い人はどんどん【孤独】になっていきます。

つまり、愚痴というのは、言う方も聞かされる方も、お互いに何の得もありません。

だから、できる限り愚痴は言わない方がいいのです。

いつも愚痴を言っている人は、

  • 物事をすべて『自分の基準』で考えている
  • なかなか行動をしない
  • とにかく人に認めてもらいたい
  • 他にストレス発散の方法がない

という人が多いです。

もしもあなたが、これらの中で複数の該当がある場合は、今の自分を振り返ってみて、ぜひ改善をしてください。

それが、あなた自身とあなたの周囲の人たちのためなのです。

まずは、愚痴ではなく、無理にでも『ポジティブな発言』をすることから始めましょう。

簡単な方法ですが、改善の効果はバツグンです。

愚痴は少なく、ポジティブな発言は多く、これを意識するだけでもあなたの人生は変わります。

あなたには『悲惨な末路』ではなく『良い人生』を迎えてほしいと思います。

『未熟僧ブログ』トップページを見る >