お墓

分骨は良くないの?分骨した後はどうするの?親の遺骨を分けて自宅に置きたい人は必見です!

あなたは、

「自分の母親の遺骨の一部を、自宅にも置いておきたい。」

と思いませんか?

ご存じのように、【遺骨の一部を分ける】ことを『分骨』といいます。

最近は分骨を希望する人がずいぶんと増えた気がするんですよね。

でも、昔からよく、

  • 「分骨をするのは良くないこと」

って言われてます。

そして、けっこう多くの人がそれを信じてる。

これを聞いて、あなたは「どうして分骨をしちゃダメなの?」って思わないですか?

ぼくは疑問に思ってますよ、なんで分骨がダメなの?って。

ぼくは20年以上お坊さんをしてますけど、

分骨することは、まったく問題ない

と考えてます。

だってね、あなたの大切なお母様のご遺骨ですよ?

なぜ、お骨を【一か所だけ】に安置しないといけないの?

べつに、親の遺骨を子ども達で分けてもいいじゃないですか、ねぇ?

この記事は、

要するにこういう内容です
  • 分骨は良くないことなのか?
  • 分骨した後はどうするのか?

について書いています。

そして、

  1. お葬式はもうすでに執り行った
  2. まだ納骨はしていない

という状況のあなたに向けて書いた記事です。

「分骨をしたいんだけど、何だか少し心配だな。」と思っているあなたにぜひ読んでほしいです。

この記事を読めば、本当に【分骨が良くないこと】なのかどうかがわかりますよ。

読み終わった頃には、きっと【自信をもって分骨に踏み切れる】ようになりますので、最後まで読んでみてください。

ちなみに、この記事は『仏教』の考え方のもと書いていますので、あらかじめご了承ください。

分骨は良くないの?

この前、ぼくのいる寺に一人の女性が訪ねてきて、こんなことを相談されました。

「この度、私の母が亡くなりました。

普通、母の遺骨は私の実家のお墓に納骨されますよね?

でも、私は結婚をして、今住んでいる所から実家のお墓までがものすごく遠いんですよね。

ですから、そんなに頻繁にはお墓参りに行けないんですよ。

それで、母の遺骨を分けてもらって、私の自宅にそれを置いておきたいなと思って。

ただ、以前に「お骨を分けることは、あまり良くないんだよ。」と聞いたことがあるんですよね。

だから、遺骨を分けてしまっても大丈夫なのか心配で・・・。

どうなんですか?

遺骨って、分けてしまっても大丈夫なんですか?」

あなたも、この女性と同じことを考えているのでは?

じゃあ、結論から言います。

分骨をしても、まったく問題ありません!

はい、もうこの記事の全てはコレ。

逆に、なんで分骨が良くないことなのか、ぼくはマジでわからん。

故人のことを本当に大切に考えているからこそ『遺骨の一部を自分の手元に置いておきたい』って思うわけじゃないですか。

そこにはきっと、

【故人を身近に感じていたい、もっと近くで供養をしたい】

というような気持ちがあるはず。

それって、メチャクチャ大事な気持ちなんですよ。

そういう気持ちって、ご先祖様を含めて亡くなった人を供養をする上で、最も重要かつ根本的な部分です。

そういう超大事な心を持っている人のところにこそお骨を置いておくべきなんですよ。

それがもしも複数人いるのなら、むしろその人達の数だけ遺骨を分けてあげるべきです。

というか、仏教を世に広めたお釈迦様の遺骨だって、それをお弟子様達が分けて持ち帰り、それぞれに仏塔を建てて祀っていたんですからね。

少なくとも仏教的には分骨が一切問題ないことであるのは確かですね。

だから、分骨をすることは【良くないこと】なんかではない、絶対に!

分骨が良くないと言われるのはなぜ?

どうして、『分骨するのは良くないこと』なんて言われているんでしょうね?

どうやら【大きな勘違い】が原因となってるみたいですよ。

分骨が良くないと言われる理由は、

遺骨には故人の魂が宿る

と考えているからなんですね。

はいはいはい、なるほどね、そういうことですか。

つまり、

  • 遺骨を分けることは【故人の体を分ける】ことになる。
  • だから、故人の魂がどこに宿ればいいのか迷ってしまう。

という理屈なわけですね。

確かに、遺骨は故人そのものと考えたくなりますよね。

でも、

遺骨に故人の魂は宿りません

もしも遺骨に故人の魂が宿ると考えるのなら、あんなに狭い骨壺に入れてしまったら、故人にものすごく窮屈な思いをさせることにならない?

しかも、それを地中の真っ暗な中に納めちゃうんだよ?

遺骨に故人の魂が宿るんなら、もうちょっと明るくて広いところに遺骨を納めてあげたら?

あなたもそう思わない?

でも、実際にはそれをしないわけですよ。

不思議だねぇ。

つまり、遺骨に故人の魂が宿るなんていうのはウソなんですよ。

どこかの誰かさんが勝手に言ったことが、いかにもそれっぽく広まってしまったんですね。

あまり良い表現ではないけど、

  • 遺骨はあくまで故人の『抜け殻』

に過ぎません。

残念ながらそれが本当です。

でも、分骨をするにあたり、このことをちゃんと知っておけば変に迷ってしまうことはないです。

じゃあ、故人の魂はどこに宿るのかって思いましたか?

故人の魂は、【お墓】や【位牌】には宿ることができるんですよ。

お墓や位牌を通じて故人と繋がり合うことはできますよ。

お墓については『お墓の意味や役割とは何?お墓参りでお墓はパワースポットに育つ?』の記事で詳しく説明していますので、一度読んでみてください。

また、お墓と位牌にはとても重要な関係性があります。

位牌については『位牌とは何なの?位牌の意味や必要性をお坊さんが解説します。』の記事に書いてありますので、こちらも読んでみてください。

分骨しても、まったく問題なし!

遺骨に故人の魂が宿らないことはおわかりいただけたでしょうか?

じゃあ、お骨を分けることに対するもう一つの不安材料がありますよね。

それは、【法的に問題はないのか】ということです。

大丈夫ですよ、

分骨は法的にも問題はありません

から。

お墓に関する法律に『墓地、埋葬等に関する法律』というものがありますけど、そこに【遺骨は分けることができない】なんてことは書いていません。

だから、家族や親族でちゃんと話し合いをして、それで分骨をするのであれば、遺骨に関してはべつに法律は関与しませんよ、ってことです。

ということで、

  1. 遺骨に故人の魂が宿るわけではない
  2. 法的にも遺骨を分けることは何の問題もない

わけですから、分骨をしちゃいけない理由なんて無くないですか?

分骨をしちゃダメなのは、

  • 『家族で十分な話し合いがされていない』

という場合だけじゃないですかね?

話し合いもせずに、みんなが勝手に遺骨を持って行ってしまったら、それはさすがにトラブル必至ですからね。

そのようなことさえなければ、

分骨しても、まったく問題なし!

ですから安心してくださいね。

分骨した後はどうするの?

家族と十分な話し合いがされて、無事にあなたにもお母様の遺骨の一部を分けてもらえることになりました。

じゃあ次に、分骨をした後はどうすればいいのでしょうか?

分骨用の骨壺を購入する

分骨することが決まったら、分骨用の骨壺を購入してください。

遺骨はできる限り骨壺に納めてあげてくださいね。

あなたのお母様の遺骨ですからね、まさか【真空パック】とかに入れておくわけにはいきませんよね。

まぁ、あなたはそんなことはしないでしょうけど。

遺骨はちゃんと骨壺に納めて供養をしてあげるのが故人に対するマナーかなと思いますよ。

では、分骨用の骨壺はどうやって購入すればいいのでしょうか?

分骨用の骨壺は仏具店やインターネットで購入できます。

あなたのお母様のイメージに合った骨壺を選んであげましょう。

でも、一つ注意してほしいことがあります。

それは、間違えて【ペット用の骨壺】を購入しないということです。

骨壺には、サイズが小さくて色彩豊かな可愛らしいモノがたくさんあるんですよね。

でも、それはもしかするとペット用の骨壺かもしれませんよ。

ですから、購入する前には必ず確認をしてくださいね。

よく確認せずに買ってしまうと、【ペット用の骨壺にお母様の遺骨を納める】なんていうとても失礼なことをするハメになりますからね。

大げさな例えかもしれませんが、人の遺骨をペット用の骨壺へ納めることは、

  • 【人を無理矢理に犬小屋へ住まわせる】こと

と同じようなもんですよ。

購入する際に、用途の記載のどこかに『ペット』の文字がある場合、ぼくならその骨壺は除外します。

だって、それって【人骨でもペットの遺骨でも両方に使えます】という意味ですよ?

それって、なんか嫌じゃない?

たしかに、ペットも家族の一員になるので、ペット自体を軽んじるわけではないですよ。

でも、骨壺は人とペットをしっかりと区別するべきだとぼくは思う。

あなたはどう思います?

あなたの大切な人の遺骨を納める骨壺なんですから、ちゃんと【人骨専用】の骨壺に納めてあげてください!

分骨したお骨を別のお墓に納骨する時はお坊さんにお経を読んでもらう

あなたは、

  • 「遺骨を分ける時にはお坊さんにお経を読んでもらった方がいいのかな?」

って疑問に思いませんか?

まず、

遺骨を分けるだけなら、お坊さんの出番はない

ので何も心配はありません。

分けてもらった遺骨をあなたが大事に保管しておけば大丈夫ですよ。

あなたの手元で心を込めて供養してあげてください。

でも、もしも、

分けたお骨をどこかのお墓へ納める(納骨する)

という場合には、お坊さんへ依頼して供養をしてもらう方がいいです。

遺骨をお墓へ納骨する場合は、必ず納骨供養をします。

これは、墓地のある土地におられる神様へのご挨拶、そして、お墓を通じてご先祖様やさまざまな仏様へ【新たな遺骨が納められること】を報告するんですよね。

何もせずにお墓へ遺骨を納めてしまうと、土地の神様やご先祖様は「えっ?」ってなりますし、あなただって後々も気になっちゃうでしょ?

ですから、遺骨をお墓に納める時は『納骨供養』をする、ということは忘れないようにしてください。

まとめ:分骨は良くないことではない!安心して分骨をしてください。

分骨は、自分にとって大切な人の一部を手元に置いておくことです。

分骨は決して、【良くないこと】なんかではないですよ。

分骨をしても、まったく問題ありません!

たまに、

「お骨を分けることは、故人の魂が宿る場所を分けることだから、分骨はダメなんだ。」

なんて言う人がいますが、お骨に魂が宿るわけではないんで、その理屈はおかしい。

お骨は、あくまで故人の【抜け殻】にすぎません。

それに、大切な人のお骨を分けることは、お釈迦様のお弟子さん達もしていたことですからね。

だから、宗教(仏教)的に分骨はまったく問題のないことなんですよね。

もちろん、お骨を分けたって法的にも何の問題もありません。

ですから、分骨は宗教的にも法的にもまったく問題ないわけなので、【分骨は良くない】という理由が無いんですよ。

ご家族と十分に話し合いがされて、それで分骨をするのであれば大丈夫です。

というわけで、安心して分骨をしてくださいね。

そして、あなたの大切なお母様のご遺骨を、ぜひあなたの手元に置いてあげてください。

ご遺骨を手元に置いて、いつもお母様のことを思い出してあげてください。

それは立派な供養になりますから。

お母様もきっと喜んでいるはずですよ。